SEO対策が難しい・うまくいかない…知っておきたいポイント

SEO対策が難しい・うまくいかない…知っておきたいポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

自社のサイトを運営する中で、「検索上位に表示されない」「アクセス数が伸びない」といった悩みを抱えている企業の方は多いのではないでしょうか。

このような悩みを解決するためには、正しいSEO対策を行うことが重要です。サイト運営にSEO対策は必要不可欠ですが、間違ったやり方ではいつまで経っても成果に繋げることはできません

この記事ではSEO対策の難しい点や抑えておきたいポイントなどについて解説していきます。SEOで失敗してしまう要因を理解して、SEO対策に取り組んでみましょう。

SEO対策が難しいと感じさせる要因

SEO対策が難しいと感じさせる要因

マーケティングにおいて、SEO対策は欠かせないものですが、「思うようにうまくいかない」「そもそもやり方が合っているかわからない」といった悩みを抱える企業の方は多いのではないでしょうか。

SEO対策が難しいと感じるのには、以下のような要因があります。

検索アルゴリズムを理解する必要がある

SEOで成果を出すためには、検索アルゴリズムを理解した上でサイトを構築する必要があります。アルゴリズムとは、簡単に言えばルールや算出方法といった意味になります。

GoogleやYahooなどの検索エンジンには、一定の基準に基づいてユーザーからの評価が高いサイトを上位表示させるようにアルゴリズムが組み込まれています。

Googleの場合、サイトを上位表示させるためには、Googleが提供するガイドラインに則ってSEO対策を行う必要があります。

しかし、ガイドラインの内容を初心者がすぐに理解するのは難しく、誤ってガイドラインに違反するとペナルティを受けてしまうリスクも。ペナルティが見つかった場合、サイトの検索順位を一気に下げられたり、最悪の場合、検索結果から削除されたりすることもあります。

また、検索アルゴリズムは定期的にアップデートが行われるため、更新前は効果のあったSEO対策も、アップデート後には効果がなくなってしまうことも少なくありません。

検索アルゴリズムは専門的な知識を持って、アップデートのタイミングでその都度対策が必要となるため、SEO対策に難しさを感じる要因の一つとなっています。

成果が出るまでに時間がかかる

SEO対策が難しいと感じる要因の一つとして、なかなか成果が出ないことも挙げられます。

サイト自体の構造や選定したキーワードの競合、サイトの運用期間など、SEO対策の効果が出るまでの期間は様々な要素に左右されます。

時間と労力ばかりがかかってしまい、なかなか成果に繋がらないと感じるかもしれませんが、SEO対策は広告などと違って中長期的に集客を行うための施策であることを念頭に置いておきましょう。

SEO対策がうまくいかない時のチェックポイント

SEO対策がうまくいかない時のチェックポイント

SEO対策で成果を感じられない時は、その原因を突き止めることが大切です。具体的には、以下のようなポイントをチェックしてみましょう。

ターゲットが明確に決まっていない

コンテンツを作成する前に、まずはターゲットを明確にしておくことが非常に重要です。「なぜコンテンツを作成するのか」「誰に向けたコンテンツなのか」をはっきりさせていないと、コンテンツ全体の方向性がぶれてしまいます。

ターゲットが抱える悩みを明らかにした上で、それを解決できるような内容のコンテンツを作成することが重要です。やりがちな失敗例として、「20代 女性」「会社員 男性」といったような抽象的なターゲット設定をしている場合があります。

ターゲットの幅が広すぎると、コンテンツの統一感がなくなり、結局は誰にも刺さらないコンテンツを量産することになってしまいます。

結果として検索上位を狙うキーワードがそもそも目的とずれてしまったり、テーマの統一感がないことで専門性やコンテンツ構造などの観点での評価が適正に受けられず、上位に表示されにくくなるといったリスクもあります。

競合の多いキーワードを選んでいる

既に競合の多いビッグキーワードを選んでしまっているパターンです。検索ボリュームが大きいキーワードは、検索される回数が多い分、競合の数も多くなります。

コンテンツの質が良くても、ビッグキーワードは大手サイトで上位が埋まっている場合が多く、このような状況で検索上位を狙おうとしても、かなりの時間を要してしまいます。

検索アルゴリズムに対応できていない

GoogleやYahooなどの検索アルゴリズムへの対応ができていないことも要因の一つとして挙げられます。

見出しタグやモバイルフレンドリー(スマホ等での見やすさ)など、Webサイトの構造が適切に検索アルゴリズムへ対応ができていないと、コンテンツを上位表示させにくくなります。

アルゴリズムは定期的にアップデートが行われるため、その度にSEO対策を見直す必要もあります。SEO対策は専門的なノウハウが必要な上に、アルゴリズムの変更に合わせて臨機応変に対処することが求められます。

運用体制が整っていない

SEOは、目的・ターゲットの決定、キーワード選定、コンテンツ作成、効果検証といった一連の手順があり、これらの業務を分担して、運用できる体制が必要です。

さらに、効果検証の結果によっては、何度も改善を繰り返す必要があります。SEO対策は他業務と並行して対応する場合も多く、担当者の負担が増えて、作業が後回しになってしまうケースも少なくありません。

難しいSEO対策…失敗しないための進め方とは

難しいSEO対策…失敗しないための進め方とは

ここまで、SEO対策が難しいと感じる原因について解説してきました。SEO対策はアルゴリズムの理解や手順の多さから、難しさを感じている企業の方も多いのではないでしょうか。

