オープンハウス(オープンルーム)の集客・広告マーケティング戦略のコツ

オープンハウス(オープンルーム)の集客・広告マーケティング戦略のコツ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オープンハウス(オープンルーム)の集客方法

オープンハウスは、実際の戸建てやマンションの部屋を顧客が見ることができます。そのため自身が生活している様子をイメージしやすく、購買意欲が高まりやすい方法と言えます。

当日の集客を成功させるために大切なのは、事前にオープンハウスの実施をWEBや広告で告知すること。オープンハウスの集客は当日までの動きが重要であることを前提にまずはターゲットを選定する必要があります。

どのような層をターゲットとするかは、集客方法を考案する上で非常に重要です。大きく想定されるターゲットとしては以下のパターンがあります。

  • 近隣に住んでいて住み替えを考えている方
  • 当該エリアへの引越しを考えている方

それぞれのパターンに適した集客方法を実施することで、オープンハウス当日の集客を効率よく実施することが可能です。

すでに近隣に住んでいて住み替えを考えている方の場合、オフラインとオンラインの広告を併用する施策が有効な一方で、当該エリアへの引越しを考えている方にはWEBのオンライン広告が有効です。それぞれの集客方法を細かく見ていきましょう。

オープンハウス(オープンルーム)近隣向けのオフライン集客方法

近隣に住んでいる方の場合、オフライン広告で近くでオープンハウス(オープンルーム)が実施されることを知ってもらうことが大切です。また当日でも「ふらっと立ち寄ってみようかな」と、気軽に足を運んでくれるお客様を獲得しやすいと言えるでしょう。

具体的には、以下のような施策が有効となります。

チラシを配布する

オープンハウス当日はもちろん、当日以前に効果を発揮する方法です。
当日の実施を事前に認知してもらえるほか、近隣マンションへポスティングなどを行うことで購買の可能性が高い方を集客できる可能性があります。

チラシの内容はきちんとターゲットに届きやすい内容にする必要があるものの、印刷コストや配布コストを考えると料金は抑えることができ、手軽に取り組みやすい施策と言えます。

のぼりや看板

当日や当日以前に実施場所周辺に設置することで、分かりやすい実施の目印となるでしょう。

独自のものを作成することで近隣住民の目を惹きやすくなるほか、会社名が分かりやすく記載されていると住宅メーカーとしての認知度向上にも繋がります。

設置場所や設置数によっては、車で移動している方の目にも留まりやすいです。

「いつ」「どこで」「どんな部屋か」をきちんと網羅できていれば、ふと目にした方に訴求できる可能性も高まります。

呼び込み

当日最も有効な施策は呼び込みです。その物件が生活圏内である住民には最も認知してもらいやすい手法と言えるでしょう。

オープンハウス(オープンルーム)のオンライン集客方法

オンライン広告において重要なのは、ユーザーが現在住んでいるエリアに関わらず、住み替えや引越しにおいて興味があるエリア情報をきちんと届けることです。したがってどのような施策でもエリア名を記載することは必須となります。
具体的な手法を見ていきましょう。

SNS

運用は必要になりますが、オンライン上でユーザーに気軽に情報を提供できるツールとして、SNSは非常に有効です。

日頃から運用し、ある程度フォロワー獲得などを実施する必要があるTwitterや、エリアや興味などの特性からターゲットを設定できるFacebook広告など手法は様々ですが、エリアや販売価格帯、購入する方の平均年齢などを元に効果的なSNSを選定できると良いでしょう。

ホームページ

ホームページ上でオープンハウス(オープンルーム)の情報を掲載することも有効な施策です。SEOで「エリア名+オープンハウス(オープンルーム)」というキーワードで対策ができていると集客がしやすいと言えるでしょう。

そのために重要なのは、オープンハウスやオープンルームにおけるターゲットと関係性が深い注力エリアを決めておくことです。オンラインはある意味全国のユーザーが対象になる分、オフライン以上にターゲットを厳密に設定しておかなければ効果が出にくい施策です。細かなターゲット設定を行ってください。

ポータルサイト

オンラインでの集客をもう一歩進めるのであれば自社でポータルサイトを立ち上げるという施策も有効です。ポータルサイトは、運用コストは掛かるものの、ユーザーにとって必要な情報がまとまっていることから閲覧されやすくなります。

注力エリアのオープンハウスの物件情報を常に更新することで集客ができるほか、多くの情報を掲載するためSEO対策としても有効です。

さらに、ポータルサイトが検索上位に出るようになると、買い手だけではなく売り手も集めることができるため、一石二鳥の施策と言えます。

オンライン集客は見込み顧客も意識

オンライン集客の場合、物件の認知だけではなく会社名を認知してもらう施策が重要となります。今すぐ購入したいという層ではなく、将来住み替えや引越しを考えた時に会社名を想起してもらえるように、今のうちに情報提供を行っておくことが大切です。

オープンハウスやオープンルームはリアルな販売方法だからこそ、どうしても実地との接点が多いオフラインな集客方法を考えがちですが、継続してビジネスを安定させるためにはWebを活用した見込み顧客獲得に努めるのが良いでしょう。

またオンライン施策はオフライン施策よりも手間が掛かりにくく、効率的な集客という観点からも、併用して実施することをオススメします。

不動産業界のマーケティング戦略・集客方法を提案します

オープンハウス(オープンルーム)の集客に有効なWebマーケティングや集客方法など、全研本社では集客に関わる様々な戦略を提案させていただいています。

先ほど例に上げたポータルサイトの企画・立ち上げ・運用などもワンストップで対応可能です。

全研本社では、クライアント企業だけが持つ強み「バリュープロポジション」を徹底的に分析した上で、戦略的コンテンツマーケティングを得意としています。

全研本社のWEB集客サービスの
詳細はこちら

オープンハウス(オープンルーム)の集客に留まらず、会社やサービスの認知度向上、競合との差別化などで課題がございましたら、ぜひご相談ください。

お問合せはこちら

▼このページに関連したおすすめの記事:

ページトップへ