リライト記事の選び方や手順を公開!SEO効果を上げるコツ

リライト記事の選び方や手順を公開!SEO効果を上げるコツ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

SEO対策の一つとして行っておきたいのが、記事のリライト作業です。記事は公開することがゴールではなく、より上位表示を狙うために継続的にリライトを行う必要があります。とはいえ、「どの記事を更新すれば良いのか分からずに困っている」方も多いのではないでしょうか。

この記事では、リライト記事の選び方に関するポイントについて解説します。リライトによって手を加えるべき記事の前提条件についても確認したうえで取り組んだ方が安心です。

リライト記事選定の前提条件

リライト記事選定の前提条件のイメージ画像

一度作成した記事コンテンツはそれで終わりにするのではなく、適切なタイミングでリライトが必要です。リライトする記事を選定する際の前提条件を解説します。

公開から3か月以上経過している

公開してすぐのものではなく、ある程度時間が経過して記事をリライトします。1つの目安として、3か月以上経過しているものから検討してみてください。

サイトの対策キーワードに合致している

サイトが対策キーワードとして設定しているものと合致している記事を選びましょう。対策キーワードと関係がない記事をリライトしても大きな効果は期待できません。

サイトのCVから遠すぎない

CV(コンバージョン)に近いテーマを取り扱っている記事をリライトするのがおすすめです。記事をリライトすることにより、CV率向上が期待できます。

検索ボリュームのあるキーワードを対策している

キーワードの検索ボリュームは事前に確認し、その記事を上位表示できた場合に流入増加が見込めるものをリライトしましょう。検索ボリュームがほとんどないような記事をリライトしても流入増加にはつながりません。

対策キーワードの競合性が高すぎない

キーワードの検索ボリュームは多いほど良いとはいえず、競合性が高い対策キーワードを選ぶと太刀打ちできないケースがほとんどです。特に1単語のみで成り立つビッグキーワードなどは難易度が高いといえます。複数の単語を組み合わせたキーワードで、ある程度の検索ボリュームが期待できる記事のリライトを行いましょう。

関連記事:記事リライトでSEO効果を向上させる方法とリライトする際の注意点

リライト記事の選び方

リライト記事の選び方のイメージ画像

具体的にどのような特徴を持った記事をリライトすれば良いのでしょうか。リライト対象となる記事の特徴について選び方のポイントを解説します。

検索順位は高いがCTRの低い記事

対策キーワードで上位表示ができているものの、CTR(クリック率)が低い記事を選びましょう。リライトして状況を改善させられれば、売り上げに大きく貢献する記事になる可能性があります。

検索順位が高くてCTRが低い理由として考えられるのが、ディスクリプションの問題です。ページの紹介文ともいえるディスクリプションの内容がわかりにくいものや興味を引かないものだった場合、なかなかクリックしてもらえません。

ディスクリプションは直接SEOへの効果が無いと考え、それほど深く考えず作成してしまったケースもあるでしょう。ですがサイトをクリックしてもらえるか否かの重要なポイントになってきます。

検索順位は低いがCTRの高い記事

検索順位が低くても、CTRが高ければ上位表示できた場合に大きな効果が期待できます。検索順位を高めるためにはSEOが必要ですが、記事のリライトもSEO対策の一つです。リライトで上位表示につながるような記事を目指しましょう。

検索順位とCTRが下落してきた記事

もともと検索順位とCTRが高かった記事でも、しばらく手をつけずにいると順位が下がってしまうようなことがあります。該当する記事がある場合、リライトで更新しましょう。

検索順位が11-30位の記事

リライトする必要がある検索順位が11-30位の記事のイメージ画像

検索結果の1ページ目に表示される1位-10位までのサイトを目指したほうが良いので、検索順位が11-30位の記事をリライトしてさらに上位表示を目指しましょう。

11-30位は非常に惜しいポジションにいるページともいえるので、少しの工夫で上位表示を目指せる可能性が高いです。まずはタイトルとディスクリプションの見直しから行ってみるのがおすすめです。

表示回数が多いのにCTRの低い記事

CTRが低く、表示回数だけが増えている記事もリライトの対象です。CTRが低い理由の一つとして考えられるのが、ユーザーの検索意図とマッチしたタイトル・ディスクリプションが設定できていない可能性です。

