「求人を出しているのに応募が来ない…」といったお悩みはありませんか?

就職・転職に関して、ここ数年は求職者に有利な売り手市場が続いていると言われています。逆に言えば、企業側は優秀な人材を確保するのが難しくなっているということです。

そのため、今まで以上に求人募集に力を入れる必要がありますが、ここで重要となるポイントが集客です。求人は「求職者に対して訴求する広告」とも言えるため、集客のノウハウが大いに役立つためです。

そこで、当ページでは集客の視点も取り入れながら、求人募集の方法について紹介していきます。

集客力に優れた求人募集方法

集客力の高い施策
求人も集客と同じく、ユーザーに自社の情報を知ってもらうところから始まります。求人におけるユーザーとは求職者、情報とは求人募集の内容です。

いかに魅力的な求人を出していたとしても、それが求職者に届かなければ意味がありません。そのため、求人募集も集客力に優れた方法で取り組む必要があります。

ホームページに求人ページ作成

インターネットの発展により、今や求職者はWebを使って求人を探すケースがほとんどです。

求職者は少しでも良い求人を見つけようとするため、情報収集に力を入れてきます。その際に情報源としてチェックされやすいのが「企業のホームページ」です。

つまり、自社のホームページに求人ページを作成しておけば、アクセスしてきた求職者に訴求できるのです。ホームページにまで来てくれるということは少なからず関心を持っている証なので、そのまま応募に繋がる可能性も高いと言えます。

求人ページは自社コンテンツとなるので、伝えたい情報を好きなだけ掲載することが可能です。外部の求人媒体と違って掲載期限もありません。また、コストや工数がかかりにくいことも自社コンテンツならではのメリットです。

ただし、求人ページを含めてホームページの管理・更新はしっかり行う必要があります。古い情報や間違った情報を掲載してしまうと、求職者の混乱を招いたり信用を失ったりする恐れがあるためです。

求職者にとってホームページも判断材料の1つになることを念頭に置いて、完成度の高い求人ページを作成しましょう。

Web求人媒体への登録

Web求人媒体とはいわゆる「求人サイト」のことを指します。代表的なものを挙げると「マイナビ」「リクナビ」「doda」などが有名です。これらの求人サイトはアクセス数も多いため、それだけ応募してもらえるチャンスも増えてきます。

求職者がWebを使って求人を探す場合、最初にたどり着きやすいのが求人サイトです。業種や地域を問わず数多くの求人が掲載されている上、知りたい情報に合わせて検索できるためです。

また、求職者のデータをもとにスカウトできることや、応募を24時間受付できるなど、求人サイトは企業側にとっても有用です。

求人サイトへの登録・掲載自体は難しいものではなく、採用プランの提案や掲載原稿の準備などを含め、担当スタッフがしっかりサポートしてくれます。

ただし、求人サイトに掲載する場合、人材を採用できたかどうかを問わず、掲載料金を支払う必要があります。1名も採用に至らなかったとしてもコストが発生するため、自社の求人ページに比べるとリスクは高めです。

掲載料金や機能は求人サイトごとに大きく異なります。実際の採用事例が公開されているケースもあるため、登録・掲載する前にその辺りも含めて確認しておきましょう。

求人雑誌への掲載

現在、求人雑誌の多くは駅やコンビニでフリーペーパーとして配布されているか、もしくは新聞の折込チラシなどに入っています。

求人ではアナログな紙媒体がまだまだ活用されています。特に求人雑誌はエリアごとに発行されているタイプが多いため、地方や郊外の求職者を採用したいならオススメです。

また、今はWebと連携している求人雑誌も増えてきているため、紙面とWebの両方から応募に期待することもできます。

求人雑誌の注意点としては、Webに比べて情報量が限られることが挙げられます。そのため、求職者がどんな情報が求めているのか把握した上で、本当に必要なものをピックアップして掲載することが重要です。

また、求人雑誌もWeb求人媒体と同じく、採用の成否に関わらず掲載料金が発生します。発行エリアや紙面のサイズによっても料金が変動するため、事前にしっかり確認しましょう。

自社とのマッチング度が高い求人募集方法

精度の高い施策
優秀な人材を採用するためには応募を増やすだけでなく、自社と求職者にとってマッチング度が高い求人募集の方法を考える必要があります。

企業が求める人材像、および求職者が求める会社像がマッチングすればするほど、お互いが納得できる結果に繋がるためです。

業務内容、勤務時間、給与、福利厚生などマッチングに関する項目は様々ですが、マッチング度を上げるなら処理能力に優れたWebを利用するのが最適です。

転職エージェントの利用

転職エージェントとは求職者と企業を仲介して、両者の要望をマッチングしてくれるサービスです。求職者と転職エージェントが面談など行ってから、お互いのニーズも踏まえて求人を紹介するシステムになっています。

