不動産会社のLPをつくるには?ランディングページで集客するコツ

不動産会社のLPをつくるには?ランディングページで集客するコツ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

不動産会社のLP制作のポイント

ポイント
不動産会社のランディングページを作る際は、まずマーケティングの知識をつけるところから始めましょう。マーケティング方法を知らないと、読み手に伝わりにくいLPを制作してしまい効果が薄れてしまいます

以下にランディングページ制作時のポイントを一つずつ紹介していきます。

わかりやすいヘッドコピー

ページを開いた時、1番最初に目に入ってくるのがヘッドコピーです。訪問者がそのページを読み進めるかどうかは、約8割がヘッドコピーの質で決まると言われるほど。そのため閲覧者に興味を持ってもらうためには、分かりやすいヘッドコピーを作成する必要があります

一目で内容や構成が理解できるよう、できるだけシンプルにするのがコツ。ターゲット層の関心をグッと惹くような印象深い言葉を取り入れましょう。「このページを読めば自分にメリットがありそう」と思わせ、読む敷居を下げることが重要です。

文字のカラーやフォント、イメージ画像といった見た目にこだわるのも手法の一つ。顧客のイメージに合わせた外観であれば、さらに興味を引き付けやすくなります。

デザインとイメージカラーで自社らしさを表現

ランディングページのデザインやカラーを工夫し、自社らしさを打ち出すようにしましょう。奇抜なデザインやカラフルすぎる色にしてしまうと、統一感が失われ読みづらくなってしまいます。

どのようなカラーにするかは、以下3つ中から選択して決めると良いでしょう。どれもメリット・デメリットがありますので、自社ページに合ったものを選ぶようにしてください。

  • 企業のイメージカラーに合うもの
  • ターゲット顧客に合ったもの
  • 不動産業界特有のカラー

また、読み手の興味をさそうため、適度に写真や画像を取り入れるのも重要です。企業のイメージキャラクターなどがあれば取り入れるのも良いでしょう。ただし写真や画像を使いすぎると、逆に読みにくくなってしまうので注意してください。

ベネフィットをリストアップ

ランディングページ内では、自社の強みや魅力を伝えやすくするために「リストアップ化」を心がけます。自社サイトが悩み解決に最適であることが伝われば、読み進めてくれる可能性が高まります。

例えば、不動産投資用のランディングページであれば将来のマンション経営像や投資を行うメリットなどをリストアップします。ベネフィットを明確に伝えることで、読み手が感じるデメリットを無くすことにつながるでしょう

レビューやFAQを使うのも効果的なので、ぜひ取り入れてみてください。

複数のUSPを考える

USPとは企業が持つ商品やサービスにおける「強み」のこと。いくつかのUSPを用意しておくことがLP制作時のキーポイントです。

複数のUSPを持っておくことで、複合的にメリットを生み出すことにつながります。USPを利用し、ターゲット顧客に対して的確にメリットを伝えるためにも、自社のUSPをきちんと理解しておきましょう。

USPを考える際は、「顧客のニーズに合っているか」「一貫性があるか」「当たり前のことを強みとしていないか」などを意識してみてください。

不動産会社のランディングページの作成方法

パソコンやタブレットで検索
実際にランディングページ制作にとりかかる場合、具体的な作成方法について悩む方も多いでしょう。

ここでは不動産会社のランディングページを「どのようなポイントを押さえて制作すべきか」について、5項目に分けて解説します。5つの方法をマスターすれば、効果的なLPが完成し集客アップを狙えるでしょう。

自社の強みをはっきりさせる2

ターゲット顧客に興味を持ってもらうため、自社のメリットや強みを分かりやすく伝えましょう。

不動産には売買・賃貸・投資などさまざまな種類があります。「どのタイプの不動産の取り扱いに強いか」をきちんと明示しておくことで、自社の強みに最適な顧客が集まりやすくなります

またユーザーにとっては「ベネフィットを感じやすい」というメリットもあります。自分の悩みを解決してくれるかどうかを容易に想像できる方が、その後の契約ステップへ進みやすくなるでしょう。

「他社と何が違うのか」、「自社だからこそできるサービスは何か」を押さえたページ作りを意識してください。

ターゲット層に好かれるデザイン

ランディングページ全体を「自社のターゲット層に適したデザイン」にするのも重要です。

取り扱う不動産の種類によって、狙いとする顧客タイプは異なります。投資目的であればビジネスマン向けのシンプルなデザイン、一軒家の売買目的はファミリー層を想定したカジュアルなデザイン、といったようにそれぞれのタイプで使い分けるようにします

ターゲット層を想像する場合は、「性別」「年齢」「職業」「家族構成」「地域性」を中心に考案するとLPを作成しやすくなります。必ず自社の強みと合ったターゲット層になっているかどうかを確認しながら行ってください。

CVポイントを絞る

コンバージョン(CV)とはデジタルマーケティングの成果を判断するための重要な指標となるものです。顧客に何かアクションを起こしてもらうためには、最適なCVポイントを1つに絞る必要があります。

自社の目的によって何をCVとするかは異なります。不動産業界であれば、「資料請求」や「内見の予約」「物件への質問」などが主なCVポイントです。

ECサイトのように購入へ直結するわけではないため、契約前にワンステップ設ける「ツーステップ・マーケティング」を意識したページ作りを行いましょう。この手法を取り入れることで、顧客がアクションを起こすための敷居を下げる効果があります。

