片づけ業者の集客で「ゴミ屋敷清掃」を狙うためにすべきこと

片づけ業者の集客で「ゴミ屋敷清掃」を狙うためにすべきこと
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

片づけ集客のなかでも「ゴミ屋敷清掃」に注力したいなら

片付け業者として独立し数年経つと、単価が高い「ゴミ屋敷清掃」を獲得したいと思うのではないでしょうか?しかし、現実的には簡単に集客できるわけではありません。独立直後ではなく、独立後数年経過しているからこそ、難しいと感じている業者の方は少なくありません。

片づけやゴミ屋敷清掃のマッチングサイトは無意味?

「ゴミ屋敷清掃」集客において、1番簡単に思いつくのはゴミ清掃の比較サイトやマッチングサイトではないでしょうか?しかし同業者間では、「騙されるな」という告発を多く見受けられることから、利用に抵抗感がある方は少なくないでしょう。

実際のところ危険な目に合う可能性よりも、集客ツールとして有効な場合が多いため、きちんと掲載時のルールを把握しておけば問題ありません。まず掲載を検討してみるのも良いでしょう。

比較サイトやマッチングサイトへの掲載は、どうしても手数料が発生します。しかし利用してくれるユーザーがいるということは、その1件は自社の実績となります。どのような目的で利用するかを明確にしておけば、料金を気にしすぎることもないかもしれませんね。

では、実際の比較サイトやマッチングサイトを見ていきましょう。

くらしのマーケット

くらしのマーケット
引用元: くらしのマーケット

くらしのマーケットは、技術力はもちろん「人」で選びプロのサービスを受けることができるサイトです。ゆえに出店者の個性を尊重するような、利用ユーザーの口コミなどに力を入れています。
また、ユーザーはあらゆる業者の無料見積もりをくらしのマーケット上で請求できることから、利用したいサービスの相場を知ることができます。利用したいユーザーは手間を掛けずに業者を選定することができ、気軽に利用することができるほか、途中で「この業者やっぱり嫌かも…」となった場合、サービス開始前であれば異なる業者へ変更することも可能です。

みんなのマーケット株式会社が運営しており、ゴミ屋敷清掃をはじめ約200のカテゴリーが存在します。ユーザーは700社を超える清掃業者から、口コミを見ながら選択できるため、失敗する心配も少ないと言えます。

特殊清掃の窓口

特殊清掃の窓口
引用元: 特殊清掃の窓口
全国にある300社ほどの業者を掲載している特殊清掃の窓口では、掲載には審査が必要です。そのため洗練された業者のみが掲載されています。このように掲載業者を選出できるのは、「一般社団法人事故現場特殊清掃センター」「特殊清掃事業者連絡機構」「NPO法人暮らしサポートひだまり協議会」という、特殊清掃ニーズが高い3団体が運営していることにあります。

近年空き家の増加や孤独死といった観点から、清掃ニーズが高まっている一方、悪徳業者が増えています。「ゴミ屋敷清掃」は一軒につき複数回あるものではないからこそ、特殊清掃の窓口では誰もが安心して利用できる業者のみを掲載しているのです。

清掃会社.com

清掃会社.com
引用元: マッチングサイト清掃会社.com

一括で見積もりを取ってさくっと決めたい」というユーザーニーズが高いのが、清掃会社.comです。要望を入力することで簡単に見積もりを請求できることから、ユーザーは自身で探す手間なくぴったりの業者を見つけることができます。

登録掲載者数は現在440社と、比較的検索される余地を感じる数です。また、清掃業者は無料でと黒くできることから、一旦登録だけを済ませておくというのも良いでしょう。長年清掃業のコンサルティングを専門に行っている業者が運営していることから、清掃会社の強みの把握はもちろん、ユーザーのニーズをくみ取ることを得意としており、希望の業者とマッチングできる可能性が高くなるでしょう。

なんでも屋的なサイトでは集客できない

Web上での集客において重要なことは、ターゲットを見極め、強みを全面に打ち出すことです。多くのユーザーを獲得したいという理由から、「ゴミのことなら何でもまかせて」と言った呼び込みをしていませんか?この呼び込みではユーザーは「専門業者ではないのかも」「これだけの費用を払うのは無駄かも」という思考になりかねません。

ポスティングなどのオフライン施策の場合には有効ですが、Webを活用したオンライン施策の場合には内容に気を付けましょう

ゴミ屋敷清掃に優位性があるなら

1件あたりの費用が高いゴミ屋敷清掃で集客したいと考えた場合、まず大切なのは「自分の事業所はほかの清掃業者に勝る強みや特徴があるか」ということを考えるということです。無鉄砲な戦略は、ただお金をドブに捨てるだけになってしまいます。

その上で勝てる強みがある場合、公式サイトはもちろん、メディアを運用するなどしながら、購買意欲の高いユーザーを獲得していきましょう。

片づけ集客のまとめ

「Web施策は未経験」「そもそも集客戦略に不安がある」「何から着手すれば良いかわからない」といった悩みがある場合にはまず、Web集客のプロである全研本社まで一度お問い合わせください。質問だけでもかまいません。下記よりフォームに飛べます。

集客のご相談はコチラから

ページトップへ