そのため、企業側としてもマッチングした人材をピンポイントで見つけやすくなり、優秀な人材を採用できる可能性も増えるのです。

また、面接のスケジュール調整や給与交渉といったやり取りも転職エージェント代行してくれるので、より効率的に求人募集を行うことができます。

転職エージェントは基本的に成果報酬型なので、採用に至らない限り費用はかからないケースがほとんどです。その一方、紹介してもらった人材を採用した場合、採用人数に応じて手数料を支払う必要があります。

手数料の金額は転職エージェントによりますが、採用決定者の年収の約3割と設定されているのが一般的です。場合によっては数百万円以上の手数料が発生することもあります。

また、転職エージェントは大手企業を含めて多数の求人を取り扱っています。その中で自社を紹介してもらうためには、太いパイプを作る必要も出てくるので、優秀な人材をすぐ紹介してもらえるとは限りません。

採用サイトの作成

採用サイトとは企業のホームページに含まれる求人ページと違い、1つの独立したWebサイトとして作成するものです。

求人ページがあれば採用サイトは不要に思えるかもしれませんが、ホームページでは求人と関係しない情報も掲載されています。その中で求人募集を掲載しても、求職者にうまく伝わらない可能性があるのです。

また、今は採用サイトを通じて求人募集を行っている企業が増えているので、採用サイトの有無自体も求職者からの評価に繋がります。採用サイトがない=情報源が少ないと判断されると言ってもいいでしょう。

このような観点から求人ページと合わせて、採用サイトもぜひ作成することをオススメします。採用サイトも自社コンテンツとなるため、掲載内容や期間の制限を受けることはありません。

採用サイトをしっかり管理・更新すれば、自社に直接応募が来る可能性も増えるため、結果的にコストや工数の削減にも期待できます。

採用オウンドメディア制作

オウンドメディア
昨今の採用サイトは、オウンドメディアの形式をとっているケースが多く見受けられます。採用オウンドメディアには求人に関するコンテンツが充実しているため、求職者により強く訴求できるのです。

一部では「オウンドメディアリクルーティング」と呼ばれており、数ある求人募集方法の中でも特に注目を集めています。

コンテンツの例としては求人募集の要項はもちろん、事業内容、社内制度、スタッフのインタビューなど多岐に渡ります。また、文章だけでなく画像や動画を使えば、よりダイレクトに伝えることが可能です。

求人を出すだけでは採用が難しい現在、自社のリアルな情報を伝えられる採用オウンドメディアは必要不可欠になってきています。オウンドメディアを通じて自社への共感を呼びかけられるため、マッチング度が高い求職者も集まりやすいのです。

さらに、採用オウンドメディアは「いい会社があれば転職(就職)したい」程度に考えている潜在層にもアプローチをかけられます。オウンドメディアの特性上、採用サイトに加えて情報サイトの機能も併せ持っているためです。

これにより普段なかなか求人を見ないユーザーに加えて、他業種のユーザーも訴求できるため、今までにない人材を採用できるチャンスにも繋がるのです。

採用オウンドメディアを作成するとなると、コストや工数もそれなりにかかります。しかし、自社コンテンツになるので、長期的にみれば求人サイトや転職エージェントより採用単価を抑えることができます。

このように採用オウンドメディアによる求職者の集客は、これから転職(就職)を考えている顕在ユーザーはもちろん、ぼんやりと転職について考えている潜在的なユーザーを掘り起こし啓蒙することが出来る新しい採用方法になります。

自社にマッチしたいユーザーを集客する求人施策なら全研本社へ

採用オウンドメディアLP
ここまで求人募集の方法について解説してきましたが、どれも一長一短ですので予算や採用プランに合わせて選択することが重要です。

全研本社では、5500サイト制作・運用してきた経験を活かし、求職者はもちろん将来的に転職をするであろう潜在層に対してアプローチが出来る採用オウンドメディアを展開。

自社を深く知ってもらい、マッチング度合いの高い求職者の集客コンテンツから、大手や人気企業にとられがちな求職者を奪還するための他社との差別化コンテンツ等、貴社ニーズをお教え頂いた上でご提案をさせて頂きます。