プログラミング教室の市場状況について


プログラミング教室はここ数年で一気に注目度が上がった習い事の一つです。2020年からの小学校プログラミング教育の必修化をうけ、教室に通おうとするユーザーと生徒を迎え入れる機関の両方が増えました。さらに、プログラミング教育市場は今後も大きく増加していく見込みです。

小学校プログラミング教育の必修化。将来のIT人材への不足への対処、プログラミング的思考を身につけ自立し目標を達成するために論理的思考ができる人材の育成。政府は、現代の社会において必要なのは単に勉強ができるという賢さだけでなく論理的にものごとを考え自身の行動を導き出すことができる人材とし、プログラミング教育をもって育てようとしています。

単にプログラミング教育が始まるから教室が流行る、だから集客できるというのははじめのうちだけ。未来ある子どもたちのため、プログラミング教室の担う役割は非常に大きいものがあります。

市場の伸びと共に競争の激化が目に見えているため、今のうちに勝てるマーケティング戦略をしておくことが重要。教室をかまえてレッスンを行う受動型のビジネスということもあり、お勧めの集客方法は商圏エリアを意識したエリアマーケティングです。

集客の要となるエリアマーケティングとは?


エリアマーケティングとは、商圏範囲を意識したマーケティング手法のこと。プログラミング教室は地域の子どもに向け展開するため、自身の教室がある学区内で最も効果的な広報戦略は何かを考えて実践するというものです。

プログラミング教室のような教室ビジネスでは定着率が重要。如何に長く通ってくれるユーザーを捕まえ続けることができるかです。特に子どもの習い事の場合、カリキュラムの内容もですが「距離」が重要。

教室に通うには保護者が送迎をするケースがほとんどで、子ども一人で通える距離というのも人により違うため立地は大きい集客要素になります。そのため、商圏範囲を意識したマーケティング戦略が生き残れるかどうかの分かれ目。

市場が賑わうことが前提にあるため、市場の伸びと共に競争の激化が目に見えています。

今のうちに勝てるマーケティング戦略を作り上げ、地域のプログラミング教室といえば自分の教室が認知されるような働きかけを実践しましょう。

代表的なWebエリアマーケティング広告手法


代表的なWebエリアマーケティングについて解説します。

・ホームページへのSEO
・Googleマイビジネスの活用
・ポータルサイトへの掲載
・アフィリエイトサイトの活用
・情報サイトでの差別化

ホームページへのSEO対策

ホームページのSEO対策というのは、狙ったキーワードで検索エンジンに自分のサイトを上位に表示させること。正しいSEO対策とは、単にキーワードを多く含んだり、被リンクを増やしたりするだけではなく、ユーザーにとって価値のあるサイトに仕上げましょう。

自社のホームページも、ユーザーにとって情報がわかりやすく整理します。ユーザビリティを第一に考えてつくることが一番のSEO対策になります。

教育的な観点からサイト自体の専門性の高さも重要。後述する情報サイト戦略がプログラミング教室において有効的な手法としてご紹介しますが、その際にどの教室よりも専門性が高い情報がまとめられていると信頼度は高くなります。

リンクしたキーワードを上手く使って上位表示させることを狙い、SEOをすることで有効商圏内からのターゲットユーザーを獲得する。ですが一度は上位表示でき大丈夫だと思っていても、同エリア内の新規参入も考えられる業界なのでエリア情報は敏感に察知し更新していく必要があります。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスとは、Google検索やマップなどGoogleでのビジネスや組織のオンラインプレゼンスを管理するための使いやすいサービス。基本無料で活用できる。

Google 広告

Google マイビジネスに登録することで活用できる有料広告。Googleオンライン広告プログラムにより、ユーザーが関心を示したタイミングを狙って表示することができます。

前述した SEO対策は自力でサイトを上位表示させるため、費用はかからないのですが技術的にレベルが高いのと結果が出るまでに時間がかかってしまいます。ですが、Google広告では有料で検索後最初のページに表示させることが可能です。この場合クリックされるごとに広告費が請求されるため、費用の上限を決めて活用します。

MEO

Googleマイビジネスの広告のなかでもエリアマーケティングと相性がいいのがMEO。MEOというのはMap Engine Optimization (地図エンジン最適化)のことで、Google検索をかけたときに画面に店舗の位置情報、営業時間、口コミなどを表示してくれる機能です。

Googleマイビジネスの整備を行うことで適用され、近くでパソコン教室を探しているユーザーや自社を検討して指名検索(教室名検索)をしているユーザーに向けてアプローチできます。また、Googleマイビジネスを登録することで、ホームページがない場合は無料でつくることまで可能。現状のネット環境においてMEOは、店舗や教室など誘店が必要な事業にとってメリットが大きいです。

