タクシー会社の集客・売上アップは強みを生かしたWeb広告(宣伝)で選ぶ

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

タクシー業界の現状

景気に左右されるタクシー業界

タクシー業界は100年を超える歴史を持っています。ですが、1991年には2.2兆円あったタクシー市場は、現在1.5兆円規模と縮小しています。

好況時は利用が多くなるけれど不況時は減少しがちで、景気に左右される業界は数多くありますが、タクシー業界もその例外ではありません。ここでは、タクシー業界の動向を見て行きましょう。

タクシー業界の需要と供給の動向

タクシーの輸送人員数の需要は、2008年のリーマンショックで景気が冷え込んでから大幅に落ち込み、2010年以降はそのままほぼ横ばいで推移しています。

一方、延実働車両数の供給としては、2009年の旧タクシー特措法と2014年の改正タクシー 特措法(減車法)に加え、ドライバー不足の影響もあり減少傾向で、ここ数年、需給バランスは改善傾向にあります。

タクシー業界のドライバー不足の状況

タクシードライバーは一般的に、長時間労働で低収入といった傾向にあることから、若年入職者が減少しています。さらには就業者の高齢化が進んでいる状況下で、保有車両数に見合った乗務員の確保ができないタクシー事業者も出てきており、車両稼働率が低下してしまうといった状況になっています。

タクシー業界の実車率・日車営収

ここ数年の改善傾向にある需給バランスを背景に、稼働1台当たりの売上高は増加してきています。ただしドライバーを比較的確保しやすく、実働車両数の維持が可能である大手業者と、ドライバーの確保が難しい小規模業者の間で、業績は二極化している傾向にあります。

2020年6月には相乗りタクシーも

業績向上を示すグラフ

厳しいと言われるタクシー業界ですが、近年では地域による差異はあるものの、全般的に回復傾向にあります。また2020年6月には「相乗りタクシー」がスタートするなど、タクシー業界にも変革の波が押し寄せています。

接客業でもあるタクシー業界を生き抜いていくためには、時代に合わせたサービスを提供して変貌を遂げていくことが必要になります。タクシー業界にとって、今後プラス要因となりそうなものをまとめてみました。

  • 近年グローバル化が進み、さまざまな情報を得た外国人がたくさん日本に観光に訪れ、タクシーを利用する
  • 大型イベントの開催で、海外から大勢の人が訪れ、タクシーを利用する
  • 相乗りタクシーなどサービスの多様化で顧客満足度が上がる
  • 高齢化が進み、車を運転する世代が減っていることから、高齢者のタクシー利用が増える
  • 国際自動車が2012年は10人だった大卒ドライバーを2015年には109人に増やすなど、新卒採用を取り入れるタクシー会社が多くなっている

やはり外国人観光客が増加することは、タクシー業界にとってはプラス要因です。語学ができるドライバー、国ごとの風習や習慣を理解しているドライバー、または観光地の情報や知識の豊富なドライバーなどは、インバウンド客の指名や予約といった、個人の売り上げに直結する可能性もあります。

集客のメインは配車アプリに

タクシー専用アプリ「配車アプリ」を利用する人が増えています。

これまでは乗客からの電話依頼に、タクシー無線を利用して配車センターとタクシーの連絡を行うのが定番でした。今はGPS機能つきのスマートフォンと専用のアプリを組み合わせることで、飛躍的に利便性が向上。東京無線タクシーが提供する配車アプリを例にとると、お客様情報(携帯電話番号・カナ氏名)を入力し、表示された地図上に場所を指定すると、タクシーを呼ぶことができるようになっています。

配車アプリを導入するメリットとは?

タクシーを探す側にとっては希望の住所や場所の目印を伝える手間が軽減されますし、ドライバーにとっても明確に示される目的地は非常に便利です。

配車アプリによっては乗客がドライバーの接客態度や運転の姿勢などを評価できるものもあり、ドライバーは丁寧な接客対応で評価を上げることで、リピート獲得につなげられます。さらに、流し営業による燃料代が削減でき、その分の疲労も軽減されるというメリットもあるため。ドライバーにとっては非常に効率のいい存在と言えるでしょう。

タクシー配車アプリをご紹介

JapanTaxi「全国タクシー」

最大の特徴は全国47都道府県で利用OKということ。会社によってはタクシー配車の予約も受け付けています。

マップ上で乗車・降車場所を指定すると、その間の最適ルートや概算料金が検索できること、また事前に決済情報を登録すると、JapanTaxiのネット決済機能を利用して降車時の支払いが不要になるというのも、お客さんに喜ばれるサービスとなっています。東京都個人タクシーが1,579台提携しており、個人タクシーでも対応可能となっています。

MOV

「タクベル」として神奈川県内で展開、2018年12月にブランド変更するとともに東京都内でのサービスも開始したMOV。DeNA開発による、次世代タクシー配車アプリです。「0円タクシー supported by 日清のどん兵衛」キャンペーンでも話題になりました。東京・神奈川・京都・大阪・兵庫(一部地域を除く)をカバーしています。個人タクシーの配車には対応していません。

