コンテンツマーケティングにおける失敗事例の原因と成功の秘訣

コンテンツマーケティングにおける失敗事例の原因と成功の秘訣
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

コンテンツマーケティングの失敗事例と原因

ユーザーに有益なコンテンツを提供することで見込み客の集客を狙うコンテンツマーケティング。しかし企業がコンテンツマーケティングに悩むことは少なくありません。そこでコンテンツマーケティングの失敗事例と原因を解説します。

失敗事例:目的や目標設定が曖昧

コンテンツマーケティングの目的や目標を曖昧に設定すると、コンテンツを提供しているだけで利益を獲得できません。

例えば水道工事会社がオウンドメディアに水道トラブル解決記事を掲載して集客できたします。しかし自社サービスページへ誘導する導線を設置しないと、サービスを販売することはできません。またコンテンツ制作費に対する売上目標を設定していないと検証・改善できません。

したがってマーケティング戦略の手段としてコンテンツ制作しないことが、目的や目標の設定に失敗する原因です。

失敗事例:ターゲットが絞れていない

自社のコンセプトに合ったコンテンツを制作しターゲットを絞って配信しないと、効率的に集客・販売することができません。

高齢女性向け健康食品をコンセプトとする会社が健康情報を配信することで若年層や男性を集客しても、売上を伸ばすことはできません。なぜなら健康情報に興味のあるユーザーが高齢女性向け健康食品に興味をもつとは限らず、高齢女性の集客を取りこぼすからです。

コンセプトやターゲットの設定に失敗する原因は、市場分析に基づいてコンテンツマーケティング戦略を立案していないことです。

失敗事例:自社本位のコンテンツを配信している

自社本位のコンテンツを配信することで、見込み客が自社メディアに訪れなくなります。競合他社からの差別化を図るポジショニングメディアにおいて、自社商品・サービスばかりを紹介し他社の悪い評判を載せているとどうなるでしょう?

公正・公平な情報を得ることができないサイトから多くのユーザーが離脱し、検索エンジンからの評価が下がります。ユーザーに価値あるコンテンツを制作しないことが、自社の魅力ばかりを紹介する失敗の原因です。

失敗事例:効果測定の期間が短い

短期間で成果に直結すると勘違いすると、コンテンツを正しく評価・改善できず利益を失います。オウンドメディアからコンテンツを配信して検索エンジンの評価が定まるまで、数か月から1年ほどかかります。記事を公開して数日や数週間で大幅なリライトをすれば、評価がリセットされてしまいます。

評価が定まる前にコンテンツを評価・改善することはできません。短期間でリライトする原因は、検索エンジンの仕組みを理解し中長期的な戦略を立案しないことです。

失敗事例:担当者がコンテンツを管理・運用できていない

マーケティング担当者がコンテンツを管理・運用できないと、コンテンツを効果測定して継続的に集客できません。

ファッション業界はトレンド変化が激しく、最新のトレンドをまとめたコンテンツを配信し続けなくては、集客・販売できません。また各コンテンツの集客・販売目標を立てて効果測定しなければ、改善できません。

コンテンツマーケティングに精通したスタッフを配置・育成しないことが、コンテンツを管理・運用できない原因です。

コンテンツマーケティングを支援してもらうのも手

コンテンツマーケティングを始めようとするとどうしてもブログ調なコンテンツ内容になってしまったり、慣れた人だとキーワードプランナーを見て検索数があるキーワードしか対策をせずアクセス数だけを稼ぐメディアになってしまっているケースも少なくありません。

そこで、コンテンツマーケティング会社にコンサルテーションしてもらうことで自社にはない新しい切り口でのコンテンツマーケティングを手伝ってもらえる可能性があります。

全研本社ではライターステーションというライター募集専門メディアを保有しており、様々なバックボーンを持つライターを採用しています。
また、120業種以上のWebマーケティング支援実績がありますので様々な業界のライティングから集客のお悩みまでご対応可能です。
詳しくは資料をご覧ください。

