ハピすむの広告掲載・紹介手数料や定額コースなどを徹底調査!

ハピすむの広告掲載・紹介手数料や定額コースなどを徹底調査!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エスが運営する、リフォーム見積もり比較を無料でできるサイト「ハピすむ」について調査しました。

ハピすむの仕組みはどうなっている?

そもそもハピすむとは?

ハピすむは、リフォーム希望者とリフォーム事業者をマッチングするサイトです。

リフォーム業者にとってはニーズが判明していない状態では手間となってしまうヒアリングや現地調査日程調整までを、ハピすむの電話オペレーターが担ってくれます。

リフォーム希望者との接点をリフォーム事業者が直接持ったタイミングでハピすむには手数料を支払う必要があるため、集客ツールとしては活用しやすいと言えます。

ハピすむの加盟店の利用掲載料金は?紹介手数料はいくら?

ハピすむの料金とは?

ハピすむの月額掲載料0円で、成約手数料も発生しません。他のリフォームサイトの場合、成約時に料金が発生する場合がありますが、ハピすむの場合は紹介、すなわちリフォーム事業者がリフォーム希望者と直接接点を持てたタイミングで紹介手数料が発生します。

リフォーム産業新聞(1276号 (2017/08/08) 4面)によると、紹介手数料はリフォームの実施規模によって金額が異なります。リフォーム実施規模が10万円以上から50万円未満が2万円50万円以上から200万円未満が3万5000円200万円以上が5万円となっています。

リフォーム実施規模が0円、すなわち成約に至らなかったとしても1万円の手数料が発生するため注意が必要です。

月5万円の定額サービスも登場

リフォーム産業新聞(1339号 (2018/12/03発行) 1面)によると、月額5万円の定額サービス「ハピすむプライム」もあります。加盟店向けのサービスで、リフォーム実施規模が10万円未満に関しては手数料無料となっています。

少額リフォームによってリピーターを獲得したいというリフォーム事業者が多数あり、このようなサービス提供に至りました。ほかにもハピすむへの広告掲載や、7000円から平面図を作成するサービスが実施されており、リフォーム事業者にとってはコストパフォーマンスが高いサービスと言えるでしょう。

ハピすむ掲載のメリットは?

コンシェルジュのような役割を果たす電話オペレーターが現地調査の日程調整まで確定してくれるため、リフォーム事業者は無駄な手間を省いてくれます。さらに実際にリフォーム事業者が成約につなげやすいよう、リフォーム希望者へ紹介するのは数社程度。そのためむやみに広告を出すよりも成約率を高められる可能性があるでしょう。

ハピすむ掲載のデメリットは?

リフォーム事業者の実績が見えにくいため、申込に二の足を踏んでいるリフォーム事業者は多いようです。公式サイトには月額掲載料、成約料無料とあるものの、リフォーム産業新聞の記事によると元々発生している1~5万円の成約手数料が割引になるという文言があるため、さらに実態は掴みにくくなっています。

成約率を高められる可能性はあるものの、顧客の質をこちらで指定できないほか、大型案件が入ってくる可能性など、実際に利用してみなければ分からない点が多いようです。

ハピすむの口コミ評判は良い?悪い?

残念ながら、掲示板などにおける、ハピすむについての口コミ・評判に関する書き込みや情報を見つけることができませんでした。

リフォーム事業者が効率よく集客するには?

現在集客にお困りの場合、マッチングサイトに登録することで成約の可能性を高めることができるでしょう。新たな顧客獲得の見込みが立つ一方で、自社で顧客をコントロールしにくくなる可能性があります。

大切なことは、自社に適した集客方法を見つけることです。下記のページでは、リフォーム会社の集客術についてまとめています。ユーザーニーズをはじめ、集客の具体的な方法についてチェックしてみましょう。↓↓↓

▼このページに関連したおすすめの記事:

ページトップへ