運転代行の集客方法を紹介!戦略あるマーケティングで差別化を図ろう

運転代行の集客方法を紹介!戦略あるマーケティングで差別化を図ろう
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

運転代行の市場状況について


運転代行は、特に忘年会シーズンに入ると利用者数が増えるサービスです。昭和50年ころに登場し、今や全国に1500社を超える業者が運転代行サービスを行っています。2002年に改正道路交通法が施行され、運転代行を利用する人の数は増加しました。

しかし、利用者が増えたことで運転代行業法が施行されることになりました。これまで運転代行はタクシー業界のように、認可を受けなくとも容易に開業できました。しかし運転代行業法により、公安委員会の認定を受ける必要があります。

認定を受けるにあたって、運転代行ドライバーはタクシードライバーのように、二種免許を取得しなければなりません。このように運転代行の利用層は増加していますが、二種免許必須という制限がかかったり等、市場変化があります。

運転代行を利用するユーザーについて知る


運転代行の集客を行う前に、運転代行サービスを利用する人がどのような人たちなのかを知っておくことが大切です。

GfKジャパンの調査によりますと、運転代行を利用したことがある人は23%。北関東、東北、北陸では約50%であるのに対し、首都圏、近畿、東海では約10%と、公共交通機関が充実しているエリアではあまり利用されていないことが分かりました。

年代では30歳代の利用者が一番多く、年配者より若い世代の人たちが運転代行サービスをよく利用しています。

また、運転代行サービスを利用している人たちの利用頻度に関して、過去1年間の間で1回以上サービスを利用した人は46%。過去1年間での平均利用回数は、全体では1.9回でした。しかし20代以下の利用者での平均利用回数は3.2回と、若年層が運転代行サービスをよく利用していることが判明しています。

差別化の要となる「USP」が集客を左右する


USPとはUnique Selling Propositionの略称で、独自の販売提案という意味のマーケティング用語です。成功した広告を分析した結果導き出された考え方で、キャッチコピーで表現されることが多いです。

このUSPが差別化の要となり、商品やサービスに対する集客を左右します。USPの例として、

  • Fedexの「絶対に、確実に、一晩で」
  • ドミノピザの「30分でお届けします」
  • M&Mチョコレート「お口で溶けて手で溶けない」

などが挙げられます。USPは、顧客があなたの商品やサービスを購入する理由を簡単に定義しています。USPはマーケティングの軸にして活用していくものです。自社にこのUSPがあるでしょうか?振り返ってみてください。さらに、それがバリュープロポジションになっているかを確認する必要があります。

バリュープロポジションとは?

バリュープロポジションは、ビジネスで勝ち抜くために非常に重要な考え方です。起業を考えている人や、今現在事業を進めている人がビジネスで成功するために必要な考え方とされています。

バリュープロポジションとは、顧客の価値のことで、具体的には

  • 顧客の要望
  • 競合が提供できない
  • 自社が提供できる

の3つがそろった価値のことです。顧客の要望をまず第一に考え、その上で自社の提供するサービスの優位性、それから他社の提供するサービスとの差別化を考えることで、素晴らしいビジネスモデルが誕生します。

まず、サービスのニーズと価値をしっかりと理解し、競合と差別化出来るポイントを抽出しましょう。その後、集客施策でどう打ち出すか、という次のステップを踏めるようになります。

集客の肝となるエリアマーケティング戦略とは?


エリアマーケティングは地域戦略のことで、マーケティング手法の一つです。エリアマーケティングを行っていない企業の中では、折角のチャンスを逃していることも。

エリアマーケティングでは、どの地域をターゲットにするのか、そして定めたターゲットとなる地域に対して、どのような戦略を仕掛けるのかを考えます。

ターゲットエリアの特性を理解し、エリア内の競合他社のサービス、料金、口コミなどをリサーチ。また利用者情報のリサーチを行って把握し、どのような戦略がサービスを展開するにあたって効果的かを考えていきます。

