不動産売却の反響獲得を実現するマーケティングのコツと手法

不動産売却の反響獲得を実現するマーケティングのコツと手法
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

不動産売却のマーケティング施策で反響を獲得するポイントはWeb施策にあるといえるでしょう。多くのユーザーがインターネットを使って情報収集を行っているからです。

このページでは、不動産売却で反響を獲得するためのポイントやマーケティング施策を解説しています。今よりも多くの見込み客を獲得したい方は参考にしてください。

不動産業界の視点で見る現状と今後について

不動産業界の視点で見る現状と今後について
反響を獲得するマーケティング手法を紹介する前に、不動産業界の課題を解説します。どのような課題を抱えているのでしょうか。

地価暴落

不動産業界が注意したいポイントとして地価の下落が挙げられます。令和2年まで5年連続で上昇を続けてきた地価(全国平均・全用途)は、令和3年に下落に転じています。ポイントは、地方四市(札幌市・仙台市・広島市・福岡市)を除き、全用途平均・住宅地・商業地とも下落に転じていることです。

主な原因として新型コロナウイルス感染症の影響が挙げられます。また東京オリンピックが閉幕することで、オリンピック需要で高騰した不動産価格が一気に下落する恐れがあります。

参考:令和3年地価公示 全国の地価動向(https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/content/001391750.pdf)

スマホ普及による情報量の飽和

次の注意点としてスマホの普及が挙げられます。スマホが普及したことで、誰もが気になったときに不動産情報へアクセスできるようになりました。顧客が様々な不動産情報へアクセスできるようになったため、情報提供の方法を工夫しないと選ばれにくい時代になっています。

人口減少によって市場競争が激化

人口減少も気を付けたいポイントといえるでしょう。日本の総人口は、令和元年10月1日時点で9年連続の減少(総人口1億2616万7000人。前年に比べ27万6000人減少)となっています。総人口は今後も減り続け、2048年に1億人を下回ると予想されています。人口減少により、市場競争が激化する恐れがあります。

参考:人口推計/人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐(https://www.stat.go.jp/data/jinsui/2019np/index.html)
参考:第1章 第1節 1 (2)将来推計人口でみる50年後の日本|平成24年版高齢社会白書(全体版(https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/s1_1_1_02.html)

2022年問題

直近の課題として2022年問題も挙げられます。2022年問題とは、2022年に生産緑地の指定が解除されることにより都市部の農地が一斉に宅地として市場に供給される恐れがあります。土地の供給が過剰になると、都市部の不動産価格が下落する可能性があります。

反響を得るためのポイント

反響を得るためのポイント

不動産業界は以上の課題に直面しています。課題に対処する方法として挙げられるのが、反響を獲得できるマーケティング戦略を立案することです。参考に反響を獲得するポイントを紹介します。

自社サイトに任意売却と記載するのはNG

任意売却案件を獲得したい場合、自社Webサイトに「任意売却」と記載することはおすすめできません。ユーザーの多くは、住宅ローンの返済に困っていて、マイホームを手放したくないと考えているからです。

任意売却はユーザーのニーズではないため敬遠されてしまいます。まずは住宅ローン返済の相談を受けるところから始めるとよいでしょう。

売却目的のユーザーを低コストで自社サイトへ誘導

リスティング広告を上手に活用すれば、売却目的のユーザーを低コストで自社サイトへ誘導できます。例えばマンションの売却を希望しているユーザーは「マンション名+売却価格」で検索する傾向があります。

「○○市+マンション売却」よりも競合が少ないためクリック単価を抑えることが可能です。低コストで自社Webサイトへ誘導する方法を模索するとよいでしょう。

売却目的のユーザーに自社の強みやメリットをアピール

自社Webサイトへ顧客を誘導できたとしても、内容が乏しいと成約には結びつきません。自社Webサイトでは、競合他社にはない自社だけの強み、自社を利用するメリットなどをしっかりアピールする必要があります。

売却目的のユーザーの所有する物件をシステムで特定

自社Webサイトにユーザーが無料で利用できる簡易の査定システムを組み込んでおくこともおすすめです。物件情報を取得すれば、売却を検討しているユーザーの所有物件がわかります。

