お問合せはこちら
「楽待」は、国内最大級の規模を誇る不動産投資情報サイトです。自社限定の分も含めて、豊富な収益物件を取り扱っています。また、誰もが気兼ねなく不動産投資を行えるよう、物件提案やリフォーム会社検索など、充実したサービスを提供していることも特徴的です。利用者数も非常に多いので、収益物件への集客方法を検討しているなら、ぜひチェックしておきましょう。

楽待の特徴

楽待への物件掲載を考えているなら、まずはサイトの特徴や集客経路をしっかり把握しておきましょう。

毎月168万人ものユーザーが来訪

楽待は国内最大級と銘打つだけあって、優れた実績を出しているサイトです。特に利用者数については業界トップクラスで、毎月168万人ものユーザーが来訪しているため、安定した集客効果が見込めます。また、収益物件数7万件弱、加盟店満足度95点など他にも目を引く実績があるため、信頼性は高いと言えるでしょう。

さらに、楽待に会員登録しているユーザーのうち、40%以上は年収1,000万円を超える高属性会員です。これらのユーザーは不動産投資への意欲が高いため、問い合わせや成約につながる可能性も高くなっています。

ユーザー・不動産会社向けのサービスが充実

楽待は不動産投資に関心を持つユーザーへ向けて、さまざまなサービスを提供しています。収益物件の検索はもちろん、希望に合った物件の提案を受けたり、売りたい物件を無料査定してもらったりすることが可能です。さらに、管理会社や外壁塗装業者の検索など、不動産運用のパートナー探しに役立つサービスも提供しているので、初心者でも安心して利用できます。

一方、不動産会社に向けたサービスも充実しています。自社の物件を掲載できるだけではなく、広告配信やセミナー告知などが可能です。実際の成約事例も公開されているので、他社がどのように集客したのかチェックすることもできます。

「楽待新聞」によるコンテンツマーケティング

「楽待新聞」は、不動産投資に関する記事をまとめた楽待独自のコンテンツです。ユーザーの連載型コラムや楽待の活用方法、物件購入のノウハウといった数多くの記事が掲載されています。

また、不動産投資の概要やメリット・デメリットをまとめた初心者向けの記事、動画を使った記事などもあるため、コンテンツマーケティングにも強いサイトと言えるでしょう。

楽待の集客経路

楽待に訪れたユーザーがアクションを起こすまでの導線をまとめると、以下のようになります。

  1. 検索エンジン・広告・SNSなどから楽待にアクセスする
  2. 地域・価格・物件種別などで検索して一覧を見る
  3. 気になる収益物件があれば個別ページにアクセスする
  4. 物件名・間取り・利回りなど詳細を確認する
  5. 問い合わせや資料請求などを行う

3~5は自社でも対応できる部分なので、ここから集客アプローチをかけましょう。

楽待の掲載料金・掲載方法

楽待の掲載料金・掲載方法については、今のところWEB上で公開されていません。不動産会社向けの案内ページから直接問い合わせるか、資料請求する必要があります。電話、もしくはお問い合わせフォームからコンタクトをとりましょう。

楽待における集客方法

ここまでの内容を踏まえつつ、楽待の集客方法について解説していきます。

物件一覧でしっかり訴求する

ユーザーから問い合わせなどのアクションが欲しいなら、収益物件の個別ページを見てもらう必要があります。個別ページは物件一覧から推移しますが、他社物件もまとめて表示されるため、物件一覧の時点で自社物件をしっかり訴求することが大切です。

物件一覧に掲載できる情報量は多くありませんが、簡単な紹介文や物件の写真でも魅力を伝えることはできます。特に写真は一目でイメージが伝わりやすいため、写りが良いものをチョイスするべきです。また、個別ページにおける写真枚数も表示されるので、写真はできるだけ多く掲載しましょう。

提案サービスや広告サービスを活用する

楽待に掲載するだけでも集客効果は見込めますが、より効率的に集客したいなら、提案サービスや広告サービスも活用したいところです。

提案サービスを使えば、WEB上に掲載できない収益物件を紹介したり、ターゲットの属性を絞り込んで集客したりすることができます。また、提案待ちのユーザーにもアプローチできるため、集客経路が広がることもポイントです。

また、広告サービスでは、バナー広告やメールマガジンによって自社物件をアピールできます。こちらも検索とは異なる集客経路なので、集客力アップに有効です。

多角的な集客アプローチが大切

楽待は集客に役立つサイトですが、登録している不動産会社の数も多いため、状況によっては他社と競合する可能性もあります。安定した集客効果を求めているなら、SNSやリスティング広告なども並行運用して、多角的に集客することが大切です。また、自社ならではの強みを打ち出して、他社と差別化を図る必要もあります。

全研本社では、差別化戦略に使える「ポジショニングメディア」をはじめ、さまざまな集客方法を提案しています。不動産投資の集客方法を検討しているなら、ぜひ一度ご相談ください。不動産投資の必勝集客戦略をチェック