【賃貸仲介向け】SEO対策のノウハウや考え方を教えます

【賃貸仲介向け】SEO対策のノウハウや考え方を教えます
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

SEO対策の概要と特徴

Webサイトを活用した賃貸仲介向けの集客の実施を検討するにあたり、SEO対策の基本知識について理解を深めておきましょう。ここでは、SEO対策にまつわる具体的な概要と特徴について解説していきます。

SEO対策とは

SEOとは、「検索エンジン最適化」といった意味合いを持つ言葉となります。具体的な内容としては、自社で運営するWebサイトを、各種検索エンジンの検索結果にて上位表示させるテクニックのことを指します。

検索エンジンの検索結果上で上位サイトであるほどたくさんの人の目に触れる機会が多い傾向にあります。賃貸仲介市場で上位表示させるができればWebサイトへの流入が増え、物件の賃貸を検討しているユーザーを集客できるようになります。

SEO対策の重要性

賃貸仲介系のWebサイトにアクセスするユーザーの流入ニーズについては、大きく分けて3つあります。

  • 居住検討地域の物件探し
  • 居住検討地域の環境情報探し
  • 賃貸不動産業者探し

それぞれのニーズはすぐに内見が決まりそうなものがあればまだ物件までたどり着かないもの、そもそもこのあたりに住みたいが賃貸不動産業者に相談をしたいといったニーズがあります。

ポータルサイトへの掲載のみだと物件目当てのユーザーの集客になりますが、自社サイトのSEO対策を行うことで物件ありきの集客状況から脱却できるカギを握っているのです。

SEO対策の導入にともなう効果

賃貸仲介業のWebサイトでSEO対策を導入することは、さまざまな効果を獲得することにつながります。

そのため、自社サイトにてSEO対策の導入および取り入れを検討する際は、あらかじめSEO対策の導入にて得られる効果や成果などのポイントについて入念にチェックしておきましょう。

SEO対策の導入にともなう効果や成果の具体例については以下のとおりです。

高い集客力を見込める

上位表示をするまでには時間がかかってしまいますが、上位表示をした後は上位表示され続けている間は集客ができます。

また、対策するキーワードによって賃貸物件を探しているのか、賃貸不動産会社を探しているのかといったユーザーニーズをコントロールすることができるのもSEO対策のうれしいポイントです。

広告費用を抑えられる

リスティング広告や一般的な広告媒体への出稿はそれなりに費用をかけなければなりませんし、費用対効果の限界が見えています。

もちろんSEO対策にも費用はかかりますが、上位表示さえすれば投資した分を回収することが可能です。

ブランディング効果を期待できる

上位表示をしているサイトはユーザーがまず最初に閲覧することになるWebサイトになるので、ブランディングに寄与してくれます。

賃貸仲介業のWebサイトのSEO対策に関するノウハウ

賃貸仲介業のWebサイトのSEO対策に関するノウハウ
賃貸仲介業のWebサイトにSEO対策を検討する際は、あらかじめ賃貸仲介業に特化したSEO対策の特徴や成功ポイントなどについて入念にチェックしておきましょう。

ここでは、賃貸仲介業のWebサイトのSEO対策に関するノウハウをわかりやすく解説していきます。

キーワード選定およびカテゴリー分けについて

賃貸仲介業のWebサイトでは、物件の周辺環境や開発・発展度合によって、ユーザーの検索方法が大きく異なります。具体的には、大都市の物件は「駅名」、地方の物件は「エリア名」にて検索されやすい傾向にあるのです。

たとえば、東京都内の物件を探している人の場合、「新宿駅 賃貸」や「渋谷駅 賃貸」などといったキーワードにて検索されることが比較的多くなります。対して、地方の物件を探す場合、「大津市 マンション」「草津市 賃貸」などと検索されるケースが多くあります。

前述のような現象が起こる要因としては、大都市に住む人は電車を活用した移動や通勤が前提となっており、地方エリアの人は車による移動や通勤が多いことが大きく関係しています。

そのため、賃貸仲介業のWebサイトにてSEO対策の導入を進める際は、あらかじめターゲットとなる物件の所在地エリアや周辺環境を踏まえたうえで、適切なキーワード選定を実施することが重要になってきます。

よりそのエリアに住みたいと考えるユーザーは「新宿西口 賃貸」と細かい検索をしたり、「○○町 賃貸」と駅名が絡まない検索をします。このようなキーワードは手が届きにくいキーワードでもあるので、自社商圏に合わせて追加で対策をしておくとよいでしょう。

