ランディングページ(LP)への集客方法!売上につながる重要ポイント

ランディングページ(LP)への集客方法!売上につながる重要ポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ランディングページ(LP)の目的

Webページとは異なる目的で設置される

Webページは様々な情報を複数のページを通じて万遍なく展開するのに対し、LPは1ページで完結させるページを指します。したがって似たような内容を扱う場合、WebページとLPがどちらも制作される可能性は十分にあります。

Webページは閲覧者が様々な情報を細かく収集する「情報のストック場所」という目的で運用されているのに対し、LPはコンバージョンを獲得するために設置される場合がほとんどです。

コンバージョンとは購入や問い合わせを指し、顧客に売り上げにつながるようなアクションを起こしてもらうことで、LPはコンバージョンを獲得しやすいページとして知られています。

LPの目的はコンバージョンのみ?

LPは1ページという特徴上、一つの目的に特化して運用される場合がほとんどです。仕様上最も相性がいい活用方法がコンバージョン獲得のため、コンバージョン獲得を目的として活用されます。

新たなサービス紹介用に簡易的に作成され、使用されることもありますが、基本的にはコンバージョンを目的に設置されることがほとんどだと言えるでしょう。

ランディングページ(LP)への集客方法

集客が上手くいっている

広告と組み合わせた集客

LP単体ではコンバージョンのための情報のみがまとまっており、集客しにくいという特徴があります。そのため広告と組み合わせて集客する場合がほとんどです。有料広告を出稿し、LPを着地点とすることでコンバージョンの獲得を目指します。

PPC広告と呼ばれるSNS広告に加え、アフィリエイト広告や検索広告を活用するのが一般的です。

既に何らかのキーワードを検索している人や年齢、居住地などを設定できる広告の場合、ターゲットをピンポイントで狙いながら広告出稿が可能なためLPへ誘導しやすいという特徴があります。

また、近年ユーザーはSNS広告にも慣れてきており、直接キーワードを検索していないユーザーもそれなりの数をLPへ誘導できるでしょう。商品次第ではあるものの、LPを制作する商品との親和性が高い広告と言えます。

SEO対策も効果的

SEOイメージ
コンバージョンを高めるためにユーザーの悩みなどをくみ取ったキーワードでSEO対策し、LP自体を上位表示させるのも有効です。

既にユーザーの悩みが顕在化している必要はあるものの、ユーザーにフィットすれば非常に多くの人をLPへ誘導することが可能です。しかし、LP単体でSEO対策をすることは難しい可能性が高いです。

あくまでもコンバージョンのための情報が中心となるLPは、Webページなどと比較しSEO対策上では不利な点が多く、上位表示させるためには労力も掛かります。そのためLP単体でSEO対策を実施するのはあまり現実的とは言えません。

通常のWebページと連携する

そこで重要なのは、通常のWebページとLPを連携させる手法です。

ここでいう通常のWebページとは、知識系のコラムや教育系コンテンツなどを指します。一見商品との関係がなさそうですが、商品に関連する基礎知識や得する情報のあとにLPをリンクしておくことで、さらにコンバージョンを高められる可能性があります。

もちろんユーザーにとって、全く関連性がない情報を連携させると離脱に繋がる可能性が高くなってしまいます。しかし関連性が高い情報を掲載すれば、ユーザーは納得感を持って商品購入などを行うことができるため、集客として大きく作用するでしょう。

ランディングページへの集客&コンバージョン効果を高める方法

数値上昇するグラフ

バリュープロポジションを駆使する

LPは単体ではなく、通常ページと連動させることによって効果的に集客を行うことができます。しかしこの場合、通常ページのクオリティが高くなければユーザーを集客することはできません

ここで重要になるのが、バリュープロポジションという考え方です。バリュープロポジションとは、他社が持ち合わせていない自社独自の強みを指します。言い換えれば、顧客が自社を選択する理由と言えます。

バリュープロポジションのイメージ図

このバリュープロポジションを駆使することによって、さらに集客しやすい状態を作り上げることが可能です。

バリュープロポジションが重要な理由

LPへ連携する通常ページを作成する際、大切なのは「ユーザーにそのページを見つけてもらうこと」です。まず見つけてもらうことができなければ、LPどころか通常ページへのアクセスを増やすことも難しいでしょう。

ユーザーに見つけてもらいやすくするために、ユーザーが気になる悩みや課題などを通常ページではSEO対策することが効果的ですが、商品を販売する側になると「ユーザーが気になること」を見失いがちになってしまいます。

自身の商品に自信があればあるほど、商品の良さと絡めたコンテンツになったり、気付けば商品に関わるキーワードが入っていたりと、企業側の目線でユーザーの悩みや課題を設定してしまいがちです。

