着付け教室の集客・広告戦略は「差別化」と「エリアマーケティング」で決まる!

着付け教室の集客・広告戦略は「差別化」と「エリアマーケティング」で決まる!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

着付け教室で利益を上げるためには、生徒数を増やすことが何より大切です。現在、Web広告媒体による集客が主流となっていますが、単にホームページを作ったりSEO対策を行ったりするだけでは、思うような成果は得られません。成否を分けるポイントは「差別化」と「エリアマーケティング」です。

着付け教室の市場状況について

着物のファッション化や訪日外国人観光客の増加により、着付け教室は近年注目を集めているビジネスです。大手企業・呉服店・個人事業者など経営スタイルを問わず、着付け教室の開業数・開講数も増加傾向にあります。

「着付講師」や「着付け技能士」の資格を取得すれば、着付け教室を開業できるのはもちろん、きものアドバイザーや和装スタイリストとしても働けます。そのため、独立や就職に役立つ知識・技術を学べるという点からも、着付け教室の需要は高まっているようです。

また、着付け教室には30代~60代の女性を中心に、幅広い年齢層の生徒が通っています。教室によっては20代前後の女性が多いケースもあるため、若い世代に絞って集客するのも一考です。

「USP」を意識した広告戦略で競合他社との差別化を図ろう

着付け教室の数が増加している現在、集客を成功させたいなら「競合他社との差別化」を図る必要があります。そして、差別化戦略を検討する場合、必ず理解しておきたい知識が「USP(Unique Selling Proposition)」です。

USPはアメリカ広告業界の先駆者、ロッサ―・リーブス氏によって提唱された考え方で、直訳すると「他では見られない独自の強みの提案」といった意味になります。

USPにおける3つの定義

USPを作成する場合、リーブス氏が提唱した3つの定義が重要になってきます。数ある選択肢の中から自社を選んでもらうためには、下記に基づいたプロモーションが必要不可欠です。

  • 広告は消費者に提案するものでなければならない
    単語や宣伝文句を並べただけの広告だと、なかなか集客することはできません。「これを買えば、こういった利益を得られる」ということを伝える必要があります。
  • 提案は独自のものでなければならない
    競合他社が取り組んでいない、もしくは真似しようとしてもできない、自社ならではの提案を伝える必要があります。
  • 提案は強力なものでなければならない
    競合他社にはない強力な提案を打ち出すことで、多くの消費者を自社へと引き寄せる必要があります。

これらの定義に基づくプロモーションの成功事例としては、宅配ピザチェーン店のドミノピザが非常に有名です。

熱々で美味しいピザを30分以内にお届けします。もし間に合わなければ、代金は頂きません。

このようなUSPを作ったことにより、ユーザー(消費者)へ「美味しいピザをすぐ食べられる」というベネフィットが伝わり、結果的にドミノピザは大成功を収めました。

「バリュープロポジション」も一緒に伝える

バリュープロポジション

競合他社との差別化を図りたいなら、USPに加えて「バリュープロポジション」を意識することも大切です。直訳すると「顧客価値」という意味になりますが、具体的には以下のような考え方を指しています。

  1. ユーザーが望んでいて
  2. 競合他社は提供できない
  3. 自社が提供できる価値

バリュープロポジションでは、特に「ユーザーが望んでいて」という点を意識する必要があります。競合他社には絶対真似できない、唯一無二の強みを作り出したとしても、ユーザーが望んでいなければ集客や売上につながらないからです。

もちろん、競合他社との違いを明確にすることは大切ですが、それに注力しすぎてユーザーニーズを見失ってしまっては元も子もありません。ユーザーニーズをしっかり把握した上で、自社独自の強みを洗い出すことが差別化戦略の成功プロセスなのです。

エリアマーケティングを意識した広告戦略で地域ナンバーワンを目指そう

着付け教室の集客では「エリアマーケティング」も大切です。

エリアマーケティングとは、市場を地域単位(都道府県・市区町村・経済圏など)に区切って、各地域の戦略を展開することを言います。簡潔に言えば「地域に合わせてモノが売れやすい仕組みを作ること」です。

着付け教室はいわゆる資格スクールなので、ユーザーは“通いやすさ”を重視して選びます。また、地域によって人口・世帯数・年齢構成・競合他社の数などそれぞれ異なるため、効率的に集客したいならエリアマーケティングは必要不可欠です。

「商圏」を把握することが大切

エリアマーケティングを成功させたいなら、自社が集客できる範囲「商圏」を把握することが大切です。商圏はターゲットに設定した地域の統計データや地理情報、ユーザーの行動パターンから割り出すことができます。

また、GIS(地図情報システム)といったソフト・ツールを使えば、商圏を細かく分析することも可能です。商圏分析によって、ユーザーや競合他社の動向が見えてくるので、より精度の高いプロモーションを仕掛けることができます。広告費や労力の低減にもつながるため、エリアマーケティングと商圏分析はセットで考えて実行しましょう。

