男女を問わず、脱毛サロンのニーズが高まっていることから、脱毛サロンの数は増えています。だからこそ、集客がサロン存続の鍵を握っています。

本記事では、脱毛サロンに有効な集客や、集客の際にどのようなことが大切なのか、WEB集客だけではなく、オフラインでの集客も含めてその特徴を様々な角度からチェックしてみましょう。

脱毛サロンでの集客ポイントとは?

脱毛サロンでの集客で大切なことは、如何に常連客を獲得するかですが、常連客となってくれるかはまずは新規でのお客の獲得からです。

新規のお客がリピートを重ねるうちに「常連」となります。その為、自社に合った新規のお客を如何に獲得するかが問われ、そこがリピート客を生み出すポイントにもなります。

そこで、自社に合った新規顧客を獲得するための集客の方法を脱毛サロンに興味を持っているお客に対して、いくつかの方法を挙げてみました。心理的な面からもアプローチすることで、より効果的な集客が可能になることでしょう。

脱毛サロンに興味を持っているユーザーとは?

脱毛サロンに興味を持っているユーザーは大きく分けて二種類です。

まずはすでに脱毛サロンに通っているものの、現在通っている脱毛サロンに対して不満を持っているお客。そしてもう一つは脱毛サロンに興味があるけれど、どの脱毛サロンに行くかで迷っているお客です。

しかし、いずれのターゲットも今の時代はお店を利用するにあたってはWEBで口コミや評判など、ある程度自らで情報を確認しています。

既存のお店に不満を持っているユーザー

既に脱毛サロンに通っているユーザーが新しい脱毛サロンを探している場合、既存のお店に対して何らかの不満を持っています。料金、仕上がりや効果の悪さといった目に見える部分だけではなく、スタッフとの相性が悪いことや、通いにくいので足を運ぶのが負担になっているケースです。

このようなユーザーは脱毛サロンについてある程度分かっている為、金額よりも実際に利用したお客の口コミや使用機種などを重点的にチェックする傾向にあります。いわば「目の肥えたお客」になりますので、現在通っている脱毛サロンと比較してメリットがあるのかという点をチェックしつつ、他に良い脱毛サロンがなければ現在通っている脱毛サロンに通い続ける傾向にあります。

初めて脱毛を考えているユーザー

脱毛そのものに興味は持っているものの、脱毛サロンに行くきっかけがなかったり、あるいはなかなか時間がなくて足を運ぶことができないといった踏ん切りがつかないユーザーが対象となります。

この手のユーザーは脱毛について分かっていない為、判断材料としては料金相場や痛み、施術の効果やビフォアアフター、等を検索してまず脱毛自体の検証を行います。

そこで、脱毛サロンに通おう!と決めてから初めて自宅や職場近隣の脱毛サロンを探し出します。

まずは、自分がしたい部位の脱毛料金、回数、調べる方は脱毛機種の比較まで行います。そこで、ある程度候補脱毛サロンを見つけてからはそれぞれのアクセス、営業時間、口コミをチェック。ちなみに、ここで自分が2番目に行いたい脱毛部位も一緒に出来るプランがあると浮気をさせることが出来ます。

脱毛サロンを選ぶ時にはネームバリューで選ぶユーザーは獲得するのは難しいですが、絶妙なお得感を出しておくとよいでしょう。また、営業時間は大手は基本21時まで営業であるため、それ以上であることが望ましいでしょう。勤務地エリアであれば尚更で、営業時間が一種の強みともなるでしょう。

久しぶりに通おうと思っているユーザー

脱毛は期間が設けられており、一定期間通うことで効果を実感できますが、しばらくすると徐々にですが毛が生えてくるものです。そこで再び脱毛サロンにと考えるユーザーもいます。いわば「復活組」とでもいうべきこのようなユーザーたちは、かつてお世話になった脱毛サロンに不満がある訳ではないものの、他の所でも試してみようかなという気持ちを持っていますので、脱毛サロンの情報を積極的に収集しています。

この点は既存店からの移動を考えているユーザー同様、脱毛サロンがどのような場所なのかを理解していますので料金やアクセスだけではなく、口コミなど具体的な情報を調べるユーザーが多いです。

脱毛サロンに通うことを挫折したことも想定をすると、通いやすさに重点を置いたサロン設計がよいでしょう。

脱毛サロンの集客はどのようにして行うべきか

チラシへやタウン誌への広告

住宅街のお店であればチラシ、あるいはタウン誌など地元に強いメディアへの広告掲載が有効です。地元紙ということで、地元の人間が何気なく見ることが多いため、結果的に良いアピールに繋がります。

