【失敗しないSEO対策】ポイント・事例まとめ

【失敗しないSEO対策】ポイント・事例まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

SEO対策の失敗パターン・失敗例

オウンドサイトやECサイトなど、デジタルメディアを活用したマーケティングに取り組む企業が増加しています。webマーケティングを進めるうえで避けて通れないポイントが「SEO対策」です。

SEO対策は、うまく取り入れれば問い合わせ数の増加や、Webからの収益アップをもたらしますが、自己流でおこなってしまうと、思うような結果を得ることができません

この記事では、「SEO対策の効果が伸び悩んでいる」「これからSEO対策を始めたいが失敗したくない」「SEO対策が失敗してしまった原因をはっきりさせたい」といった方の参考となる失敗例やパターンを取り上げながら、失敗しないSEO対策のポイントをご紹介します。

SEO失敗パターン(1)「タイトルやキーワード、ディスクリプションが最適化されていない」

webを利用して情報検索をする際、最初にユーザーの目に入るのがタイトルです。SEO対策では、タイトルとディスクリプションには、キーワードを入れ込むのが基本とされています。

しかし、ただ入れ込めばよいというものではありません。そのポイントは「最適化」されているかどうかです。次のようなパターンはSEO対策の効果を下げてしまいます。

  • 全ページでタイトルとディスクリプションが一緒
  • タイトルやディスクリプションにキーワードが入れ込まれていない
  • キーワードの配置がタイトルの後半になっている
  • 選定したキーワードがユーザーのニーズからずれている

SEO失敗パターン(2)「ターゲティングするユーザーのペルソナが曖昧」

webサイトを制作するにあたって、まず明確にしなければならないのがターゲットユーザーです。自社の製品やサービスをピンポイントで訴求するためには、よりターゲットユーザーの特性に近いペルソナ像を作り上げなければなりません。

ここを曖昧にしたままだと、ターゲット外のユーザーまで集客してしまいます。その結果、エンゲージメントが低くなり、パフォーマンスを落としてしまうというわけです。

SEO失敗パターン(3)「webサイト自体がSEOに不向きな構造になっている」

webサイトがSEO対策に不向きな構造の場合、将来的に評価が落ちたり、検索エンジンがページの内容を十分に把握できなかったりという弊害が生じ、思うような運用ができない場合があります。SEO対策に不向きな構造とは次のようなものです。

  • タグの内容が古い
  • モバイルフレンドリーではない(スマホだと見にくい・表示速度が遅い等)
  • 内部リンクが最適化されていない
  • デザインに凝りすぎて、テキスト量が少ない

SEO失敗パターン(4)「コンテンツの質が確保されていない」

コンテンツの質は、数多くの情報の中から自分の求めているものを比較・選択するユーザーを引き寄せるために重要な要素です。また、質の良し悪しは、外部リンクの獲得にも影響を及ぼします。

ユーザーのニーズに合わせた質の高いコンテンツを提供できないwebサイトは、高い評価を得られないというわけです。コンテンツの質を下げる要因には次のようなものが挙げられます。

  • ジャンルに統一性がない
  • 記事の内容が薄い
  • 内容にオリジナリティがない
  • 説明や紹介に偏りがある

SEO失敗パターン(5)「外部リンクが最適化されていない」

「SEO対策=外部リンク」という認識をしている人もいるようですが、外部リンク頼みのwebサイトは、そもそもそのサイト自身がもっている力で評価を高めているわけではありません。

そのため、外部リンクの質が悪かったり削除したりすると、急激に評価が下落してしまいます。つまり、リスクをはらんだ対策でもあるというわけです。

SEO対策を行うのであれば、まずは自社サイトの質を高め、関連業者からリンクを貼ってもらえるように努力する必要があるといえるでしょう。外部リンクが最適化されていないものとしては次のような特徴が挙げられます。

  • 評価の低いサイトからのリンクである
  • 関連性のないジャンルのリンクである
  • 意図的に集めたリンクである(重大なペナルティの対象となり、現在ではほぼ絶滅)

