大和ハウスのオウンドメディア「My House Palette」を詳しく紹介

大和ハウスのオウンドメディア「My House Palette」を詳しく紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

この記事ではオウンドメディアの制作を検討していて、他社のオウンドメディアにはどのようなものがあるのか知りたい方に向けて、建築業界大手の大和ハウスが立ち上げた「My House Palette」について紹介します。

オウンドメディアを立ち上げた目的やコンテンツの内容をまとめているため、オウンドメディアを制作する際の参考になさってください。

大和ハウスのオウンドメディア「My House Palette」とは?

My House Palette
画像引用元:My House Palette公式サイト(https://www.daiwahouse.co.jp/tryie/index.html)

「TRY家コラム」からリニューアル

大和ハウスが立ち上げた「My House Palette」は、マイホームを検討し始めたユーザーに対して住まいづくりに役立つ情報を提供するオウンドメディアです。もともとは「TRY家コラム」というサイト名でしたが、2022年4月からMy House Paletteへとリニューアルが行なわれました。

サイト誕生の背景

大和ハウスではMy House Paletteのほかにも注文住宅を検討している方向けのオウンドメディアを公開していますが、こちらは住宅業界の専門的な要素をある程度知っている方向けのコンテンツとなっています。

そこで、住まいづくりを検討し始めたばかりの方にも分かりやすい、基礎知識的なコンテンツを紹介したいと立ち上げられたのがMy House Paletteの前身となる「TRY家コラム」でした。

サイトの特徴

My House Paletteは住まいづくりに関する幅広い情報を網羅し、このサイトだけで必要な情報の収集を完結できるのが強み。競合他社のサイトへの流入を防げるほか、情報を集めたいユーザーが継続的にサイトを訪れることで自社のファンとなり、見込み顧客の獲得を実現するメディアとなっています。

また、ユーザーとの接触時間を増やして信頼関係を構築し、優良な見込み客の開拓・育成することを目的にメールマガジンの配信も実施。

メールマガジンへの登録を促す施策としては、会員限定の住まいづくりに役立つ資料のダウンロードをはじめ、会員限定のプレゼント企画やキャンペーンへの応募、更新情報の配信などが講じられています。

My House Paletteの主なコンテンツ

house
My House Paletteは住まいづくりに役立つ情報の提供をコンセプトにしており、「家づくりを知る」「住まいを見る」「生活を考える」「計画を立てる」「快適に暮らす」というカテゴリーに分けてコンテンツを発信しています。

コンテンツの具体的な内容

それぞれのカテゴリーで掲載されているコンテンツの主な内容は次の通りです。

  • 家づくりを知る…家づくりの知識を深めるコラム集
  • 住まいを見る…住まい訪問やモデルハウスの各プランの紹介
  • 生活を考える…理想の家や心地よい空間を実現するためのコラム集
  • 計画を立てる…家の構造躯体や間取り、動線、設備、インテリアなどを考えるのに役立つコラム集
  • 快適に暮らす…将来を見据えたプランニングや暮らしのヒントを掲載

各カテゴリーのページでは気になるキーワードを選択してコンテンツを絞り込むことができ、知りたい情報にすぐたどり着ける設計
です。

住まいづくり以外のコンテンツも充実しているため、家の間取りや動線を考えるのに疲れたときの箸休め的な感じで気楽に読むのに適しています。

「住まいを見る」では、実際に大和ハウスで家を建てた先輩オーナーの住まいを写真付きで確認が可能。
各部屋やインテリアへのこだわりなども紹介されているため、ユーザーが自身の住まいづくりの参考にできます。

本記事のおさらい

summary
大和ハウスのMy House Paletteは、住まいづくりを検討しはじめたばかりのユーザーに対し、役に立つ情報を発信する目的で立ち上げられたオウンドメディアです。

家づくりに関する情報を幅広く網羅しており、情報を収集したいユーザーがサイトを継続的に訪れることで、ユーザーとの信頼関係の構築や見込み顧客の獲得へとつなげています。

オウンドメディアを作るには、大和ハウスのMy House Paletteのようにサイトの目的を明確化することが重要です。

さらに、オウンドメディアを通じて自社の製品・サービスの認知度を向上させたい、集客や売上につなげたいなどの目標達成のための戦略が求められます。

キャククルを運営している全研本社は、これまで8,000サイト以上のメディアを制作・運用してきた実績があり、キーワード設定からメディア戦略立案、メディア制作・運用、改善までをワンストップで対応できる体制を整えているのが強みです。

また、オウンドメディアを作りたい方向けに、キャククルでは企画から制作、運用までのステップが分かる資料を用意しました。

全研本社が手掛けたオウンドメディアの制作実績や導入の成果なども紹介しているため、ご興味のある方はぜひダウンロードしてください。


関連記事:オウンドメディアとは?8,000サイト制作実績から見えた成果の出る作り方を知る

ページトップへ