オウンドメディアの成功事例やポイントを解説

オウンドメディアの成功事例やポイントを解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オウンドメディアの目的

自社のブランディングになる

企業認知やイメージ形成は、昔と異なりTVCM以外にも実施できるようになりました。SNSや動画広告、YouTubeなど、企業が自社をブランディングする方法は多岐に渡ります。

それぞれの方法に特徴がある中で、オウンドメディアは自社ブランディングに大きく貢献するメディアと言えるでしょう。

オウンドメディア上で発信する情報は、他でもない自社の情報です。自社で発信したい意図通りにコンテンツを構築できるからこそ、自社が望む形のブランディングを実現できると言えるでしょう。

コンテンツは資産となる

旬な情報を適宜配信していくという点ではSNSは非常に有効です。しかし一度に配信できる文字数が少なかったり、情報がすぐ流れていってしまうという難点があります。

オウンドメディアの場合、記事を蓄積していくことができるという特徴があります。Webに残しておくことができる投稿は、まさに資産と言っても過言ではありません。

直近で出した情報がすぐに誰かの元に届かなくても、必要なタイミングで検索などを通し、自社を見つけてもらうための要因となる可能性があります。

広告費を削減できる

世の中の人に広く知ってもらおうとすると広告配信にはたくさんの費用が掛かります。しかしオウンドメディアの場合、「オウンド」という言葉にぴったりなように、自社で運用を行います

そのため莫大な広告予算を掛けずに、初期費用を抑えながら取り組むことができるというメリットがあります。

オウンドメディアで期待できること

オウンドメディアを見る女性

コンバージョンの獲得

Web上に情報を置く理由は企業ごとによって異なりますが、最終的なゴールを辿ると、多くの企業は「コンバージョンの獲得」に辿り着くのではないでしょうか。商品購入や資料ダウンロードなど、何らか設定されている場合がほとんどです。

ただ何となく記事を更新していても、コンバージョンの獲得には繋がらないでしょう。大切なのは、コンバージョン獲得のための動線をきちんと引くことです。

記事の流れ、どこにコンバージョンに直結する動線を置くかなど、考慮した上で設計すれば、コーポレートサイトなどと比較しコンバージョン獲得が増大する可能性は高いでしょう。

採用ツールとして有効

近年採用市場が大きく変化し、待遇や年収ではなく、企業の文化や風土、雰囲気と言った点を基準にする候補者が増えてきました。

彼らは志望する全ての会社に足を運ぶわけにはいかず、Web上のあらゆる記事や情報を駆使して企業内部の情報を判断しています。

オウンドメディアは企業の雰囲気を掴むという観点では抜群のメディアです。掲載されている記事の文章から伝わる雰囲気や写真の雰囲気はもちろん、社内イベントや節目の様子などから、簡単に雰囲気を感じることができます

このように、現在の候補者のニーズとマッチしているという観点からも、オウンドメディアはぴったりなのです。

オウンドメディアの成功事例

成功事例
ここまでご紹介してきたように、オウンドメディアは自社をブランディングしたり、目的達成のために非常に有効なメディアです。

もちろん外部の広告配信などを活用して自社をPRすることも可能ですが、オウンドメディアだからこそ、読み手に直接自社の雰囲気を感じてもらえるというメリットがあります。

きちんとオウンドメディアとして成功するためにはまず、オウンドメディアが果たすべき目標をきちんと選定し、その上で成功している似たような事例を探し出すと良いでしょう。

こちらでは幾つか事例をご紹介します。

mercan

mercanキャプチャ画像
引用元:mercan(https://mercan.mercari.com/)

「メルカリ」のサービスで、既に企業認知度が高いメルカリが運営するオウンドメディアです。採用を目的に作られたオウンドメディアは、主に人に着目し、働き方や仕事観を中心に掲載しています。

今やマーケティングや採用といった観点から、知らない人はいないメルカリですが、ゆえに「ゴリゴリしていて人が定着しなさそう…」「車内は殺伐としていそう…」など、優秀な人が集まっているというイメージから、ネガティブなイメージを持たれる場合もあるようです。

しかし、KPIを設定しない緩やかなオウンドメディア上の発信で、メルカリのファンとなり入社を決める候補者もいるようで、「採用」という目的を見事に達成しているオウンドメディアと言えるでしょう。

LIG

LIGキャプチャ画像
引用元:LIG(https://liginc.co.jp/)

「何をやっている会社かは分からないけど、LIGという社名は知ってる」という方は多いのではないでしょうか?実はWeb制作を主な事業とする会社であり、他社との差別化や、営業活動へのマンパワーを少しでも軽減するために作成されたのがオウンドメディアでした。

企業紹介やビジネス紹介など幅広いコンテンツを展開している点が特徴で、自社のオウンドメディアの成功を通し、実績をPRしている成功例といえます。

CAREER HACK

CAREER HACKキャプチャ画像
引用元:CAREER HACK(https://careerhack.en-japan.com/)