SEO失敗パターン(6)「古いSEO対策のままで効果検証ができていない」

時代の流れとともに効果的なSEO対策も変化します。特にデジタル化が加速している昨今では、少し前には通用していたSEO対策が通用しなくなったというケースも少なくありません。

そのため、立ち上げた時のままで効果検証していないwebサイトは、パフォーマンスが低下してしまうわけです。現状の把握と継続的な情報アップデートをしていかなければ、せっかくのSEO対策も的外れとなり、失敗の道を辿ってしまうといえます。

失敗しないSEO対策のためのポイント

SEO対策の失敗パターンを踏まえ、失敗しないSEO対策を行うには次のようなことがポイントとなります。

  • タイトルやディスクリプションはユーザーの目を引きかつキーワードを入れる
  • ユーザーの検索心理を予測した、最適なキーワードをプランニングする
  • ターゲットや目的を明確にする
  • SEO対策しやすい構成でwebサイトを設計する
  • ユーザーを惹きつけるようなコンテンツの充実と質を意識する
  • 外部リンクに頼らないSEO対策を行う
  • 継続的な効果検証を怠らず、時代に合わせてSEO対策を見直す

SEO対策を成功させるコツ

失敗しないSEO対策のためのポイント
SEO対策は、実施してすぐに効果がみられるものではありません。また、一度対策したから完了でもありません。中・長期的なスパンで考えていかなければいけないものです。こうした特性を踏まえ、SEO対策を成功させる3つのコツをご紹介します。

成果が出るまで焦らない

SEO対策は、再現性・優位性が高いというメリットがあるものの、手間と時間がかかるのがデメリットといえます。だからといって焦りは禁物です。期間や指標、目標など「具体的なゴール設定」をし、経過を見守りながら検証・改善を続けていくのがSEO対策成功のコツとえいます。

十分な運用体制を構築する

webサイトの規模やコンテンツの内容にもよりますが、SEO対策には一定の工数が発生します。そのため「戦略設計」「キーワード選定」「コンテンツ制作」「効果検証」など、役割を分けて運用体制を構築する必要があります。

これらを自社リソースでカバーするかアウトソースするかが成功のカギといえるでしょう。前述したとおり、SEO対策は中・長期的なスパンとなるものであるため、無理のない運用体制で取り組むことが大切です。

検索エンジンの仕組みをきちんと理解する

SEO対策の目的は、オーガニック検索経由の問い合わせ数の増加やWebからの収益をあげることです。そのために、よりユーザーの目に留まりやすい検索上位を目指すわけです。

検索エンジンは日々アップデートされているので、その時代に合わせた仕組みやルールをきちんと理解しておくことは、検索上位を目指すうえで有利となるだけでなく、より効果的なコンテンツ制作やキーワードプランニングにも役立つため、SEO対策を成功させるコツといえます。

的確なSEO対策で失敗を防ごう

失敗しないSEO対策には、専門的なノウハウと十分なリソースが必要です。また、一度対策を実施したから完了というものでなく、時代の流れや検索エンジンのアップデートのスピードに合わせて、再構築が必要となる場合も少なくありません。

ご紹介した「失敗しないSEO対策」のポイントを参考に、この先の経営や集客に好影響を与えるWebマーケティングのひとつとして、自社に合ったSEO対策の見直しをしてみてください。

「今現在行っているSEO対策がうまくいっていない」「これからSEO対策を始めたいが不安がある」「SEO対策は必要だと思っているがwebマーケティングの知識を持ち合わせていない」などのお悩みがある場合は、ぜひ全研本社へご相談ください。

全研本社ではクライアントならでは強みを軸にした、マーケティング戦略をご提案しています。
業界を問わず、Webからの集客を7,000件以上支援してまいりました。

これまで培ってきた、Webマーケティングの専門知識やSEOのノウハウをもとに、貴社に最適なSEOキーワードやマーケティング戦略をご提案させていただきます。

Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら
ホームページ集客
SEO対策について徹底解説

ページトップへ