佐賀県で集客に役立つ広告媒体9選!

佐賀県で集客に役立つ広告媒体9選!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

本記事では佐賀エリアを中心に集客をするための広告をオンライン、オフライン別で紹介しています。
また、地域に特化した媒体はあるものの、自社業界にマッチした広告媒体が見つからない…という場合には、

  • 例年定員割れだったのが、続々願書が届き入学可能人数を2倍にしても追いつかない
  • 年間100件以上の会員登録が増え、そこから大体月2棟が契約
  • 商材の強みや特徴を理解した上で反響に至るため、価格競争から脱却し受注単価が2.5倍になった

という見込み顧客の品質を重視したWebメディアによる集客施策ポジショニングメディア」という施策もあります。

詳しくは記事にて後述しています。

オフライン広告

英字新聞
広告媒体は大きく2つに分けられます。Webを使用しない「オフライン広告」とWeb上で広告を出す「オンライン広告」です。まずは、佐賀県でおすすめのオフライン広告を紹介します。

新聞広告

新聞広告は歴史の古い広告媒体で、現代においてもターゲットによっては効果が期待できます。新聞広告のメリットとデメリット、佐賀で広告を出せる新聞を紹介します。

新聞広告のメリット・デメリット

メリット

新聞広告の最大のメリットは、「信頼が得られる」ということです。多くの人は「新聞に載っている情報は信頼できる」と感じています。そのため新聞で自社の強みをアピールすれば、その強みを信じてもらえますし、会社や商品のイメージも良くなります。

新聞広告なら、年齢層が高い世代を狙って広告を出せる点もメリットです。新聞の読者には高齢者が多いため、高齢者向けの商品の広告であれば、大きな効果が期待できます。

デメリット

新聞広告のデメリットは、広告を見てもらう人を絞り込めない点です。新聞は多くの人に読まれており、興味や関心は人によってバラバラです。

広告を見た人の中には、商品に興味を持たない人も多くいるでしょう。特定の人だけをターゲットとした広告は、新聞には向いていません。

佐賀県の新聞広告募集例

佐賀新聞

「佐賀新聞」は佐賀県を中心に読まれている新聞です。佐賀県で新聞広告を出して集客したいのであれば、ぴったりの広告媒体だと言えます。

Fit ECRU

「Fit ECRU」は、佐賀新聞社が発行しているフリーペーパーです。佐賀新聞本誌に折り込まれて、読者のもとに届きます。女性の読者を意識した紙面になっているため、主婦など女性をターゲットにして広告を出す際におすすめです。

ラジオ広告

ラジオ広告なら、音声で自社の商品を宣伝できます。ラジオ広告のメリットとデメリットに加え、佐賀県で広告を出せるラジオを紹介します。

ラジオ広告のメリット・デメリット

ラジオ広告は音声のみという性質上、詳細な情報を伝えにくい反面、聞く人の想像力をかきたてやすいのが特徴です。

メリット

ラジオ広告のメリットは、「聞いた人に想像してもらいやすい」という点です。ラジオには視覚的な情報がないため、ラジオ広告を聞いた人は商品を使っている自分の姿を想像しやすいのです。

ラジオは時間帯によって、どんな人が聞いているかの傾向があるので、ある程度はターゲットを絞れるというメリットもあります。たとえば「早朝は高齢者」「朝と夕方は通勤・通学中の若い人」「昼は主婦」に向けて広告を出すと良いでしょう。

デメリット

細かい情報を伝えにくい点が、ラジオ広告のデメリットです。画像や映像の方が伝えやすい宣伝内容であれば、ラジオ広告を利用するのは避けましょう。

車の運転など他のことをしながらラジオを聞く人が多いため、広告だけに注意を向けてもらいにくい点にも留意しておく必要があります。

佐賀県のラジオ広告募集例

佐賀県で代表的なラジオ広告は次のとおりです。

FM佐賀

「FM佐賀」は、佐賀県のFMラジオ局です。完成したCMを持ち込むだけでなく、「CMソングを作りたい」「歌手やタレントに出演を依頼したい」などの相談にも乗ってもらえます。

NBCラジオ佐賀

「NBCラジオ佐賀」は、佐賀県に放送を行っているAMラジオ局です。CM料金はテレビCMと比べると安価です。費用面が気になるのであれば、問い合わせてみると良いでしょう。

交通広告

交通広告とは、電車やバスなどの交通機関や、その関連施設などに出す広告のことです。交通広告のメリットやデメリット、おすすめの依頼先を紹介します。

交通広告のメリット・デメリット

交通広告は、何度も自然に目にしてもらえるのが大きな特徴です。ただし公共性が高い分、掲載までのハードルも高い広告と言えます。

メリット

交通広告のメリットは、何度も繰り返し広告を見てもらえることです。たとえば通勤や通学で使う交通機関に広告があれば、行きと帰りの2回、広告を見ることになります。何日も積み重なることで、広告のメッセージが伝わりやすくなるのです。

外出先で見ることになる交通広告は、買い物をする場所に近い点もメリットです。広告を見て「この商品がほしい」と思った人が、すぐに近くのお店で買ってくれることを期待できます。

デメリット

交通広告には、掲載されるまでに時間がかかるというデメリットがあります。公共性が高い交通広告は、広告内容の審査などに1ヶ月ほどかかる場合もあり、すぐに広告を出したいときには利用しにくいです。

ポスターや看板は、他の広告と並べて張り出されることが多いため、注目が集めにくい点もデメリットです。自社の広告に目を向けてもらえるように、デザインを工夫する必要があります。

