オリジナルコンテンツがSEOに与える影響とその作り方

オリジナルコンテンツがSEOに与える影響とその作り方
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オリジナルコンテンツとは

コンテンツマーケティングにおける「オリジナルコンテンツ」とは、自社のサイトにしかない、独自の観点を取り入れたコンテンツのことです。たとえば執筆者自身の経験や自社顧客のインタビューに基づくWeb記事は、他の人には真似ができないオリジナルコンテンツです。

インターネット上には特定のテーマについて記載されたコンテンツが数多くありますが、その中には独自性が低いものもあります。極端な例として、他のメディアの内容をただコピーしたコンテンツが挙げられます。

「完コピー」以外にも、たとえば「既存コンテンツの内容を書きかえたもの」や「誰でもアクセスできる情報を集めただけのもの」など、独自性が低 ~ 中のコンテンツも存在しています。独自性が最も高いのは、公開前にまだ存在していなかった情報が含まれるコンテンツです。

オリジナルコンテンツとは、SEO対策をする上で非常に重要な要素です。Googleは独自性の高いコンテンツを高く評価しているため、SEOで上位表示を目指すにはオリジナルコンテンツの作り方をマスターすることが欠かせません。

オリジナルコンテンツのSEO的メリット

オリジナルコンテンツのSEO的メリット

それではオリジナルコンテンツにはどのようなSEO的メリットがあるのでしょうか?Googleからの評価も含め、3つの視点からメリットを解説していきます。

Googleに評価されやすい

SEOでオリジナルコンテンツが重視される最大の理由は、自社のサイトがGoogleに評価されやすくなることです。

証拠としてGoogleの検索セントラルブログでは、いくつもの記事において「オリジナルなコンテンツ」との表現が見つかります。そして検索順位上位表示については次のように記載されているのです。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

出典:Google検索セントラル「日本語検索の品質向上にむけて」(https://developers.google.com/search/blog/2017/02/for-better-japanese-search-quality?hl=ja)

Googleからも公言されているように、オリジナルコンテンツはGoogleから高評価を得られるコンテンツです。Googleニュースの表示に関しても、オリジナルで有用なコンテンツが重視されています。

自社メディアの集客力が上がる

自社メディアにおける集客力が上がることもオリジナルコンテンツのメリットと言えます。Googleからの高評価により検索順位が上がり、ユーザーに訪問してもらいやすくなることも集客力が上がる理由のひとつです。

しかし検索結果の順位改善を差し引いても、Googleが評価する「オリジナルで有益なコンテンツ」とは、ユーザーからも評価を得るものでしょう。なぜなら、ユーザーにとってオリジナルコンテンツは利便性が高く、付加価値のあるコンテンツだからです。

コンテンツマーケティングにおいて、ユーザーに「役に立った」「面白かった」と思ってもらえるコンテンツを提供することが基本です。ユーザーのニーズに応えることで自社のファンになって、自社の商品を購入してもらえます。

オリジナルコンテンツはGoogleからだけでなく閲覧したユーザーからも高評価されやすいため、集客力アップに欠かせない要素となります。

コンバージョンにつながりやすい

オリジナルコンテンツはコンバージョンにつながりやすいとされることも大きなメリットです。たとえば、オリジナルリサーチや独自取材に基づくコンテンツは自社に対する信頼が得やすいでしょう。信頼できる正確な情報が掲載されているWebサイトは、類似サイトと差別化されファンを作り出すために効果的です。

コンバージョンとはユーザーがコンテンツを閲覧したあと、商品購入や会員登録など、企業にとって望ましいアクションを起こすことです。ユーザーの目線に立って考えると、商品を買ったりサービスを利用したりするなら信頼できる正確な情報を提供している会社のものを選ぶことは当然でしょう。

オリジナルコンテンツのSEO的デメリット

オリジナルコンテンツのSEO的デメリット

オリジナルコンテンツとはSEO的に多数のメリットがあるものですが、反面、デメリットも存在します。

調査や作成に時間がかかる

オリジナルコンテンツは調査や作成に時間がかかります。独自性のあるコンテンツを作るためには、自社独自のリサーチを企画して行ったり、クライアントなどに話を聞きに行ったりすることが必要です。

時間を節約したいなら、インターネットや書籍から得られる内容を活かしてコンテンツを作ることも可能です。その場合、独自性がやや下がります。なぜならそのコンテンツがなくても、既存のソースから情報を得ることが可能だからです。しかし、コンテンツを作成するゴールによってはそれで充分なケースも考えられます。

コンテンツの独自性は高ければ高いほど良いのですが、制作に当たって社内のリソースや費用対効果への配慮も必要です。

コンテンツ作成者に負担がかかる

オリジナルコンテンツのもうひとつのデメリットとは、コンテンツ作成者に負担がかかることです。独自性の高いコンテンツを作ろうとすると、参考になるものは極端に少なくなります。参考にしているものが増えれば増えるほど、独自性が下がりやすくなるからです。

参考になる資料があったとしても、通常のコンテンツを作成するときと比較すると範囲が狭くなります。コンテンツ作成者にとって、オリジナルコンテンツを作ることには時間と工夫が必要であり、大きな負担になると考えられるでしょう。

オリジナルコンテンツが読者に与えるメリット

オリジナルコンテンツが読者に与えるメリット

オリジナルコンテンツは希少性の高い情報が得られる点で、読者にとってもメリットがあるものです。

インターネット上で特定のキーワードを検索すると、似たような情報が掲載されているコンテンツが複数見つかります。しかしオリジナルコンテンツはインターネット上で公開されているどのコンテンツとも違い、読者にとっては「他では得られない貴重な情報」となり得るのです。

