意味のないSEO対策と意味のあるSEO対策の具体例

意味のないSEO対策と意味のあるSEO対策の具体例
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

SEO対策に意味はなくなったのか?

一部ではSEO対策に意味はないといわれています。しかし、実際にはSEO対策の重要性は現在でも変わっていません。自社サイトを上位表示させたい場合、SEO対策は不可欠な取り組みです。

一部でSEO対策に意味はないわれている理由は、対策を講じても期待する効果を得られなかった方も多いからでしょう。検索エンジンが進化したため、現在のSEO対策はひと昔前と様変わりしています。小手先のテクニックに頼ると、本当に無意味なSEO対策を行ってしまう恐れがあります。

それでは具体的に、どのようなSEO対策が無意味なのでしょうか。意味のないSEO対策と意味のあるSEO対策について詳しく見ていきましょう。

意味のないSEO対策とは

意味のないSEO対策とは
意味のないSEO対策を一言でまとめると「ユーザーのためにならない施策」といえます。具体的な施策は後述しますが、ユーザーが求めている情報を提供していないコンテンツの制作やユーザビリティを無視したコンテンツの制作などは、意味のないSEO対策の代表といえるでしょう。

ユーザーのためにならない施策が無意味なSEO対策になる理由は、検索エンジン(Google)が「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」を使命にしているからです。

ユーザーのためにならない施策は、ユーザーのアクセスを阻害する要因になります。そのため検索エンジンから評価されないのです。一そのような施策に頼り切っているウェブサイトはアルゴリズムの変動やアップデートに弱く、高順位が保てません。。

意味がなくなったSEO対策の手法

意味がなくなったSEO対策の手法
かつては意味があると考えられていたSEO対策の中にも、現在は意味を失っているものがあります。意味がなくなったSEO対策として以下のモノが挙げられます。

キーワードを詰め込む

検索意図が異なる複数のキーワードをひとつのコンテンツに詰め込むSEO対策は無意味といえます。各キーワードに対する評価が分散して、どのキーワードも上位表示できない傾向があるからです。

複数のキーワードをひとつのコンテンツに詰め込むと、上位表示を狙えるキーワードが増えると思われがちですが、期待通りの結果を得られることは少ないでしょう。それどころか、ペナルティの対象になる恐れもあります。

現在では有効なSEO対策といえないため、検索意図が異なる複数のキーワードを詰め込むことはおすすめできません。特にtitleタグに複数のキーワードを入れないようにしましょう。基本のSEO対策は、1コンテンツ1キーワードです。ユーザーが求める情報をわかりやすく提示することが重要です。

自作自演の被リンク獲得

自作自演の被リンク獲得も、効果を期待しづらいSEO対策です。検索エンジンが、検索順位向上を目的とした自作自演リンクの対策に乗り出しているからです。不自然な被リンクはペナルティの対象になってしまいます。次の被リンクなどは自作自演リンクと判断される恐れがあるため注意が必要です。

  • 関連性のないWebサイトからのリンク
  • リンク元WebサイトのサーバーのIPアドレスが同じ
  • 同一Webサイト、同一コンテンツから大量のリンクが貼られている
  • 短期間で大量の被リンクを獲得した

リンクを貼るときは、ユーザーにとって価値のあるメディア・コンテンツであることを確かめることが重要です。ユーザーにとって価値のあるメディア・コンテンツからのリンクであれば、自社で貼ったものでも正しく評価される可能性があります。

何万字を超える長文コンテンツ

長文コンテンツの制作も、意味のないSEO対策といえます。確かに上位表示されているページの文字数は多い傾向があります。

しかし、上位表示されている長文コンテンツは、文字数の多さが評価されているわけではありません。専門性・網羅性・信頼性など、様々な要素が評価されて上位表示されているのです。ユーザーの役に立つコンテンツを追求した結果、長文になったと考えるべきでしょう。したがって文字数にこだわるSEO対策は効果的といえません。

基本的には任意のキーワードを検索したユーザーが求める情報を、過不足なく伝えられる文字数を選択すればよいといえるでしょう。800文字、1000文字など、少ない文字数であっても、必要な情報を伝えられるのであれば問題はありません。