CVポイントを1つに絞ることで、契約に結びつきやすいランディングページを作成することが可能です。

ファーストビューで関心を持たせる

ページを開いた時にまず表示される部分のことを「ファーストビュー」と言います。閲覧者がページを読み進めるかどうかは、ファーストビューでいかに興味・関心を惹きつけられるかが重要です

ファーストビューを作成する際は、顧客が期待するベネフィットをできるだけ端的に伝えるようにします。言いたいことを全て取り込もうとすると、逆に分かりにくくなってしまうので注意してください。

一目で相手に伝わるよう要点を押さえた内容にするのがコツです。言葉だけでなく視覚的な影響も大きいため、デザインやカラーもなるべくシンプルにするのがおすすめ。ファーストビューはランディングページの核とも言える重要な部分なので、しっかりとこだわって作成しましょう。

キャッチコピーで印象づける

一瞬で顧客を惹きつけるためには、ファーストビューと同じくらいキャッチコピーも重要です。キャッチコピーとは、顧客の関心を惹くインパクトの大きい言葉のこと。キャッチコピーが優れているかどうかでランディングページの良し悪しも決まります

優良なキャッチコピーを作るには、以下のポイントを意識しましょう。

  • ターゲット層を定める
  • 「〇年のベテラン」「不動産業界経験者」など信頼性を高める
  • セールス感を出さない
  • 具体的な数字を入れる
  • 資格や受賞歴などがあればできるだけ伝える
  • どんな利点があるのかベネフィットを明確にする
  • 簡潔にしすぎない

自社に合った依頼先を選ぶ

握手
LP制作の外注先は「求めるメリットのあるところ」に依頼すべきです。

依頼先を検討する際にはメリットだけでなくデメリットまできちんと確認しておくことが重要。双方を確認した上で依頼すれば、納得のいく発注になるでしょう

各依頼先におけるメリットとデメリットを紹介しますので、どれが自社に合っているのかチェックしてみてください。

ウェブ制作会社

ウェブ制作に特化しているため、「質の高さ」と「安定したサービス内容」がメリットです。

専門知識の豊富なスタッフが対応してくれるので、満足いくクオリティが期待できるでしょう。SEO対策やアクセス解析、LP公開など、きめ細やかな部分への配慮もしっかりしています。ホームページ制作と併せて依頼できるのも利点の一つです。

一方、会社ごとに得意・不得意分野がハッキリとしている点がデメリット。マーケティングが苦手な会社もあり、希望に沿わない可能性があります。またテンプレートを使用している会社では、企業に合わせたデザインやマーケティングに対応できない場合もあるでしょう。

相場は10~40万円前後と外注先の中では平均的な価格帯です。

広告代理店

広告代理店のメリットは、「さまざまな広告運用と併せて依頼できる」点です。広告代理店ではウェブだけでなくCM、紙媒体、ビル広告など多様なマーケティングを行っているため、一括して任せることができます。一つに集約することで、マーケティング戦略に統一感が生まれ、管理もしやすくなります。

デメリットは「広告費用が高い」という点。代理店は広告をメインで行い、制作自体はデザイナーやライターに外注していることがほとんどです。下請会社が多くなればなるほど、費用は高くなり、必然的に広告単価が上がってしまいます。

相場は15万円~50万円で、有名デザイナーなどを介するとさらに高額となる場合もあります。

フリーランス

フリーランスにLP政策を依頼することで、外注費用を抑えるメリットが得られます。個人でやっているため、組織にかかる経費がなく適正価格で対応してくれることがほとんどです。場合によっては5万円台で済むこともあります。

また一連の流れを1人で行っているため、小回りがきくのもメリット。コミュニケーションを円滑にできるので、希望に沿ったランディングページに仕上がりやすいです

しかし企業のような安定したサポート体制が少ない点は注意しておきましょう。特に10万円以下の格安案件では、検証や改善のサポート制度が無い場合もあります。

依頼前には「実績があるか」「連絡先は明示されているか」などをきちんと確認しておくことが大切です。

その他

セールス重視の場合は、ライティング・コンサルティング・改善といったフルサポートが受けられる会社に依頼するのが良いでしょう。

原稿作成から改善まで各段階においてきめ細やかなサービスを提供しており、安定感・信頼感があるのがメリット。本格的なウェブマーケティングを検討している企業には最適です。

デメリットは「費用が高額になってしまうこと」。相場は50万円以上となっており、フルサポートを受けられる分、他の依頼先と比較して制作費用が嵩んでしまいます。

不動産会社のランディングページ制作は全研本社へ

弊社ではお客様の希望に合わせたランディングページを提供しております。またLP制作に加え、目的や課題を解決するためのマーケティング戦略を提案することも可能です。

弊社にご依頼いただければ、不動産会社で効果的な集客を行うためのサポートを最後まで誠意を持って承らせていただきます。

「LP制作も含め親和性の高いウェブ集客施策を探している」とお考えであれば、ぜひお気軽にお問い合わせください

ランディングページ制作の相談はこちら

不動産会社のランディングページで売上をあげよう

メリット・注意点
不動産会社における集客アップのコツは「質の高いLP制作」です。ターゲット顧客の興味関心を惹きつけ、契約まで誘導するためには、どのようなランディングページを作るかが非常に重要となります

ランディングページで効果を得るためには、今回解説したポイントや作成方法を押さえた上で制作することを心がけてください。

不動産会社の集客方法まとめ!
濃い反響獲得するならWeb戦略から見直す

ページトップへ