賃貸仲介不動産屋が取り組んでおきたい集客・マーケティング戦略

賃貸仲介不動産屋が取り組んでおきたい集客・マーケティング戦略
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

賃貸仲介の集客は限られた市場内での生き残り方が大切

シェア

賃貸仲介の市場は年々右肩下がりであり、「2013年当初:214万件」→「2020年予測:195万件」まで賃貸仲介件数が減ると言われています。その理由には人口減少の背景が大きくあり、例えば単身世帯の推移も2025年を目途に減少するなど、市場全体で縮小傾向にあると言われています。

そこで、売上の為に差別化を図ろうと考えると賃貸仲介業では基本的に物件数が重要視される傾向にあります。但し、この物件勝負は競合他社も当たり前のように力を入れているため、非常に競合性が強いニーズです。そのため、競合他社とは違う自社だけの集客経路の調達、自社の地域内の立ち位置確立を先手で行うことが売上アップに繋がります。

ユーザーが訪れる賃貸不動産会社は1件のみが約半数

約半数のユーザーが賃貸物件の相談で訪れる不動産屋はたったの「1件」という調査結果が出ています。ユーザーの心理として、大学への入学や新社会人デビュー等、環境変化のタイミングで部屋探しを行うため、部屋探し以外のことでかなり忙しいことが思い浮かびます。よほど時間があるユーザーではなければ2件目、3件目に訪れることはなく、忙しいユーザーは1件目の不動産屋で賃貸仲介を決めてしまうことが予想されます。

そのため、この1件目に訪れるべき賃貸不動産屋としてブランディングをしておくことが、物件勝負の競争状況から効率的に脱却できる集客方法といえます。

※引用元:不動産会社は何件訪問すればいい?いい会社を見抜くコツとは?(https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chintai/fr_single/fr_gakusei_02/)

新しい賃貸仲介業の集客方法は「地域に詳しい不動産屋」として認知されること

不動産屋選びポイント

ユーザーが賃貸不動産会社を選ぶ時に重要視しているポイントは「スタッフの対応力」「信頼感」といった自分のニーズに対して真摯に対応してくれるかどうか。これを踏まえ、自社の良さをユーザーに認識をさせるマーケティング戦略を考えることが重要です。※全研本社調べ

ダウンロード資料


賃貸仲介資料

顧客から選ばれる賃貸不動産屋には秘密がある!ポータルサイト、物件ありきの反響に頼らない、閑散期でも集客できるエリアマーケティング戦略についてまとめています。

ダウンロードはこちら

賃貸不動産屋が行うべきWeb集客・反響獲得術

歯科タウンの評判を調査

上記の新しい切り口のマーケティング戦略を踏まえ、Webでの集客、反響を得るためにはエリアマーケティングの観点での集客に重きを置くことが大事です。それにはマーケティングの対象となるエリアごとのターゲット属性の抽出、商圏性の見極め、同業他社との差別化を図る広告戦略が必要となってきます。この3つのポイントを踏まえて、具体的なWeb集客・反響獲得術について解説します。

Googleマイビジネス・MEO集客

MEO(Map Engine Optimization)対策とは自社の地図情報を最適化し、ユーザーが店舗を見つけやすくするための対策です。要は迷うこと無く最短距離で来店できるようにしようということです。

MEO対策の手順

  • 最初にMEO対策の手順を紹介しましょう。
  • Googleマイビジネスに企業の基本情報・写真・地図を掲載する
  • Googleマイビジネスの口コミ数増加に尽力する
  • SNSなどからのアクセスアップを図る

Googleマイビジネスは無料で企業情報をGoogle上に掲示できるサービスです。同サービス上に載せる企業情報はできる限り多いほうが、検索表示順位に良い影響を与えます。また、実店舗の外観写真はユーザーの一番の目印になるため、必ず載せるようにしましょう。

Googleマイビジネス活用法

Googleマイビジネスの特徴の1つに口コミの管理機能があります。もちろん、返信も可能です。口コミの最大の利点は第三者のリアルの声が聞ける点にあります。しかし、口コミ数が少なければ信用に足る情報かどうか不審に思ってしまいます。そのため、より多くの口コミを集め、ユーザーが情報を得やすい環境にすることが集客率アップに繋がります。

