自動車整備工場の集客方法を紹介!集客成功のカギはWebエリアマーケティング

自動車整備工場の集客方法を紹介!集客成功のカギはWebエリアマーケティング
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

自動車整備工場の市場状況について

自動車整備市場全体の売上は大きくなっています。現在、日本全国で走っている自動車は約8000万台です。これらの自動車は約54万人の従事者と、約9万2000ほどの自動車整備産業によって安全が確保されています。しかしながら、自動車整備工場は厳しい現状にあります。それはディーラーによる整備市場への参入が増え続けているため、自動車を購入したユーザーも購入した店で整備を頼むことが増えているという理由からです。

このディーラーによる整備市場への参入が進む現状に対して割り込む必要があり、また、それぞれの工場での技術力・後継者問題もありますので経営状況は難しいものとなっています。

自動車整備産業の市場規模は?

自動車整備業界の総売り上げである市場規模は5兆5000億円あり、巨大な市場です。自動車整備産業に隣接している市場である中古車市場、カー用品市場の市場規模は合わせると3兆7000億円にものぼります。自動車整備産業を含めた自動車産業は非常に大きいことが分かります。

自動車整備産業の市場規模推移

「自動車整備業界としての総売り上げは右肩下がり」と言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。2013年の総売り上げが5兆4000億円なのに対し、2018年の総売り上げは5兆5000億円と市場規模は大きくなっています。右肩下がりという事実はなく、少なくとも2018年の数字を見る限りでは過去6年間で平均0.39%成長しています。

ユーザーが自動車整備工場に依頼するシーン

自動車整備工場の市場動向について把握できたところで、自動車整備工場を利用するのはどんな時なのでしょうか。

車検のタイミング

まずは、2年ごとに行う車検のタイミングです。このときに「安い業者がないか」「前回よりも、もっといい業者がいないか」検索をする方が多いです。料金はもちろん、サービス内容なども含めて比較検討するでしょう。

車の故障・キズがついたタイミング

車の一部や故障したときや、ボディにキズがついてしまったときは自動車整備工場を利用するでしょう。「いくらくらいで修理できるのか?」「どのくらいの時間がかかるのか」「しっかりキレイに修理してくれるのか?」などは最低限、気になるポイントです。

集客の要となるエリアマーケティングとは?

効率的で効果的なマーケティング計画を立てる上で、マーケティング手法のひとつであるエリアマーケティングは非常に重要です。また、車検の依頼をするとなると近隣の工場が検討範囲に入る為、エリアマーケティングをしておくことは必然的。そこで、エリアマーケティングの意味や例を紹介します。

エリアマーケティングの意味

エリアマーケティングはそのまま「地域戦略」のことです。どの地域を狙うのか、地域によってどのような戦略で挑むのかなどを考えます。

まずは地域の特性(自動車整備業界であれば世帯の年齢層・自動車保有率など)を把握し、営業店舗について調査をします。そこから顧客情報を把握して効果的なマーケティング戦略でサービス展開の計画をします。一部の地域に絞ってマーケティングを行うため、市場を把握しやすく調査が比較的手軽なのが特徴です。

エリアマーケティングの目的

エリアマーケティングの目的は主に「営業の効率化」「マーケティングへの活用」などです。反応が見込める地域に絞って営業を行うことで、手当たり次第に広い地域で営業を行うより効率化が見込めます。また、新規出店だけでなく既存店舗のマーケティングのために調査資料として活用することもできます。

他にも、エリア別にトレンドを把握するのもエリアマーケティングの目的のひとつですので、長期戦略として将来を見越したマーケティングにも活用できます。

集客するなら取り組んでおきたいWebエリアマーケティング広告手法

なるべく依頼、見積もりに繋がりやすいユーザーを集客する為にはWeb集客が必要不可欠です。ネット上から簡単にサービス内容や料金、見積もり依頼まで出来れば自動車修理や車検までスムーズに準備ができるのはユーザーにとって必須。それではどのようなWebエリアマーケティングの広告手法があるのか見ていきましょう。

ホームページリニューアル及び制作

ホームページの作成は必須と言っても過言ではありません。あまりにも古い、問い合わせが出来ないなどであれば、問い合わせが取れるような導線設計にしたホームページにすべきです。ホームページのデザインや内容こだわる必要はなく、簡素でも構わないので、後述するSEO対策を重視して準備しておきましょう。

