ひつじ不動産の特徴や広告掲載するメリットをリサーチ

ひつじ不動産の特徴や広告掲載するメリットをリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ひつじ不動産の特徴

ひつじ不動産公式サイトキャプチャ画像
引用元:ひつじ不動産公式サイト(https://www.hituji.jp/)

個人だけでなくファミリー向けと、幅広く物件を紹介しているシェアハウス専門メディアのひつじ不動産。北海道から沖縄までと、全国各地のシェアハウス情報が掲載されています。

そんなひつじ不動産について、詳しく解説していきます。ひつじ不動産に興味がある方、掲載をご検討されている方は参考にしてください。

スタッフ自身が掲載物件を訪問・撮影

不動産事業者の方は、掲載するメディアを選ぶ際に物件の魅力をしっかり伝えてくれるかという観点から、メディアを見ていくかと思います。
物件紹介において、家賃や駅からの距離といった住まいの情報の提示はもちろん、興味をもってもらうためには、物件の外観や内観の提示も同じくらい重要です。

しかし、不動産サイトの中には自分で写真を撮影しなければいけないサイトも存在します。その場合、どうしても撮影がうまくいかず、ユーザーに物件のイメージが上手く伝わらないことも考えられます。

ひつじ不動産は、スタッフ自ら物件を訪問・撮影をし、その上で紹介記事作成を行ってくれます。第三者のプロの客観的な視点で書かれた紹介記事は信頼性が高く、入居を検討している人の安心に繋がります。
紹介記事は物件のオリジナリティをうまく紹介しており、写真をふんだんに使用していてイメージがしやすく、画質や見栄えも良いため物件の良さを十分に引き出してくれるでしょう。

物件の検索方法と掲載情報

物件を検索する時は、サイト最上部のタグから東北や関東などの大まかな地域から検索し、その後細かな条件を指定していきます。細かな条件とは駅名や住所、エリアや物件の名前のことです。
さらに、詳しい条件指定で同居タイプや賃料なども指定できます。

掲載情報はそれぞれ共用部と専有部、アクセスや地域環境、運営管理やQ&Aが記載されます。
共用部では、以下の情報を写真付きで掲載。

  • ラウンジ情報
  • キッチン情報
  • 浴室情報
  • 洗濯機や乾燥機情報
  • トイレ情報
  • 駐車や駐輪場情報
  • インターネット情報

専有部では、こちらの情報が写真付きで紹介されています。

  • 入居条件
  • 部屋番号
  • 広さ
  • 賃料
  • 共益費や管理費
  • 敷金や保証金

ファミリー向けの専用サイトがある

ひつじ不動産では、ひつじ不動産 For Familyと題したファミリー向け専用サイトが設けられています。通常の指定検索とは違い、ファミリー向けの物件がすぐに表示されるため、検索の余計な手間がかからない仕様になっています。
ユーザーの中にはインターネットに慣れていない方もいらっしゃるので、このようなユーザビリティの良さは集客にもプラスになるはずです。

また、ひつじ不動産 For Familyはメンバーシップも導入されており、最新の物件情報を配信したり、会員向けのオープンハウス視察イベントを実施したりしています。

ひつじ不動産の広告掲載料金

広告を掲載するための料金については、公式サイトに記載がありませんでした。

ひつじ不動産は、自社のスタッフが直接物件を訪問・撮影するため、料金が一定ではないことが考えられます。その代わりに、手続きや質問をするための連絡メールアドレスが公開されているため、広告掲載をご検討中の場合はこちらに連絡してみてください。

ただし、健全・順調な市場発展を促す方針に則り、安全面から掲載を断られる可能性もあります。安全な物件であるか、床や壁に傷がないかなどをきちんと確認してから申請するように心がけましょう。また、明らかにシェアハウス向けでない物件についても同様です。

ひつじ不動産の評判・口コミ

ひつじ不動産に関する口コミはありませんでした。しかし、2013年の時点でお問い合わせ件数が10万件を突破していることや、1日に数件から数十件の物件が新たに掲載される実績から人気の高さが伺えます。

不動産事業者に限らず、掲載するところは実績が多いに越したことはありません。その点からすれば、10万件以上ものお問い合わせがきているひつじ不動産は信頼できるポータルサイトと言えるでしょう。

ひつじ不動産に広告掲載するメリット

全国に対応している

ひつじ不動産は、北海道から沖縄まで全国に対応しているため、場所に縛られず広告を掲載できます。沖縄や北海道に対応していない、東京しか対応していないサイトも珍しくないため、全国対応していることは大きなメリットです。

また、検索されるユーザーの中には、県を跨いだ引越しをされる方もいます。そういった場合にも目に止まりやすいメディアのため、自然と物件をアピールできる機会が増えるのもメリットの一つです。

シェアハウス物件に特化している

大手の不動産ポータルサイトは、物件の幅が広いためシェアハウスのみを検索する人には適さない可能性があります。ひつじ不動産はシェアハウスに特化しており、シェアハウスの入居検討者のみに絞られるので見込み客のみを獲得できます。

また、特化サイトに掲載することで、専用サイトに掲載できるほどの良物件だということをアピールにもなります。結果的に、大手の総合不動産サイトよりも入居希望者を獲得できる可能性を高めることが可能です。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

ひつじ不動産への広告掲載はユーザーへの認知度を上げるため、多くの利用者を獲得するためにとても有効な手段です。しかし、ユーザーは一つのサイトのみで物件を決めるとは限りません。

本当にこの物件で満足するのかを検証し、その他の物件との条件を細かく比較して、最も自分に合った物件を選ぼうと考えます。そんな様々な検索意図に合わせて、戦略を練ることが大切です。

  • 他不動産ポータルサイトへの掲載で更に認知度を上げる
  • SEOを意識した記事での検索対策
  • ポジショニングメディアでより受注が期待できるユーザーを集客

などを適宜実施し、ぜひ経営にポジティブに働きかけられる集客戦略を立ててください。

賃貸仲介の集客・
マーケティング戦略まとめ

賃貸向け
ポータルサイト・広告媒体をチェック

ページトップへ