日経マネーで広告掲載をするメリットや掲載料金、評判をチェック!

日経マネーで広告掲載をするメリットや掲載料金、評判をチェック!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

日経マネーキャプチャ
引用元:日経マネー公式サイト(https://www.nikkeibp.co.jp/ad/atcl/magazine/MON/)

日経マネーの特徴

日経マネーは、個人の投資家向けに資産形成リードする情報誌です。株式や投資信託、FXなどの投資情報から預貯金、ローン、税金の管理、保険にまつわる情報まで幅広くカバーしています。

初心者から中上級者向けの情報まで提供しており、30代~60代の読者に支持されている媒体です。

長期的なマネープランを立てるのに適しており、注目度の高い金融商品のラインナップやトレンドの資産形成方法など「読者の知りたい!」を刺激する内容になっています。

日経マネーで広告掲載を検討している企業様に向けて、媒体の広告掲載料金や特徴、広告掲載の評判について紹介いたします。

タイムリーな情報を提供

現在の成長株に主軸を置いた特集1。投資信託やETFで資産形成を図る特集2。届け出ることで手に入る支援金や給付金を紹介している特集3など、タイムリーな情報を発信。

ほかにも社会保険や税金、クレジッカードに関する内容など、基本的な金融の知識も網羅しています。

取材力を活かした特集

日経マネーは、日本経済新聞社グループの総合出版社である日経BPが発行しています。ずば抜けた取材力や情報量を駆使した、読者の興味を引く誌面が特徴的です。

これまで好評を得た記事の一例を紹介します。

  • この株で大逆転 今年の負けを取り返すにはこの株!
  • 海外ETFで投資の幅を広げよう
  • 50歳になったら考えたい 「家」 の見直し術
  • 8つのケースで学ぶ 相続・贈与の落とし穴

上記のタイトルを見ると、読者のニーズを捉えた情報を届けていることが分かるでしょう。

勝ち組投資家を採用

投資初心者や中上級者でも気になるのが、投資で成功した人物とその手法ではないでしょうか。誌面では、金融業界で活躍している人物をウォッチし、資産形成や運用のヒントを得られるようになっています。

読者は資産形成に興味を示す個人

公式サイトでは、読者データを公開しています。日経マネーの読者層は、以下の通りです。

<年齢層>

  • 30代以下:32.6%
  • 40代:26.6%
  • 50代:18.7%
  • 60代以上:22.0%

<平均投資額>

  • 300万円未満:27.2%
  • 300~500万円未満:15.5%
  • 500~1,000万円未満:21.5%

<保持している金融商品>

  • 日本株(個別株):89.9%
  • 現金MMF/MRF:82.1%
  • 日本株(ETF・投資信託):48.6%
  • 外資預金/外資MMF/FX:44.8%

また金融情報をマネー雑誌や専門誌から得ている読者が、90.7%と多い傾向にあることも分かっています。

参考元:媒体資料-日経マネー

日経マネーの広告掲載料金

日経マネーで広告掲載をする費用は、以下の通りです。

<表4>

  • 1回:2,750,000円
  • 6回:2,612,500円
  • 12回:2,475,000円

<4色1ペ ー ジ>

  • 1回:1,980,000円
  • 6回:1,881,000円
  • 12回:1,782,000円

※全て税込

タイアップ広告は、スペース料金のほかに330,000円/1ページが必要です。

広告を載せる位置やカラーの数、掲載回数によってお見積りを出すようなので、詳しくは公式サイトからお問い合わせください。

日経マネーの口コミ・評判

日経マネー広告掲載に関する口コミ・評判はありませんでした。
ですが、媒体の読者レビューがありましたので、広告掲載を検討されているご担当者様は、参考にしてください。

資産運用の参考にしています。今どきの運用のトレンド把握に大変有用です。
引用元:日経マネー 5%OFF | 日経BP | 雑誌/電子書籍/定期購読の予約はFujisan

個人向けのビジネス誌。定期購読していれば、これまでの経済の流れおよび今後どのように世の中が動いてくるか理解できると思う。 また内容も分かりやすく、理解しやすい。
引用元:日経マネー 5%OFF | 日経BP | 雑誌/電子書籍/定期購読の予約はFujisan

色々な視点からの特集があり、その中で自分に合っているものを探す感じで参考にしています。 四季報でみても気づかないものなど参考になると思います。
引用元:日経マネー 5%OFF | 日経BP | 雑誌/電子書籍/定期購読の予約はFujisan

日経マネーに広告掲載するメリット

資産運用に興味のある層へPR

日経マネーの読者は、すでに日本株や現金MMF/MRFなどの金融商品を保有し、平均投資金額も1,460万円とのデータが出ています。

投資に対して意欲的な層だと分かります。資産運用と類似性のある商品を取り扱っている企業様にとって、相性の良い媒体だと言えるでしょう。

タイアップ広告が打てる

日経マネーでは、誌面の特集と連動したタイアップ広告を掲載できます。広告に苦手意識を持つ読者もいますが、タイアップ広告なら違和感の少ない訴求をしやすいはずです。

また日経マネーと連動している「日経ビジネス」でも、記事体広告を出稿するのが可能。より広い層へのアプローチするなら、検討してみてはいかがでしょうか。

日経マネーの広告掲載までの流れ

日経マネーで広告を打つまでの流れは、記載されていませんでした。雑誌に広告を掲載する一般的な流れは、以下の通りです。

  1. お問い合わせ・資料請求
  2. 打ち合わせ・プラン確認
  3. 原稿の作成・編集
  4. 掲載スタート

お申し込みは、発売日を基準にすると良いでしょう。公式サイトで広告掲載の案内をしているので、詳しくはそちらからお問い合わせください。

他の集客施策も織り交ぜたwebマーケティングをしよう

日経マネーで広告掲載をすると、20~60代の資産形成を希望する読者に向けて自社を認知してもらうきっかけとなるでしょう。

さらに日本経済新聞社グループにより発行されている雑誌なので、信頼度も高く自社ブランディングにも役立ちます。

ただし効果的に集客をするならば、Webマーケティングをいくつか組み合わせるのが大切です。

  • 裕福層向けのポータルサイトへ掲載
  • 自社サイトを運用しコンテンツを最適化
  • Googleマイビジネスでユーザーと交流
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出して集客

など適宜行い、経営に好成績を残せるように働きかけてみてください。

富裕層向けの
広告媒体・メディアまとめ

ページトップへ