SEOに強い記事の書き方を10のポイントと注意点から徹底解説

SEOに強い記事の書き方を10のポイントと注意点から徹底解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

SEOに強い記事の書き方について、10のポイントから基本を解説する記事です。さらにSEOに強い記事を作るための注意点も解説。Googleの方針や閲覧したユーザーの満足度向上を踏まえた上で、検索結果上位化につながりやすい記事を作成するためのコツをご紹介します。

SEOに強い記事とは何か

「SEOに強い記事」とは、キーワード検索において上位表示されやすい記事のことです。「SEO」とは「Search Engine Optimization」の頭文字であり、日本語に訳すると「検索エンジン最適化」を意味します。

検索結果からWebサイトに訪問してもらためには、ページの上位に表示されることが最大のポイント。多くのユーザーは検索結果の上に表示されているWebサイトから順番に閲覧するとされているためです。そして検索結果において上位表示されるためには、検索エンジンの理念に沿ったコンテンツの作成が求められます。

つまりSEOに強い記事とは、検索エンジンを理解し、理念に沿ったコンテンツを作成し検索上位に表示される記事のことです。

SEOに強い記事を書くために重要な要素

SEOに強い記事を書くために重要な要素

SEOに強い記事の書き方を見ていく前に、検索エンジンで最も高いニーズを誇るGoogleを例にあげ、SEOに強い記事を書くために必要となる3つの要素について確認しておきましょう。SEOに強い記事の書き方で重要となるのは、「E-A-T」の考え方です。

専門性

Googleにおいて、記事の専門性の高さは評価に大きく影響する要素です。「E-A-T」の「E」である「Expertise」に該当します。

記事の中に専門家しか知り得ない深い内容が含まれていたり、ひとつの分野を掘り下げていたりする内容が含まれているとSEO効果は向上するのです。

たとえば医療に関する情報を発信する際に、専門家ではない執筆者による情報ではなく、対象となる診療科目の医師が執筆した情報の方が専門性が高いと言えます。

権威性

次に重要となるのは「権威性」です。権威性は「E-A-T」の「A」である「Authoritativeness」に該当し、発信者の権威に関する項目です。

医療情報の発信では医師による発信の方が専門性の面で評価されると解説しましたが、権威ある「医師」との職業に就いている人物が発信していることは、記事の権威性を高めることにも繋がります

信頼性

Googleにおいては記事の「信頼性」も重視されています。「E-A-T」における「T」に該当する「Trustworthiness」。SEOに強い記事の書き方では専門性と権威性が重要だと解説しましたが、信頼性は専門性と権威性により確立されると言えるでしょう。

例としてあげている医師による医療情報の提供では、医師との職業に就いている人物による「権威性」と、専門家が執筆した記事との「専門性」により、記事全体に「信頼性」が生まれると言えます。

SEOに強い記事の書き方

SEOに強い記事の書き方

それでは3つのポイントを踏まえた上で、SEOに強い記事の書き方について解説していきます。SEOに強い記事を書くために必要なポイントを10の視点から見ていきましょう。

読者が何を知りたいのかを考える

まずは読者が何を知りたいかを考えましょう。対策するキーワードを検索するユーザーは、どのようなことが知りたいと考えて検索をしているのでしょうか?もしユーザーの悩みや疑問に対して、的確な答えを提示できるコンテンツを作成できたなら、SEOに強い記事となります。

実際に「Google が掲げる 10 の事実」では次のように記載されています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。…中略…

3. 遅いより速いほうがいい。
Google は、ユーザーの貴重な時間を無駄にせず、必要とする情報をウェブ検索で瞬時に提供したいと考えています。…中略…

出典:Google「Google が掲げる 10 の事実」(https://about.google/philosophy/?hl=ja)

企業の方針を語る際に、第一文目に「ユーザーの利便性」を記載するのがGoogleです。つまりGoogleの方針をふまえた上でSEOに強い記事を書くなら、「ユーザーの利便性」を再重視し、ユーザーの悩みや疑問にすぐに答えられる記事を作成することが欠かせません。

