地方は都心に比べて人口が少ない分、店舗の集客も難しいと思われがちです。確かに人口の差は集客にも影響するため間違ってはいませんが、やり方次第で地方でも都心に負けないくらい顧客を獲得することができます。

そこで、当ページでは地方の店舗経営者に向けて、特に知っておくべき集客方法を6つ紹介していきます。

集客のターゲットとなるユーザーは生活環境や情報ツールがそれぞれ異なるため、集客方法は1つに絞るより複数取り組んだほうが効果的です。相乗効果にも期待できるため、集客を成功させたいなら複数のアプローチで訴求しましょう。

アナログ集客は今こそ有効!

今はネットやスマホの発展によりWeb集客が主流になってきていますが、その一方でアナログ集客も注目されています。

Web集客が当たり前のように行われているからこそ、アナログな方法を使った集客も合わせて取り組めば、より幅広いユーザーに訴求できるのです。

その中でも「ポスティング」と「看板広告」はユーザーにとってわかりやすく集客効果も優れています。特に地方はネットやスマホを利用していない高齢者も多いため、アナログでの広告は需要が高いのです。

ポスティング

ポスティングはいわゆるチラシ投函のことです。アナログ集客において最もポピュラーな方法であり、今も多くの経営者に利用されています。

ポスティングの一番大きなメリットは、店舗の情報を広めたい地域に対してチラシを確実に届けられることです。折り込みチラシと違い、新聞を購読していないユーザーも訴求できます。

また、配布する地域や日時を細かく絞り込めるため、イベントに合わせてチラシを無駄なく届けられます。特に地元を中心に集客したいなら、店舗周辺地域へのポスティングは非常に有効です。

他にも手軽でコストがかかりにくいこと、チラシ以外にハガキやカタログなどを配布できるといったことも、ポスティングならではのメリットです。

一方ユーザーの興味を引けなければ、チラシは十中八九破棄されてしまうことがデメリットです。これを防ぐためにはチラシの内容はもちろん、目に留まりやすいデザインも考えなければなりません。

さらに、チラシに特典(割引クーポン券など)をつければお得感が出てユーザーの興味を引きやすくなるため、破棄を防ぐ対策としては有効と言えます。

また、世帯によってはチラシ投函やポスティング業者の立ち入りが禁止されています。地方で集客する場合、特に地元民のイメージダウンは致命傷になり得るので、該当する世帯へのポスティングは絶対に避けましょう。

看板広告

アナログ集客において、もう1つポピュラーと言える方法が看板広告です。

周辺道路から見える大型看板、建物や電柱に設置する看板、店舗の入り口付近に出すスタンド看板など、看板だけでも種類はたくさんあります。

これらの看板広告を使うメリットとしては、視認性に優れていることが挙げられます。店名やサービス内容を一目で伝えられるため、それだけ認知度も高まりやすいのです。

さらに、看板は基本的に設置場所が変わらないため、繰り返してユーザーの目に留まります。この反復効果も認知度向上には有効です。

また、看板は一度作ってしまえば壊れるまで使い続けることができます。基本的に初期費用以外のコストはほとんどかからないため、長い目で見ればとてもリーズナブルと言えます。

デメリットは掲載できる情報量が限られていることです。限られたスペースの中で必要な情報を、一瞬で理解できるように伝えなければなりません。看板は作り直しも難しいため、事前にユーザーのニーズを把握することが大切です。

他には地域の条例などにより、看板サイズや設置場所が制限されることも難点です。景観を損なうといった理由でデザインも制限される可能性があるため、看板を作るにあたってこの辺りも注意しましょう。

Web集客は必要不可欠!

アナログ集客は確かに有効ですが、これだけで集客を成功させることは正直困難です。あくまで今の主流はWeb集客であり、それは都心も地方も変わりません。

ビジネス内容や地域性にもよりますが、地方の店舗で集客したいなら地元以外のユーザーにもアピールすることが大切です。市外、県外と宣伝の輪を広げることで集客効果はさらに向上します。

Web集客は「やったほうがいい」のではなく「やらなければならない」と言えるほど必要性が高まっています。アプローチ手段はたくさんありますが、その中でも特にオススメしたい4つの方法を解説していきます。

地域名でのSEO対策

SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」のことです。例えばGoogleやYahoo!で検索するとサイトが一覧表示されますが、この検索結果の上位に表示させるための取り組みをSEOと言います。

サイトが上位表示されればユーザーの目に留まりやすくなるので、自然と認知度も高めることができます。店舗の認知度が高まれば、集客力向上というメリットを得られるのです。

そのため、店舗のホームページやブログなど自社サイトを運営している場合、SEO対策はぜひ取り組むべきです。逆に言えば、SEOが不十分だとサイトへのアクセス数が増えないため、集客にもつながりません。

