インターネットの著しい発展に伴い、飲食店やエステサロンなどリアル店舗における集客方法も大きく変わってきています。

特に最近はWeb上でレビューや口コミをチェックしてから、店舗に行くかどうかを決めるユーザーが増えているため、Web集客がとても重要です。

また、ほとんどの業界でWeb集客は当たり前のように行われているため、1つの集客方法だけでは思うような結果が出ない可能性があります。

そのため、リアル店舗で集客を成功させたいなら、時代や業界に合わせた集客方法を選んで、多角的に取り組む必要があるのです。

そこで、当ページではリアル店舗の集客力を向上させるにあたり、特に重要となる6つのポイントについて解説していきます。

Webとリアルを組み合わせて考える

リアル店舗で集客するためにはWeb集客への取り組みが欠かせません。ただし、前提として「Web集客も完璧ではない」ということは理解する必要があります。

確かに今はネット社会と言われるほどインターネットが多用されているため、集客もWebを中心に考えなければなりません。

しかし、一方でWeb媒体を使わないユーザーも存在します。特に高齢者の方が多い地方では、チラシや看板といった昔ながらのアナログ広告のほうが好まれる可能性があるのです。

さらに、業界によってはWeb集客が既に飽和状態なので、そこから結果を出すのは容易ではありません。業界内に強い競合が存在するなら尚のこと困難でしょう。

そのため、これからの集客はWebだけではなくリアルにも目を向けることがポイントです。例えば、Web集客をメインにアナログな方法による集客にも取り組めば、より多くのユーザーに訴求できます。

また、普段の接客やサービスも当然ながら重要です。特にリアル店舗なら日頃の仕事ぶりがWeb上の評価にもつながるため、集客においてWebとリアルは関連していると考えるべきです。

MEO対策は必ず実行する

リアル店舗の集客に欠かせないものがMEO(マップエンジン最適化)です。

最近はスマホの保有率が急増していることから、インターネットの利用機器も8割近くがスマホになっています。そのため、ユーザーはいつでもどこでも情報収集できる状況にあるのです。

特にスマホではGoogleマップでの検索が多用されており、ユーザーは地図を調べるとともに店舗情報や口コミもチェックしています。

つまり、Googleマップの検索結果で自社を上位表示させることができれば、それだけ認知してもらいやすくなるため、集客にもつながるのです。

そして、検索上位を狙うためにはMEO対策が必要であり、取り組んでいるかどうかで集客力にも大きな差が生まれます。さらに言えば、MEOなしでリアル店舗の集客はできないと言っても過言ではありません。

顧客の心理に合わせたキーワードで検索上位を狙う

集客を成功させるためにはMEO対策以外にも取り組んで、より幅広いユーザーに訴求できる状況を作らなければなりません。

その中でもSEO対策はMEO対策と同じく必要不可欠です。SEO対策を実行することにより、GoogleやYahoo!などメジャーな検索エンジンで上位表示を狙えるためです。

そして、SEO対策では顧客となるユーザーの心理に合わせて、キーワードを選定する必要があります。検索されやすいキーワードで上位表示を狙えば、さらに集客力が高まるのです。

また、検索結果を面で取ることも重要になります。これは検索結果の画面において、自社の情報をできるだけたくさん掲載させるということです。

これらを実現するためにはポータルサイト、比較サイト、情報サイト、オウンドメディアなど複数のメディアを活用するのがオススメです。

ポータルサイトは安心感と信頼感のために登録

Web上には業界・業種ごとに特化したポータルサイトが数多く存在しています。飲食なら「ぐるなび」や「食べログ」が、不動産なら「SUUMO」や「athome」などが有名です。

有名なポータルサイトは検索結果でも上位表示されやすいため、自社を登録しておくことは集客に有効です。また、情報が載っていればユーザーに安心感・信頼感を与えられるため、それを踏まえても登録をオススメします。

なお、ポータルサイトを選ぶポイントとしては下記の3つが挙げられます。

  • 選定したキーワードで上位表示されているか
  • ユーザーからの口コミ投稿数が多いか
  • 掲載情報がしっかり更新されているか

これらを満たすポータルサイトは利用者数も多いため、多少費用をかけてでも登録する価値はあります。逆に掲載費用が安いからといって、人が来ていないポータルサイトに登録しても効果は薄いので避けましょう。

比較サイトは全国企業と肩を並べて選択してもらえるチャンス

比較サイトはその名の通り、特定の業界・業種ごとに企業を比較する目的で作られたサイトです。

比較サイトの大きな特徴は、基本的にどの企業も横並びで表示されることです。ちなみにポータルサイトも同じ特徴を持っています。

つまり全国展開している大企業や有名企業が競合に存在するとしても、比較サイト上なら同じ土俵で戦うことができるのです。

大企業もそれ以外もユーザーにしてみれば選択肢の1つなので、その中に加わるだけでも集客効果が期待できます。強力な競合との真っ向勝負は得策ではないので、比較サイトにも掲載しておくのがベストです。

