工事管理システムを徹底比較!サービスの特徴や費用、導入事例、口コミ評判などをリサーチ

工事管理システムを徹底比較!サービスの特徴や費用、導入事例、口コミ評判などをリサーチ
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

おすすめ工事管理システムを一挙紹介!導入メリットや選定ポイントをチェック
いくつもの業務を同時進行しなければならない建築現場では、現場管理がとても重要です。責任者は工事スケジュールや各業者との契約、経理関係などを取りまとめなければなりません。工事管理システムを導入することで、バラバラに管理されていた業務や関連書類等をデジタル管理できるため、迅速なタスク処理や生産性の向上などが見込めます。

ここでは、多彩な機能を搭載している工事管理システムを独自調査。各システムの特徴や費用、口コミ評判などをまとめて紹介しています。工事管理システムの導入を検討中の方はご参考にしてください。

工事管理システム一覧表

さまざまな建築現場で活用しやすい工事管理システムを一覧表にしてまとめました。システムによって特徴が異なるため、導入する際には目的に適したものを選ぶことが大切です。画像をクリックすると、資料ダウンロードページに移動するのでご活用ください。

システム名 システムの特徴 費用目安
工事管理システム「ダンドリワーク」サイトキャプチャ画像
【PR】ダンドリワーク
最新情報を更新!必要な情報を瞬時に引きだせる
・全ての情報をクラウドで一元化!現場管理に役立つ機能を網羅
・誰でも分かりやすい操作性で世代を問わず使いやすいデザイン
・異なる元請会社の情報もワンシステムでシームレスに閲覧可能
資料ダウンロードはこちら >>
初期費用:200,000円~
月額利用料:19,800円~
工事管理システム「現場一番」サイトキャプチャ画像【PR】現場一番 元大工が考案!ライブカメラでいつでも現場状況を把握できる
・リアルタイム映像で離れた場所からでも現場の様子が分かる
・顧客満足度を高める機能が充実!施主参加型の施工管理アプリ
・大工出身者が現場視点で開発しているので使い勝手抜群
資料ダウンロードはこちら >>
ライト:9,800円
スタンダード:19,800円
ハイクラス:29,800円
ANDPAD
(アンドパッド)
専門工事から大規模工事まで対応可能なワンプラットフォーム 初期費用:100,000円
月額料金:契約プランによって決定
Photoruction
(フォトラクション)
建設現場を可視化!大手企業の導入実績が豊富な生産支援クラウド 初期費用:無料
月額料金:利用者数+ オプション料金
現場ポケット 初期費用0円!低コストで現場管理に欠かせない機能を標準装備 初期費用:無料
月額料金:11,880円
※年間契約
SiteBox
(サイトボックス)
小黒板を電子化できる土木現場向けのスマートフォン専用アプリ 要問合せ
SPIDERPLUS
(スパイダープラス)
使いこなせるまで徹底サポート!現場に合わせた多様な機能を搭載 要問合せ
Sitrom-CC
(シトロンCC)
建設業のための経営分析や原価管理を行うオールインワンシステム 初期費用:2,200,000円~
月額料金:165,000円
蔵衛門 写真・黒板・台帳・図面をクラウド管理して業務の見える化を推進 フリー:無料
プレミアム:月額880円/人
※10ライセンス
プロワン 業種や会社の規模、導入タイプごとに業務を集約し管理が行える 要問合せ
Craft Bank Office
(クラフトバンクオフィス)
無料テンプレートが充実!専門工事会社向けの施工管理システム 要問合せ
smart tag camera
(スマートタグカメラ)
専用アプリで撮影や記録、報告書作成等の業務をスマホ1つで完結 要問合せ
AnyONE(エニワン) すべての工務店業務に特化!利益をしっかり残す工務店向けソフト 要問合せ
建て役者 自社の業務や目的に応じてオンリーワンのシステムを構築できる ライト
初期費用:33,000円
月額:4,400円
スタンダード
初期費用:385,000円
月額:44,000円
プレミアム
初期費用:638,000円
月額:88,000円
施工管理+α 施行業務をまとめて管理できる工事現場から誕生した管理ツール 初期費用:220,000円
システム料金:19,580円/月
スマホ利用料580円/台
CONOCクラウド型
業務管理システム
業務改善や収益増加を叶える工務店・リフォーム会社向けシステム 月額料金:5,000円~
アラジンオフィス 多彩な業務や業態に対応!完成度の高い販売管理パッケージソフト 要問合せ
KANNAプロジェクト 同時並行で動く現場の進捗を横断的に管理できる施工管理アプリ 要問合せ
SAKSAK(サクサク) 多様な管理業務を統合して会社の経営管理をカタチにするシステム Limited
初期費用:415,080円
16,500円/アカウント
Standard
初期費用:635,800円
24,200円/アカウント
Premiun
初期費用:855,800円
28,600円/アカウント
BUILD-U Premium
(ビルドユー プレミアム)
現場と経営の情報をスピーディーに共有し企業全体の適正化を実現 初期費用:10,780円
店舗利用:8,800円/月
個人利用:2,200円/月
Kizuku(キズク) 職人にも浸透しやすい!チャットトークで施工現場をリモート管理 初期費用:110,080円
プロプラン30:22,000円/月
プロプラン50:33,000円/月
プロプラン100:55,000円/月
SMAC工事管理
(スマック工事管理)
柔軟なシステム構築であらゆる業種の多様な業務をバックアップ ソフトウェア料金:110,000円~
オプション料金:50,000円~
追加ライセンス:88,000円~
保守サポート料金:2,750円/月~
現場Plus 画面の指示に従ってタッチするだけの使いやすい操作性が魅力 初期費用:11,000円
月額料金:11,000円
brick(ブリック) さまざまな業務アプリと連携しながら多様な業務フローを整理 Starter:10,890円/月
Business:43,890円/月
Enterprise:104,500円/月
e2-movE 工事管理
(イー・ツゥー・ムーブ工事管理)
建設業や工事業のお金に関連する全ての業務をワンストップで提供 要問合せ

