家事代行サービスのビジネスチャンス

かつては結婚した子供世帯と親世帯が同居する大家族での生活が一般化していたのが、近年では核家族での家族の形態があたり前のようになっています。また女性の社会進出に伴い、仕事と家事の両立が厳しく、頼れる家族もいないという状況となる家庭も増えています。そのような家庭を救出すべく、注目されているのが家事代行サービスです。

家事代行業界の現状や課題

しかし、家事代行が世間的に広く認知されるまでにはまだ時間がかかってしまうのが現状です。家事という誰でもできることをお金を払ってまで人に頼みたくない、周りから楽していると思われるなどの考えから、家事代行を継続的に使用する世帯はまだ少ないといえます。

とはいえ、家事代行サービスの利用などがメディアで取り上げられることで、一時的に注目を浴びたことも。その上、急激な需要が先行したことで、スタッフの確保やサービスの質が追いつかないという状況になり、サービスが終了してしまうという事態が発生しました。

しかし、企業からすると、メディアに取り上げられたことで、あっという間に注目されたという事実を見ると、目の前にビジネスチャンスが広がっているようにも受けとることができます。

今後予想される市場の変化

しかし、実際のところ、まだ利用経験者が3%程度といわれています。その理由は、利用料金の問題や利用したいという気持ちと裏腹に、知らない人に自宅に入られるという抵抗感などのプライバシーに関したことが複雑に絡み合っています。

今後予想される家事代行サービスの利用については、利用者側の問題点が解決されていくことで、少しずつ利用者も増えていくとされています。まず、利用料金については、利用者とスタッフの自動マッチングシステムの構築といったIT化によってリーズナブルになっていくことでしょう。

利用料金がお手頃になるのであれば、家事代行にお願いをし、時間の有効活用が可能となります。また、プライバシーの問題などは、ひとつの事例として、スマホからリアルタイムでその様子をチェックできるというシステムを採用しながら家事代行を行っている企業もあり、このような工夫をすることで、利用者側からの信頼や安心感を得ることができるでしょう。

家事代行サービスの集客方法とは

悩む女性

家事代行サービスを提供する企業として、サービスを継続するには利用者を増やすことが最重要項目といえます。そのために利用できる手法としては、下記のような手法があげられます。では、各手法について見ていきましょう。

チラシ

地域密着型ビジネスから攻める場合は、チラシのポスティングが効果を発揮します。作成したチラシをターゲットにしたい家族世帯に向けて配布します。マンションを中心にポスティングをしてもよいでしょう。狙いを定めることで、お客様にしたい人々に直接的なアプローチができます。

チラシには、利用者が一番重要とするサービス料金などの詳細の情報、利用可能な時間帯などを細かく記載しておきましょう。また、個人情報を自ら公開することで、信頼や安心感を提供できます。サービス提供者が、どんな人物であるかの情報などもチラシに掲載しておくことも好感につながりやすいポイントになります。

ホームページ

家事に困っていたり、家事代行サービスに興味がある人たちであれば、まずはじめにインターネットを利用して、検索を行います。ビジネスを行う上で、今では、ホームページの作成はなくてはならないものとなっています。

WEBサイトを自分でつくると決めたら、WordPressを使って構築するのが一般的です。ITに関しての知識がある人であれば、WordPressを使用して問題なくホームページを作成することができるでしょう。

ブログ掲載

簡単に簡易的なページで会社の情報をWEB上に掲載したいのであれば、ブログが活用できます。ブログなどをこまめに更新して掲載することで、会社が日々どのような形で仕事をしているかわかり、親近感もわいてきます。ブログなどを作成する場合は、出来るだけ継続して、更新し続けるようにしましょう。

ただし、ホームページでもブログでも同じようにいえることは、ユーザーが事前に確認したい事をホームページにしっかり掲載しておくことです。営業時間、会社の住所、運営者の名前、家事代行の利用料について、サービス内容、サービス提供者、時間など、基本的なことをわかりやすく掲載するようにしましょう。

ポータルサイト・マッチングサイト

家事代行サービスを求めている人は、「家事代行サービス」「家事代行サービス エリア名○○」のような検索で探していきます。そこで上位の検索結果に表示されたサイトから順に見ていきます。

このようなユーザーを獲得しやすいサイトといえば、ポータルサイト・マッチングサイトです。家事代行のポータルサイトでは、たくさんの家事代行サービス情報が掲載されています。また、利用者とのマッチングを行っており、活発に集客できる手段となります。掲示板などにサービスエリア、作業内容、利用形態、目安予算などを記載して、登録を行うだけです。

Google map(meo)

ユーザーはスマホでGoogleなどを使用した場合、マップにあるウェブサイトボタンで公式ホームページを比較的簡単に見つけだすことができます。表示基準としては、その地域でGoogleマイビジネスに登録してある会社やサービスなどが表示されるような仕組みになっています。しっかり情報を充実させることで検索ユーザーを獲得しやすいといえます。