指名検索対策も大切

指名検索対策とは、その企業名やサロン店名×評判や口コミといったもの。ホームページを始め、ポータルサイト、Twitterアカウントや比較サイト、オウンドメディア等を駆使し、それらのメディアで時点のアピールが出来る状況を作りましょう。

脱毛サロンの集客方法の種類

脱毛サロンでの集客方法は大きく分類すればWEBでの集客とオフライン・現実空間での集客の二種類に分けることができます。どちらもそれぞれ異なる特徴がありますし、どちらか一方だけしか選べないものではありませんので、集客方法を把握した上で、自店にはどのような集客が適しているのかを考えると良いでしょう。

脱毛サロン業界のWEB集客

脱毛サロンがWEB集客をと思った時、どのような方法があるのかをいくつかピックアップしてみました。特に脱毛サロンのメインターゲットはネットネイティブと呼ばれる「生まれた時からネットが当たり前」の世代も多いため、WEB集客は必須と言っても過言ではない程大切なものとなっています。

ホームページのマルチデバイス対応

WEB集客の肝となるのはホームページですが、ホームページは誰が見るのか分かりません。パソコンからチェックする人もいれば、スマートフォンからチェックする人もいますし、スマートフォンもiOSとAndroidがあります。ホームページの閲覧方法・環境が様々だからこそ、どのようなデバイス・OSから見てもホームページが正しく表示されるようにすることが大切です。一部端末のみからしか正しく表示されないようでは集客チャンスを逃すことにもなりかねません。特に脱毛サロンはスマートフォンで検索する方が圧倒的に多いため、電話タップボタンなどがあると問い合わせを獲得しやすくなります。

SEO対策

何かを調べようと思った時、多くのユーザーが行うのがgoogleやYahoo!を使った検索です。そこで上位表示されたページをチェックして、脱毛サロンの良し悪しを判断。そしてその検索エンジンで上位に表示されるための対策がSEOです。検索エンジンのどの位置に表示されるかでクリック率等を始めとした、集客が大きく異なるだけに、ホームページを持つのであればSEOは必須と言えるものです。また、上位表示させるキーワードを見極めることも大切です。

ホットペッパービューティへの広告出稿

美容業界に大きな影響力を誇るホットペッパービューティへの広告出稿も有効な手段です。脱毛サロンに通う際、まずはホットペッパービューティを見るというユーザーがとても多いので多くの人にアピールすることができます。一方で、ホットペッパービューティはどのお店も広告出稿しているだけに、普通に掲載してもらうだけでは埋もれてしまう可能性が高いです。大きく掲載してもらおうと思うと、月額70万円が相場とも言われているだけに、費用対効果という点ではなかなか簡単には決められないことでしょう。

MEO(グーグルマイビジネスの登録)

グーグルマイビジネスに登録することで、googleマップ欄に引っかかるようになります。基本的にスマートフォンにGPSが搭載されていますので、検索エンジンを使った検索やgoogleマップを使用して調べる人も増えています。

脱毛サロンの近くで検索をした場合には、近くのサロンが表示されるだけでなく、口コミや星の数で評価を出すことが出来ます。口コミに対しては返信もできるので、ユーザーとコミュニケーションを取ることもできます。

リスティング広告

検索エンジンに特定の言葉を入れてもらうことで検索結果の上側に表示される広告です。リスティング広告はクリックされたら広告費を支払うシステムであるため、露出効果があれば費用がかかるというものです。また、細かくキーワード選定や時間指定、地域指定を行うことでギリギリまでお問い合わせ率を高めることが出来ます。

一方で、リテラシーがあるユーザーはネット上の広告を回避する傾向が強いため、リスティングで表示された広告に見向きもしないことも。さらにリスティング広告を活用する競合が年々増えていることからリスティング広告費は年々増していく傾向にある為、短期的集客として活用をしていきましょう。

オウンドメディアによる発信

自社でオウンドメディアを持つことによって誰かに頼ることなく、自らで情報発信が可能になる点や、地域をカバーすることで地元に強いお店へと成長させることが可能です。脱毛に関する検索を中心にユーザーが検索するキーワードを網羅することで地域に第一人者としての存在感をアピールすることができると共に、SEOという観点からも大きな効果が期待できる手法です。

エリアマーケティングメディアによる発信

オウンドメディアが「自社発信」であるのに対し、地域の脱毛サロンに特化をした情報サイトを作成します。構成としては地域の競合サロンを含めた内容にすることで、自社と競合の違いを伝え、差別化をすることが出来ます。また、第3者目線での「客観的な情報」として地域脱毛サロン情報を提供することができるので客観的に強みを伝えることが出来ます。