自社の強みに合わせた集客のための情報サイトの構築

売上につなげるためには、すべてのユーザーを顧客にしたほうが良さそうに思えます。しかし、LTV(ライフタイムバリュー)の観点から考えると、これは適切とは言えません。

なぜなら、自社の強みと顧客の要望がマッチしないと顧客満足度が向上しないためです。顧客満足度が低いままだとLTVも上がらないので、長期的な利益を生み出すことはできないのです。

そのため、自社の商品やサービスが持っている強みをアピールして、それを求めるユーザーを呼び込めるような情報サイトを構築する必要があります。

ただ単に顧客を増やすだけでなく、継続的に利益を得られる流れを作ることで、初めて集客が成功したと言えるのです。

地域×オウンドメディアで地域の第一人者のブランディング

オウンドメディア(自社所有メディア)も集客やSEO対策にとって有効です。

オウンドメディアで自社の商品やサービスに関する情報を公開することにより、顧客となるユーザーの要望や悩みを解決できます。

このような議題解決アプローチはユーザーの安心感や信頼感を得られるだけでなく、自社のブランディングにも役立ちます。

特に地域性を出したオウンドメディアを作れば、地域の第一人者としてブランディングできるため、集客効果も大きく向上します。

その結果、高い成約率や満足度を得られるため、売上アップにも期待できるのです。

メディアの運用・更新は非常にタフな仕事

MEO対策やポータルサイトなら簡単に取り組めるものがありますが、それ以外は運用するだけでも大変です。情報の鮮度や盛り上がり感を出す関係で、定期的な更新も欠かせません。

そのため、自社で運用・更新を行うのは本業との兼ね合いもあり、非常に困難と言わざるを得ません。

また、メディアから集客につなげるためには、繁忙期までの「種まき」も重要です。あらかじめ情報という種をまいてユーザーの関心を集めておけば、後々大きな集客効果が期待できるためです。

さらに、繁忙期の更新性もユーザーの課題解決と訴求には重要ですが、ただでさえ本業が忙しい時期なのでメディアにまで手が回らないケースがほとんどです。

これらを踏まえると人員やスケジュールに余裕がない限り、メディアの運用は専門業者に代行してもらうべきでしょう。

メディアの運用代行なら全研本社におまかせ

全研本社では必要なメディアポータルの提案から、メディアの構築・運用代行まで、お客様のご要望に合わせて一手に引き受けます。

さらに自社のホームページの更新代行、SEO対策やMEO対策はもちろん、ブランディングにつながるエリア情報サイトを用いた総合的なWebマーケティングプランなどもご提供しています。

自社SNSの運用

リアル店舗に向いた集客方法として、他には自社SNSの運用も挙げられます。特にTwitter、Facebook、InstagramなどメジャーなSNSは利用者数も多いためオススメです。

SNSを集客ツールとして使う場合、重要なのはインプレッション(投稿表示回数)です。どれだけのユーザーに見てもらえたか、インプレッションの数値から測定できます。
この数値が高ければ、多くのユーザーに関心を持っているということです。SNSのインプレッションはWebの検索結果の表示と同じく、認知度や集客力に大きく関連してきます。

なお、特定のSNSしか使っていないユーザーも存在するため、複数のSNSを並行運用したほうが集客にとっては効果的です。

口コミの獲得

口コミはユーザーの8割以上が参考にしていることもあり、集客においても非常に重要です。

Googleマップやポータルサイトに登録しておけば口コミ機能を利用できるので、なるべく多くの口コミを投稿してもらいましょう。

口コミの内容はユーザー次第ですので、時にはネガティブな意見も投稿されます。しかし、その口コミからユーザーのニーズを把握できたり改善施策が生まれたり可能性もあります。

また、悪質な口コミは運営元に削除申請できることも覚えておきましょう。

アナログ広告の活用

Web集客に加えてアナログ広告を使った集客にも取り組む場合、重要なのは広告のデザインです。

特にチラシや看板はユーザーの興味を惹けなければ何の意味もないため、目に留まりやすいようなデザインにしなければなりません。

また、アナログ広告はWebに比べて情報量が限られています。そのため、ユーザーが求めている情報をしっかり選定した上で、瞬時に理解できるようデザインする必要があるのです。

デザインは経験がないと構成すらままならないので、これも専門業者に作成を依頼したほうがいいでしょう。

Web集客の準備を始めたいなら全研本社へ

リアル店舗における集客は、Web集客の準備があって初めて効果を発揮するものです。そのため、集客を考えているなら、Webを組み合わせて検討するようにしましょう。

そして、Web集客を実践する上で土台となるのは、MEO対策と顧客心理に合わせたWeb戦略です。まずはこの2つに取り組むべきであり、それ以外は余力があれば行う程度で構いません。

全研本社では5,000ものWebメディアを運用しており、そこからリアル店舗の集客とWebの組み合わせに関する最適なプランを導き出します。

業界ごとのベストな戦略をご提案できますので、Web集客を考えられているなら、ぜひお気軽にご相談ください。