オリジナリティの取り入れ

インターネット上で目に触れる機会の多い各種賃貸仲介業のWebサイトには、同様の物件が数多く掲載されています。そのため、賃貸仲介業のWebサイトは、競合サイトと物件情報や各種コンテンツが類似しやすい性質を持っていることがわかります。

しかし、Googleは、「類似するWebサイトばかりを上位表示する=情報が偏る」といったポイントを十分に理解しているため、比較的掲載情報のオリジナル性を評価する傾向にあります。

たとえば、「沖縄 賃貸」にて上位表示されている賃貸仲介業のWebサイトには、「沖縄の海を一望できる家」や「沖縄の魅力」など、独自のセンスや切り口でカテゴリー分けされたコンテンツが掲載されています。

つまり、「特定のキーワードをとりあえず盛り込んでおこう!」といった考えではなく、「どうすれば、自社のオリジナリティを上手く表現することができるのか!」などのポイントに重きを置くことが重要になってくるのです。

オリジナリティを出すには苦労しますが、ぜひ自社の環境やお客様から頂いた声を参考にしてみてください。

近隣・周辺エリアへの横移動リンク貼り付け

賃貸仲介業のWebサイトのSEO対策では、「類似条件の物件を簡単に探せるようにする」といったポイントを取り入れることも非常に重要です。また、類似物件の検索にまつわる代表的な施策のひとつが、近隣・周辺エリアへの横移動リンクになります。

たとえば、山手線沿線の渋谷駅周辺にある物件を検索した人は、隣の原宿駅もしくは恵比寿駅の物件も選択肢に入っている可能性が考えられます。

そのため、渋谷駅周辺の物件情報を表示させる際に、合わせて原宿駅・恵比寿駅に移動できるバナーを設置することで、賃貸仲介業のWebサイト自体のコンバージョン率を大幅に引き上げることが可能となるのです。

また、近隣・周辺エリアへの横移動リンクを貼り付けることは、検索ユーザーの直帰率低下やサイト滞在時間の増加を促すことにもつながります。

つまり、近隣・周辺エリアへの横移動リンクを貼り付けることで、検索ユーザーとGoogleの双方から高い評価を受けるWebサイトへと生まれ変わらせることが可能となるのです。

ロングテールキーワードの積極的な導入

ロングテールキーワードとは、複数のワードを組み合わせたうえで、検索上位を目指す手法のことを指します。ロングテールキーワードの概念としては、約3~4語の組み合わせが一般的だといわれています。

また、ロングテールキーワードを活用したSEO対策は、賃貸業界または不動産業界との相性がよいとされています。ロングテールキーワードは、ターゲットユーザーのニーズがより具体化したタイミングで検索されるケースが多い傾向にあります。

そのため、ロングテールキーワードを取り入れることで、細かなニーズを取りこぼすことなく、徹底した集客を実現させることが可能となるのです。

賃貸仲介業のWebサイトにおけるロングテールキーワードの具体例については以下のとおりです。

  • 「賃貸 地名 デザイナーズ」
  • 「賃貸 地名 一人暮らし」
  • 「賃貸 地名 ペット可」
  • 「賃貸 地名 ペット可 2LDK」
    など

ニッチキーワードから攻める

これからSEO対策をする賃貸仲介業のWebサイトの場合は、基本的に苦戦する可能性があります。

そこで、比較的競合性の低いキーワードを狙うことで上位表示および成果を出し、あとから本命のキーワードを上位表示させていくという戦略を取ることも視野に入れましょう。
このようなキーワードを思考する際にはユーザーの立場になって考える必要があります。

例えば、西荻窪で1人暮らしをしたいと考えると「西荻窪 一人暮らし」というキーワードが出てきます。
上京する大学生や東京の会社に就職した新卒の気持ちになると「東京 一人暮らし」というキーワードになるでしょう。

ファミリー向けを狙うのであれば「西荻窪 3LDK」や「西荻窪 ファミリー賃貸」というキーワードが思い浮かびますが、この市場はかなりSEO対策難易度が高いです。
そこで少し視点を変えて、ファミリーであれば子供を優先に考えることを考えると、学区域ごとに区切ったエリアの検索や治安検索をする可能性があります。

他にも狙い方が変わりますが、相場観を中心としたコンテンツを作ることで相場を気にするユーザーを獲得できます。
周辺地域と比べて安ければ安いニーズを持ったユーザーが流れてきますし、高ければ立地思考のユーザーが流れてくるため、サイトの見せ方を変えてうまく反響につなげるということも可能です。

