動画制作管理ツールCRUNCH(クランチ)とは?特徴・評判・費用を調査

動画制作管理ツールCRUNCH(クランチ)とは?特徴・評判・費用を調査
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

動画の影響力が強くなってきたことから、各社が動画制作に力を入れています。しかし、動画制作ではタスクが多く、業務の管理に課題が発生しやすいです。

そんな動画制作現場の煩雑さを解消する動画制作管理ツールが「CRUNCH(クランチ)」です。現場の声を反映させて必要な機能を搭載しています。ここでは、CRUNCH(クランチ)の特徴や強み、費用などをまとめました。

動画制作管理ツール探しの参考にしてください。

CRUNCHの資料をダウンロードする

CRUNCH(クランチ)とは?

CRUNCH公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:CRUNCH公式サイト(https://crunch.sh/)

CRUNCH(クランチ)の特徴

動画制作に必要な機能をオールインワンで搭載した動画制作管理ツールです。2022年1月にリリースされ、多くの動画制作チームで導入されています。

制作現場のフィードバックをベースに機能の改善を続け、現場での使いやすさにこだわっているツールです。

CRUNCH(クランチ)の機能

レビュー

動画の指定秒数に直接修正指示を書き込み、自動で整理整頓できます。権限を指定した共有リンクの発行も可能。複数フォーマットでのDLにも対応しています。

ファイル共有

動画の共有リンクを発行できる機能です。わずか数クリックで共有完了。パスワードを設定すれば、より安全性が高まります。

アップロードリンク発行

CRUNCHに登録していない方でも指定したフォルダーに直接アップロードできるリンクを発行できます。ファイルのやりとりも簡単です。

進行管理

スムーズな進行管理ができます。カスタマイズが可能なので、チームに合わせて柔軟な管理が可能。ダッシュボードで状況を瞬時に把握できます。企画会議や請求管理も可能です。

機材管理・予約

チームが所有する機材を一元管理し、スケジュールと連動した機材予約が可能な機能です。機材トラブルを防ぐと同時に機材のコストパフォーマンスの可視化が実現します。

セキュリティ・権限設定

各種データに対するアクセス権限、削除や更新などの操作権限を柔軟に設定可能です。役割をまたいだコラボレーションも簡単。スムーズに連携できます。

CRUNCH(クランチ)はこんな方におすすめ

カチンコとヘッドホン
CRUNCH(クランチ)は、動画を効率的に制作したい現場におすすめです。「タスクが多くて管理しきれない」「管理方法がバラバラで連携に手間取り非効率」「メンバーの進捗が見えない」といった複数のツールを使うことにより生じる悩みを解消します。

ひとつのツールですべての作業を管理できるので、バラバラになったタスクがまとまり、メンバー間の連携もスムーズです。

CRUNCH(クランチ)の主な実績

CRUNCH(クランチ)は、動画制作に力を入れている法人に納入実績があります。主な導入企業は次の通りです。

  • 株式会社サイバーエージェント
  • 株式会社For you
  • 株式会社Wanget
  • 株式会社Franck

CRUNCH(クランチ)の動画制作管理ツールとしての強み

動画編集画面

現場主義

CRUNCHの強みのひとつが現場主義です。ツール開発者の思い込みで構築したものではなく、現場の生の声を反映し、動画制作に特化したツールを開発しました。

実際の動画制作チームの声はもちろん、取引先の動画制作会社やYouTubeチーム、TV局の業務フローを分析した上で、動画従事者に徹底的に寄り添ってできたツールです。

動画編集の現場で感じる「こんな機能があると便利」といった痒い所にも手が届く機能が充実しています。

ALL in One

動画制作には、様々なタスクが発生します。細々したタスクがツールでバラバラに管理されていると、連携に手間がかかり、進捗状況も見えないという事態に陥りがちです。

メンバーが今どんなタスクを進めているかも把握できません。そんな状況を解消するために、CRUNCHは、ALL in Oneにこだわって構築されています。

動画制作現場で発生する制作進行管理、動画レビュー、ファイル共有、ファイル管理、機材管理、パートナー管理、実績管理などのタスクをひとつで完結するツールです。管理内容は、カスタマイズが可能。

チームの状況に合わせて自分たちにフィットしたツールが手に入ります。

コラボレーション加速

動画制作には、クリエイターはもちろん、ディレクターやマネージャー、パートナー、クライアントなど、多くのステークホルダーが関わります。立場が異なるこれらの人達をつなぐのもCRUNCHの強みです。

立場や職種を超えて、動画制作に関わる人がひとつのツールの中で連携できます。スピーディなコラボレーションで生産性がアップ。モチベーションにもつながります。

密な連携が取れることで、動画のクオリティ、ひいては動画チームのサクセスに貢献する機能です。

CRUNCH(クランチ)の料金

電卓をたたく人
CRUNCH(クランチ)の料金は、公式サイトに記載されていないため、直接問い合わせが必要です。トライアル版が用意されており、無料でお試しができます。正式導入のプランは、スタンダード版とエンタープライズ版の2プランです。

それぞれのプランの違いを確認しておきましょう。

トライアル版

トライアル版は、お試しで使ってみるプラン。1ヶ月間無料です。初期費用も、もちろん無料。ユーザー数が5ユーザーに制限されます。また、ファイル容量は2GBです。お試しの1ヶ月だけなので2GBで十分使い勝手は試せるでしょう。

YouTubeとVimeoのリンクアップロード数は無制限で使えます。

スタンダード版

本格的に利用する場合の標準プランがスタンダード版です。初期費用は無料ですが、他の利用料金については直接問い合わせてください。支払方法はクレジットカードか請求書です。

スタンダード版は、トライアル版でも無制限のYouTubeとVimeoのリンクアップロード数に加えて、利用可能期間とユーザー数が無制限で使えます。ファイル容量は20GBまで。容量追加は10GBにつきプラス500円(税不明)で可能です。

エンタープライズ版

全機能を快適に利用したい場合にはエンタープライズ版が用意されています。初期費用は有料。価格は相談が必要です。支払方法はクレジットカードと請求書発行があります。

エンタープライズ版は、スタンダード版で無制限のYouTubeとVimeoのリンクアップロード数、利用可能期間、ユーザー数に加えて、ファイル容量も無制限です。

CRUNCH(クランチ)の運営会社概要

会社名 株式会社ブルズ
会社所在地 東京都港区南青山三丁目17番14号 中山ビルディング5階
設立日 2016年4月21日
事業内容 エージェント事業/動画クリエイター紹介事業/SNSマーケティング事業/動画制作事業/制作管理ツール
電話番号 公式サイトに記載なし
公式サイトURL https://bullz.jp/

資料ダウンロードして詳しく知る

まとめ

CRUNCH(クランチ)は、現場の声を反映した現場主義の動画制作管理ツールです。動画制作において必要とされる機能をひとつにまとめ、様々なタスクをひとつで管理できます。

動画制作に関わる人の立場を超えて連携できる機能も搭載。チームに合わせてカスタマイズできます。動画制作のタスク管理を効率的にしたいチームにオススメのツールです。

動画制作を効率化したいと考えている場合にはCRUNCHを活用してみると良いでしょう。CRUNCHについて知りたい方は下記の資料も併せてご覧ください。

資料ダウンロードして詳しく知る

ページトップへ