みんなのタクシー「S.RIDE」

東京23区と武蔵野・三鷹地区を配車可能エリアとした、みんなのタクシー株式会社運営のアプリ。アプリ名「S.RIDE」のSは、「Simple」「Smart」「Speedy」と、3つの意味を表しています。一番近いタクシーをワンスライドで呼び出し、待機中に目的地を設定すると、タクシーに設置されたタブレットに伝達されます。提携会社はグリーンキャブ、国際自動車、寿交通など。約7500台が加盟する東京都個人タクシー協同組合とも提携しています。

タクシー検索「たくる」

タクシー会社単位ではなく、ドライバーが個人で加入することができるアプリです。ドライバー側で呼び出し可能か不可かの設定が可能。呼び出しに対応するとお客さんにどのような車両がくるのか表示されます。そしてマッチングが成立すれば、お客様さんの情報が送られてくるというもの。ドライバー側も無料で加入できるため、現在10,276名のドライバーが登録している、人気のアプリです。

業態によってはWeb集客も有効

パソコンの写真

特定の商品に関心を持つネット利用ユーザーは多いため、ホームページやブログなどのWebコンテンツをもとに集客することは、事業拡大において重要です。

ユーザーの関心や興味を引くことで宣伝や問い合わせ、資料請求などにつながり、売上アップが見込めます。すぐに売り上げにつながらなくても多くの人に自社ブランドが認知されることで、のちの効果につながる可能性は十分あります。またコンバージョン率を上げる施策を実行することも、Webマーケティングを成功させるポイントとなります。

代表的なWeb集客の種類

自然検索(Organic Search)

検索窓に検索したいワードを入力して表示された、広告以外の検索結果のことで、ユーザーがサイトに訪問することを「自然検索流入」と言います。

有料検索(Paid Search)

リスティング広告(検索連動型広告)という有料広告(PPC広告)で表示される部分。広告枠からユーザーがサイトに訪問することを「有料検索流入」と言います。

SNS(Paid Search)

FacebookやTwitterなどのSNSの赤枠の投稿、記事などからユーザーがサイトに訪問することを「SNS流入」と言います。

自然検索流入を増やすためのSEO対策が集客につながる

代表的なWeb集客の種類の中から成功ポイントとなるのは、自然検索(Organic Search)でしょう。検索上位化を目指すには、ユーザーが求める情報を含めたコンテンツを作成し、SEO対策することが必要です。サイトの質を高めていかないといけないため多少時間はかかりますが、低コストで安定的な集客につなげることができます。

タクシー業界では業態別にアピールすることも可能です。

介護タクシー

高齢者や障害者の方が利用する介護タクシーですが、ドライバーは「介護の資格を保有している」「乗降の手助けを行う」などといった、一般タクシーとは異なったサービス内容になっています。サイトには、

  • サービス内容
  • 連絡先
  • タクシー車両紹介
  • 料金
  • 福祉機材情報(車椅子・リクライニング車いす・ストレッチャーなど)

などを、高齢者でもわかりやすいよう記載することが大切です。

陣痛タクシー

陣痛が来た時に安心なことから、年々順調に普及している陣痛タクシー。

  • 料金
  • 対応エリア
  • 途中経由地がある場合、対応可能かどうか
  • 車内が汚れた際にクリーニング代がかかるか
  • 陣痛以外でも利用できるか

など、妊婦さんが気になることをしっかり明記し、集客に繋げましょう。

キッズタクシー(子育てタクシー)

子育てのニーズに応える子育てタクシー。

  • 料金
  • 対応エリア
  • 全国子育てタクシー協会の研修を受けた認定ドライバーか
  • 子育てタクシー専用保険に加盟しているか
  • 送迎のコース
  • 女性ドライバーがいるか

など、子育てしている親が気になる・不安になることを、きちんと記載しておきましょう。

観光タクシー

近年旅行するにあたって利用者が増えている観光タクシー。

  • 料金システム
  • 対応エリア
  • 車種
  • その地域に精通しているか
  • 身体が不自由な方でも利用ができるか

など、旅行者のニーズはさまざまなので、アピールポイントは多く並べることが良いでしょう。

また、運転者の技量の担保や運転者の人柄なども、選ばれる重要なポイントになっています。

ポジショニングメディアでエリアKWを意識したSEO対策も重要

タクシーを探しているユーザーは「地域名+介護タクシー」や「陣痛タクシー+地域名」で検索するため、エリアキーワードを意識したSEO対策も重要です。

さらに、「地域名+介護タクシー」など上記の地域名を含んだキーワードに対策したポジショニングメディアであれば、競合と比べることで優位性を見せられたリ、自社サービスの差別化をすることも可能です。

まとめ

タクシー集客のまとめとしては以下の通りです。

  • 近年二極化が進んでいて、その要因は集客力にある
  • エリアにある他社との差別化のために、ユーザーが求めることをアピールする
  • 集客のメインは配車アプリ、業態によってはWeb集客が有効
  • 毎月安定的な集客を実現したい
  • 儲かるサービスでユニットを埋めたい

成功事例にもあるとおり、弊社はタクシー業界の集客に特化したインターネット戦略を得意としています。合計7000以上のサイト制作と、広告成果を最大化させる運用実績があります。

このようなご要望がありましたら、全研本社タクシー集客チームまでご連絡ください。

お問合せはこちら

タクシーの集客に関連する記事一覧

ページトップへ