大金を使ってホームページを作成したりリニューアルを相談・委託しても、「デザインを流行りのものに変えましょう」「最新の技術を使いましょう」など、悩み解決に結びつかない提案も多くあります。それに気づかずにリニューアルして、失敗してしまうケースも多いです。ホームページの内容としても料金や事例、強みや会社概要、お客様の声など、ホームページの訪問者に安心を与えられるように設計しておくべきです。

ホームページへのSEO対策

ネットで検索するのが当たり前の時代ですので、集客において検索キーワードを意識したSEO対策も一定の効果が見込めます。単純に整備工場名の検索キーワードだけではなく、自社を強みや特徴などを含めた「自動車整備 地域名 強み」などの検索キーワードでSEO対策をすれば、自動車修理や車検を検討している人に見つけてもらいやすいです。「得意とする修理」「特殊なオプション」などにも対応できるのであれば、「エリア+修理種別+特殊なオプション」といった複合的なキーワードで上位表示されるように対策しましょう。SEO対策の効果がよりアップします。

自分で対策を行えば特に大きな費用が掛からないですし、今ではSEO対策をしていないサイトはそもそも検索エンジンで引っかからないため、ホームページや比較サイトを作成した際は必ず対策をしておきましょう。ただし、SEO対策は効果が出るまでに数か月の期間を要します。長期的な集客対策としてSEO対策は効果的ですが、すぐに目に見えて効果が出るものではありませんので注意しましょう。

業界ポータルサイト・地域ポータルサイトへの登録

ポータルサイトとは、「インターネット上にあるさまざまなページの玄関口となる巨大なWebサイト」のことを言います。ポータルサイトのメリットとしては、インターネット上に散らばった多くの情報から、必要なものだけを検索で探し出せる点にあります。ポータルサイトに登録することにより、ユーザーに接触する機会が増えるため集客効果が見込めるというメリットがあります。

自動車整備工場に是非登録しておいて欲しいのは業界ポータルサイトと地域ポータルサイトです。この2つのポータルサイトについて特徴を簡単に紹介します。

業界ポータルサイト

1つの業界に特化した情報が掲載されているポータルサイトのことを言います。不動産市場であれば、スーモやホームズ、美容市場であればホットペッパーが浮かび上がります。しかし、この自動車整備工場市場には特化したポータルサイトがないため、自社で制作運用をするしかありません。

地域型ポータルサイト

地域に関する情報を提供するポータルサイトのことです。特定の地域に関する観光名所・病院・求人情報などが掲載されていて、その地域の方に役立つ情報が発信されています。地域型ポータルサイトの運営は行政や自治体が運営しているケースが多く、その中で自社の整備工場について触れてもらうという形になります。

ポジショニングメディアでの差別化戦略

ポジショニングメディアは競合に負けない、自社の特徴をこのポジショニングメディア内で打ち出すことで、その魅力にひかれたユーザーのみを集客することができる集客戦略です。ユーザーとしてはまとめサイトとして閲覧させることになるため、他社を比べさせながら、その中で他社にない強みをユーザーに認知させることが出来れば、自社ブランディングも可能な広告手法です。

自動車整備工場市場では業界に特化をしたポータルサイトが存在せず、ユーザーが参考になるようなまとめサイトが存在しないため、検索結果画面に上位表示をさせることが出来れば、ほとんどのユーザーが一度は見るサイトとして整備意欲のある売上に繋がりやすいユーザーを効率的に集客することが出来ます。

自社のフェーズによって最適なエリアマーケティング手法を選ぼう

エリアマーケティング戦略では、自社商圏と競合と被る商圏を分析し、さらにターゲットユーザーも選定しながら最適な広告戦略・手法を選定していくことが大切です。
どの集客方法でも自社のポジションを伝え続け、明確にしていかなければなりません。

全研本社では、あらゆる業界でバリュープロポジションに則したコンテンツマーケティング・Webメディアを7000サイト以上制作運用してきました。特に「商圏内でユーザーから選ばれるマーケティング戦略を仕掛けていきたい」、「地域ナンバーワンの立ち位置に向けて模索をしている」という方はこちらからご相談下さいませ。

ページトップへ