また、良い口コミ・悪い口コミがありますが、どのような属性を持ったユーザーなのかを知る有効な手段となるため、悪い口コミでも真摯に受け止める柔軟さが必要です。口コミの集め方は多様ですが、来店されたユーザーにその場で直接書いて頂くと、正確な情報を発信することができます。しかし、強制はもちろん、何らかの商品やサービスとの交換で書いて貰うことは禁止事項なのでしてはいけません。きちんと声を掛けてから投稿してもらいましょう。

Google検索上位を目指して認知度アップ

口コミ集めをしながら、Facebookやインスタグラム等のSNSにて情報発信する作業も忘れてはいけません。GoogleはSNSのやり取りを通して、顧客との付き合い方や認知度の計測をしています。これらが、インターネット上の情報として残るため、より上位表示される確率が上がるのです。また、メディアに紹介されると認知度も格段に向上するため、積極的に受けるようにしましょう。MEO対策することで、店舗を見つけやすくなり、近場で不動産屋を探しているユーザーに強くアプローチできる内容となっています。そのため、正確な情報を入力し、早めに導入すべきです。

賃貸物件情報の更新によるSEO対策

歯医者・歯科医院のSEO対策とは

Googleで検索結果上位に表示されるためにはSEO対策をしなくてはいけません。では、どのようにして検索上位を狙えば良いのでしょうか。SEO対策で重要なポイントは仕入れた物件は即座に更新していくことです。ホームページにも鮮度があります。不動産業の中でも新鮮な情報を提供している企業の方が、様々なニーズを抱えたユーザーにアプローチしやすいのです。また、キーワード選定も重要になってきます。「不動産名」だけの検索をするユーザーはほとんどいません。

  • エリア+不動産名
  • エリア+マンション
  • エリア+一戸建て
  • 家賃+不動産名
  • マンション名+賃貸
  • ペット可能+エリア+賃貸

ほんの一例ですが、このように多様な掛け合わせによって検索されます。検索ユーザーのニーズは多岐にわたるため、一概にこのキーワードが良いということは言えません。そのため、内部対策をしっかりとし、多くの物件を紹介することで、幅広いユーザーニーズを取り揃えているというアピールが可能となります。但し、この物件検索市場は大手ポータルサイトがすでに参入をしている為、どれだけ大手以上にSEO対策、コンテンツ制作に力を入れることができるかが肝になります。

これから住みたい層へのSEO対策

  • 〇〇駅+住みやすさ
  • 〇〇駅+一人暮らし
  • 〇〇駅+子育て環境
  • 〇〇駅+ファミリー物件
  • 〇〇駅+家賃相場
  • 〇〇系+手当

上記に記載した内容は、その土地に関して既に興味を持っている潜在ユーザーの検索意図を記した一例です。物件情報のみを検索するユーザーだけではなく、潜在ユーザーにもアプローチすることで、より多くの集客・反響を獲得することができます。しかし、住環境や街に関する記事を投稿しようとしても、あまりの情報の多様さに翻弄されて、内容の薄いものに仕上がってしまいます。

それでも、SEOの観点から潜在ユーザーにアプローチするためには、多様な情報を提示することが大切です。住環境・街に関する検索キーワードを適度に使用することで、大手ポータルサイトに匹敵する、検索表示の上位にランクインすることも可能です。このように住環境や街に特化したサイトやコンテンツを設けることで、大手ポータルサイトや競合他社と差別化されるようになり、集客効果が向上します。


LP・HP制作のご相談はこちら

賃貸不動産ポータルサイトへ掲載

ポータルサイトに掲載するメリットはテレビCM等により、既に認知度があるため集客率が高いことが挙げられます。多くのユーザーはあなたの店舗を知りません。つまり、不動産屋としての知名度に欠けるのです。そこをカバーするのがポータルサイトです。