検索エンジンから評価されなくなった項目の対策

検索エンジンから評価されなくなった項目への対策も、意味のないSEO対策といえます。SEO対策を講じても、検索順位に影響しないからです。

評価されなくなった代表的な項目といえるのがmetaキーワードです。metaキーワードの役割は、表示されているページがどのようなキーワードと関連しているかを示すことでした。しかし、スパムに弱いということから、現在ではほとんどの検索エンジンがmetaキーワードを検索結果画面での順位判定に使っていません。

今ではページのコンテンツ全体が総合的に分析され、順位はその結果に基づいて決まります。そのため、たとえば過去のコンテンツにmetaキーワードを追加していく作業は無意味と言えるでしょう。

同様にmetaディスクリプションも順位判定に影響を与える要素から外れています。検索結果順位への直接的な影響はありませんが、ユーザーの行動(表示されたリンクをクリックするかどうか)には影響が与えられます。そのため、metaディスクリプションは設定するほうが良いと考えられています。metaキーワードと同じように扱わないようにしましょう。

本当に意味のあるSEO対策とは

本当に意味のあるSEO対策とは
ここまで意味のないSEO対策について解説しました。では意味のあるSEO対策とは、どのようなモノなのでしょうか。意味のあるSEO対策を一言でまとめると「ユーザーファーストを徹底した施策」といえます。つまり「ユーザーのためになる施策」が、意味のあるSEO対策なのです。

ユーザーファーストの施策が意味のあるSEO対策といえる理由は、検索エンジン(Google)が「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」を使命としているからです。

ユーザーの役に立つメディア・コンテンツは、情報へのアクセスを助けるため検索エンジンから高く評価されます。具体的に、どのようなSEO対策が有効なのでしょうか。

意味のあるSEO対策の手法

意味のあるSEO対策の手法

意味のあるSEO対策として、次の施策が挙げられます。

他の施策の結果として付いてくる被リンクの獲得

広告キャンペーン、SNSでの情報発信など、他の施策の結果として集まる外部リンクの獲得は、意味のあるSEO対策といえます。外部リンクが集まっているWebサイトは多くの方から支持されている、つまり有益な情報を発信しているとみなされる考えられるからです。不自然な自作自演リンクを獲得するのではなく、自然に集まる外部リンクを獲得するべきといえるでしょう。

外部リンクを獲得する基本的な方法は以下の2つです。

  • 良質な独自コンテンツを制作して、さまざまなチャネルで発信する
  • 自社Webサイトの信頼性を高める

インターネット上で話題になる良質な独自コンテンツを制作すると、自然な外部リンクを獲得しやすくなります。ただし単に良質な独自コンテンツを制作するだけでは不十分かもしれません。

近年のトレンドとして、リンク元Webサイトが発信している情報の信頼性を高めるため参考元としてリンクを貼るケースが増えているからです。したがって参考元にふさわしいレベルまで、自社Webサイトの信頼性を高めることも求められます。

Googleガイドラインに沿ったサイト設計

意味のあるSEO対策として、Googleガイドラインに沿ったサイト設計も挙げられます。Googleが、ユーザーファーストを徹底したガイドラインを設定しているからです。具体的な取り組みは以下のようになっています。

検索エンジンから正しい評価を貰う

検索エンジンから適切に評価してもらうためには、次の取り組みが必要です。

  • サイトマップの送信
  • URL正規化
  • SSL適用

サイトマップを送信することで、検索エンジンがコンテンツを確実に見つけられるようになります。サイトマップは、新しく作ったページや変更を加えたページを検索エンジンに伝えるファイルです。サイトマップは、自動作成ツールなどで作成可能で、Google Serch Consoleから送信できます。

URL正規化は、同じコンテンツに複数のURLが存在するときにURLを統一することです。複数のURLが存在すると、検索エンジンの評価が分散する恐れがあります。URL正規化は、サイトマップに正規URLを記載することやrel=canonicalラベルを貼り付けることなど行えます。

