車検集客方法を網羅!繁盛シーズンを捉えたWebマーケティング戦略を仕掛けよう

車検集客方法を網羅!繁盛シーズンを捉えたWebマーケティング戦略を仕掛けよう
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

自動車整備工場の市場状況について

日本全国で走っている自動車は約8000万台。これらの自動車は約54万人の従事者と、約9万2000ほどの自動車整備産業によって安全が確保されています。自動車整備市場全体の売上は大きくなっています。しかし、ディーラーによる整備市場への参入が増え続けているため、自動車を購入したユーザーも購入した店で整備を頼むことが増えています。したがって、自動車整備工場は厳しい現状にあります。

それぞれの工場での技術力、後継者問題もありますが、このディーラーによる整備市場への参入が進む現状に対して割り込む必要があります。

自動車整備産業の市場規模は?

日本整備振興会連合会が行った2018年の調査によると、自動車整備業界の総売り上げである市場規模はなんと「5兆5000億円」と、巨大な市場です。

それでは、この5兆5000億円がどれだけ大きい規模であるかを説明しましょう。自動車整備産業に隣接している市場である中古車市場、カー用品市場の市場規模は合わせると3兆7000億円にものぼります。これで自動車整備産業を含め、自動車産業というのは非常に大きいことがよく理解できると思います。

自動車整備産業の市場規模推移

自動車整備業界としての総売り上げは右肩下がり、という声もよく聞きます。実際のところはどうなのでしょうか。

ズバリ、2013年の総売り上げは5兆4000億円に対し、2018年の総売り上げは5兆5000億円です。右肩下がりという事実はなく、少なくとも2018年の数字を見る限りでは過去6年間で平均0.39%の成長ということになります。

実は儲かる自動車整備産業

自動車整備は新車販売や中古車販売に比べて、付帯のサービス程度にしかとらえられていない方も多いと思います。しかし、実際は自動車整備はかなり儲かるサービスです。車が売れやすい時期は新年度の3~4月に集中しますが、自動車整備は年中収益を上げられる構造になっています。

自動車整備のビジネスモデルは故障した部品を売るだけではなく、技術料として工賃も発生します。したがって、特に新車のディーラーではブランド名や信用力で顧客を獲得しやすいため、単価を上げやすく利益率を高く維持することができます。自動車を大幅に値引きして販売し、その後の車検や定期点検などの整備事業で回収するといったことも可能です。

一方で自動車整備工場の淘汰も進む

しかし、自動車整備工場の未来は明るいわけではありません。ディーラーの自動車整備事業参入が増えており自動車整備を単体で行う工場は厳しい経営を強いられています。ディーラーの役割は、新車販売や中古車販売がメインですが、自動車の定期点検や車検、事故時や故障時の修理対応といったアフターサービスも手掛けているため、自動車の購入からメンテナンスまでトータルでサポートしてもらえるのが特徴です。

そんな中で、自動車整備工場の生き残りのために整備業務の値下げ合戦が行われています。実際に集客には一番効果的ではあるのですが、整備業務の回転を上げなければいけないため整備士の負荷はかかります。

最近は自動車整備業界の競争も激しく、顧客囲い込みのためにカーリースを始めるケースも見受けられます。しかし、ディーラーもガソリンスタンドを始めるなど、それだけでは生き残るのは厳しいです。生き残るためには地域密着のサービスを展開し、新規集客する戦略が必要になってきます。

車検の相見積サイトから脱却した新規集客戦略が必要

車検市場は条件から車検会社を検索するポータルサイトが溢れています。利用者はエリアや料金、代車ありや早割ありなどの条件を選択してから車検をする会社を選ぶことになります。その為、ユーザーは条件を満たすと料金を比較することでしか車検会社を選別することが出来ません。このようなポータルサイトに掲載をしても、ここに依存をするだけでは見積上で戦っているだけです。

つまり、価格競争だけになり車検会社が疲弊してしまうだけですので、新しい集客施策で自社が選ばれる戦略を取る必要があります。料金だけの競争とするのではなく、そこで地域密着型を目指すエリアマーケティング戦略が重要となっていきます。

新規車検ユーザーの集客の要となるエリアマーケティングとは?