このように比較的難易度が低いキーワードであれば十分上位表示を狙えますし、本命となるキーワードを上位表示させる際には流入があるWebサイトがSEO上有利になります。
ぜひ自社とユーザーに合った賃貸仲介系キーワードを考えてみましょう。

賃貸仲介業のWebサイトのSEO対策における3つのコツ

賃貸仲介業のWebサイトのSEO対策における3つのコツ
賃貸仲介業のWebサイトのSEO対策には、あらかじめ知っておきたいポイントやコツなどが数多く存在します。ここでは、賃貸仲介業のWebサイトのSEO対策における3つのコツについて解説します。

3C分析の実施を徹底する

賃貸仲介業のWebサイトにて効果的なWeb集客を進めるにあたり、まずは、3C分析の取り入れおよび実施を検討することが重要です。3C分析にまつわる具体的な概要や特徴については以下のとおりです。

3C分析の概要

3C分析とは、顧客・自社・競合のそれぞれをリサーチしたうえで、新たなマーケティング戦略や事業計画を考えるフレームワークです。

顧客分析【Customer】⇔競合分析【Competitor】⇔自社分析【Corporation】

一般的な3C分析の特徴

  • 顧客分析【Customer】:市場規模や顧客ニーズの変化  など
  • 競合分析【Competitor】:競合企業の特定(商品やサービスの特徴など)、業界内での位置付け  など
  • 自社分析【Corporation】:自社商品・サービスの特徴、企業理念・ビジョン、資本力  など

Web上で行うべき3C分析

3C分析は市場環境をするツールですが、見方を変えるとWeb上でも活かせます。

  • 顧客分析【Customer】:検索者や検索キーワード  など
  • 競合分析【Competitor】:競合ポータルサイトやの賃貸仲介業のWebサイト、コンテンツ  など
  • 自社分析【Corporation】:自社Webサイトのドメイン力やコンテンツ  など

このようにWeb上のマーケティングに置き換えて分析をすることで、SEO対策に必要な要素が分かります。

最新情報を積極的に活用する

賃貸仲介業のWebサイトのSEO対策では、ターゲットユーザーに対して常に最新情報を提供し続けることが大切です。また、最新情報を提供し続けるためには、自社サイトの定期的な更新を徹底することが必要不可欠になってきます。

そのため、「他の業務が忙しい影響で、定期的なWebサイト更新を行うことができない」や「自社サイトに掲載する情報・コンテンツを上手く作成する自信がない」などの悩みを抱えている企業は、賃貸業界/不動産業界に特化したSEO対策専門業者への業務委託をおすすめします。

各ユーザーの不安や悩みを拾う

「各ユーザーの不安や悩みを拾う」といったポイントも、賃貸仲介業のWebサイトのSEO対策におけるコツのひとつです。

一般的に、「ユーザーの不安や悩み」と「ユーザーが魅力的に感じるベネフィット」は、密接な関係性にあるといわれています。

つまり、ユーザーの不安や悩みを徹底的にリサーチしたうえで、多くのユーザーが魅力的に感じるベネフィットを用いたコンテンツを提供し続けることは、根強いファンの獲得や信頼度の向上などにつながる重要な要素だといえるのです。

賃貸業界にまつわるユーザーの不安や悩みの具体例については以下のとおりです。

  • 内見時に注目しておくべきポイントとは?
  • 騒音トラブルに対する適切な対処法とは?
  • 騒音トラブルの少ない物件の特徴とは?
  • 水漏れに関する対処法と費用負担の必要性とは?
    など

効率的かつ効果的なWeb集客を目指すためにも、各ユーザーが抱える不安や悩みの徹底リサーチを意識しましょう。
価値があるWebサイトはユーザーにとって利便性が高くなり、利便性が高いWebサイトはGoogleが評価をしてくれるようになります。

【賃貸仲介向け】SEO対策のノウハウや考え方を教えますまとめ

賃貸仲介業のWebサイトへのSEO対策取り入れなら全研本社へ

賃貸仲介業でSEO対策を行う場合は、上位表示しているWebサイトをしっかりベンチマークして行う必要があります。
すでにポータルサイトや大手不動産会社が上位表示しているケースがあるため、どのキーワード市場であれば自社Webサイトでも勝てるのかという観点でSEO対策をしていくキーワードを選んでいきましょう。

全研本社では賃貸仲介業をはじめ、120業種以上のWebマーケティング支援実績がございます。
特に反響の獲得数ではなくて、親和性の高いユーザーからの反響獲得に絞り、効率的に受注までつなげられるマーケティングを得意としております。

もし現状のWebマーケティング施策を改善したいというお考えがございましたらお気軽にご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