マンションマーケットに広告掲載する時の料金や評判をリサーチ

マンションマーケットに広告掲載する時の料金や評判をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

マンションマーケットの特徴

マンションマーケット公式サイトキャプチャ画像
引用元:マンションマーケット公式サイト(https://mansion-market.com/)
まずはマンションマーケットの特徴についてご紹介していきます。マンションマーケットでの広告掲載をご検討中の方は、ぜひご一読ください。

仲介手数料が定額

不動産会社の仲介手数料は法律上、400万円を超える場合は売買価格の内の3%+6万円が上限です。当然、上限額いっぱいでは顧客は増えないので、ほとんどの不動産会社はこれより安くします。しかし、どれだけ安くしようと%で計算している限り、売買価格が高ければ高くなるほど仲介手数料は高くなります。

マンションを売る側である利用者からすれば、仲介手数料は安いに越したことはありません。マンションマーケットの仲介手数料は売買価格によって変動せず、常に定額49.8万円(税別)です。この場合、一定額以上ではほとんどの場合通常の不動産会社より安くなります。

例えば売買価格が2000万円の場合だと、

  • 売買価格2000万円
  • 通常の不動産会社の場合…売買価格の3%+6万円=66万円
  • マンションマーケットの場合…定額49.8万円

となり、通常の不動産会社の仲介手数料は66万円ほどかかってしまい、マンションマーケットより10万円以上高くなってしまいます。この計算はあくまで上限で計算しているため、これより安い不動産会社もあるでしょうが、それでもマンションマーケットより安いところはあまりないでしょう。

中古マンションの過去の売買価格が確認できる

マンションマーケットの会員登録をすると、過去数年間のマンション価格を確認できます。成約価格ではないため、実際の契約金より高めの場合が多いですが、そもそも成約価格は一般の方法では調べることができません。

過去の売買価格が分かれば自分のマンションの価値を確認できるため、売るタイミングなどが分かりやすく利用しやすいです。

マンションマーケットの広告掲載料金

広告掲載

広告掲載については値段の表示がありませんでした。広告掲載について質問がある場合は、マンションマーケット公式サイトのお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

マンションマーケットの口コミ・評判

利用した不動産会社の評判はありませんでしたが、マンションマーケットの公式サイトにて実際に売買されたお客様の声が掲載されていましたので、一部ピックアップしてご紹介します。

30代/ご夫婦
大手不動産会社さんから切り替えて売却に成功。きれいな販売図面に大満足です。

40代/ファミリー
手数料が安いのに丁寧な対応。非常に満足のいく売却ができました。

50代/男性
短期間での売却に成功。「インターネットを駆使して販売活動をする」というご説明もあり、時代のニーズに合っていると思いました。

引用元:マンションマーケット公式サイト(https://mansion-market.com/testimonials/sell)

マンションマーケットに広告掲載するメリット

仲介手数料が定額で予算が分かりやすい

マンションマーケットは仲介手数料が安いだけでなく、定額であることも注目すべき点です。売買価格によって仲介手数料が変動する場合、利用者目線で考えると予算をいちいち計算してくてはいけないため、余計な時間がかかってしまいます。

しかし、仲介手数料が一定額であればその後売買価格が変動しても手数料が変わらないため、予算を計算しやすくなって便利なのです。

30件以上のメディアに掲載される

売却する側にとって、自分のマンションを告知できる場所は多ければ多いほど販売機会が増えて都合が良いです。マンションマーケットでは不動産ジャパンや楽天不動産など、30件以上もの大手ポータルサイトにマンションの情報が掲載されます。
また、マンションマーケットの自社メディアにも掲載されますが、メディアの閲覧ユーザー数は45万人以上のため、かなりの人の目に触れるでしょう。

囲い込みがなく安心

囲い込みとは、自社で物件を抱え込んで他の不動産会社に紹介しないことを言います。囲い込みの目的は、仲介手数料を独り占めすることであり非常に悪質な行為です。更に利用者自身は囲い込みがあった事実すら知る機会が少ないです。

実際、囲い込みは不動産業界において古くから問題視されており、いまだに囲い込みをしている悪徳会社は存在しています。
マンションマーケットでは売主と買主でコンサルタントを分けたり、多くの不動産会社のサイトやメディアにマンション情報を掲載したりすることにより囲い込みができないようになっています。

電話連絡が少ない

マンションマーケットはスマホやPCでの連絡を主軸にしており、不要な電話連絡が起こらないようにしています。また、2週間に一度の売却活動の結果報告もオンラインで受けれるようになっており、時間に縛られずにスムーズに連絡ややりとりができます。

マンションマーケットへの広告掲載までの流れ

公式サイトの広告掲載・内見依頼受け付けフォームにて物件価格や会社名などの必要事項を記入し、マンションマーケットに送信することで依頼できます。その後、自動返信メールをもって承諾されます。

他の集客施策を織り交ぜたwebマーケティングをしよう

マンションマーケットに広告掲載することは売買効果的にもとても有効な手段です。しかし、それだけではまだ十分ではありません。ユーザーは様々なサイトの中からマンションを比較し、マンション情報を検索して、自分に最適なマンションを見つけようとします。まして、マンションは高額なもので、一生に何度とない慎重な買い物になり得ます。

  • 他のマンション特化サイトにも掲載して認知度を上げる
  • マンションの記事を作成し、ユーザーにマンションの良さを知ってもらう
  • SEOを意識して検索上位を狙い、見込み客を誘う
  • ポジショニングメディアで自社だけの物件仕入れ経路を作る

などを実施し、より良い集客戦略を構築してはいかがでしょうか。

マンション売却に活用できる
広告媒体まとめ
知っておきたい不動産の仕入れ戦略まとめ

ページトップへ