【社内&社外】コンテンツマーケティングの記事作成方法

【社内&社外】コンテンツマーケティングの記事作成方法
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

社内で制作する場合のコンテンツマーケティング用の記事作成方法

「自社で記事を作るにはどうすれば良いのか」「記事を外注するか自社で制作するか、迷っている」など、お困りではないでしょうか。

コンテンマーケティングにおいて、記事はユーザーを目的に導くために重要なものです。自社で記事を制作するために必要な手順や流れ、記事制作を依頼できる会社の特徴と料金を解説します。

記事テーマをユーザー目線で考える

上位表示を狙うSEOキーワードを決める

ユーザーが検索したキーワードで自社のコンテンツが表示されるようにし、コンテンツに一貫性を持たせるためのキーワードの選定を行います。

キーワード選定に必要なものは下記になります。

競合他社の調査結果

キーワードには、競争が激しいものとそうでないものがあり、ユーザーによく検索されているキーワードは需要が高いので、競合も多い可能性があります。競合の強さによって対策が変わってきますので、あらかじめチェックしておきましょう。

会社や商品の情報、あるいは強みに関連しているか

商品やサービスの調査結果やメリット、消費者からの声など、社内で保有している信頼度が上がりそうな情報を公開できるようなキーワードであることも大切です。

ユーザーの検索意図に合わせる

検索エンジンを利用する時にユーザーがどのような気持ちでキーワードを入力したのかを推し量り、ニーズに合ったコンテンツを提供できるか照らし合わせます。

原稿の構成を決める

キーワードを決めたら、次は構成を作ります。ポイントとなるのは次の3つです。

  • 見出しやキーワードを見ただけで、何のための記事か、どのような人に必要な記事かがわかること
  • 冒頭の文章で記事の大まかな内容を把握できること
  • 結論を早めに伝えること

これは大まかな構成例ですが、結論を聞くと、ユーザーはその結論に至った理由を知りたくなり、理由を知ると根拠が必要になります。ここで具体例やデータを出し、最後にもう一度結論を読むと記事の内容が理解しやすくなるのです。

ユーザーは数多くの記事の中から自分が欲しい情報を探しています。全てに目を通している時間も余裕もないので、タイトルや冒頭分をさっと読んで自分に必要な記事かを判断しているので、ユーザーが欲しい情報が含まれているコンテンツであることが、早めに伝わるような構成にすることが肝要です。

ライティングをする

コンテンツマーケティングでは、ユーザーのニーズを満たしてファン(リピーター)を増やす記事コンテンツであることが求められます。ライティングの際は、ユーザーの興味を引いて記事を読んでもらい、「読んでよかった。役に立った」と感じてもらえるような記事を作成することを意識しましょう。

タイトルと本文、結論を合わせる

検索画面に並んだタイトルを見てクリックするかを決めるので、タイトルは重要です。読んでみたら記事の中身がタイトルと全く違うということはありませんが、欲しいと思っている情報ではないことは時々起こります。

そういう場合、ユーザーはあきらめて他のページに行ってしまうので、最後まで記事を読んでもらうためにタイトルと記事の中身が一致するようにします。

正しい日本語で読みやすくする

誤字脱字が多かったり文章が不自然だったりと、読みにくい記事はユーザーにストレスを与えてしまいます。これも離脱率を高める原因となるので気をつけましょう。

例えば、句読点がない、または多すぎる文章は読みにくいです。これを防ぐために実際に声に出して読んでみて、自然に途切れる位置を目安にする方法もあります。

他には「表記ゆれ」といって、同じ読み方と意味を持った語句の書き方に統一感がないケースもあります。一例としては、下記のようになっていると、ユーザーの誤解や混乱を招きやすくなってしまいます。

  • 取り扱い、取扱い
  • 会う、遭う
  • りんご、リンゴ

語尾の口調を統一する

文章の口調には「です・ます調」と「だ・である調」があります。この記事は「です・ます調」ですが、文中で突然ほかの語尾を使うと不自然になります。

サイト全体(各記事)の口調が違っていると印象にばらつきが出てしまうので、サイトを作る段階でどちらにするかを決めておくと良いです。

1ページ1キーワードでわかりやすく

Webライティングでは、1記事ごとにメインとなるキーワードを決めます。メインキーワードから離れた内容を入れすぎたり、1つの記事に多くの情報を詰め込みすぎたりすると、論点がぼやけてわかりづらくなってしまうのです。

筋の通った読みやすい文章にするために、構成の段階から論点とキーワードをはっきりさせておきましょう。

モバイル表示を意識する

Webサイトを作成する時はパソコンを使うので、ユーザーがスマートフォンを使うと見えづらくなってしまう可能性があります。

スマートフォンはページが縦に長く表示されるので、記事全体の文字数が多すぎると途中で読み疲れてしまいます。また、複数のリンクをくっつけて配置してしまうと、誤操作(タップミス)に繋がってしまうので気をつけましょう。

公開した記事をスマートフォンから見た時に読みやすいか、ご自身のスマートフォンで確かめてみるのもおすすめです。

難しい言葉は使わない

専門用語を多用したりカタカナや漢字が多く見られたりといった文章は、ユーザーに読みづらい印象を与えてしまいます。かといって、ひらがなばかりでも読みづらいので、小中学生にもわかるくらいの文章で、適度に漢字を混ぜて書くと読む際のストレスを感じにくくなります。

