スポーツの集客にコンテンツマーケティングがベストマッチな理由

スポーツの集客にコンテンツマーケティングがベストマッチな理由
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オンライン集客広告
制作のご相談はこちらから

そもそもコンテンツマーケティングとは?

そもそもコンテンツマーケティングとは?
コンテンツマーケティングとは、ターゲットが興味のあるコンテンツを制作し、集客につなげるマーケティング戦略です。制作したコンテンツを使って見込み客のニーズを満たし、自社のファンになってもらうところまでを目指します。

今すぐ客の獲得というよりは、潜在顧客に向けてコンテンツを発信し、最終的に購買やファン化につなげていく点で、中長期をにらんだ集客施策といえます。

では実際に購買やファン化につながるスポーツ関連のコンテンツを制作するには、どうすれば良いのでしょうか。いくつかのポイントに分けて説明していきます。

スポーツ系のコンテンツマーケティングを成功させるには?

スポーツにはユーザーが検索している目的や欲している情報に多様性があります。したがって、ニーズを拾い上げるためには、深掘りしたコンテンツを提供をしていかなければ、「ファン」は獲得できません。

たとえば、大会に出るようなプロ志向なのか、カラダに良いことをしたいという程度なのか、ダイエット目的なのか、プロ選手を目指している子供の親なのか。

それぞれ求めている情報には大きな違いがあるので、獲得したいターゲットに合わせたキーワード選定と、そのキーワードのサジェストキーワードなど関連ワードの対策が重要となってきます。

コンテンツマーケティングはSEOの面でも重要な役割を果たします。対策キーワードとの関連性が高く独自性があり、ユーザーに役立つコンテンツ内容であれば、Googleに高く評価して網羅うことができ、検索結果で上位表示されるようになるからです。

コンテンツマーケティングのキーワードの選定方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

コンテンツマーケティングの
キーワード選定方法やコツを紹介!

コンテンツマーケティングを成功させる戦略の考え方については、以下の記事が参考になります。ぜひこちら記事も読んでみてください。
コンテンツマーケティングは
戦略こそ成功のカギ

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングのメリットとしてSEO対策に貢献すると説明しましたが、ほかにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

そのスポーツの専門家として認識してもらえる

そのスポーツの専門家として認識してもらえる
コンテンツマーケティングを実施することで、ユーザーに専門家として認識されるようになります。

たとえば、テニスに興味のある人をターゲットに絞り、テニス関連情報を配信するメディアを運営するとします。ハイレベルなプレイヤーになるためのトレーニング方法や、上達のためのコツ、おすすめのラケットなどテニスに関するあらゆる情報を配信することで、ユーザーはサイトの運営者をテニスに関する専門家として認識します。

自社のスポーツクラブやスポーツスクールに対する認知度が低い場合、コンテンツマーケティングを実装することで、検索結果画面での露出が増え、認知度を高めつつ専門家としての信頼獲得を目指せます。

コンテンツマーケティングは実装しやすい

インターネット広告と比較すると、コンテンツマーケティングの導入や運用に必要なコストは、それほど大きな金額ではありません。ホームページの更新やブログなどを更新しているのであれば、その延長上で実装が可能です。

TwitterなどのSNSを使ったコンテンツマーケティングであれば、ライターなどに費用をかけず、社内の人間だけで運用していくことができます。

ただし先ほどもSEOとの関連性を説明したように、対策キーワードの選定を含めWebマーケティングの知識が必要なので、広告宣伝費を確保してコンテンツSEOを専門会社に委託したほうがうまくいく可能性が高いです。

顧客ロイヤリティを高められる

ユーザーが求める質の良い情報を提供し続ければ、ユーザーにコンテンツや自社に対する愛着・忠誠心を持たせることもできます。つまり、冒頭でもお伝えしたとおり、自社のファン育成につながるのです。

ユーザーを自社のファンに育てることができれば、SNSや実際に友人や知人に自社の情報を拡散してもらえる可能性が高まるでしょう。また、価格競争に巻き込まれにくくなったり、他のスポーツクラブ・スポーツスクールと比較されにくくなったりするといったメリットもあります。

スポーツのコンテンツマーケティング事例

スポーツのコンテンツマーケティング事例
つづいて、スポーツ系のコンテンツマーケティング事例を紹介します。4つのスポーツメディアには、それぞれ特徴がありますので、これからコンテンツマーケティングを実装しようと考えているかたは、参考になさってください。

トライアスロン初心者ガイドROAD TO TRIATHLETES

トライアスロン初心者ガイドROAD TO TRIATHLETES画像引用元: 全研本社トライアスロン初心者ガイドROAD TO TRIATHLETES(https://www.triathlon-road.net/)

ROAD TO TRIATHLETESでは、トライアスロン初心者に向けたコンテンツを配信しています。具体的には、以下の内容が網羅されたコンテンツとなっています。

  • トライアスロンの魅力
  • トライアスロンの練習方法
  • トレーニング方法
  • トライアスロンの種類
  • トライアスロンにかかる費用
  • トライアスリーターの栄養管理
  • トライアスロンに必要な道具