ページの内容がわかりやすく伝わるか、ユーザーのペルソナを意識したタイトル・ディスクリプションが付けられているか確認してみてください。

表示回数が少ないのにCTRが高い記事

表示回数が少ないページは検索順位が低いと考えられますが、CTRは高いケースがあります。他のサイト・ページと比べて魅力的なタイトルやディスクリプションを設定できているような場合にCTRが高くなりやすいです。

こういった記事の場合、タイトルやディスクリプションはそのままで、その他のSEO対策に力を入れると良いでしょう。リライトで記事の内容を見直したり、情報を追加したりするなどの対策が効果的です。

CTRが低いがCVに近い記事

CVに近い記事は、CTRが低くてもリライトなどで上位表示が実現できた場合に大きな効果が期待できるため、リライトの優先度が高いです。

CTRが低く、検索順位も低いようであれば、検索ニーズと記事の内容がずれている可能性を疑いましょう。そのため一部分のみのリライトでは検索ニーズに沿ったページにはならない可能性があります。全面的なリライト、修正が必要になるケースも多いです。

CTRが高いが離脱率も高い記事

CTR・離脱率がともに高い場合に考えられる原因は、記事コンテンツとしての質が悪いケースと、検索ニーズに沿った内容のコンテンツが作成できていないケースです。離脱率が高い理由としては、

  • 読み進めたくなる内容ではなかった
  • 求めていた情報ではなかった

などが考えられます。まずは記事の品質が確保できているか確認してみましょう。内容が薄い場合は情報を追記するなどの作業が必要です。

設定しているキーワードからどういった検索ニーズがあるのか確認し、求められている情報を掲載することも重要です。

CTRが高くても、離脱率が高ければユーザーが満足していない記事だと判断できます。そのままの状態で売上向上を目指していくのは難しいため、リライトをして記事の質を高めましょう。

情報更新が必要になった記事

掲載されている情報が最新のものではなくなった場合、それを更新するためのリライトが必要です。定期的に各ページを確認して情報が古くなっているものがないかチェックしましょう。

定期的に情報の更新が必要になるような記事については、メモを取っておくと安心です。いつまでも古い情報が掲載されたままの状況になってしまうと、ユーザーから信頼されなくなってしまう恐れがあります。

ただし、すべての記事を確認して最新の情報にリライトするとなると、時間がかかってしまう可能性が高いです。アクセスがほとんどないような記事については、

  • 更新の回数を減らす
  • 更新を後回しにする

などの対策を取ると良いでしょう。

検索ボリュームがあるのに検索順位が低い記事

検索ボリュームはあるものの、期待しているような検索順位が獲得できていないのであれば、SEO対策に力を入れることが重要です。リライトする際に見出しタグを適切に設定し直すなど、工夫してみましょう。

ただ、競合が強いキーワードの可能性もあるので、そのキーワードで攻め続けるのが妥当なのか検討が必要です。

適切なリライトによるメリットは大きい

記事リライトするメリットのイメージ画像

リライト記事によってSEO対策ができ、売上貢献が期待できることも多いので、ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。その際リライト記事は適当に選ぶのではなく、ポイントをおさえたうえでどの記事をリライトするのか考えることが重要です。とはいっても、

  • SEO対策の知見がなくリライトできる人的リソースがない
  • リライトする専任の人材を育成する時間がない
  • そもそも記事コンテンツからの集客実績がない

など、社内で時間をかけて記事を作っているものの、何の集客効果もなく、どうリライトすべきか分からずに困っているサイト運用者も少なくありませんが、貴社ではいかがでしょうか。

リライトすべき記事の選び方がわからないと悩んでいるのであれば、キャククル運営元である全研本社にご相談ください。「サイトの流入が増えない」「欲しいお客様からの問い合わせがない」など、自社サイトの運用に困っている企業様向けに、120業種・7,600件以上のサイト運用ノウハウを活かした、コンテンツマーケティング支援サービスをご提供しています。

記事のリライト選定のほか、問い合わせに繋げる記事設計、実際のリライティングも行っています。また、自社サイト以外で企業が独自に運営するオウンドメディアの立ち上げからコンテンツ運用もお手伝いしております。

内製で行うのも一つの方法ですが、本業にも専念しなければならず、片手間で行うのも業務負担が増すばかりですので、「やはり専門家に任せたい」という方はお気軽にご相談下さい。より詳しい内容をお知りになりたい方へ、サービス案内資料をご用意しましたので今後のコンテンツ運用にご活用下さい。

コンテンツマーケティング支援サービス紹介資料

資料をダウンロードする

ページトップへ