興味を引き付ける記事タイトル

ユーザーが必要としている情報を与える記事が完成したら、次にユーザーからの興味を引く記事タイトルを考案しましょう

どれだけユーザーにとって有益で品質の高い記事が完成しても、ユーザーから閲覧してもらえなければ意味がありません。「あなたの欲している情報が掲載されている」とのことが伝わるようなタイトルをつけ、多くの検索結果の中から選んでもらう必要があるのです。

ユーザーは検索結果一覧を見て、どの記事を読むべきか瞬時に判断しています。ユーザーからクリックしてもらえるように、興味・関心を引く記事タイトルを考えてください

読みやすい文章を意識

SEOに強い記事の書き方を実践するには、読みやすい文章を意識することも大切です。たとえ必要な情報が掲載されていたとしても、読みにくい文章は読まれません。ユーザーにとってストレスなく読み進められる文章を書くことが求められます。

読みやすさは見出しの使用やレイアウトにより変わります。たとえば見出しもなく、全体が文章だけの記事では読者にとって要点が掴みづらく、途中で読み飽きられてしまうでしょう。

またページいっぱいに文字がつまっている記事よりも、適度な長さで折り返されるレイアウトの方が読みやすくなります。箇条書きを用いたり、文字色を変えたりすることも読みやすさに影響する要素です。

読みやすさは記事を作成する段階でも意識するべきことですが、コンテンツを作り上げる段階でも重要となる要素です。

適切な文字数にまとめる

記事を適切な文字数にまとめることは、読みやすさにつながります。しかし適切な文字数は記事の内容や方針によって変わるため、一概には言えません。

ひとつのテーマを深ぼるような専門的な記事では、ある程度の文字数がある方がユーザーの満足度が高くなるはずです。しかしコラムのような短時間で情報を得るタイプの記事であれば、助長な文章は途中離脱を招いてしまいます。

SEOに強い記事の書き方では重要となることは、記事の内容や掲載するべき内容量に応じた適切な文字数にまとめることです。

独自性を出す

記事に独自性を出すこともSEOに強い記事の書き方では重要なポイントとなります。なぜならGoogleでは、独自性が高くユーザーにとって有益な「オリジナルコンテンツ」を高く評価しているためです。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

出典:Google検索セントラル「日本語検索の品質向上にむけて」(https://developers.google.com/search/blog/2017/02/for-better-japanese-search-quality?hl=ja)

Googleはユーザーエクスペリエンスを第一に考えているため、ユーザーにとって有用であるコンテンツを高く評価します。そしてユーザーにとって有用なコンテンツとは、独自性が高く他では得られない情報が掲載されている記事と認識しているのです。

SNSを利用する

記事のSEO対策効果を高めるには、SNSを利用することもひとつの方法です。SNSでのシェアもSEOにおける評価対象とされます。

SNSで多くシェアされている記事はトレンドであり、ユーザーにとって有用な記事であったと判断されます。さらにSNSでの記事拡散はブランディングの一環とも考えられるため、「E-A-T」を高める効果もあるはずです。

キーワードグルーピングを行う

SEOに強い記事の書き方では、キーワードグルーピングを行って複数の検索キーワードからの流入を目指すことも重要とされます。キーワードグルーピングとは検索キーワードは違うものの、検索意図が似ているキーワードをまとめ、キーワードを網羅することです。

たとえば「2022年 おすすめ キッチン家電」とのキーワードと「キッチン家電 通販」のクエリに対して、同じ記事内に2つのキーワードを盛り込むことによりキーワードグルーピングが完成します。

ただしキーワードグルーピングにおいてSEO効果が発揮されるのは、ユーザーの検索意図が似ているときのみです。Googleは検索意図をアルゴリズムにより解析しているため、キーワードグルーピングによって同じ検索意図を持つキーワードをグループ化させることで効果が現れます

コンテンツURLの設定を行う

記事が完成した後のコンテンツURLの設定も、SEO対策の効果を意識して行うようにしてください。コンテンツURLとは対象の記事にアクセスするためのURLのことですが、対策キーワードを含めるとユーザーから閲覧されやすくなります。