エリアマーケティングとバリュープロポジション

差別化戦略の解説で触れたバリュープロポジションは、エリアマーケティングにおいても重要です。バリュープロポジションと地域事情を照らし合わせて、その地域に合った価値を伝えれば、さらなる集客効果に期待できます。

特に強力な競合他社が同じ地域内に存在する場合、自社だけが提供できる価値を全面的にアピールして、独自のポジションを手に入れることが大切です。同じフィールドで戦おうとしても、ライバルが強すぎて集客できなかったり、地域内での価格競争に陥ったりする可能性があります。

真っ向勝負を挑むのではなく、違う切り口から攻めることで、自社が地域ナンバーワンになれるポジションを確立しましょう。

実行するべきWebエリアマーケティング広告手法

現在、ホームページなどのWeb媒体による集客が主流となっていますが、着付け教室に関してはポスティングチラシなどのアナログ媒体も依然有効です。ただし、オンライン・オフラインの両面からアプローチする場合、最終的なゴールはWeb媒体に設定する必要があります。

なぜなら、アナログ媒体をチェックしてくれたユーザーは、必ずと言っていいほどWeb上で情報収集しようとするからです。Web媒体によるクロージングができないと、せっかく興味を持ってくれたユーザーが離れてしまう恐れもあります。

そのため、着付け教室の集客に取り組む場合、やはりWeb媒体は欠かせません。Web媒体と一口に言ってもたくさん存在するので、差別化とエリアマーケティングの観点から特にオススメしたい手法を紹介していきます。

ホームページの制作・リニューアル

ユーザーが着付け教室の情報を集める際、ほぼ確実にホームページを探します。ホームページを持っていない場合、それだけで企業としての信頼性が低下するため、すぐに制作するべきです。

ホームページを持っていても、更新が滞っていたりデザインや機能が古すぎたりすると、集客にも悪影響が及びます。特にホームページから問い合わせができないと、訪問してくれたユーザーが離れてしまうため、ご連絡フォームなどを設置することが大切です。

また、ホームページに掲載する情報も重要になってきます。コース・受講料・申し込み方法・教室一覧といった基本的な情報はもちろん、独自の強みや口コミといった情報も載せたいところです。

必ずしも流行りのデザインにする必要はないため、視認性や操作性を重視して作りましょう。

SEO対策

ホームページのSEO対策を実行すれば、検索結果の上位に表示させて、アクセス数を増やすことができます。「地域名+着付け教室」といったキーワードで検索される可能性が高いので、自社の商圏を踏まえて検索キーワードを選定することが大切です。

また、検索エリアによって検索結果は変わってくるため、特にSEO対策を業者へ依頼する際は注意しましょう。

Googleマップ・Googleマイビジネス

地域名を入れて検索すると、Googleの検索結果に加えて「Googleマップの検索結果」が出てきます。後者は地図情報だけではなく、店舗情報(社名・営業時間・電話番号・口コミなど)も表示されるため、ユーザーの目に入りやすいことが特徴です。

店舗情報は「Googleマイビジネス」というサービスで管理しますが、基本的に無料で使えます。また、Googleマイビジネスに登録すれば、有料サービスの「Google広告」と連携することも可能です。Googleはもちろん、Googleマップにも広告を出せるため、より多くのユーザーにアプローチできます。

ポータルサイトへの登録

ポータルサイトとは、不動産であれば「スーモ」「アットホーム」、リフォームであれば見積もりサイトである「ホームプロ」「リフォームナビ」、美容室なら「ホットペッパービューティー」といったのクーポンサイトなども該当します。着付け教室の場合は、残念ながら業界に特化したポータルサイトがないため、登録をすることができません。

代わりに、「ポジショニングメディア」を活用することによって、自社商圏にあった着付け教室を探しているユーザーに向けて情報発信をすることができます。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは、特定の地域やジャンルに特化したポータルサイトのようなものです。着付け教室は地域名と合わせて検索されやすいこと、検索エリアによって「着付け教室」と検索しても検索結果が変わることから、ユーザーにとって情報収集の大きな助けとなります。

一般的なポータルサイトと違い、ポジショニングメディアではその会社の特徴や強みをアピールできるよう、自然な導線を作ることが可能です。バリュープロポジションの抽出から行うため、自社がどのポジションで戦えばいいのか分かり、さらにその見つけたポジションをユーザーに伝え、地域内ブランディングをすることができます。
ポジショニングメディアとは?
バリュープロポジション漫画

着付け教室の集客・広告戦略はユーザーニーズを意識して実行しよう


着付け教室の集客では、差別化とエリアマーケティングを意識しつつ、ユーザーニーズに合った集客施策を実行することが大切です。

全研本社では、7000以上のWeb集客案件に携わってきた経験・実績を活かし、USP、バリュープロポジションに則した集客施策を1社ごとに提案しています。

ユーザーから選ばれる着付け教室を目指したい、自社がどの市場へアプローチをすべきか悩んでいるなどお考えなら、お気軽にご相談ください。
お問合せはこちら

ページトップへ