【PR】最新情報を更新!必要な情報を瞬時に引きだせる

ダンドリワークは、忙しい建築現場で働く方々のための現場管理システムです。全ての情報を一ヵ所に集約できるので、パソコンやスマートフォンから欲しいデータをスピーディーに取り出すことが可能です。情報更新や連絡事項の発信も簡単に行えます。

導入前には業務内容や作業工程などをヒアリングし、企業ごとに適した運用方法を提案。導入した後も、専属サクセスチームが課題を改善しながら継続して利用していくためのアフターフォローを行ってくれるので、業務を効率化させて事業を成功へ導いてくれます。

ダンドリワーク

工事管理システム「ダンドリワーク」サイトキャプチャ画像画像引用元:ダンドリワーク公式サイト(https://dandori-work.com/)

\建築現場出身者が開発!/

ダンドリワークの特徴

細かな権限設定で大事な情報をすぐにチェックできる
ダンドリワークは、建築現場の効率と品質のカギを握る段取りに注目。施工管理や現場管理をスムーズに行うためのアプリケーションです。利用者1人1人に個別のアカウントを付与する1人いちID方式を採用しているため、個々に必要な情報をピンポイントで配信することが可能。1人ひとりの閲覧履歴や個人別の利用率を把握できるところが魅力です。

建築現場では、会社や立場も異なるさまざまな人が携わっているため、ユーザーごとに閲覧範囲や編集権限を設定できるところも特徴のひとつ。内部統制や情報セキュリティー面にも配慮した設計になっているので、多数の業者が同じシステムを利用することができます。

\更新情報ごとに個別設定ができる/

ダンドリワークはこんな企業におすすめ

  • 年配の職人さんでも簡単に使える工事管理システムを探している
  • 共有した情報をきちんと確認しているかチェックしたい
  • 複数の元請会社の情報を1つのシステムで把握できるようにしたい

ダンドリワークを選ぶべき理由

【理由1】現場管理に必要な機能を実装!あらゆる情報をクラウド上で一元化

施工現場に欠かせない情報をはじめ、図面や現場写真などの資料をすべてクラウド上に統合。電話やFAX、メールなどで起きやすい伝達ミスや連絡の手間を回避し、施工現場に関する全ての情報と進捗をまとめて管理することができます。

ダンドリワークには、図面や各種資料といった現場情報はもちろん、コミュニケーションを円滑に行うための掲示板や現場コメント機能を標準装備。必要に応じて、多様な形式の工程表や受発注管理、現場の勤怠管理まで、建築現場に携わる方のための便利機能を取り揃えています。

【理由2】誰にでも分かりやすい画面デザインで直感的に操作できる

幅広い年齢層が集まる建築現場では、システムの操作性も重要です。ダンドリワークは、ITシステムやデジタル機器に抵抗を感じている方々にも易しいシステムを追求。現場出身のスタッフが自らの体験に基づいてシステム設計をしているので、現場に寄り添った使いやすい操作性が特徴です。

また、日々利用しているユーザーのニーズを積極的に吸い上げてアップデート。システム開発を継続的に行いながら、現場管理のためにより良いサービスを提供できるように改善しています。

【理由3】1つのシステムでさまざまな業者情報をシームレスに閲覧可能

建築現場には複数の元請会社が出入りしているため、閲覧したい現場の元請会社が異なる場合はその都度ログインが必要な管理システムもあります。しかし、ダンドリワークは、ログアウト・ログインは一切不要。一つのログインID・パスワードで元請会社の情報を全て閲覧することができます。

更新した情報を一斉に共有することだけでなく、特定のユーザーに限定して送信することも可能。直近で更新した情報をまとめて通知したりできるので、ユーザーごとに知らせる情報を細かく設定できるようになっています。