佐賀県の交通広告募集例

佐賀県で掲載可能な交通広告を紹介します。

門鉄美術宣伝株式会社

「門鉄美術宣伝株式会社」に依頼することで、JR九州の駅や車両の内部に広告を出せます。駅に貼られるポスターや車両の中吊りポスターなど、広告を出す場所は多様なので、効果的な場所を見極めましょう。

佐賀市営バス

「佐賀市営バス」には、バスを媒体とした広告を依頼できます。車内に張り出される広告だけでなく、ラッピングバスも利用可能です。車体全体を広告で覆った状態で道路を走ってもらうことで、大きな広告効果が得られるでしょう。

その他:庁舎への広告

佐賀県では、県庁の本庁舎などに広告を出せる有料サービスを提供しています。庁舎への広告のメリットやデメリット、広告料について紹介します。

庁舎への広告のメリット・デメリット

ターゲットがはっきりしていて、かつ庁舎を訪れる人に一致している場合に効果的な方法です。活用できる商材の場合は積極的に取り入れるとよいでしょう。

メリット

庁舎への広告のメリットは、ターゲットを絞りやすい点です。県庁で働く人や、公的機関に関係する人を集客したいのであれば、効果的な集客手段と言えます。

庁舎内に広告を出すことで、県庁を訪れた人に「きちんとしている企業だ」というイメージを持ってもらえる効果も期待できます。

デメリット

庁舎への広告のデメリットとしては、ほかのオフライン広告でも同様ですが広告の成果を測定しにくい点が挙げられます。「県庁の広告を見たから買った」という人がどれだけいたのかを把握することは難しいため、広告を継続して出すべきかを判断しにくいです。

広告料について

広告料は最も安い掲出場所では月額3,000円で、ポスターのサイズによっても異なります。広告料の最新情報は、こちらのWebサイトのリンク先でご確認ください(https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00366719/index.html)。

オンライン広告

タブレットで検索
現在はスマートフォンで情報収集をする人が増えているため、オンライン広告の重要性が高まっています。佐賀での集客を成功させるには、オンラインの広告媒体も活用しましょう。

地域メディアのバナー広告

集客したい地域が佐賀と決まっているのであれば、地域メディアのバナー広告が効果的です。メリットとデメリット、広告媒体を紹介します。

地域メディア広告のメリット・デメリット

メリット

地域メディア広告のメリットは、ターゲットの地域に住む人を狙って広告を出せることです。Web広告は世界中に配信できるのですが、そのぶん地域を限定して広告を配信するのは難しい場合も多いです。

ところが地域メディアであれば、訪れる人は地元の人が多いと予想できます。訪問者が絞られているのは、Web広告を出すうえで大きなメリットです。

デメリット

地域メディア広告では、多くの人に見てもらいにくい点がデメリットです。一般的に、地域メディアは訪問者が少ない傾向があるためです。

佐賀県の地域メディア広告募集例

サガプライズ!

「サガプライズ!」は佐賀県の情報発信による地域創生プロジェクトです。佐賀県に興味がある人に広告を見てもらえます。

EDITORS SAGA

「EDITORS SAGA」は佐賀県に住む編集者が発信するメディアです。バナー広告だけでなく、ニュース記事タイアップとしても広告を出せます。

その他:佐賀県の公式HP

佐賀県の公式HPにバナー広告を出すことが可能です。公的なHPに広告を出すことで、企業の信頼性の向上が期待できます。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください
ポジショニングメディアは、自社の商圏や業界、特性に合わせてWebメディアを立ち上げ、集客していく戦略です。

一般的な広告媒体だとアクセス数は多くあるものの、すべてのユーザーが自社に興味があるそうだとは限りません。
また、広告媒体側はたくさんの企業を掲載すればするほどマネタイズができるため、同時に掲載される競合数も多くなり埋もれてしまい、クリックされる確率はさらに減少します。

仮にその広告媒体からアクセスが取れたとしても、反響には至らなかったり、とりあえずの問い合わせをされたりと、成約に結び付けるまでに苦労と工夫をする必要があります。

ポジショニングメディアはサービス選びで迷うユーザーをナビゲートする役割を果たしており、
知識がないユーザーでも自分はどのサービスを選べばよいのかわかるようになります。
掲載側も自社の強みを理解した親和性の高いユーザーを集客することができるため、
成約までの質を担保した集客が可能になります。
もし、

  • 成約率の高いユーザーを効率的に集客したい
  • 無駄な反響を減らし、営業効率を引き上げたい
  • 自社だけの強力な集客経路を構築し、安定的な集客を実現したい

とお考えでしたら、お役立ちできます。詳しくはこちらからご覧ください。
ポジショニングメディアについて
詳しく知る

ポジショニングメディア実績紹介

製造業のある会社は、新規の顧客が獲得できずに悩んでいましたが、ポジショニングメディアによって顧客獲得に成功しました。見込み客が他社製品も含めて比較できるメディアを読むことで、「自分たちの求めている会社だ」という評価を得られたからです。

ポジショニングメディア経由のお問い合わせの多くが商談に進み、成約率が上がりました。見込み客はメディアを通して知識を得ているため、勘違いや誤解が起こりにくくなり、お互いが満足できる取引がしやすくなる効果も得られたのです。

佐賀県の広告媒体は目的に合わせて選択

評価・評判
佐賀県の集客に使える広告媒体を紹介しました。それぞれの広告媒体のメリットとデメリットを理解したうえで、自社に最適なものを選びましょう。

キャククル運営元の全研本社では、120業種以上のWeb集客支援実績を基に、1社様ごとに最適なご案内をしております。
もし成約率の高いWebマーケティングにご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