オウンドメディアの記事を編集する際のポイントや注意点

オウンドメディアの記事を編集する際のポイントや注意点
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オウンドメディアにおける記事編集とは

オウンドメディアにおける記事編集は、スタッフや外注ライターが作成した記事をチェックし、記事の効果を最大化するために調整する作業です。

オウンドメディアの記事編集では主に下記のようなチェックを行います。

  • 誤字脱字がないか
  • 必要な情報が揃っているか
  • 内容が分かりやすく読みやすいか
  • 記事は購入・予約などに繋がる構成になっているか

コンテンツ制作プロセスに編集のステップを追加すると工数が増え、記事公開までの時間が長くなります。それでも編集はオウンドメディアの運営に欠かせない重要な作業です。それはどうしてなのか、詳しく見ていきましょう。

編集作業の重要性

記事コンテンツは、オウンドメディアのコンテンツとして重要とされています。主にテキストで構成される記事は比較的制作しやすく、SEOに対応することで高い集客効果も見込めるコンテンツです。記事をどんどん増やしていくことで、自社をより多くのユーザーに認知してもらえます。

しかし、記事コンテンツは「量」がすべてではありません。むしろ「質」のほうが大事です。

オウンドメディアに限らずデジタルマーケティングの原則は、ユーザーのニーズに応える良質なコンテンツを制作することです。その目的を果たす記事を作るには、質を担保する編集が欠かせません。

良質なコンテンツを継続的に制作・公開できれば、自社オウンドメディアが検索エンジンに評価され、自社のページが上位表示されやすくなります。その結果、メディアを訪れるユーザーの数が増え、お問い合わせや資料請求も発生しやすくなります。

一方、記事の質が低いとオウンドメディアはユーザーに評価されず、自社に対する信頼度がダウンしてしまいます。そのため、編集作業を行うことなく、ライターから納品された記事をそのままアップロードするのはおすすめできません。

オウンドメディアの記事編集でチェックしたいポイント

ウンドメディアの記事編集でチェックしたいポイント
オウンドメディアの記事編集といっても、具体的に何をどのように編集すれば良いのかわからなければ手をつけられません。以下の7つのポイントに注目してみてください。

誤字脱字はないか

必ず確認しておきたいのが、誤字や脱字がないかについてです。記事中の誤字脱字は、オウンドメディアを見ているユーザーに「文章の確認がされていないメディア」というイメージを与えてしまいます。コンテンツの信頼度が下がってしまうので、注意したいポイントです。

もちろん、多くのライターは記事を納品する前に誤字脱字の確認をしています。しかし、記事を書いた本人は文章が頭に入っており、どうしても見落としてしまう部分があります。できる限り第3者が誤字や脱字がないか確認するのが効果的です。

改行や太字が適切か

読み手の視点で改行や太字が適切に使われているか確認しましょう。全く改行がなく文章が詰まっている状態の記事はユーザーに、読んでもらいづらいです。

また不適切な場所で改行されている場合も、ユーザーが見づらいと感じてしまうことがあります。

文章を読みやすくするための対策として実践したいのが、重要な部分を太字にする方法です。太字の部分を入れることで、記事を飛ばし読みしているユーザーにも要点をピックアップしてもらえます。

しかし、不適切な箇所を太字にすると記事が逆に読みにくくなってしまいます。太字箇所が多すぎる場合は、本当に必要な部分のみに限定したほうが良いです。

キーワード率は妥当か

キーワード率とは、記事で対応しているキーワードの「使用頻度」です。

検索エンジンの検索結果ページに自社オウンドメディアを上位表示させるには、記事ごとに狙ったキーワードに対応したSEO対策が必要です。たとえば、「注文住宅 自然素材」というキーワードで上位表示させたい記事なら、「注文住宅」「自然素材」という2つのワードを記事内で多用することで検索結果に上がるチャンスが高められます。

しかし、キーワードを使えば使うほどSEO効果が高まるわけではありません。一昔前はキーワード率が高い記事ほど記事が検索順位が上がりやすいケースもありました。しかし、今は検索エンジンのアルゴリズムが進化しており、記事にキーワードを含め過ぎるとペナルティを受ける可能性さえあります。

キーワード率は、不自然にならない範囲で高めるのがポイントです。

コピーコンテンツはないか

自社オウンドメディアの既存サイトからコピペして作った「コピーコンテンツ」も、避けておきたいものです。複数の記事の大部分が同じで内容(あるいは酷似している内容)になっていると、検索エンジンアのアルゴリズムからスパムとして見なされる可能性があります。その結果、記事がインデックスされず検索結果に出なくなる恐れがあります。

Googleなどの検索エンジンが高く評価しているのは、オリジナルコンテンツです。自社のオウンドメディアの内容が重複しすぎないように注意し、同じテーマでも他の記事のパーツをなるべくそのまま使わないようにしましょう。