比較サイトによる発信

価格、技術、創業年数、実績、アクセスや営業時間など比較できる数字で比較することで、閲覧者に客観的な情報提供が可能になります。数字の面で強みをアピールすることができることで、説得力を持たせることも可能に。

また、検索者は比較サイトも見れば自社ホームページも見るパターンも多くある為、同一キーワードで自社ホームページと比較サイトが上がっていれば検索結果画面の10枠のうち2枠を抑えることもできますので、より大きな集客効果、相乗効果が見込めます。また、検索者は比較サイトも見れば自社ホームページも見るパターンも多くある為、同一キーワードで自社ホームページと比較サイトが上がっていれば検索結果画面の10枠のうち2枠を抑えることもできますので、より大きな集客効果、相乗効果が見込めます。

脱毛サロンのオフラインでの集客

集客方法はWEBだけではなく、オフライン、つまり現実空間での方法もあります。では具体的にオフラインでの集客方法はどのような種類があるのかをいくつかご紹介しましょう。それぞれ他にはないメリットがあるので上手く活用することで集客効果を高めることが可能です。

折込チラシやポスティング・チラシ

折り込みチラシ、ポスティグのメリットは他のメディアを頼らないので、すぐにでも、そしてあまりお金をかけずに行える点があります。また、通える範囲のお客宅にポスティングすることになりますので、見込み客である可能性が高く、お店に足を運んでくれないとしても「お店があります」というアピールに繋がるメリットがあります。また、インパクトのある折り込みチラシや広告であれば、ネット上で話題を集めることにも繋がります。

看板広告や店先広告

看板やお店に広告を出すことで近隣にアピールすることが可能です。看板広告の場合は看板主とのコネクションができますし、店先の場合には看板を通して地域とのコミュニケーションも可能になります。また、自分たちがどのようなお店なのかなど、好きな形でアピールできますし、毎日変えることも可能なら、見た人がネット上にアップロードして話題を集める可能性もありますので、可能性という点では実は幅広いものを持っています。

バスや電車などの放送広告

地元のバス・電車で自店の放送をしてもらうこともまた、有効な手段です。一般的に多くの広告はユーザーの「目」に訴えかけるものですが、放送の場合「耳」に訴えかけるものになりますので、他の集客方法とは違った効果が期待できます。文面が耳に残る放送であればお客の深層心理に訴えることもできますし、面白い放送だとネットで話題になれば更なる集客も見込めます。

中吊り・つり革広告

中吊りやつり革広告は昔からの手法ですが、電車やバスが満員で身動きが取れない場合や、スマートフォンの充電がなくなったので手持無沙汰になってしまった時など他に何もやることがないのでついつい何気なくそれらの広告を見るという人はまだまだ多いです。また、退屈な時に見るものだからこそ記憶に残りやすい面もあれば、何度も何度も広告を見ているうちに覚えてしまうというケースもあるなど、こちらも利用者の深層心理に訴えかける方法として有効なオフライン集客方法になります。

オフラインも有効な手段

オフラインでの広告はユーザーの深層心理に訴えかけるものが多いため、集客術としてはもちろんですが、自店のアピールにもなります。アピールしておくことで、いつか必要となった時に「そういえばあそこにお店があったような」となりますので、決して侮れない効果を持つ手法と言えるでしょう。

脱毛サロンはターゲットに合わせたweb集客が重要です

脱毛サロンの集客はWEB・オフライン含めて多々あることが分かっていただけたかと思いますが、いずれにせよ大切なのは「ターゲットに合わせた手法」が大切です。特に脱毛サロンのターゲットはオシャレや流行に興味を持っているだけでなく、脱毛をしたことによる異性ウケや剃毛の煩わしさから解放がされたいという悩みを解消したいというものがあります。

自社の強みとユーザーの悩みを照らし合わせつつ、Web上にてターゲットにマッチした方法を取ることで、より大きな集客効果を見込めます。新規のお客として獲得するために、ターゲットの属性を踏まえた上で、ターゲットに合った方法で自店をアピールしてみましょう。

もちろん、広告による自社露出度を高めることは大切なのですが、決定打となる啓蒙的広告手段を持たなければユーザーを獲得することは出来ません。全研本社ではエリアマーケティングに特化した専用集客サイトを始め、5500サイト制作運営してきました。

地域内や業界内でトップを目指す施策を模索しているのであればお問合せ下さい。1社様毎の勝たせ方のご提案もさせて頂きます。