エン・ジャパンが運営する、「WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア」がコンセプトのオウンドメディアです。

エンジニアやデザイナー、プランナーに焦点を当てており、キャリアプランが見えにくいIT業界で働く人にとって、非常に参考になるメディアです。

掲載されている企業はエン・ジャパン経由で応募できる企業がほとんどであり、求職者に魅力的に企業を伝えるという観点からも非常に有用でしょう。

全体的にエッジの効いたテイストで、転職しようか迷っている候補者の背中を押すようなメディアになっています。

サイボウズ式

サイボウズ式キャプチャ画像
引用元:サイボウズ式(https://cybozushiki.cybozu.co.jp/)

オウンドメディア成功の先駆けと言えば、サイボウズを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。「オウンドメディア」というメディアを世間に広めた会社と言っても過言では無いでしょう。

一見ブログのように乱立された記事は、サイボウズが掲げる働き方改革などに紐づく要素がたっぷりです。採用の効果はもちろん、企業イメージ向上にも大きく影響を及ぼしています。

ライティングを手掛ける編集者が数多く在籍しており、個性が光る文章も魅力です。

全研本社のオウンドメディア成功事例

全研本社でも複数のオウンドメディアを運営しています。いくつかご紹介します。

WEBディレクターになるには

WEBディレクターになるにはキャプチャ画像
引用元:WEBディレクターになるには(http://www.webdirector-guidbook.com/

Webディレクターを目指す方へ向けて、網羅的に情報を掲載しているオウンドメディアです。

「Webディレクター」という響きの職種に興味がある方はたくさんいらっしゃいます。しかし、企業によって実際にどのような仕事をしているか、異なる点が多い職種とも言えるでしょう。

そこで、実際に働くスタッフのインタビューを行い、「現場の生の声」という独自コンテンツも制作をしています。これによりどのような仕事内容か、働き方はどのような形か?といったイメージを読者は持つことができます。

その結果として、SEOは「Webディレクターになるには」で検索1位(2020年6月現在)を獲得しており、採用オウンドメディアとして成功していると言えるでしょう。

ライターステーション

ライターステーションキャプチャ画像
引用元:ライターステーション(https://writer-station.com/

sohoでWEBライティングをしたいライター募集を目的としたオウンドメディアです。ライターステーションマガジンというブログ形式のコンテンツで、ライターに向けて情報提供をしています。

ライターメディアは数多く存在しますが、ライターを集めるという採用面と、ライティング代行のクライアントを集める集客面の両面を実現しているオウンドメディアです。

「ライター 募集」などの検索軸で上位に表示されるため、Web上に点在するライター募集メディアの中で信頼感を獲得できる位置に属しています。

また、「看護師 ライター」や「弁護士 ライター」といったキーワードでも検索1ページ以内に表示されており(2020年6月現在)、資格や経験を活かしたいライターに認知してもらうと同時に、専門領域を持つライターにライティングをお願いしたい企業、双方のニーズを満たしたメディアになっています。

キャククル

キャククルキャプチャ画像
キャククル トップへ→

集客に悩む経営者やオーナーに向け、集客方法やマーケティングの知識などを網羅的に解説しているオウンドメディアです。

様々な業界の集客の考え方を網羅的に紹介することで、専門性のあるオウンドメディアになっており、「業界名+集客」といったキーワードで多くの記事が検索上位表示されています。

マーケティングに関するオウンドメディアは多数存在しますが、キャククルは経営者やオーナーの「痒い所に手が届く」ような、細かな知識が豊富です。ゆえに業界業態を問わず、集客に悩む方からのお問い合わせをいただいています。

kimiwiki

kimiwikiキャプチャ画像
引用元:kimiwiki(https://kimi.wiki/

日本で働く外国の方に向けて、日本で働く上での注意点や知っておいた方がよいことなど、日本で仕事をする不安を解消するコンテンツを提供しているオウンドメディアです。

日本にいる外国の方向け×仕事(働き方)という、独自性のあるポジションのオウンドメディアであり、語学事業や外国人の就業をサポートしている全研本社の強みを活かしつつ、外国人からの認知を高めることに成功しています。

徹底した分析に基づくオウンドメディアを制作します

全研本社では、クライアントのバリュープロポジションを軸にしたWebメディアの制作を得意としています。

ユーザー分析や競合分析を徹底的に行い、クライアントのバリュープロポジション(クライアントにしか提供できない価値)を見つけ出します。

「クライアントが絶対的に有利な市場とは」「狙うべき相性の良いターゲットとは」など、集客戦略を提案し、それを実現するWebメディアを制作・運用いたします。

全研本社が展開する
Webサービス一覧はこちら

オウンドメディアの制作だけに留まらず、ブランディングや集客のお悩み・課題をお持ちでしたら、ぜひご相談ください。
全研本社のオウンドメディア制作・構築について

お問合せはこちら

ページトップへ