ユーザーは住みたいエリアを決定したら、まずポータルサイトを利用します。家賃の上限・下限の設定、駅からの距離、近隣コンビニの有無等々の詳細条件を入力し、物件の目星をつけるのが、ユーザーの不動産屋探しの初期段階の行動です。物件探しをしているユーザーはもちろん、その物件を取り扱っている不動産屋の情報を知りたいというユーザーにも最適の検索ツールとなっています。

大手ポータルサイトへの登録

大手ポータルサイトの特徴は、不動産屋やユーザーに向けて不動産紹介以外にも独自性の強いサービスを展開しているということです。不動産屋に対しては物件のチラシを定期的に配布したり、反響による課金制のサイトでは物件を無制限で掲載できたり等のサービス展開があります。

一方、ユーザーにはDIY等の住宅に関する多種多様なサービスを提供したり、成約した暁には入居祝い金を支払ったりといったサービスを提供する大手ポータルサイトもあります。大手ポータルサイトを利用するメリットは先に紹介したように知名度にあります。ポータルサイトによってはキャラクターだったり、キャッチコピーだったりと、そのサイトを象徴するものもあります。

また、好きな俳優や歌手がCMに出演しているからという理由でそのポータルサイトを使用するユーザーがいるのも事実です。大手ポータルサイトに登録することによって見込み顧客の獲得の幅が広がるのです。

地域に強い不動産屋としてのブランディングなら「ポジショニングメディア」

集客・売上アップ

ポジショニングメディアでは、自社のブランド(強み)を強くユーザーに訴求することができます。不動産屋同士の違いや差は、ユーザーにとっては分かりづらいものです。しかし、ポジショニングメディアを用いた集客を行い、他社との違いをアピールすることで、反響獲得に至ります。

また、依頼をやめようと考えるユーザーに対しても、自社の強みや競合他社との違いを分かりやすくアピールできるため、依頼意欲を向上させられます。ポジショニングメディアは、あくまで特定のエリアに特化した不動産屋の特集です。

検索エリア内にある不動産屋のなかで、どこが一番自分のニーズに合っているのかを探すために使用される情報メディアなのです。お客様にとって良い物件のコンサルティング・紹介をしてくれる不動産屋であることを大いにアピールすることが可能です。

賃貸不動産屋市場でWebコンサルティングを導入頂いたお客様事例

ポータルサイトに今まで出稿していましたが、競合も私どもと同じような広告施策を行っている為、今後の先行きが不安でした。

そこで全研さんの「ポジショニングメディア」施策を導入した結果、ポジショニングメディアの集客力が増した頃から一気に飛び込みで来るお客様が増え、月間30組はこのポジショニングメディアを見て自分に合いそうだからということで来店して頂いています。

お客様の質もよく、来店したらだいたい3割ぐらいで決まります。やはり決め手としては物件ありきでなく、ウチに部屋探しをしてほしいという顧客が多くなり、その結果としてスタッフが営業しやすくなったのかなと踏んでいます。

賃貸仲介集客・反響獲得術まとめ

エリアマーケティング・ブランディング

反響を得るためにはMEO対策、SEO対策やポータルサイトでの上位表示は必須です。それだけではなく、自社の強みや特徴を訴求することで自社をブランディングし、競合他社との差別化を図ります。その結果として、ユーザーから良い会社だという差別化により効率的な集客・反響獲得が可能になる一種の集客システムを作りあげ、決定率の高いユーザーを自社に集客することも重要なのです。

もちろん、住環境や競合状況、検索市場により最適なWebマーケティング戦略は様変わりします。7000以上のWebコンサルティング実績を誇る全研本社だからこそ、貴社ならではの勝てる数々の事例やノウハウを持っています。地域に根付いた賃貸仲介に特化した不動産集客戦略をお考えの方はぜひ一度ご相談ください

  • WEB上での見せ方、競合他社との差別化をしたい
  • エリアマーケティングによる集客を行いたい
  • ポジショニングメディアを活用した集客をしたい

このようなご要望をお持ちの方は一度、是非、全研本社集客チームにご相談ください。客観的な視点とノウハウを活用し的確なエリアマーケティングをご提案いたします。

集客のご相談はこちら

お問合せはこちら

▼このページに関連したおすすめの記事:

ページトップへ