URLによるSEO効果は大きなものではありませんが、ユーザーにとってわかりやすい対策キーワードを含めたURLを用いると、コンテンツの情報がわかりやすくクリックされやすくなるため、検索順位が上位表示化されやすい傾向となります。

altタグの最適化

忘れがちな「alt」タグを最適化しておくことも欠かせないSEO対策のひとつです。altタグとは画像の情報を説明する要素のこと。検索エンジンは画像を認識できないため、altタグによって画像の要素を認識しています。

たとえばキッチン家電の使い方を画像化して掲載した場合、altタグに何も書き込まれていなければ検索エンジンに認識されません。しかしaltタグに「キッチン家電『◯◯◯』の使い方手順」と書き込めば、検索エンジンは「キッチン家電『◯◯◯』の使い方手順を解説する画像」と認識します。

altタグを最適化させることで画像検索にも表示されやすくなる傾向があるため、記事の内容だけでなく、altタグの内容も意識することが欠かせません。

コピペチェックツールで最終確認

SEOに強い記事の書き方にならいコンテンツを作成したら、最後にコピペチェックツールでコピペ率を確認しましょう。検索エンジンから「他の記事と類似率が高い」と判断されると、検索結果に表示されなくなることがあります。

Googleは独自性の高い記事を評価しているため、記事の作成が終わったら、コピペチェックツールで最終確認を行って他のWebサイトと重複しないようにしてください。

SEO記事作成にあたる注意点

SEO記事作成にあたる注意点

SEOに強い記事の書き方について解説してきましたが、SEO記事を作成するにあたって、次のような注意点を意識することも忘れないようにしてください。

不自然にキーワードを含めない

まずは対策キーワードを不自然に含めないことです。記事内に対策キーワードを多く含めようとして不自然な文章になってしまったり、大量のキーワードが含まれてしまったりする記事はGoogleのガイドラインに抵触してしまう恐れがあります。

あくまでも日本語の文章として自然な形で、適切な部分にキーワードを含めることがポイントです。

重複コンテンツを避ける

次の注意点は、重複コンテンツを作成しないことです。どれだけSEOに強い記事を作成したとしても、重複コンテンツとなればSEOの効果は高くなるどころか低くなってしまいます。重複コンテンツが複数ある場合、検索エンジンからの評価がコンテンツ間で分散されるためです。

他のWebサイトと重複しないことも大切ですが、同じように自社Webサイト内でも重複したコンテンツを作らないようにすることに注意が必要です。

記事の書き換えを定期的に行う

完成した記事を投稿したら、必要に応じて定期的に書き換えを行いましょう。検索エンジンのアップデートやユーザーニーズの変化により、過去に投稿した記事の評価が下がることもあり得ます。しかし時代に則した形で書き換えを行えば、常に検索上位を維持し続けることも可能です。

もし検索順位が下がってきた、流入数が少なくなってきたと感じられる記事があれば、検索エンジンの評価に適合するよう書き換えを行ってください

SEOに強いコンテンツの作り方や事例をより詳しく知りたい方は、こちらの記事でも紹介していますので、あわせてご一読下さい。

関連記事コンテンツSEOとは?実施するメリットや進め方・事例を詳しく解説

SEOに強い記事の書き方は10のポイントを踏まえて

SEOに強い記事の書き方は10のポイントを踏まえて

SEOに強い記事の書き方のポイントを10個解説してきましたが、ポイントに従って作成すれば検索結果で上位表示化されやすくなるはずです。

最も意識するべきことは、Googleでも重視されている「ユーザーエクスペリエンス」に沿うこと。ユーザーにとって親切で、有用となる記事を作成することが検索エンジンから評価されるために必要なことです。

しかしポイントを理解しても、実践して検索結果1位に表示されるようになる記事を完成させることは簡単ではありません。もしSEOに強い記事の書き方でお困りなら、キャククル運営元である全研本社にご相談ください。

全研本社ではこれまでに120業種のWeb集客・マーケティング支援を行ってまいりました。7,900件を超えるWebサイト運用で培ったSEOノウハウによって、ニッチな業界や専門性の高い市場でも検索上位表示を実現し、効果的な集客につなげています。まずは以下よりお気軽にご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