バリュープロポジションはこのような企業目線を排除し、ユーザー目線で「自社独自の強み」を判断することができるため、通常ページを作成する上では非常に重要な視点となります。

バリュープロポジションを活用するポジショニングメディア

バリュープロポジションを活用するメディアとして、ポジショニングメディアが挙げられます。

バリュープロポジション、すなわち自社独自の強みをユーザーへ伝えるために設計されたメディアのため、直接的に商品を訴求しなくても自社の商品に魅力を感じてもらえるようになります。

また、自社商品に魅力を感じてもらえるだけでなく、競合他社の商品との違いをユーザーが認識している状態を作ることができます。

このようなユーザー状態を作った上でLPへ流入させることができるため、購買意欲の高いユーザーを中心にLPへ送客できるのです。

ポジショニングメディアの
戦略・詳細はこちら

集客したユーザーを逃がさないランディングページの特徴

工夫が詰まったwebページ

LPの作り方にも工夫が必要

ポジショニングメディアをはじめ、様々な広告や記事ページからLPへ誘導することができさえすれば、ユーザーは必ず商品を購入してくれると思うのは大きな間違いです。

LPまでの動線を丁寧に作りこんだとしても、肝心のLPが作りこまれていなければユーザーが離脱する理由になってしまいます。では、どのような点に気を付けてLPを制作する必要があるのでしょうか。

1枚のページに内容をまとめる

LPはWebページと異なり、他のページに変遷させるという発想がありません。全ての情報がスクロールすれば手に入るようになっており、1枚で情報が完結するようになっています。

そのため、他のページも閲覧した方が良い内容や、1枚では長すぎるような情報量を詰め込むのはNGです。

自分がページを閲覧するユーザーと仮定した際に適切なページの長さを見極めることで、必要な情報を適切に配置することが大切です。

購買意欲を感じさせる内容

LP全体の流れを購買意欲が高まるような設計にしておくことも大切です。

最後まできちんとスクロールしてもらえるよう、冒頭ではユーザーへ共感や理解を促す呼びかけを行い、サービスのメリットを紹介します。

その後実績や成分を紹介し、口コミを掲載し商品への信頼度を高めていきます。最後にLP限定の特典などを明記し購買ボタンへ繋げていきます。

このように、徐々に顧客に対し、購入する理由を明確にしていくことで購買意欲を感じさせるのがポイントです。

「今」限定のお得感を出す

購買意欲を高めたにも関わらずユーザーが離脱しているなら、「今」購入する理由を見つけられていないのかもしれません。

通常ページやLPを駆使し、徐々に購買意欲を喚起させていった商品のため、「今」というポイントを明確に提示できなければ、ユーザーが離脱する大きな原因となるでしょう。

人数を限定したキャンペーンや期間を限定した割引などを明示し、「今」買う理由付けを行うことが大切です。キャッチコピーなどを工夫することで、ユーザーの興味を惹くようにしましょう。

コンバージョンボタンは分かりやすく

実際商品購入や問い合わせに繋げるコンバージョンボタンは、分かりやすさを意識したデザインや大きさにしておくことが重要です。

ユーザーが購入したいと思った際に目立たせておかなければ、コンバージョンボタンが分からなかったために離脱してしまう可能性もあるでしょう。

色やデザイン等、誰が見ても分かるように設置しておくことが重要です。

スマートフォンへの対応は必須

PCから閲覧するユーザーも一定数いますが、現在はスマートフォンからアクセスするユーザーが非常に多いです。

PCとスマートフォンでは画面の大きさや見え方が全く異なります。PCだけではなく、スマートフォンへの対応は必須と言えるでしょう。

PCとスマートフォンを同様の内容にするのではなく、スマートフォン専用のLPを作っておくことが重要です。費用などはPC単体よりも発生してしまいますが、集客のための必要経費と捉えきちんと投資するようにしましょう。

ランディングページの制作や集客戦略はぜひご相談を

まずは既存LPの見直しから

既にLPがあり、一定のアクセスがある場合にも、改善できる余地はたくさんあるかもしれません。

現状のLPに満足するのではなく、一度プロに任せることで更なるコンバージョンアップを目指してみてはいかがでしょうか。

全研本社ではWebサイトやLPなど、Webメディアを通じた集客において7000件以上の実績があります。
LPの制作や改善提案などはもちろん、公式サイト、Webメディア、snsなどとLPを連携させた集客戦略も得意としています。

LPの制作・リニューアルなどの
ご相談はこちらから

またLPを含めて集客戦略全般を考え直したいという方なども、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

ページトップへ