「不動産ジャパン」の掲載料金や特徴をリサーチ

「不動産ジャパン」の掲載料金や特徴をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

不動産ジャパン

画像引用元:不動産ジャパンサイト(https://www.fudousan.or.jp/)

不動産ジャパンの特徴

不動産ジャパンは、安心・安全な不動産サポートを目的に掲げる総合不動産サイトです。公益財団法人不動産流通推進センターによって運営されており、不動産売買や賃貸などに関する情報や知識を学べるのが特徴です。

不動産ジャパンは4つの主要不動産流通団体によって運営されているサイトを統合して運営されており、不動産に関するさまざまな情報を展開中。掲載されている内容は、売り物件や貸借人の募集をしている状態の、「貸したい物件」の情報が全国規模で掲載されています。全国の不動産流通業者がほぼ全て加入しているため、広大なネットワークを構築しています。

情報の正確性や鮮度を追求し、ユーザーの信頼を最優先に運営されているのもポイントです。
また、サイト内には住まいの相談窓口があり、不動産に関して困ったときに相談できる窓口の連絡先が記載されています。トラブル集や住まいの法律等、不動産取引に関する特集が充実しているので、物件取引の最新情報を確認できます。
消費者にとっては信頼度の高いサイトと言えるでしょう。

不動産ジャパンの広告掲載料金

不動産ジャパンへの広告掲載料金は掲載費用・成約費用ともに無料となっており、掲載のハードルが低いのが魅力です。
また、物件に対して問合せがあった際は、不動産ジャパンより仲介して連絡がくるので、反応があった際もスムーズに仲介してもらえます。

不動産ジャパンの口コミ・評判

「不動産ジャパン」への口コミは見つかりませんでしたが、公益財団法人不動産流通推進センターによって運営されている点が大きな魅力でしょう。
ユーザーが不動産会社を選ぶにおいて重要なのは物件情報の豊富さや会社の信頼度です。不動産ジャパンに掲載することによって安心度や信頼度増し、不動産会社をユーザーが選ぶきっかけとなるはずです。
広告掲載料・成約費用ともに無料となっていますので、まずは気軽に掲載を検討してみてはいかがでしょうか。

不動産ジャパンに広告掲載するメリット

不動産ジャパンに広告掲載するメリットとしては、やはり消費者からの安心感と信頼感が大きいところでしょう。

公益財団法人不動産流通推進センターが運営しているサイトであることからもありますが、物件検索サービスや不動産会社検索サービス、取引相場や住環境、税務面での確認など消費者が必要としている情報を入手できるため、信頼を得ています。
また、信頼度の高いサイトに掲載されることによって、物件や不動産会社への信頼度も高まります

大手不動産会社と差をつけるのであれば、多くの媒体で掲載されている会社の方が信頼度が増します。

そうすることで、消費者の不安を解消し、問合せやすくなることから顧客確保に繋がります。
老舗不動産会社が多く登録されており、大手の不動産会社が掲載していない穴場の物件が多く掲載されているのも大きな特徴です。イチオシの掘り出し物件をユーザーへアピールできます。
更に、不動産についての知識を深められる記事やコラムが多数掲載されているため、消費者と不動産会社どちらにも役立つサイトとなっています。

不動産ジャパンの広告掲載までの流れ

不動産ジャパンへの広告掲載までの流れとして、

  • (公社)全国宅地建物取引業協会連合会『ハトマークサイト』
  • (一社)不動産流通経営協会『FRKインターネット会員 物件情報』
  • (公社)全日本不動産協会『ラビーネット不動産』
  • (一社)全国住宅産業協会『全住協ネット』

上記の4サイトのいずれかに登録することで反映されるようになっています。

そのサイトに物件情報・会社情報などの詳細情報の登録をしましょう。
そうすることで、翌日には不動産ジャパンに反映されます。情報を修正する際も、上記のサイトで修正をしましょう。

※不動産ジャパンでは情報の登録・修正はできません。

また、各種不動産サイトに登録する際はできるだけ物件の情報や自社の情報を充実させることで、より消費者に信憑性のある情報になるでしょう。

不動産ジャパンを活用することでうまく自社をアピールし、より多くの消費者に認知してもらいましょう。

そうすることで、消費者の選択の幅も広がります。

不動産ジャパンへの掲載と他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

不動産ジャパンの掲載はユーザーへの認知度を上げるためには大切な手段です。

しかし、ユーザーの情報検索心理を考えると、本当にここがいいのか検証する情報検索、他にもいいところがないのかと考えて比較をする情報検索、様々な心理があります。

その様々な情報検索に合わせて、

  • 他不動産に特化をしたポータルサイトへの掲載で認知度アップ
  • グーグルマイビジネスを活用した不動産名検索対策
  • SEO対策で商圏内ユーザーへのアプローチ
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出して集客する

などを行い、複数の入り口を作っておくことで集客の相乗効果を狙いましょう。

不動産屋向けの
ポータルサイト情報まとめ
不動産仲介の集客戦略を知る

ページトップへ