SSLは、WebサイトとWebサーバー間の通信を暗号化する仕組みです。SSLを適用することでWebサイトのセキュリティを高められます。

セキュリティを最優先事項に掲げるGoogleは、2014年8月に「HTTPSをランキングシグナルに使用する」ことを発表しています。Webサイトが適切に評価されるため、SSLの適用も必要な取り組みと考えられます。

ユーザーに親切なメディア・コンテンツにする

ユーザーに親切なWebサイトを設計することも重要な取り組みです。具体的な対策として以下のモノが挙げられます。

  • ページ読み込み時間の短縮
  • モバイルファーストインデックス登録への対応
  • 内部リンクの最適化

ページ読み込み時間短縮

ページ読み込み時間の長いWebサイトは、ユーザーにとって使い勝手が悪いサイトです。したがって読み込み時間の短縮も意味のあるSEO対策です。

多くの場合、読み込み時間の短縮はサイトに埋め込まれている画像や動画の軽量化により実現できます。画像の軽量化は、無料ツールなどを活用して行えます。自社Webサイトの読み込み時間は、GoogleのPageSpeed Insightsなどで確認できます。

モバイルファーストインデックス登録

モバイルファーストインデックス登録への対応も欠かせない取り組みです。モバイルファーストインデックス登録は、インデックス登録と検索順位にモバイル版コンテンツを優先することを指します。つまりモバイル版コンテンツの充実が欠かせないのです。

Googleは、「2020年9月より、すべてのウェブサイトでモバイルファーストインデックス登録が有効になります」と発表しています。

有効化の背景として、ほとんどのユーザーがスマートフォンを使ってインターネット検索を行っていることが挙げられます。自社サイトの対応状況は、Google Serch Consoleで確認できます。

引用:モバイル ファースト インデックス登録に関するおすすめの方法(https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-first-indexing?hl=ja)

内部リンクの最適化

内部リンクの最適化も重要な取り組みです。内部リンクを最適化することで、ユーザーが必要な情報を取得しやすくなります。また検索エンジンのクローラーも巡回しやすくなります。

内部リンクの最適化は、関連性の高いコンテンツ同士をで繋げることで行えます。中一般的なやり方として、文章の一部をリンク化する方法と、ボタンを設置する方法があります。両方を織り交ぜて内部リンクを追加しましょう。

内部リンクの最適化で特に大事なのは、アンカーテキスト(リンクの代わりに表示されるテキスト)にリンク先のページの内容と一致させることです。アンカーテキストとリンク先のページの内容にミスマッチがあると、ユーザーが望まないページにたどり着いてしまうおそれがあるからです。

オリジナルの情報を含んだメディア・コンテンツの制作

オリジナルの情報を含むメディア・コンテンツの制作も、意味のあるSEO対策といえます。2017年2月にGoogleが「オリジナルで有益なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。」と発表しています。他のウェブサイトにはない、自社だけが提供している価値を追求することが重要といえるでしょう。

引用:日本語検索の品質向上にむけて(https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html)

意味のないSEO対策ではなく意味のあるSEO対策に取り組む

意味のないSEO対策ではなく意味のあるSEO対策に取り組む

自作自演リンクの設置をはじめとする小手先のテクニックが通用しなくなっているため、一部ではSEO対策を行っても意味はないといわれています。ただし、有効なSEO対策は一昔前と変わっていても、自作を行うこと自体の重要性は現在も変わっていません。

自社サイトを上位表示させたい方は、意味のあるSEO対策に取り組みましょう。意味のあるSEO対策は、ユーザーファーストを徹底した施策といえます。具体的には独自性の高い良質なコンテンツの制作、ユーザビリティの改善などが挙げられます。

以前に比べると高度な取り組みが必要になっているため、専門的な知識がないと効果的なSEO対策を行うことは難しいかもしれません。

自社Webサイトを上位表示させたい方は、圧倒的なWeb集客実績を誇るキャククル運用元の全研本社までご相談ください。貴社だけが提供できる独自の価値を分析したうえで、最適なSEO対策・Webマーケティング施策をご提案いたします。
web集客のご相談はこちら

ページトップへ