情報サイト

信頼できる家事代行サービスか否かというのは、下記のようなことがポイントになります。

  • 口コミや評判
  • 家事代行サービスの特徴
  • 家事代行サービスの規模
  • ウェブサイトに充実した内容が掲載されてあるかどうか
  • 料金体系についての正確性
  • スタッフのプロフィール

そこで、上記のような内容をまとめた、家事代行サービスを利用するための情報サイトを立ち上げることでユーザーからの信頼を高めることができます。特定のキーワードの対策をした情報サイトを作成し、競合と比較することで、より優位性を見せられて、他社との差別化も可能となります。

家事代行サービス依頼時によくあるトラブルを掲載

家事代行サービスの利用を躊躇う人にとって、トラブルがあるかどうか、どのようなトラブルがあるのか、解決手段などのことが気になります。トラブルはまったくないとは言い切れませんが、あえてホームページに家事代行サービスのトラブル事例をもとにした対策などを詳しく掲載しておくことで、利用する側の安心感につながります。

複数の集客戦略で、幅広いターゲットにPR可能

家事代行を利用する人たちは経済的に裕福である印象が強いと思われがちです。昔は、お金持ちの家庭だけが家政婦のような身の回りの世話をしてくれるような人を雇うことができるといわれていましたが、30代子育て世帯や60代以上の高齢者世帯、20代から30代の一人暮らし世帯などの利用も増えていると言われています。

利用のきっかけ

それでは、現代においての家事代行を利用するのはどういう理由からなのか。それぞれ、きっかけについて見ていきましょう。

一人暮らし世帯

1人暮らしで利用する人のきっかけは、休日などに一人で掃除、選択、買物などを行うことで、休日の時間を楽しむ余裕が持てないことです。定期的に家事を代行してもらうことで、休息や将来のためのスキルアップなどの時間をもつことができます。

子育て世帯

子育て世代の利用も多くなっているといわれています。高齢出産が増え、体力もなくなり、親も高齢になり気軽に家事を頼めなくなったことや比較的、遠方に両親が住んでいるため、家事代行を利用したほうが気楽で負担も減るためです。

高齢世帯

高齢世帯では、本人や家族が急病になったりなどの緊急時や高齢で頼れる家族が近くにいないことで、定期的に訪問して身の回りのことを世話してくれるだけで心強いからです。

集客のポイント

日本の写真

一人暮らしの若い世代や30代から40代などの子育て世帯は、スマホ利用者が多いのが特徴的です。そのため、スマホ検索で役立つ、SEOやMEOなどネット集客が効果的です。高齢者などは逆にスマホ利用などに慣れていないため、地域密着感や安心感を伝えるような手法が向いています。オフライン手法での集客が効果を発揮するので、チラシ・ポスティングを積極的に行うことが好ましいでしょう。

「地域やエリア」の検索結果

家事代行などをいざ、利用しようと思っても、ユーザーにとって気になるのはサービスエリア内かどうかということです。家事代行のサービスがあったとしても、サービスエリア圏外であれば、意味がありません。

そのため、ネット検索においても、「地域名+家事代行」などと調べる傾向にあり、エリアと家事代行サービス検索結果におけるSEO対策が重要なポイントとなってきます。

ローカル検索順位チェックの重要性

地域密着で運営している店舗・サービス企業などはエリアごとで検索順位が変わってきます。具体的には、東京で行った検索結果と、大阪での検索結果では、各エリアによってローカライズされた検索結果となっている可能性があります。

対策としては、地域情報を含んだ検索結果と含まない検索結果との違いなども具体的に調べておく必要があります。

ローカル検索

地域に依存するキーワードを含むサービスの場合は、MEOを意識したアクションをとるようにしましょう。ローカル検索に対応している検索エンジンはgoogleのみとなります。ローカル検索設定したキーワードはもちろんのこと、ローカル検索設定をしていないキーワードも同時に登録するようにしましょう。

まとめ

今回まとめた内容を確認してみましょう。

  • 家事代行業界の現状や課題から予想されるビジネス展開
  • 各手法による家事代行サービスの集客方法
  • 情報サイト作成の有効性
  • 複数の集客戦略で、幅広いターゲットを狙う
  • 「地域やエリア」の検索結果

成功事例にもあるとおり、弊社は家事代行サービスの集客に特化したインターネット戦略を得意としています。合計6,000以上のサイト制作と、広告成果を最大化させる運用実績があります。

  • 毎月安定的な利用者の獲得を実現したい
  • 地域検索市場でナンバーワンを目指したい
  • 儲かる仕組みでのサイト戦略を目指したい

このようなご要望がありましたら、弊社までご連絡ください。

お問い合わせ先家事代行への安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社 家事代行集客チームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

全研本社 家事代行集客チームへのご相談はこちら