【5分で分かる】不動産業界向け広告代理店まとめ

【5分で分かる】不動産業界向け広告代理店まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

「広告戦略や集客がうまくいかない」「自社でやると時間がかかってしまう」といった場合には、プロである広告代理店を活用した広告出稿は有効な手段です。

広告代理店を検討する際、コストパフォーマンスを重視する方も多いでしょう。

しかし広告代理店選びにおいて当然費用対効果は重要なのですが、商品が不動産の場合には法的なノウハウも不可欠です。

例えば、「不動産の公正競争規約」「宅地建物取引業法」といった法規についても精通しているか、不動産の広告の実績が多数あるか、といった点も不動産会社向けの広告代理店選びではポイントになります。

この記事では、不動産が得意分野である広告代理店の情報をまとめています。

あわせて、効率的に集客できるメディア戦略などについても紹介。特に成約率の高い反響を獲得できるポジショニングメディア戦略は、取り組んだことのない企業様はぜひご覧ください。
※ポジショニングメディアについてはこちら(記事の後半へジャンプ)からすぐにご覧いただけます。

不動産の広告代理店にノウハウは不可欠!

不動産の広告代理店にノウハウは不可欠!

不動産広告は当然ながら押さえておかなければいけない点が多くあります。冒頭でご紹介した他にも、知識として知っていながらも陥ってしまうケースもあるのです。
広告代理店の知識不足で発生する問題例には下記があります。

  • 売地だったのに新築イメージを掲載した広告にした
  • 過去にリノベーションしていたものの詳細が未記入
  • 値下げしたように記載するも値下げ時期不明

またポータルサイトであっても、ちょっとしたミスが違反につながります。

  • 契約済みだがポータルサイトに数ヶ月掲載したままだった
  • 保証会社必須で保証料がかかれていなかった
  • 別物件の間取りが掲載されていた
  • ペット化だが敷金増額の条件が未記載

ポータルサイトへの掲載に慣れていない広告代理店に任せている場合には、上記のトラブルは発生しうる可能性があります。

不動産関連に慣れている企業なら、違反にならないようミスがないかチェックしてくれます。知識が豊富なら提供するのはチェック体制だけではありません。

市場規模が大きすぎて攻める市場が分からない、大手デベロッパーに勝てないなど、不動産業界ならではの課題を解決できるアドバイスが可能です。

一般的な消費者向けとは異なる商材である不動産。経験豊富な広告代理店ならひとつずつ法的な制約を説明する必要がなく、手間もかかりません。

不動産業界を得意とする広告代理店

不動産業界を得意とする広告代理店

不動産業界が得意な広告代理店をご紹介します。依頼先に迷っている方は比較の参考にしてください。

代理店募集バナー

株式会社アンサークリエイション

株式会社アンサークリエイション
画像引用元:株式会社アンサークリエイション公式サイト(http://www.answer-creation.co.jp/)

不動産事業を手がける企業で、広告事業部として他社の不動産広告展開に対応しています。

特に新築の分譲マンションを中心に手掛けており、不動産販売の現場で得られるリアルタイムな声を広告に活かせるのが大きな強み。

積水ハウスや住友林業、大和ハウスなど大手不動産企業の広告実績があります。住宅ライターが不動産情報を深く取材し、地域情報も含めた情報発信するWebコンテンツ広告をもっているのも特徴です。

建築家がディレクションする間取りトレースや高所得者向けのプロモーションなど、Web施策に止まらないサポートも行なっています。

  • 設立:2005年8月25日
  • 所在地:名古屋市中区丸の内1-7-25

株式会社DG COMMUNICATIONS

株式会社DG COMMUNICATION
画像引用元:株式会社DG COMMUNICATIONS公式サイト(https://www.dg-c.co.jp/)

企業がもつ課題を解決するための戦略広告を提供。1962年から不動産を中心に広告を展開してきました。広告展開だけではなく、地域全体の悩みを解決する専門チームが設置されており、再開発やエリアマネジメントもサポートしてもらえます。

関連会社であるデジタルガレージグループでは不動産関連において広告以外の事業も展開。

初期費用や家賃がカードで支払える住まPAYサービスや不動産契約サービス、マンションにかかる費用を計算するサイトなどが主な実績で、不動産に関連したノウハウは豊富であると分かります。

  • 設立:1962年11月27日
  • 所在地:東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 デジタルゲートビル11階

株式会社ウィルスタジオ

株式会社ウィルスタジオ
画像引用元:株式会社ウィルスタジオ公式サイト(https://www.will-ws.com/)

不動産会社事業を展開する株式会社ウィルが、過去に作ってきた広告ノウハウをもとに広告部門として立ち上げたのが株式会社ウィルスタジオです。現在では不動産以外の広告制作も請け負っていますが、中心は不動産や住宅関連の広告戦略となっています。

反響を重視したWebサイトの制作を得意としており、問い合わせ数が10倍近くにまで上がった事例もある広告代理店です。

また万が一株式会社ウィルスタジオにノウハウがない場合には無理に対応せず受注を断ります。依頼する企業の立場に立って考えてサポートしてくれるのが分かります。

  • 設立:1995年6月12日
  • 所在地:宝塚市逆瀬川1-14-39

株式会社プライムクロス

株式会社プライムクロス
画像引用元:株式会社プライムクロス公式サイト(https://www.prime-x.co.jp/)