その際大切なのが、自社のバリュープロポジションを伝えることです。自社のバリュープロポジションを伝えることができる戦略を練りましょう。

運転代行集客に有効なWebエリアマーケティング広告手法


今の時代、伝えるにはやはりWeb発信が重要です。また、他社がやっていない施策を取り入れ、集客上における参入障壁を築くことが大切です。

では、代表的なWebエリアマーケティング広告手法を2つご紹介します。

Googleマイビジネス・MEOによる集客

MEOとはMap Engine Optimizationの略称です。MEO対策とはマップエンジンを最適化し、顧客がGoogleマップで目的地を見つけやすくするための対策のことです。MEO対策を行えば、Googleで検索した際、検索結果上の上位に表示されることが期待できます。

MEO対策を行うために、Googleマイビジネスに登録する必要があります。Googleマイビジネスに自社の情報を登録することで、Googleで自社を検索すると自社名、住所、地図情報を表示することが可能です。

MEO対策は無料です。また、簡単に実施することができますが、かなりの集客効果を期待することが可能ですので、ぜひ行ってください。また顧客に口コミを記載してもらうこともでき、良い口コミが獲得できれば、さらなる集客を期待することができます。

ホームページへのSEO対策

検索地域毎に検索結果画面が異なることを知っていますか?例えば、同じキーワードで検索しても、東京と大阪では検索結果に表示される情報が異なります。

したがって、ターゲットとする商圏を考えて対策する必要があります。検索キーワードを選定し、ホームページのSEO対策をすることで、有効商圏内からのターゲットユーザーを獲得することができます。

ただし、キーワードをホームページに羅列しただけでは、Googleからの評価が低くなってしまう可能性があるので注意しましょう。また、

  • 自社名、住所、電話番号をホームページに掲載する
  • タイトルのタグ内にキーワードを含める
  • ホームページのドメインの権威性

も地域キーワード検索で上位に表示させるために大切です。

ポータルサイトへの登録

ポータルサイトに自社を掲載してもらい、集客につなげましょう。ポータルサイトとは、顧客を集客するために作られたサイトのことです。ポータルサイトにはたくさんのコンテンツやリンク集が設置されています。

運転代行業者のポータルサイトには、

  • 代行ナビ
  • みんなの運転代行
  • 運転代行.net

などがあります。

ポータルサイトへ登録すると、自社サイトでは接触することが難しい顧客など、新しい顧客を取り込めるチャンスを得ることができます。また外部のサイトに掲載してもらうことで、信頼性の向上や広告効果の期待をすることも可能です。

ポジショニングメディアでの差別化戦略

ポジショニングメディアとは

ポジショニングメディアについてご存知ですか?ポジショニングメディアとは、比較サイトのことですが、よくあるアフィリエイトサイトではありません。

競合他社との差別化をし、ニーズに合った顧客に自社の魅力をアピールすることのできるポジショニングメディアのことです。自社が提供しているサービスの強みをわかりやすく紹介し、また顧客目線で競合のサービスとの比較を行います。

自社の良さがしっかり紹介されていれば、他社との差別化を図ることができます。顧客に自社の良さを把握してもらった上で、自社のサービスを利用してもらうことが可能です。

ポジショニングメディアの具体例

例えば保育園の場合、この地域で勉強に力を入れているのはこの保育園だ、ということを伝えることで、自社の保育園に合ったユーザーを集客することができます。また、エリア内でそのように周知が出来るため、ブランディングにも繋がります。

運転代行サービスのポジショニングメディアを作る場合、基本的には地域を限定し、そのエリア内にある運転代行業者をサイトで掲載します。「○○駅 運転代行」「○○区 運転代行 費用」など地域を限定することで、検索結果の上位に表示させることが可能です。

例えば、「〇〇市周辺でオススメの運転代行業者10選」といったタイトルのサイトを作り、10の運転代行業者の特徴を紹介します。運転代行業者の特徴と利用者のニーズがマッチした場合、集客に繋がります。

運転代行集客方法のまとめ

エリアマーケティング戦略では、自社商圏と競合と被る商圏を分析し、さらにターゲットユーザーも選定しながら最適な広告戦略・手法を選定していくことが大切です。

全研本社では、バリュープロポジションに則したWebコンサルティングを7000案件以上作ってきました。特に、商圏内でユーザーから選ばれるマーケティング戦略を仕掛けていきたい、地域ナンバーワンの立ち位置に向けて模索をしているという方はこちらからご相談下さいませ。
集客コンサルタントに無料相談する

ページトップへ