見出しやリンクは適切か

検索エンジンから評価してもらうには、見出しやリンクが適切に設定されているかどうかの確認も必要です。

見出しは、その下に入っているテキストのテーマの内容が一目でわかるものにましょう。読み進めなければ何が書いてあるのかわからないような見出しがついている場合は、修正したほうが良いです。

また見出しは「h1」「h2」など、適切なHTMLタグをつけることも重要です。見出しタグはSEO対策のうち内部対策にあたるものです。Webサイト上のデータを収集しているクローラーと呼ばれる検索エンジンのロボットに対し、どこに何が書いてあるのか情報を伝える役割を持果たしています。

見出しタグが適切に設定されていないと、クローラーが正しく情報を読み取れません。

リンクも同様で、適切なタグ設定が必要です。例えば外部への発リンクは「nofollow」を設定してそのページのリンクをたどらないようにし、クローラーが適切にサイト内をクロール(情報を収集すること)できるようにしましょう。

こういった対策を取っておくことにより、クローラーから高評価を得やすくなります。結果的に検索エンジンの検索結果で上位表示を目指すことが可能です。

専門用語を多用していないか

あるテーマについて始めて情報収集をするユーザーにとって、専門用語を多用している記事は非常にわかりづらいものです。用語の意味を自分で調べないと分からいような記事は、ユーザーにとって不親切で、成果に繋がる可能性も低いでしょう。

記事内で解説しているテーマについて初めて触れるようなユーザーを読者として想定しているのであれば、専門用語を使う場合は具体的な解説を入れるか、初心者にもわかりやすいように噛み砕いて表現しましょう。

業界内で誰もが知っているような言葉であれば説明を入れなくても問題ないケースもあります。しかし、原則としてはユーザーが自社が知っていることをまだ知らないという前提で編集を進めると良いでしょう。そうしたほうが、様々なユーザーにとってわかりやすい記事が出来上がります。

挿入する画像や動画は適切か

記事の内容をわかりやすく伝えるのに活用できるのが、画像や動画です。当然のことではありますが、記事の内容に見合ったものにしましょう。

また、記事の中に動画や大きな画像を含める場合は、ファイルの容量にも注意しましょう。記事内で使っているファイルの容量が大きいと、ページの表示が遅くなってしまう可能性があります。画像や動画は画質が悪くならない程度に圧縮し、必要なものだけに絞り込みましょう。

記事編集の注意点

記事編集の注意点

オウンドメディアの記事編集を行う際には、複数のスタッフでチームを組み、チェックする体制を作っておくのがおすすめです。1人よりも2人、2人よりも3人でチェックしたほうが細かいミスにも気付きやすくなります。

わかりにくいと感じるポイントや、読みにくいと感じるポイントは人によって違います。チェックするスタッフが複数人であれば、より多くのユーザーにとってわかりやすい形にブラッシュアップしていけるでしょう。

不足していると感じている情報がある場合、追加することも重要です。

また、一度公開した記事はそれで終わりにしてしまうのではなく、定期的に最新の情報に更新する必要があります。記事公開後の「改修」は、公開前の「編集」と同じぐらい重要です。たとえば、オウンドメディアにいつまでも古い情報の記事が掲載されているのは好ましくありません。

定期的に更新やリライトなどを行い、最新の情報をユーザーにわかりやすく伝えられるようにしましょう。

良質な記事がオウンドメディアの質を上げる

良質な記事がオウンドメディアの質を上げる
オウンドメディアを活かしたマーケティングを成果に繋げたいのであれば、作成する記事の質にこだわることが重要です。ライターから上がってきた記事をそのままアップロードするのではなく、公開前に編集を行うことで記事をより良い形に仕上げていきましょう。

内容がわかりにくく、誤字や脱字が多い記事をどんどんアップロードしてしまうと、ユーザーからの信頼を失う可能性が上がっていきます。SEOなどに配慮するのも大事ですが、迷った際にはまずユーザーにとってわかりやすく必要な情報が揃っているコンテンツができ上るように編集を勧めましょう。

一方、編集の重要性が分かっていても他の業務で忙しく、なかなかリソースがかけられないというケースも多いでしょう。その際は、コンテンツ作成を編集者がいる制作会社に依頼するということも選択肢の1つです。料金は一般的なライティング代行サービスと比べて割高となりますが、チェック済みのコンテンツをすぐ公開できる状態が作れば、オウンドメディア運用の負担を軽減することは可能でしょう。

キャククルの運用元である全研本社は、今まで120を超える業種で7,600以上のWeb制作実績を上げてまいりました。コンテンツ制作に加えて、キーワードリサーチやコンテンツ戦略の設計、編集者によるチェック、コンテンツ公開後の改修もワンストップで対応しております。

「オウンドメディアを運用しているが、効果はあまりない」「オウンドメディアのための記事作成・チェックが大変」という方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。貴社の手をわずらわせず、成果に繋がるコンテンツ企画を提案いたします。

全研本社への問い合わせはこちら

ページトップへ