たとえば育てている植物が枯れていく原因を知りたいと思って検索したけれど、どのコンテンツを見ても同じ内容で、対処法を試したけれど改善されないと悩んでいるユーザーがいたとします。そこで他のサイトにはない、有益な対処法を提示できれば、閲覧したユーザーは大きな満足感を得るはずです。

オリジナルコンテンツが読者に与えるデメリット

オリジナルコンテンツが読者に与えるデメリット

オリジナルコンテンツは読者にメリットを与えるものですが、デメリットも与えかねません。それは独自の視点から作成されたコンテンツであるがゆえに、間違えた情報に触れる可能性もあることです。

たとえば植物が枯れかけているけれど原因がわからない事例で、ただひとつだけ他にはない情報を対処法として掲載しているWebサイトがあったとします。しかしユーザーは掲載されている情報が本当であるか、デメリットはないのか比較できません。オリジナルコンテンツは他のWebサイトからの情報と比較検討しづらく、自分が得た情報が間違えていないかわからないためです。

オリジナルコンテンツは企業・ユーザーともにメリットのあるものだと考えがちですが、ユーザーの視点に立つと、情報の精査がしづらくなることがデメリットだと言えます。

オリジナルコンテンツの作り方

オリジナルコンテンツの主な作り方

オリジナルコンテンツとは読者にとってのデメリットもあるものの、SEO対策では有益なため基本の作り方を知っておくと必ず役立ちます。オリジナルコンテンツはどのように作成されるものなのか、作り方をしていきましょう。

アンケート調査などを行い第三者の意見を取り入れる

第三者の意見を取り入れることで、執筆者以外の見解を含めたコンテンツを作成できるようになります。街頭調査やインタビュー、アンケートなどの調査を行えば、企業や執筆者では考えつかない意見を多く集められるはずです。

街頭でユーザーにインタビューをするとリアリティのある意見が集まりやすく、オンラインアンケートであれば多くの声を、労力をかけずに収集できます。作成するコンテンツに合わせて、最適な調査方法を選びましょう。

またコンテンツ作成のためだけに調査を行うことが難しい場合は、他の施策との組み合わせを検討してみましょう。たとえば商品の無料サンプルを配布して、利用者から使い心地に関するアンケートを集める…との方法は、コンテンツ作りに役立つだけでなく商品のプロモーションとしての効果も発揮するでしょう。

自身の経験・体験を踏まえる

作成者本人の経験・体験を踏まえたコンテンツを作るのは、オリジナリティが出しやすい手法です。

紹介する商品やサービスを実際に利用して、確認できる効果や感想をそのまま発信します。第三者からの意見を集めることなくコンテンツが作成できるので、自社内だけで完結させられる作り方です。

商品・サービスの利用を検討するときに、多くのユーザーが参考にするのが経験談・体験談です。ユーザーにとって有益なオリジナルコンテンツとなるように、メリットばかりではなくデメリットも含めて実感したことをそのまま書きます。

独自の見解・意見を取り入れる

「体験談風」のコンテンツを作った場合、ユーザーは「公式サイトを見れば良い」と思ってしまうこともあるでしょう。オリジナリティを担保するために試せるのは、独自性の高い見解・意見を取り入れたコンテンツの作成です。

独自の見解や意見を取り入れたオリジナルコンテンツは、コンテンツのテーマが専門的であればあるほど効果的です。たとえば特定の治療法がテーマとなっている記事なら、外注ライターが書いたものよりも医師が書いたもののほうが信頼してもらいやすいでしょう。

この手のコンテンツは独自性向上だけではなく、自社の信頼性や専門性のアピールにも繋がります。専門家にコンテンツを作成してもらうのが難しい場合は、コンテンツの中に専門家が発言するコーナーを設けたり、コンテンツを専門家に監修してもらったりする工夫も可能です。

オリジナルコンテンツとは「独自性」!作り方をマスターしてSEO効果を高めよう

オリジナルコンテンツとは「独自性」!作り方をマスターしてSEO効果を高めよう

オリジナルコンテンツとは自社のサイトにしかない独自のコンテンツのことであり、SEO対策効果も高いためぜひ作り方を知っておきたいところです。しかしオリジナルコンテンツを作成するためには、実際に商品やサービスを自ら体験したり、第三者の意見を参照したりと準備に手間がかかります。

オリジナルコンテンツを自社で作るのは、やはり負担が大きくなるのも事実です。少ない負担でSEO的な効果を得て、ユーザーからも支持されるオリジナルコンテンツを継続的に作るなら、プロに依頼されてみてはいかがでしょうか?

キャククル運営元である全研本社では、今まで120以上の業種で7600を超えるマーケティング実績を上げて参りました。得意としているのは、クライアントの強みが伝わる、成約に繋がりやすいコンテンツマーケティングの戦略づくりです。市場調査・競合調査をもとに、クライアントとクライアントユーザー両方の課題解決に繋がるコンテンツ制作を心がけております。

「コンテンツマーケティングに力を入れたいが、どのようなコンテンツを作ればいいのか分からない」「オリジナルコンテンツがなく反響があまりない」といった悩みを抱えている方は、お気軽にご相談ください。貴社に合ったコンテンツマーケティング戦略を無料で提案いたします。

下記のページには全研本社のコンテンツマーケティング支援サービスの詳細が分かる資料を用意しております。まずサービス内容の詳細を知りたい方は、ぜひダウンロードしてみてください。

ページトップへ