特に地方なら「地域名+業種」や「地域名+サービス内容」といったキーワードで検索されやすいことを押さえておきましょう。より効果的なSEO対策に取り組むことができます。

SEO対策のデメリットとしては、成果が出るまで時間がかかるということが挙げられます。対策したからと言って急に集客できるわけではないため、根気よく取り組む必要があります。

また、本格的なSEO対策に取り組むなら専門業者に依頼するべきですが、当然ながら有料です。さらに、業者のレベルや料金も一定ではないため、情報収集や選定に時間がかかる可能性もあります。

ポータルサイトへの掲載

ポータルサイトとはインターネットの玄関口となるサイトのことです。GoogleやYahoo!もポータルサイトに該当します。


集客においては、業界・業種別に特化したポータルサイトへの登録も欠かさないようにしましょう。例えば飲食系なら「食べログ」や「ぐるなび」といった有名どころは押さえておくべきです。

このようなポータルサイトは無料で利用できることが多いため、お試し感覚で手軽に利用できます。また、有料プランに申し込めば、情報量を増やしたり目立つ位置に掲載したりすることも可能です。

ただし、ポータルサイトには他の店舗の情報もたくさん掲載されています。そのため、サイトの構造や競合の数によっては、自分の店舗がユーザーの目に留まりにくい可能性もあります。

MEO対策

MEO(Map Engine Optimization)とは「マップエンジン最適化」のことで、ローカルSEOとも呼ばれています。わかりやすく言うとGoogleマップのSEOといったところです。

Google(Googleマップ)で店舗を検索すると、マップ画像とともに店舗情報が表示されます。この部分にも順位の要素が含まれており、上位表示を狙うための取り組みがMEOです。

MEOの検索結果自体がサイト上部に表示されるため、SEO上位のサイトより視認性が高いことが大きなメリットです。

さらにMEOで上位3枠に入れば、ユーザーの目に店舗情報が真っ先に入るため、認知度や集客力が大きく向上することにも期待できます。

また、MEOはGoogleマップと連動しているため、マップ検索を多用するユーザーにも訴求することが可能です。店舗情報の画面から電話や経路検索も行えるため、ユーザーが行動を起こしやすいこともポイントです。

これらを踏まえると、地方で集客したいならMEO対策は極めて有効と言えます。SEOに比べて成果が出るまでの時間も短いため、その観点からも特にオススメできる方法です。

尚、MEOの店舗情報は「Googleマイビジネス」というツールを使って登録・管理します。これは無料で利用できる上に使い方も簡単なので、MEO対策は個人レベルで取り組むことも十分可能です。

MEO対策は低リスクですが、あえてデメリットを挙げるならGoogleマイビジネス運用の手間がかかるということです。店舗情報に加えて口コミや写真も順位に影響するため、コンテンツはしっかり管理する必要があります。

エリア情報サイトへの掲載

地方で集客したいならエリア情報サイトを利用するのも有効です。エリア情報サイトとは特定の地域にフォーカスを当てて、テーマに沿ったコンテンツを提供するサイトです。地域密着型の情報サイトとも言えます。

例えば東京都内にある矯正歯科を比較するサイトや、大阪市内のエステサロンをランキング形式で紹介するサイトなど、エリア情報サイトの種類は様々です。

ポータルサイトと異なり1つの地域に特化して情報を掲載するため、地方の店舗も取り上げてもらいやすくなります。その結果、認知度や集客力も向上させることができます。

また、エリア情報サイトを利用する際は、業界別に情報を掲載しているサイトのほうがオススメです。地域別にまとめられていても業界がバラバラだと情報の統一性がないため、集客にはあまり向いていません。

地域と業界がしっかり明確化されているエリア情報サイトを利用することで、売上につながる集客が実現するのです。

地方での集客なら全研本社におまかせ!

ここまでの内容をまとめると地方でもWeb集客をメインに、アナログ集客は並行して取り組むものと認識したほうがいいということがわかります。

特にユーザーの最終的な意思はWebが関わることで決まりやすいため、その観点からもWeb集客に注力するのがベストです。

そして、Web集客においては想定したキーワードによる検索結果画面を埋めて、店舗をユーザーに認知してもらうことが大切です。

そのために必要なSEO対策やMEO対策、ポータルサイトやエリア情報サイトを使った地域ナンバーワン戦略については、全研本社におまかせください。

業界別の集客やエリアマーケティングのノウハウに精通した専門家が、お客様のニーズに合ったプランをご提案していきます。

また、全研本社では業界別に視点を置いたエリア情報サイトも取り扱っていますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。