デジタルの活用が得意な広告代理店。Webサイトの制作だけではなく、プロモーションの実施から結果検証までを含めたコンサルティングにも対応しています。不動産アドクリエイティブ専門部署を設置しており、不動産の知識も充分。

依頼時にはマーケティング調査からプランニングまでマネジメントし、ただ宣伝するだけではなく来場や契約につながるまでをゴールに見据え戦略を提案してくれます。

  • 設立:2006年6月8日
  • 所在地:東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー12F、17F

株式会社新生・エージェンシー

株式会社新生・エージェンシー
画像引用元:株式会社新生・エージェンシー公式サイト(http://www.shinsei-ag.co.jp/)

心に響く広告代理店として、印刷からポスティングまで幅広い業務に対応。1984年の創業から不動産を中心とした広告の制作を手掛けています。

新築の分譲マンションや戸建て戸建て住宅はもちろん、リノベーションやリフォーム、太陽光発電など不動産投資まで幅広いジャンルで依頼ができる広告代理店です。

企画からデザイン、制作までを一貫して自社内で制作しており、過去に作った広告を資料として保管するコーナーを社内に設置。日々広告の質を高めるための研鑽を欠かさず、不動産広告で守らなければいけないガイドラインも順守した不動産広告を提供しています。

  • 設立:1984年7月16日
  • 所在地:東京都豊島区池袋2-51-13 佐久間製菓ビル2F

株式会社有朋社

株式会社有朋社
画像引用元:株式会社有朋社公式サイト(https://www.yuhosha.co.jp/)

不動産広告を中心として65年以上の実績をもつ広告代理店。ただ宣伝するだけではなくコミュニケーションを重視しており、マーケティングやプロモーション提案にも対応しています。

長年の中で積み重ねてきた不動産広告のノウハウをもとに商品戦略や販促計画までサポートしてくれるので、自社商品のアプローチ方法に悩んでいるケースにおすすめです。複数の広告を組み合わせた戦略にも対応可能で、映像制作も行なうなど広告のジャンルにも制限はありません。

またタワーマンションは現代でこそ注目を浴びている不動産ですが、まだタワーマンションという言葉もなかった1967年の段階にてマンションに関する情報専門誌である月刊高層住宅を発行しています。不動産の先見の目もしっかりもっている企業です。

  • 設立:1956年9月21日
  • 所在地:東京都中央区日本橋本町1-5-9 日本橋ライフサイエンスビルディング10


既存の広告に頼らない自社ならではの集客施策も重要

広告代理店を通じて、既存の広告媒体に出稿することは、実績もわかりやすく効果も想定しやすいでしょう。
しかし競合他社も同様に出稿するため、思うような効果を得られなかったり、価格競争に陥るといったリスクもあります。

そこで重要になるのは自社ならではの強み・価値を明確化し、それを求めるターゲットユーザーに適切に情報を届けられる施策を実施すること。
何を、誰に、どのように伝えるか、という観点は広告出稿の際には非常に重要です。

自社の強みや価値を存分に伝えるためには、自社でコントロールできる自由度の高い広告・集客媒体の活用もぜひ検討してみてください。

自社とマッチするユーザーだけを集客できる「ポジショニングメディア」

上記の自社ならでは価値を活かせる集客戦略として、ポジショニングメディアというものを例としてご紹介いたします。

ポジショニングメディアでは、貴社独自の強みを競合と比較しながら見せることで、市場の中でのポジション(立ち位置)を明確に伝えることができるメディア戦略です。

そうすることで差別化を図ることができ、ユーザー側としても「自分のニーズに最もあっている企業・商品はこれだ」と納得して決めることができます。

ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

ポジショニングメディアを見たユーザーは、貴社の強みを理解して魅力を感じている状態のため、成約率が高い反響獲得が可能になります。

既存の広告媒体以外に、このような集客経路を持っておくことは、安定的な売上の獲得・事業成長にもつながっていきます。

「〇〇といえば自社」というポジションを明確にすることは、自社のブランディングを確立でき、親和性の高いユーザーをより広く集めることも可能にします。

ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

まとめ

不動産業界向け広告代理店まとめ
不動産に強みをもつ広告代理店をピックアップしました。しかし実際に期待に応えてもらえる広告展開してもらえるかは公式サイトだけで判断するのは難しい部分もあるでしょう。

比較する際には自社がもっている課題や悩みをまとめ、契約前に相談してみるのがおすすめです。
市場分析やマーケティング、広告戦略について提案してもらえるかが事前に比較できますし、対応についても把握できます。

また希望の広告方法が決まっているケースならば、その方法が得意な代理店を見つけましょう。

自社の集客・マーケティング戦略でお悩みなら

キャククルを運営する全研本社では、クライアントの強みを徹底分析し、その強みを活かした集客・マーケティング戦略のご提案を得意としています。

いままでに不動産業界を含む120業種・7600件以上のクライアント企業を支援してまいりました。

先に紹介したポジショニングメディアを導入した企業様より、「年間着工棟数が2倍近くになった(36棟→60棟)」「明らかに飛び込みで来てくれるお客様が増えている」「問い合わせからの商談率が8割を超えた」といった成果を実感するお声もいただいています。

分析・戦略提案からWebメディアの制作・運用までワンストップで対応できることはもちろん、様々な広告ルール・法規に反しないように専門チームによるチェック体制も整えています。

弊社の経験・ノウハウを活かし、貴社に最適な戦略をご提案させていただきますので、そもそものマーケティング戦略や集客方法から悩んでいる…、といった不動産会社様は、ぜひお気軽にご相談ください。

Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