公開後、アクセスや問い合わせの効果を分析する

コンテンツを公開したら、効果を分析しましょう。多くの会社で利用されている「Google アナリティクス」という無料解析ツールを例にあげます。

流入数を確かめる

セッション数とページビューを確認します。セッション数は訪問した人数で、自社ページの閲覧を始めてから終了するまでを1として数えます。ページビューは同じユーザーが違うページを閲覧しても加算されるので、ユーザーが最初に見た記事から移動して、他の自社記事をどのくらい読んでいるかの目安になります。

また、直帰率からユーザーが最初に開いた記事からどれくらい離脱(外部サイトなどへ移動)しているかを知ることができます。直帰率が高い記事はユーザーの満足度が低い可能性があるのです。

キーワードの確認

Googleアナリティクスでは、ユーザーが入力したキーワードを知って、ユーザーのニーズの推測に役立てることもできます。全部を確認できるわけではありませんが、今後の記事制作の参考になるはずです。

ランディングページとコンバーション数

ユーザーが最初に見たページをランディングページと呼びます。どのページがきっかけとなってユーザーが自社サイトに訪れたのかがわかるので、SEO対策などの効果をある程度把握できます。

コンバーション数からは、自社の目的(ゴール)をどのくらい達成できているかを読み取ることが可能です。問い合わせや商品購入などに至った時期や増減などもわかります。

コンテンツマーケティングの制作代行会社

記事コンテンツの制作を請け負っている会社を5つあげました。各社の特徴と料金をまとめていますので、1つ1つ見ていきましょう。

クラウドワークス

特徴

記事の代行以外にも動画やホームページの制作、翻訳なども依頼できるクラウドソーシングサイトです。記事制作を依頼する際は、ライターと直接やりとりを行いますので、指示や依頼の内容、ライターの質で記事の仕上がり(レベル)が変わります。気に入ったライターが見つかれば継続的に依頼することも可能です。

料金

1文字0.1円~(発注者が自由に設定)

クラウドワークス

記事作成センター

特徴

記事作成の他に、アニメーション制作やアフィリエイトページの構築も依頼できます。記事制作のコースが多く、専門家への執筆依頼や、PV数で金額が上昇するなど、ニーズに合わせた発注ができます。また、即納記事の場合は既に完成している記事の購入も可能で、バラエティーに富んだコースが揃っていることが特徴です。

料金

1文字0.8円~

記事作成センター

Shinobiライティング

特徴

100記事を最短3日で納品できる、スピードの早さが特徴の記事制作会社です。発注用のページの使い勝手が良いので、キーワードやジャンルを設定するだけで記事を依頼することもできます。記事の発注以外にアンケートも可能なので、目的に合わせて利用することができます。

完成した記事のチェックは念入りに行われていますが、納品後の修正には基本的は対応していません。

料金

1文字1円~

Shinobiライティング

サグーワークス

特徴

SEOに強い記事を制作している会社です。技術に応じてライターのランクが3段階に分かれており、発注の際に選べる項目が多く、ライターの性別や固有名詞と比較表現(優劣をつける)など、細かく設定することができます。

専門Webコンサルタントをつけることができるプランも。誤字脱字や日本語表記などの校正がしっかり行われており、同じライターによる重複記事がないかも含めてチェック体制が整っています。

料金

1文字0.75円~

サグーワークス

ライターステーション

特徴

編集者とWebマーケッター、SEOアナリストがタッグを組んで、集客や販売に適した市場を選びから、ターゲットとなるユーザーの選定、他社との差別化などもサポート。コンテンツ制作のプロが揃っているので、現在運営しているサイトの改善を目指すこともできます。

ライティングに関しては、医師や弁護士などの専門家の監修を受けた記事を作成したり、しっかりとした根拠やデータに基づいた記事に仕上げたりといったことも可能です。

料金

非公開

ライターステーション

コンテンツマーケティングの外注検討している皆様へ

コンテンツマーケティングを自社で行おうとすると、リソースの確保だけでなく、SEOやユーザーへの魅せ方、法律的観点のチェックなど、気を付けておきたいことが山ほどあります。
全研本社では7000件のWebコンサルティング実績を基にしたコンテンツマーケティングを展開しております。全て外注をしたい方から、ゆくゆくは自社でコンテンツマーケティングを行いたいので、プロから手取り足取り教えてもらいたいという様々なニーズに合わせたプランをご用意しております。
コンテンツマーケティングに関して、お悩みがございましたらお気軽にコンサルタントまでご相談くださいませ。
コンテンツマーケティングのご相談はこちら

弊社が提供しているコンテンツマーケティング支援サービスに関する資料はこちら

コンテンツマーケティング支援資料


コンテンツマーケティング支援

全研本社ではあらゆる業界で7000サイト以上の制作運用を活かしたコンテンツマーケティング支援施策を提供しています。プロに任せたい方はもちろん、将来的には内製化に向けた専門プランのご用意もございます。

コンテンツマーケティング支援資料はこちら

お問合せはこちら

コンテンツマーケティングの関連記事

ページトップへ