実店舗型ビジネスで集客力を上げるためには、MEO(マップエンジン最適化)に対する理解と対策が欠かせません。

MEOの対策自体はそんなに難しくないため、個人レベルでも取り組むことができます。しかし、MEOの経験がなければ対策について調べても疑問や不安が先に沸いてきて、なかなか手が進まないということが考えられます。

また、パソコンやインターネットが苦手だったり、本業が忙しすぎて時間を確保できなかったりする場合も、MEOで結果を出すことは困難でしょう。

このような時に頼りになるのがMEOの専門業者です。確かな知識や技術を備えたプロに依頼することで、大切な時間と労力を無駄にせずMEOに取り組むことができます。

ただし、業者によって料金や契約内容はそれぞれ異なります。そのため「どこに依頼すべきかわからない」「相場がわからない」などと困っていませんか?

そこで、当ページではMEOを業者に依頼する際の参考として、料金・契約の形態や一般的な相場について解説していきます。

MEOの料金形態について

MEOの専門業者における料金形態は、大きく分けて「成果報酬型」と「固定報酬型」の2つに分類されます。どちらも一長一短ですので、目的や予算に応じて選択しましょう。

成果報酬型

「成果報酬型」とはクライアントの店舗がMEOで上位表示された場合、その日数に応じて報酬が発生する料金形態です。

Googleの検索結果では上位3枠の店舗が優先して表示されるため、基本的に「MEOで3位以内に入ること」を成果と定めている業者が多く見受けられます。

例えば日額1,500円のプランに申し込んで、3位以内に入った回数が1か月のうち20日間あった場合、1,500円×20日間=30,000円がその月の成功報酬となります。

成果が出なければ報酬も発生しないため、上位表示されていないのに料金を払うといった無駄が発生しません。固定報酬型に比べてリスクが低いため、様子見も兼ねてMEOに取り組みたいならこちらが最適です。

その一方、全体的な報酬額は固定報酬型より高く設定されています。一定期間中に成果が出なければ途中解約できるケースもありますが、解約金を請求される可能性が高いので注意が必要です。

また、成果が発生したかどうかは業者が用意しているMEOの順位チェックツールでの確認が基本です。エクセルやスクリーンショットで報告するような業者は信頼性が低いため、避けたほうが無難でしょう。

固定報酬型

「固定報酬型」とはMEOで成果が出たかどうかに関わらず、期間ごとに定められた一定の報酬が発生する料金形態です。

例えば月額30,000円のプランに申し込んだ場合、1か月後に上位表示することができなかったとしても、きっちり30,000円を支払う必要があります。

必ず報酬が発生するため、クライアントにとって一見リスクが高いように思えます。しかし、固定報酬型ならではのメリットも存在します。

まず成果報酬型に比べると、1日あたりの報酬額が低く設定されています。つまり毎日のように成果が出るなら、固定報酬型のほうがトータルコストを抑えることができるのです。

さらに、契約期間が長いほど料金も安くなることが多いため、最初からMEOにしっかり取り組みたいなら固定報酬型がオススメです。

固定報酬型で申し込む場合は少しでもリスクを低減できるよう、過去の実績やユーザー評価をしっかり見極めて業者を選びましょう。

また、業者によっては固定報酬型でも成果が出なかった時の保証として、返金対応を導入しているケースもあります。この辺りもしっかりチェックしておきましょう。

MEOの契約形態について

契約形態も業者によって様々ですが、特に着目しておきたい部分は下記の4つです。

  • 対策キーワード数
  • 契約期間
  • 計測地点
  • 対策内容

それでは、1つずつ解説していきます。

対策キーワード数

MEOで上位表示を狙うためには、実際にどんなキーワードで店舗が検索されているか把握することが大切です。

しっかりした専門業者ならその辺りの知識やノウハウを持っているため、対策するべきキーワードを的確に判断・選定してくれます。

実際の契約では4キーワードを「対策キーワード」として設定することが一般的です。成果報酬型なら1キーワードでも成果が出れば報酬発生、といった仕組みになります。

また、業者によっては4キーワード以上対策してくれる場合があります。それ以外にも対策キーワードの競合数、店舗のエリア事情などを加味しながら、最終的に支払う料金が決定されます。

一方、クライアントからは「対策キーワードを1つに絞って欲しい」という要望がよく上がるそうです。しかし、MEOで上位表示を狙うなら対策キーワードを絞ることはむしろ逆効果です。

なぜなら1つに絞ったとしても、そのキーワードで必ず上位表示されるとは限らないためです。加えてキーワードの競合数が多いなら、上位表示は困難と言わざるを得ません。

そこで複数の対策キーワードを設定しておくことで、上位表示を狙える可能性が高まります。仮に4キーワードを設定している場合、1つダメになっても残りの3つで成果が出れば、MEOとして十分効果的なのです。