コンテンツマーケティング成功の秘訣

コンテンツマーケティング成功の秘訣

コンテンツマーケティングの失敗事例から、どのような成功の秘訣を学ぶことができるでしょうか? 4点に分類して失敗を防ぐための対策法や注意点を解説します。

目的・目標やコンセプト・ターゲットを明確に設定する

コンテンツマーケティングの目的と目標を明確にし、手段としてコンテンツを制作しましょう。

コンテンツマーケティングの目的は集客・販売です。ブランド認知度向上やリード獲得、売上向上などを目指し、数値目標を定めましょう。例えば、40代からのがん検診を提供する会社が売上向上を目的にコンテンツマーケティングを始める場合、新規見込み客へ月30件販売するという目標を設定します。

コンテンツマーケティングの目的と目標を明確にしたうえで、コンテンツのコンセプトとターゲットを設定しましょう。

一貫したコンセプトに基づいてターゲットに価値あるコンテンツを提供し続けることで、効率的に集客・販売できます。40代からのがん検診では、40代からの健康管理に関するコンテンツを提供し続けることで、ターゲットである40代ユーザーからのアクセスを安定的に獲得し、自社サービスを訴求することができます。

一貫したコンセプトでコンテンツをターゲットに提供し続けることで、マーケティング目標に到達し目的を果たせます。

ユーザーにとって価値あるコンテンツを制作する

ユーザーにとって価値あるコンテンツを制作することで、集客を増やし見込み客を自社のファンへと育てることができます。

ポジショニングメディアでコンテンツマーケティングを成功させるためには、自社と競合他社のサービスについて公正・公平に比較したうえで、自社の魅力を紹介することが必要です。具体的には各社の料金体系やサービス内容をまとめたうえで、自社の強みを紹介することで他社との違いを強調することができます。

決してユーザーを欺く情報操作や低品質コンテンツ配信をしてはいけません。悪質な被リンク・隠しテキスト設置・コピペサイトなどの違反行為は、検索エンジンからペナルティを受け検索結果を大幅に下げらます。もちろんユーザーも低品質なサイトから離脱し、再訪問しなくなります。

ユーザーは価値あるコンテンツを配信するメディアを信頼し、信頼できるメディアで紹介されている商品・サービスを購入するということです。

コンテンツの管理・運用体制を構築して、評価・改善する

コンテンツ管理・運用体制を構築し評価・改善することで、集客・販売につながるコンテンツを追加・更新し続けることができます。

リード獲得のためにコンテンツマーケティングする場合、提供コンテンツに最新の情報が含まれていなくてはなりません。ユーザーは古い情報コンテンツを提供するサイトから離脱し、見込み客になることがないからです。

また自社の提供する各コンテンツを評価・改善しましょう。自社の提供するコンテンツの種類・数・アクセス数・リード獲得数などのデータを取得することで、各コンテンツの修正箇所を分析することができます。コンテンツの効果測定には、グーグルアナリティクスなどのツールを利用しましょう。

マーケティング担当者を配置・育成しコンテンツを定期的に評価・改善することで、集客・販売し続けましょう。

中長期的なコンテンツマーケティング戦略を立案する

一貫したコンセプトに基づいてターゲットにコンテンツを配信し続けるために、中長期的なコンテンツマーケティング戦略を立案しましょう。

自社オウンドメディアを立ち上げてから、週に一つ新規コンテンツをサイトに追加すれば、年間50以上の価値あるコンテンツを蓄積しユーザーへ提供することができます。一つのコンテンツを追加したからといって、劇的に問い合わせや売上が向上されるわけではありません。

四半期や半年ごとに、各コンテンツやコンテンツマーケティング戦略全体を評価・改善していく必要があります。見通しをもったコンテンツマーケティング戦略を展開することで、日々のコンテンツ制作に迷ことがなくなります。

コンテンツマーケティング戦略を立てたうえで実行しよう

コンテンツマーケティング戦略を立てたうえで実行しよう

失敗事例から学んだ通り、ユーザーに価値あるコンテンツを提供しないことや戦略的にコンテンツを配信しないことが、コンテンツマーケティングに失敗する原因です。

長期的な見通しをもった戦略を立案し、ユーザーに価値あるコンテンツを制作し続けることで、コンテンツマーケティングによる集客・販売を成功させましょう。

コンテンツマーケティングにお悩みの方は、キャククル運営元の全研本社までご相談ください。幅広い集客の悩みを解決してきたノウハウで、お悩み解決をサポートいたします。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