マーケティング手法のひとつであるエリアマーケティングですが、これは効率的で効果的なマーケティング計画を立てる上で非常に重要です。また、車検の依頼をするとなると近隣の工場が検討範囲に入る為、エリアマーケティングをしておくことは必然的。そこで、エリアマーケティングの意味や例を紹介します。

エリアマーケティングの意味とは

エリアマーケティングはそのまま「地域戦略」のことです。どの地域を狙うのか、地域によってどのような戦略で挑むのかなどを考えます。

まずは地域の特性(自動車整備業界であれば世帯の年齢層・自動車保有率など)を把握し、営業店舗について調査をします。そこから顧客情報を把握して効果的なマーケティング戦略でサービス展開の計画をします。一部の地域に絞ってマーケティングを行うため、市場を把握しやすく調査が比較的手軽なのが特徴です。

エリアマーケティングの目的

エリアマーケティングの目的はさまざまありますが、主に「営業の効率化」「マーケティングへの活用」などです。手当たり次第に広い地域で営業を行うよりは、反応が見込める地域に絞って営業を行うほうが効率が良いです。また、新規出店だけでなく既存店舗のマーケティングのために調査資料として活用することもできます。

他にも、エリア別にトレンドを把握するのもエリアマーケティングの目的のひとつです。長期戦略として将来を見越したマーケティングにも活用できます。

Googleマイビジネスへの掲載

Googleマイビジネスにビジネス情報を登録すると、Google検索結果やGoogleマップなどのGoogleのサイト上に無料で情報を表示でき、最新情報を管理できます。

口コミも書いてもらえるので、良質な口コミを集めることができればケアマネの印象が良くなります。

ポジショニングメディアでの差別化戦略

ポジショニングメディアの集客は、自社が他社よりも秀でていたり他社にない強みがあれば、最も集客効果のある広告手法です。いわゆるそのジャンルや地域に特化をしたまとめサイトになるため、ユーザーとしてはおすすめの車検業者を比較することが出来るため、意思決定をさせやすくなるという特徴があります。

そのためポジショニングメディア内で自社の強みを打ち出すことによって差別化が可能です。相見積サイトやホームページ以外の集客網を作ることで、より安定的な集客を目指していきましょう。ポジショニングメディア制作運用においては、Web制作スキルやSEO対策ノウハウはもちろん、集客で最も大切なバリュープロポジション戦略という競合にはないユーザーから必要とされる自社の強み抽出・分析をするノウハウが必要になります。

季節変動を加味した車検ユーザー集客方法

ホームページやポジショニングメディアなどの集客方法ではなかなか季節に合った集客を行うのは難しいです。そこで、季節変動を加味した車検ユーザーを集客する方法をいくつか紹介します。

ポスティング広告・チラシ広告

ポスティングチラシによる広告は、タイミングを合わせて行うことで高い効果があります。商品やサービスの内容に合わせてお客さんの欲しいと思うものを欲しいタイミングで広告することが重要です。例えば、転居や転勤などが多い春後くらいに車検サービスのチラシが入っていると転居や転勤で新しい車検サービスを受ける会社を探している人が多いので、通常よりも多くチラシを見た人をひきつけます。

リスティング広告

リスティング広告とは「検索エンジンの検索結果ページに有料でテキスト広告を表示させるサービス」です。スマートフォンで検索した場合、検索結果の1ページ目に出てくる情報はほとんどこのリスティング広告。つまり、キーワードによっては広告を出していなければどれだけSEO対策をしていても検索結果の1ページ目に表示されないことがあります。リスティング広告を出稿していないだけで機会損失だとも言えます。

リスティング広告はキーワードに基づいて広告を作成していくため、季節感に合わせた広告内容を考案することで集客力がアップします。一度広告を作成した後は、広告から流入してくるサイトの改良を繰り返し、反響の高い方法を見つけていきます

自社のフェーズによって最適なエリアマーケティング手法を選ぼう

エリアマーケティング戦略では、自社商圏と競合と被る商圏を分析し、さらにターゲットユーザーも選定しながら最適な広告戦略・手法を選定していくことが大切です。
どの集客方法でも自社のポジションを伝え続け、明確にしていかなければなりません。

全研本社では、あらゆる業界でバリュープロポジションに則したコンテンツマーケティング・Webメディアを7000サイト以上制作運用してきました。特に「商圏内でユーザーから選ばれるマーケティング戦略を仕掛けていきたい」、「地域ナンバーワンの立ち位置に向けて模索をしている」という方はこちらからご相談下さいませ。

ページトップへ