オーダースーツ(紳士服)集客のコツ。とにもかくにもまずネットを見てから来店

オーダースーツ(紳士服)集客のコツ。とにもかくにもまずネットを見てから来店
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

オーダースーツ(紳士服)集客はますます難しくなっている

紳士服業界は軒並み厳しいが続いている。そんな中数年前から売り上げを作っているのがオーダースーツです。スーツ市場が落ち込んでいる中、事業を支えてくれています。

ですが、伸びてきている分競争も激しくなってきており、その中で集客をして、さらにその先の売り上げを作ることは難しくなっているのが現状です。

集客のポイントはWEB戦略にあると考えられます。ではオーダースーツ事業で集客を成功させるにはどんな点に気を付けるべきか、順に解説していきます。

オーダースーツ(紳士服)集客方法のポイントはインターネット。ネットから店舗へ

オーダースーツはユーザーの「オーダー」に応えてこそ

オーダースーツの良い点とは何でしょうか。

ユーザー目線で見た時に考えるのは、自分の身体にピッタリ合う、ということは似合う、ということは自分がより良く見えるという期待感を持ち、ワクワクする気持ちが生まれるということです。

そのため、魅力的なオーダースーツを作るために必要なのはユーザーの「オーダー」にこたえるためのヒアリング。つまりは、実際に出会ってユーザーのサイズ感やスーツをどういったシーンで着るかを知ることにあります。

ショールーミングといった実店舗で現物を確認しネットで安く買う行為がありますが、反対のWEBで情報収集し実店舗で買うWEBルーミングを狙っていくわけです。

オーダースーツというのは単にピッタリのサイズを作るのではなく、求めているサイズ感がややゆったりならば、そのゆったり感を反映させる。そんな「オーダー」に応えてこそのスーツです。

インターネット集客から実店舗へとつなげる

WEB上に存在する情報から、紳士服に関する情報も十分に取り込めます。特に消費者が服を買うための情報も溢れています。

では実店舗にしかできないことは何かというと、ユーザーのニーズと服をマッチングさせるお手伝いで、まさにオーダースーツに必要なユーザーのオーダーを聞き取ることです。

他の紳士服ブランドも集客はほとんどWEBで行っています。その中で差別化を図るなら、実店舗に足を運びたくなるような導線を意識しましょう。

オーダースーツ(紳士服)集客するために、この店に行ってみたいと思ってもらうような情報が必要

WEBを通じて『このお店に行ってみたい』と思ってもらえるような情報発信に力を入れる必要があります。

その点、今オーダースーツでおそらく一番注目されている、FABRIC TOKYOのWEBサイトからは学ぶものが多いので参考に解説します。

参考・引用元:FABRIC TOKYO

オーダースーツにおいて、もっとも大事なのはスペックではありません。

魅力的なサイトに仕上げるなら、ただ形がいい、どこの生地を使っている、機能性がある、だけでは弱く。基本のスペック情報は最低限明記しつつ、具体的なニーズまで応えてくれるかもしれないという期待感を持ってもらうための工夫が必要です。

FABRIC TOKYOのトップページでは、

  • これさえあれば、絶対に間違いない
  • オンでもオフでも着まわせる万能スーツ
  • スーツにもっと自由を。この耐久性、驚異的

などのキャッチコピーがタイトルにつけられています。(2020年4月時点)

どのキャッチコピーもオーダースーツを作りたくなるような魅力的なコピーです。一つ目は定番。二つ目三つ目は、アプローチの違いはあれどコスパをテーマとしたもの。

各社費用対効果について、うまく宣伝できずに結果的に、セールにたよるか、価格重視のユーザーは切り捨輝しかなかったかもしれません。しかしFABRIC TOKYOでは、コスパについてうまく伝えることで、価格重視、品質重視、デザイン重視のユーザーもすべて取り込むことができていると思われます。

どんなに良いサイトがつくれても、やっぱり埋もれる。オーダースーツ(紳士服)のマーケティング戦略

具体的な例をもとに解説してきましたが、オーダースーツというコンテンツも競争が激しく、しっかりとしたポジションが取れなければ集客は難しいでしょう。

ポジション取りが必要な理由の一つに、ユーザーはオーダースーツを調べる際に関連する情報が多すぎて選べない点を解消するということがあげられます。提供者が特徴を明確にすることで選びやすくし、自社のサービスを求めているユーザーに見つけてもらいやすくするのです。

このような特徴を明確にするには、バリュープロポジションを意識しましょう。

バリュープロポジションとは?

バリュープロポジションというのは、ユーザーのニーズに対し、競合他社ができないが自社にはできることで価値を生み出す考え方です。

他社の状況を理解したうえで、相対的な自社の強みを理解し、強みを必要とするユーザーへ的確に情報を届けることができれば、それが差別化になります。

今回の内容であればFABRIC TOKYOの例を参考にしつつ、最後はバリュープロポジションを意識し自社にしかない強みで他社との差別化を図りましょう。

魅力的なオーダースーツをユーザーに届けられるかどうかは、集客戦略によって大きく変わってきます。

オーダースーツの集客方法まとめ

オーダースーツ業界には新規参入社が少しずつ増えている状況です。

この状況の中で自社が生き残るには、自社に最も合った市場がを見つけ、
いち早く競合が参入しにくい状況をが作れるマーケティング戦略を展開することです。
伸びている会社には、この流れが共通して見えています。

全研本社では7000件以上のWeb集客実績を通し、クライアント様ごとに持っている強み、市場環境を分析、
バリュープロポジション抽出したマーケティング戦略を展開してまいりました。

もし、現状の集客状況に少しでも疑問点がございましたら、お気軽にご相談ください。

バリュープロポジションに則した集客のご相談はこちら

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアについての紹介資料

当社のWEBマーケティング戦略のひとつである「ポジショニングメディア」について、アパレル業界のものを資料にしました。すでに導入されたお客様の声や、一般的なWEB集客手法の課題もまとめています。

アパレル業界のポジショニングメディア戦略についての資料はこちら

ページトップへ