ネット集客において「MEO対策」というものがあります。SEOならご存知の方も多いのですが、MEOはまだまだ認知されていないのが現状です。しかし、SEOと同じくMEOも最適化しているかどうかで集客率に大きな影響を及ぼします。ネット集客で確かな結果を出したいのならMEOの概要と、対策を行うことによるメリット・デメリットを理解しておきましょう。

そもそもMEOとは?

MEOとは「Map Engine Optimization」の略称であり、日本語に訳せば「マップエンジンの最適化」になります。もっとわかりやすく言えば、グーグルマップのSEOといったところです。

例えばグーグルで飲食店を検索した場合、検索結果画面にマップとともに店舗情報が表示されます。

こちらの画像だと赤丸で囲んだ部分になりますが、店舗情報にもSEOと同じく掲載順位の要素が含まれています。つまり、この部分を最適化して上位表示を狙うことがMEOであり、それに準じる方法がMEO対策なのです。

MEO対策におけるメリット

MEOをよく知らない場合、対策するだけの価値があるのか疑問に感じられるかもしれません。

そこで、MEO対策の具体的なメリットをまとめました。特に経営者ならチェックしておくべき内容が盛りだくさんです。

検索結果画面の上部に表示される

先ほどの画像のようにMEOの画面は検索ボックスのすぐ下に表示されるため、視認性が非常に高くなっています。

特にWEBページはファーストビュー(最初に表示される部分)が重要ですので、一目でわかる位置に表示されるMEOは有利と言えます。

また、MEOの下に続く形でSEOの検索結果が出てきますが、これはSEO1位より上位表示されるということです。つまり、競争の激しいSEOよりMEOはファーストビュー内に入りやすいのです。

労力をかけずに集客できる

MEO対策はお金をかけずに自分で取り組むことも可能です。なぜなら登録作業や口コミ獲得など、簡単な作業でも十分な効果を得られるためです。

その一方、SEO対策は専門的な知識が必要ですので、自分で取り組むのはなかなか困難です。また、近年のSEOはコンテンツSEO重視になっている為、費用が高騰しつつあります。

対してMEO対策はある程度の努力は必要ですが、口コミを集めるなどを通して自社でアカウントを育てることが出来ます。

現状だとライバルが少ない

冒頭でもお伝えしましたが、MEOはSEOに比べると認知度は低めです。

しかし、裏を返せばライバルが少ないということでもあるため、先にMEO対策に取り組めばそれだけで優位に立てるのです。

また、SEOは検索上位枠として10件表示されるのに対し、MEOは3件となっています。表示件数が少ない分、比較対象も減って競合しにくくなるため、ユーザーがアクセスする可能性も高くなるのです。

効果が現れるまでの時間が短い

ライバルの少なさもあって、MEO対策は効果が現れるまでの時間が短めです。

ジャンルや地域にもよりますがだいたい1か月~2か月、早ければ1週間程度で上位表示させることができます。

これがSEO対策だと3か月~6か月以上かかることも珍しくありません。そのため、時間帯効果もMEO対策のほうが優れていると言えます。

ユーザーが行動を起こしやすい

MEOの画面は検索したユーザーがすぐ行動に移せるように設計されています。

店舗や事務所までの経路、電話番号、営業時間などユーザーは知りたい情報をまとめて確認することが可能です。

特にスマホならワンタップで予約や問い合わせの電話ができるなど、急増するスマホユーザーにも対応している点は見逃せません。さらに、ホームページがあればそちらに誘導することもできます。

口コミを掲載できる

今や口コミはユーザーの8割以上が参考しているため、ネット集客を成功させるためには欠かせない存在です。

MEOの画面では経路や電話番号に加えて、ユーザーが投稿した口コミを閲覧できるようになっています。

さらに、口コミ内容に関してはグーグルがしっかり管理しており、悪質なサクラや荒らしは基本的にありません。情報の信頼性や安心感は集客にも好影響を与えるため、ユーザーが良質な口コミを閲覧できるという点は大きなメリットです。

MEO対策におけるデメリット

ここまでMEO対策のメリットをお伝えしてきましたが、MEOも完璧ではありません。

メリットだけでなくデメリットもしっかり理解しておけば、本当に活用すべきか判断材料として役立つでしょう。

実店舗型のビジネス以外だと効果が薄い

MEOはグーグルマップと連動していることから、実店舗型のビジネスで最大限の効果を発揮します。

わかりやすい例を挙げれば、飲食店や整体院などマップ上で実店舗を確認・登録できるものです。逆にネットショップといった実店舗を持たないタイプのビジネスなら、MEO対策の恩恵は受けにくいでしょう。

強いていうなら、何かしらのビジネスを行うとき、採用面での指名検索時に書かれている口コミを参考にされるといったブランディング面でも訴求をすることになります。

口コミを投稿してもらう必要がある

MEOにおける口コミの重要性やメリットは先にお伝えした通りですが、掲載するためにはユーザーから投稿してもらわなければなりません。

ただし、口コミは放っておいて集まるものではありません。お客さんに依頼したりキャンペーンを行ったりするなど、何らかの行動が必要になることを想定しておきましょう。

良い口コミばかり集まるとは限らない

口コミはユーザーの声がそのまま公開されますので、辛口な意見が来ることも当然あり得ます。

MEOの口コミは明らかな誹謗中傷などを除き、原則として削除できません。ネガティブなイメージを持たれるのは避けたいところですが、口コミを利用する以上このリスクは避けられないのです。

万が一ネガティブな口コミを書かれてしまった場合には真摯な返答を行い、サービス改善に務めましょう。その姿勢も他のユーザーから見られています。

実店舗を経営しているならMEO対策は必須!

メリットの項目でもお伝えしましたが、MEOの恩恵を一番受けられるのは実店舗型のビジネス、さらに修理関係や葬儀などといった緊急需要でもすぐに売上に繋がるユーザーを獲得することも可能です。

特に地域に根付いた店舗を経営しているなら、MEO対策は必須と言っても過言ではありません。検索結果画面上で自社広告の占有率をアップさせれば、それだけ高い集客効果を期待することができるのです。

MEOにはデメリットもありますが、それを補って余りあるメリットが得られるため、ぜひ注力してみてはいかがでしょうか。

全研本社が提供するMEO対策とエリアWebマーケティングとは

全研本社が提供するMEO対策は、クライアント様のバリュープロポジションとユーザーニーズをマッチさせた上で対策を行います。また、googleマイビジネスはクライアント様も育てていかなければならない為、それにおけるコンサルティングや仕組みについてもご説明をしています。

また、地域に根差した業者様やサービスをまとめた情報サイトを展開することで、1社様だけのブランディングをしていく仕組みを提供することが可能です。そのため、MEO対策とエリア情報サイトを用いた独自のエリアマーケティングプランをご提供することが可能です。

エリア内で差別化をしたい、自社の強みが分からずどのようなマーケティング戦略が適切か分からないというお悩みがございましたらお気軽にご相談下さい。