業界ポータルサイト・地域ポータルサイトへの登録

ポータルサイト活用のメリットは、圧倒的に見つけられやすくなることです。

ジュニアプログラミングサイト、コエテコといった業界のポータルサイトが有名で「プログラミング教室 検索」というビッグキーワードを入力すると必ず検索上位に出てくるサイトです。ポータルサイトはユーザーと企業をつなぐ仲介役。Yahoo!のような巨大な総合型もあれば、特定のジャンルに特化した専門性ポータルサイトもあります。自分の状況に応じたサイトを活用しましょう。

アフィリエイトサイトへの掲載

アフィリエイトとは成果型の広告のことを指します。最大のメリットは成果が発生したときのみ広告費を払えばいいという点。それだけ聞くと、余計な費用がかからないで済むと思うかもしれませんが、デメリットも理解しておきましょう。

・成果がなくとも出稿する分なんらかの費用はかかる
・広告の扱いは個人のアフィリエイターも含め自由、そのためコントロールできなくなる
・人気産業の案件となれば、成果単価による違いであまり効果が見込めないこともある

良くも悪くも紹介するアフィリエイターの影響下にあるため、広告戦略を他人に委ねる形になります。まずは自社の力で広告戦略を十分に展開し、そこからさらに伸ばしたいと考えるときに活用するのが良いでしょう。

情報サイトでの差別化戦略

自社のホームページができればその後一番に取り組みたい戦略です。
競合との差別化をはかる広告戦略の一つが情報サイトの活用です。情報サイトとは自社のホームページやサービスそのものにスポットをあて訴求するもの。有効市場に対して自社の強みを謡えるジャンル特化型の地域ポータルサイトともいえます。
例えば、近くで評判のいいラーメン屋を探す時には、「○○駅のおいしいラーメン屋7選」といったタイトルのまとめサイトがあれば、誰しも持つ手っ取り早く情報を集めたいというニーズがあるため、まずクリックをされる傾向があります。つまり、プログラミング教室でいえば、地域のプログラミング教室をまとめたサイトを作り、誰しもがその情報を見る状況を作り出します。

検索心理に立ち返ると、プログラミング教室を探すユーザー(子どもの親)は情報サイトのようにその業界情報やスクールの評判を調べます。教育的産業なので、より良い教室はどこか、子ども一人で通えるかなど、自分のニーズに照らし合わせて検索をしていきます。そのニーズに対し、情報サイトの中で競合と差別化できるポイントをしっかりアピールすることが出来れば、地域内での差別化から新規獲得が非常に容易になります。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

集客コンサルタントに無料相談する

取り組んでおきたい代表的なオフライン集客・エリアマーケティング広告


オフラインでもオンラインでも集客する手法はちがえど、マーケティングの考え方は同じです。目的を明確に、計画を立てて活用しましょう。

ポスティング・チラシ広告

ポスティングはエリアの選定が肝心です。どのエリアにどれほどのチラシを投下するかに よって効果が変わってきます。ポスティングは自分たちで実施するとなると大変労力のかかる手法なので専門業者へ外注するのも一つ。数万円の経費で顧客の流入、リピーターの創出がはかれるのであれば決して高くないと思います。

自分たちで実施する、もしくは外注する、どちらでも忘れてはいけないのはエリア特性を把握するためにも「いつ」チラシを配布し、問い合わせが何件、そのエリアへの一回の配布枚数や一定期間内に何回実施したかという検証結果を記録しましょう。

ポスティングという一つの広報から、直接的な集客のみだけでなくWebやSNSといった他の集客とも掛け合わせることができます。

自社のフェーズによって最適なエリアマーケティング手法を選ぼう

いかがでしたしょうか?プログラミング教室の現状・課題を整理し、具体的にWeb オンラインによる集客手法とオフライン集客手法をぜひ実践してみてください。このページが自身(自社)にとって、有効なエリアマーケティング案を導き出せるヒントになれば幸いです。

自社商圏と競合が被る商圏を分析し、さらにターゲットユーザーも選定しながら最適な広告戦略・手法を選定していくことが重要です。

プログラミング教室・スクールの集客の「おさらい」

・成長市場のため注目度や期待度は高い
・子どもの教育的習い事のため、差別化して他社と違いをしっかり伝える
・集客には地域に密接したエリアマーケティングが必要

エリアマーケティング戦略では、新規参入も含めた競合と差別化を意識し、さらにターゲットユーザーも選定しながら最適な広告戦略・手法を選定していくことが大切です。

全研本社では、バリュープロポジションに則したコンテンツマーケティング・Webのあらゆるメディアを6000以上つくってきました。特に、商圏内でユーザーから選ばれるマーケティング戦略を仕掛けていきたい、地域ナンバーワンの立ち位置に向けて模索をしているという方はこちらからご相談下さいませ。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

集客コンサルタントに無料相談する