売却目的のユーザーの所有する物件にポスティングをする

売却を検討しているユーザーの所有物件が分かれば、その物件にポスティングを行えます。売却を検討していることは明らかであるため、高い反響を期待できます。

不動産売却で取り入れたいマーケティング手法

不動産売却で取り入れたいマーケティング手法
続いて不動産売却で反響を獲得するマーケティング手法を紹介します。

インターネット広告の活用

不動産売却でもインターネット広告は外せません。多くのユーザーが、インターネットで不動産売却の情報を集めているからです。インターネット広告の中でも多く用いられているのが、リスティング広告とディスプレイ広告です。それぞれの概要は以下の通りです。

  • リスティング広告:検索キーワードと連動した広告が検索結果に表示される(テキストのみ)
  • ディスプレイ広告:Webサイトの広告枠に表示される(テキスト+画像)

リスティング広告のメリットは検索キーワードと連動するため不動産売却に興味があるユーザーを集客できることです。一方、デメリットには同じ理由で広告を配信できるユーザーの数が限定されることがあります。

対するディスプレイ広告のメリットは多くのユーザーの目に触れること、デメリットは広告を目にするすべてのユーザーが不動産売却に興味をもっているとは限らないことです。

ディスプレイ広告は、どちらかというと自社の認知度を高めたいケースやキャンペーンを告知したいときなどに向いているといえるでしょう。

MA・CRMツールの活用

MA・CRMは、マーケティング業務の一部を自動化できるツールです。具体的には自社Webサイトを訪れたユーザーの閲覧ページ、訪問回数、訪問頻度、問い合わせの有無、性別、年齢などの情報を集めて顧客リストを作成することが可能です。

さらに作成した顧客リストを活用して、適切なタイミングで適切な内容のメールを自動で送付することや現状分析のためのレポートを作成することなどができます。

例えば訪問頻度、訪問回数が増えているユーザーに、査定の案内メールを送るなどが可能です。MA・CRMツールを導入することで、見込み客を効率よく育成できます。

ポジショニングメディアの活用

不動産売却におけるマーケティング手法で特に注目したいのがポジショニングメディアです。ポジショニングメディアの概要と活用するメリットを紹介します。

ポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディアは、狙った市場に自社の強みや自社と他社との違いなどを浸透させるWebメディアです。ここでいう狙った市場は、自社の利用を促したい顧客の集まりを指します。自社の利用を促したい顧客は、市場を複数の切り口で細分化して見つけます。

また自社の強みは、顧客の未充足のニーズを満たす自社だけの価値(=競合他社が提供できない価値)を意味します。つまり自社にしか提供できない価値を理想的な顧客の集まりに浸透させるWebメディアをポジショニングメディアというのです。

ポジショニングメディアについてまとめた資料もご用意しています。ポジショニングメディアについてご興味があり、より詳しく知りたい方はぜひダウンロードしてご確認ください。

ポジショニングメディアを活用するメリット

ポジショニングメディアを活用するメリットは、自社のサービスと親和性の高いユーザーを集められることといえるでしょう。テーマを絞って制作するため、自社のサービスに興味をもっているユーザーを集客できます。

またポジショニングメディア内で、自社の特徴と競合他社との違いを明らかにします。この違いの明確化はより具体的な問い合わせと成約率の向上に繋がります。

例えばマンションの買取実績が豊富な不動産会社であれば「○○市でマンションの買取実績NO.1」などの切り口でポジショニングメディアを制作することが考えられます。適正価格でマンションを売却したい○○市在住のユーザー、実績豊富な不動産業者に相談したい○○市在住のユーザーに響くはずです。

ポジショニングメディアを制作することで、競合他社に対する優位性を獲得できます。さらに詳しい情報は、以下のページをご覧ください。

ポジショニングメディアで成約率の高い集客を実現

不動産売却で反響を獲得するポイントはWebマーケティング施策

不動産売却で反響を獲得するポイントはWebマーケティング施策

不動産業界を取り巻く環境は不透明です。反響を獲得するマーケティング戦略を立案するべきといえるでしょう。多くのユーザーはインターネットを活用して不動産情報を収集しています。したがってWebマーケティング施策が効果的と考えられます。

キャククル運営元の全研本社には、不動産業界を含む120業種以上でWebマーケティングを活用した集客実績がございます。競合他社にはない貴社だけの強みを分析して、反響を期待できる施策をご提案いたします。不動産売却のマーケティングでお困りの方は、全研本社までお問い合わせください。
Webマーケティングの
ご相談はこちら

ページトップへ