上記のほか、アスリートが愛用する商品の紹介や、アスリートとして行なうべき肌ケアや臭いケアなど、トライアスリーターが関心を持つテーマがコンテンツ化されています。

トライアスロン大会で何度も上位入賞経験のあるトレーナーの監修に基づいて、各種目の練習計画や、トレーニング計画を組むポイントなど関する情報も掲載されています。

実際に全研本社の社員による「全研トライアスロン部」がトレーニングを受け、大会に出場したレポートを掲載するなど、本気でトライアスロンに取り組んでいる点でもかなり独自性が高いコンテンツを提供しています。

さらに弊社動画制作部による動画コンテンツも定期的に更新しています。

このサイトを見てみる

ヤキュイク

ヤキュイク
画像引用元:ヤキュイク公式サイト(https://baseballking.jp/yakyuiku)

ヤキュイクは、野球をしている少年たちの保護者に向けた情報を配信しているコンテンツマーケティングです。ヤキュイクは以下の内容が網羅されたサイトとなっています。

  • 少年野球に関するコラム
  • 子どもの体づくりに関する情報
  • バッティングやキャッチボールの練習法
  • 少年野球チームの選び方や悩み相談などのお役立ち情報
  • 少年野球チームの紹介

少年野球をしている子どもを持つ保護者たちが知りたがっている情報が、一通りまとめられているサイトに仕上がっています。上記のほか、内川聖一さんのオンライン講習会情報なども配信されています。

また、ホームページだけでなく、FacebookやTwitterといったSNSも組み合わせているヤキュイク。SNSの更新も定期的に行なっており、Facebookでは約3,000人、Twitterでは約1,700人のフォロワーがいます。

このサイトを見てみる

サカスク

サカスク画像引用元:サカスク公式サイト(https://sakasuku.com/)

つづいて、サッカースクールに関するコンテンツマーケティング事例を紹介します。子どもが通うサッカースクールを探している保護者に向けて情報を配信するサカスクでは、以下の内容が網羅されています。

  • エリアや路線、スクールの種類などからサッカースクールが検索可能
  • サッカースクールの種類やスクールの選び方に関する情報
  • サッカースクールの紹介/体験練習や会場アクセス情報など
  • サカスクを利用した顧客の声
  • サッカーのトレーニング方法
  • ジュニアアスリートのための食事レシピ
  • スポーツ保険

サカスクではホームページで情報を配信しているほか、「サカスクリーズU-10」の開催も行なっています。

このサイトを見てみる

バスケットボールキング

バスケットボールキング画像引用元:バスケットボールキング(https://basketballking.jp/)

バスケットボールキングでは、バスケットボールに興味のある人をターゲットとし、情報を発信しているメディアです。配信されている情報は以下のとおり。

  • Bリーグに関する情報(ニュースやB1・B2チームなど)
  • 日本代表に関する情報(東京五輪やU19日本代表チームなど)
  • 海外のバスケットボール関連ニュース
  • ワンバスケットボール(障がい者バスケ)関連情報

上記のほか、中学生や高校生、大学生のバスケットボールチームに関する情報など、大人だけでなく子ども向けのコンテンツも含まれています。さらに、バスケットボール関連の動画もアップされています。

なお、バスケットボールキングでは最新情報が一日に何度もアップされていることから、バスケットボール好きの人たちが、毎日チェックしたくなるようなサイトに仕上がっているといえるでしょう。

このサイトを見てみる

スポーツ関連の集客にコンテンツマーケティングを実装したいのなら

スポーツ関連の集客にコンテンツマーケティングを実装したいのなら
上記で紹介したようなコンテンツマーケティングを実装したホームページの運用や、SNSなどを活用した集客をしたいのであれば、コツコツと積み重ねて更新していくしかありません。

もしこれからコンテンツマーケティングに挑戦するのであれば、まず集客戦略の骨子を整理整頓したうえで、優先順位の高いものから着手していくようにしましょう。

  • ターゲットをグループにしてリストアップ
  • 一番欲しいターゲットを決める
  • 狙うキーワードを決める(競合サイトの調査も忘れないように)
  • コンテンツを作成して追加していく
  • 問い合わせや体験レッスン申し込みなどの導線をしっかり確保する

戦略的コンテンツマーケティングは全研まで

今回は、スポーツ系コンテンツマーケティングについて説明してきました。前述したとおり、コンテンツマーケティングを実施することで、顧客のファン化を狙えます。さまざまなキーワードでユーザーのニーズが拾え、集客の幅が広がるのみ魅力です。

ただ、紹介したようなサイトを制作するには、専門知識が必要です。しっかりとキーワードを選定し、多くの人たちを惹きつけるメディアに仕上げる必要があります。
自分たちだけで制作・運用するのは労力的にも大変だと思いますので、プロに任せるのがおすすめです。

弊社ではこれまでに7000件以上のweb集客施策やマーケティング戦略の実績があります。

紹介したトライアスロン初心者ガイドは、ポジショニングメディアという種類のサイトになりますが、弊社では、ポジショニングメディアという戦略的コンテンツマーケティングの施策実績もあります。

トライアスロン初心者ガイドのようなサイトや、ポジショニングメディア戦略に興味がある場合は、以下のフォームよりお気軽にご相談ください。

ポジショニングメディア
の導入相談はこちら

ページトップへ