さらに、複数の対策キーワードが全て上位表示されれば、その数だけMEOの効果も上昇することも期待できます。これらを踏まえると、キーワードを1つに絞り込む必要性はないと言えるでしょう。

契約期間

契約期間は一般的に大体6か月~12か月で設定されていますが、業者によっては3か月程度の短い契約を結べることもあります。

また、料金形態によっても契約期間の違いが出てきます。成果報酬型なら「成果が出た日から〇か月後の月末」といった契約が主流です。

これに対して固定報酬型は「MEOの対策を始めた日から〇か月間」という契約になります。成果の有無に関わらないという点は料金形態と同じです。

契約期間において注意すべきことは自動更新です。例えば6か月契約を結んで期間満了になった場合、クライアントの申し出がない限り、契約期間は延長されることが大半です。

延長期間は1か月だったり6か月だったりなど一概には言えませんが、自動更新を止めたいなら早めに連絡する必要があります。「期間満了1か月前までに要連絡」など、すぐ手続きできるとは限らないためです。

契約期間や更新手続きについては、信頼できる業者なら事前に詳しく説明してくれます。逆にこの辺りの説明が不十分だと感じたら、契約を一度保留することも検討しましょう。

計測地点

MEOはGoogleマップと連動しているため、成果を確認するにあたって位置情報が重要です。

MEOで上位表示を狙いたいなら、基本的に「クライアントの店舗所在地の市区町村」の位置情報を使って計測する業者に依頼しましょう。

なぜなら、検索するユーザーの位置情報によって順位が変動するためです。上位表示されたとしても、計測地点が店舗から離れたエリアなら集客にはつながりにくいのです。

そのため、業者に依頼する際は計測地点について必ず確認しましょう。

対策内容

MEOの具体的な対策内容も業者ごとに異なります。対策によっては追加料金が発生する可能性もあるため、しっかりチェックしておきたい部分です。

  • Googleマイビジネスの登録設定
  • 投稿する写真の管理
  • 口コミ増加の施策
  • MEOの順位チェックツールの導入
  • Googleストリートビューの撮影

上記で挙げたものは一例ですが、ここでのポイントは「個人で取り組める対策もある」ということです。例えばGoogleマイビジネスの登録設定や写真の管理は、パソコンの基本操作ができれば簡単に行えます。

全て任せっきりにするのではなく、自分ができない部分だけ代行してもらえれば、その分コストを抑えられる可能性もあります。その辺りも契約前によく確認しておきましょう。

MEOの相場はいくらくらい?

ここまでの内容を踏まえると、MEOの依頼料金はばらつきが出やすいということがわかります。とは言え、一般的な相場は決まっています。

1か月あたり20,000円~40,000円が目安

MEOを専門業者に依頼する場合、1か月あたり大体20,000円~40,000円の料金が発生します。もう少し細かく言及すると、成果報酬型なら1日当たり1,000円~1,500円が目安となります。

これは料金・契約の形態が異なっても大きく変動しないため、一般的な相場として捉えることができます。契約内容にもよりますが、基本的にこの相場を超えれば割高だと考えてもらってOKです。

ただ、高額だからと言って検討の余地がないとも言えません。対策キーワード数を増やしたり業者ごとのオプションを付けたりすると、MEOの効果も飛躍的に向上する可能性があるためです。

逆に相場を極端に下回るような業者は結果を出せていない、もしくは悪質な業者である可能性が高めです。このような業者に依頼すると、MEOの順位が低下してしまう恐れもあるため、できる限り避けましょう。

初期費用が発生することも

業者によっては契約時の初期費用が発生することがあります。ただ、現状は初期費用無料で契約できるケースが大半です。

初めから無料に設定している業者もいれば、特定の条件を満たすことで無料にする業者もいます。この辺りはホームページや資料にも掲載されますので、事前によく確認しておきましょう。

なお初期費用がかかる場合、相場は大体30,000円~100,000円といったところです。こちらも業者や契約内容により変動しますので、一概には言えません。

初期費用無料の風潮が強い中であえて有料にする業者は、それだけ自信を持っているということです。予算次第ですが、検討してみる価値はあると言えます。

クオリティとコスパが両立したMEOなら全研本社にお任せ!

全研本社では、バリュープロポジション重視のWebマーケティング戦略ノウハウを活かしたMEOを提供しています。

集客・売上につながる最適なエリア選択やキーワード選択、競合性を加味したMEOなど確かなクオリティを持った対策を行いますので、期待以上の成果を得ることも可能です。

また、全研本社であれば、MEO対策はもちろん、効率的に検索結果シェアを獲得するブランディング施策を合わせてご提案することが出来るため、地域集客に力を入れているお客様にご満足頂いております。

自社だけの「地域NO.1戦略」のストーリーが欲しいようでしたら、お気軽にご相談ください。