ここからはSEO対策で失敗しないための具体的なポイントを説明していきます。SEO対策を行う際は、以下のようなポイントに注意しましょう。

ターゲットのニーズにあったコンテンツを提供する

上述の通り、検索アルゴリズムはユーザーの評価が高く、質の高いコンテンツが上位表示されるようになっています。ここでいうユーザーにとって質の高いコンテンツとは、「ユーザーの抱える悩みを解決できるようなコンテンツ」のことです。

例えば、自社サイトへのアクセス数を増やしたいユーザーが「アクセス数 増加 やり方」といったキーワードで検索した時に、自社の事業やサービス紹介ばかりのページではユーザーはすぐに離脱してしまいます。

SEO対策では、ターゲットの検索意図を汲み取って、ターゲットの必要としているコンテンツを提供することが非常に重要です。自社の商品・サービスを案内したい場合は、解決策の一つとして、自然な流れでアプローチしましょう。

検索上位を狙いやすいキーワードを選ぶ

キーワードは検索ボリュームごとに分けて、ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードの3つに分類されます。それぞれの検索ボリュームが、ビッグキーワードは1万以上、ミドルキーワードは1000~1万、スモールキーワードは1000未満です。

ビッグキーワードは検索される回数は多いですが、検索上位に表示されるサイトは大手企業や上場企業のものが多く、競合対策が難しいため、上位表示させるまでにかなり時間がかかってしまいます。

一方で、スモールキーワードは、検索ボリュームが少ないですが、その分競合も少なく、検索上位を狙うことは難しくありません。

最終的に、ビッグキーワードで検索上位を狙いたい場合は、まずスモールキーワードで上位表示をさせて、検索エンジンの評価を上げることが重要です。

スモールキーワード、ミドルキーワード、ビッグキーワードの順番で、上位表示を目指し、
検索エンジンの評価を積み重ねて
いきましょう。

検索アルゴリズムを理解する

SEO対策を行う上で、アルゴリズムへの理解は必須です。コンテンツの内容だけでなく、ガイドラインに基づいて内部構造も最適化させる必要があります。

対応が必要な項目の例として、以下のようなものが挙げられます。

  • 適切なタイトルや見出しタグの設定
  • モバイルファースト対応
  • 内部リンクの最適化
  • パンくずリストの設置
  • ページ速度の高速化 など

上記以外にも、SEO対策で対応すべき項目は数多くあります。まずはSEO対策の基礎から理解して、改善できるところから進めていくことが大切です。

必要に応じて外部委託も検討する

SEO対策は、専門のノウハウがない状態で対応しようとすると、時間がかかるだけでなく、うまく効果につながらないばかりか、逆効果を招いてしまう可能性もあります。そこで、社内で対応が難しい場合は、外部業者に依頼するのも一つの手です。

外部業者にSEO対策を依頼することで、社内に知識やノウハウがなくても、自社のリソースを割くことなく正しい方法でSEO対策が行なえます。さらに、実績豊富な業者であれば、自社で対応するよりも早く成果を出すことが期待できます。

しかし、SEO対策を外部業者へ依頼する場合は、SEOに関する作業を丸投げしないように注意が必要です。業務の全てを業者に丸投げしてしまうと、効果検証によって改善した点やSEOの状況が自社で把握できなくなります。

また効果が出ないという際にも、対応をブラックボックス化されてしまうと、どのような対応をしているのか、ましてやちゃんと対応をしてくれているのかという不安に陥ることも。

社内で対応が難しい業務のみを外部へ依頼する、報告・共有の体制をしっかり構築するなど、事前に依頼する範囲や流れを明確に決めておきましょう。

この記事のまとめ

難しいSEO対策のポイントまとめ

今回は、SEO対策で難しい点や失敗しないためのポイントについて解説しました。SEO対策は変化が激しく、必要なノウハウも多岐に渡るため、通常業務と並行しながら片手間で対応するのは困難です。

しっかりと担当者や担当部署を用意し、SEOについての知識をアップデートしながら対応にあたるようにしましょう。

社内のリソースが不足している場合、プロであるSEO対策会社に相談・依頼することも有効な手段です。しかしSEO対策会社も様々あり、中には成果が出ないばかりか、報告や共有もないといった悪質な企業も存在します。

SEO対策会社を選ぶ際には、実績はもちろんのこと、わかりやすく説明をしてくれるか、密に連携してくれるかといった相性の点も考慮に入れて検討することが重要です。

コンテンツSEOによる集客・ブランディングでお悩みなら

当メディア「キャククル」を運営する全研本社では、クライアントの強みに則したWebマーケティング戦略の提案を得意とし、いままでに120業種を超えるクライアントを支援してきました。

7,900件を超えるWebメディアの制作・運用実績に基づいた戦略を策定。コンテンツSEOによって、クライアントに魅力を感じる相性の良いユーザーの集客を実現しています。

ニッチな市場や専門性の高い商材であっても、関連するキーワードでの検索上位表示の実績は多数。

どのようなキーワードを狙うべきか、検索で表示させるためにどんなコンテンツが必要かといった戦略提案からコンテンツ制作・運用までワンストップで対応が可能です。

また弊社のSEOノウハウをお伝えしながら、コンテンツマーケティングを支援する並走プランもご用意しています。

  • 自社のSEO対策がうまくいっていない
  • 思ったようなキーワードで上位表示ができない
  • 自社のコンテンツマーケティング戦略を見直したい

といった課題やお悩みがある際にはぜひご相談ください。

ページトップへ