\権限設定でセキュリティーも安心/

ダンドリワークの導入事例

業務全体を効率化できるようになりました

やっぱり紙の書面に残して見えるようにすると、どうしても管理も煩雑になってしまいがちです。ですので、施工管理アプリで情報を管理することで業務がスムーズに行えます。

特に私たちぐらいの5~10人くらいの規模の会社なら十分に使えるアプリです。大きな会社や営業店さんの場合はいろんなスタンスがあると思いますが、特に私たちのように営業もやり、工事もやりといった会社の場合は、ダンドリワークは入れたほうが正解でしょうね。

参照元:ダンドリワーク公式HP(https://dandori-work.com/interviews/181/)

残業時間の削減に成功しました!

これまでは情報伝達に時間がかかっていました。たとえば、業者さんにFAXを送る時間など。ひと現場などだといいですが、担当現場が3~4くらいあると、全部で20~30社ほどの対応が必要です。

それに関する資料作りも時間がかかります。そうなると、昼間は現場に出て、事務所は夜の作業になることがほとんどです。その結果、帰る時間が遅くなります。

それがダンドリワークを導入してからは、若い子も私たちも含め、比較的早く帰れるようになりました。残業はかなり減っています。具体的には、残業が1番多い社員でも月に10時間程度です。昔は日曜日もないくらいの感じで月に20~60時間残業するのが常でしたね。
参照元:ダンドリワーク公式HP(https://dandori-work.com/interviews/219/)

情報共有がスムーズにできます

前はエクセルで工程管理をひとつずつ手作業していて大変でした。日程の変更もいちいちやっていたので、すごく手間がかかっていましたね、それがダンドリワークを導入することでなくなりました。

雛形を使うとポチポチやるだけで全部入りますし、弊社の場合は形を決めているので、あとは日付などを微調整するだけで完成します。これまでは何時間もかかっていたことが20分もあればできてしまうので、ものすごくいいツールだと思っています。
参照元:ダンドリワーク公式HP(https://dandori-work.com/interviews/149/)

ダンドリワークの費用・料金プラン

  • 初期費用:200,000円(税不明)~
  • 月額料金:19,800円(税不明)~

ダンドリワークの運営会社概要

企業名 株式会社ダンドリワーク
所在地 滋賀県草津市南草津2-1-7
創立年 2013年5月23日
公式サイトURL https://dandori-work.com/

\異なる業者情報を一元化!/

【PR】元大工が考案!ライブカメラでいつでも現場状況を把握できる

現場一番は、京都で工務店業務を行っている株式会社IWAKI STYLEが開発した新築やリフォーム、店舗施工に特化した施工管理アプリです。大工出身である代表が立案しているため、現場にあったらいいなぁの機能を搭載。現場のことを知り尽くした職人が自ら手掛けているアプリケーションなので、現場関係者が使いやすいデザインになっています。

大きな特徴は、現場にライブカメラを設置することにより、リアルタイム映像を配信できるところです。現場監督や職人はもちろん、施主にも現場情報を簡単にシェアできるので、連絡ミスや共有漏れのリスクを低減することができます。

現場一番

工事管理システム「現場一番」サイトキャプチャ画像画像引用元:現場一番公式サイト(https://genbaichiban.com/)

\元大工が本気で考案!/

現場一番の特徴

現場の状況がよく分かる!施主参加型の施工管理アプリ
現場一番は現場での使いやすさを追求し、職人との連携を強化できる機能が満載。現場のことを考え、オリジナルの機能を多数搭載しています。現場に関するあらゆる情報を1つのアプリ上で管理・共有できるため、煩雑化しやすい現場業務を手助けしてくれます。

現場数に応じて全部で4つの料金プランがあり、どのプランも初期費用は無料。プランの種類に関係なく、全機能を利用できるようになっています。アカウント数やデータ容量も全プラン無制限で利用可能です。14日間の無料トライアルも用意しているので、実際の使用感を試すことができます。

\現場に行かなくても進行状況を把握できる/

現場一番はこんな企業におすすめ

  • 離れた場所から現場の進捗状況をタイムレスで確認したい
  • さまざまな職人を簡単に管理できるシステムを探している
  • お客様の不安を解消するために施主や顧客も情報を共有できるようにしたい

現場一番を選ぶべき理由

【理由1】ライブカメラによるリアルタイム映像で現場の様子が分かる

現場に設置されているカメラによって、現場の状況をライブ配信できるのが現場一番の注目すべきポイント。ライブ映像は、いつでも好きな時に確認できるようになっています。現場への指示や修正もタイムラグなしに反映し即時通知されるので、工事の進捗状況や現場の様子などをリアルタイムでチェックすることが可能です。

実際に作業しているメンバーや職人の様子も分かるので、現場の状況を見える化を実現。遠隔地からでも指示等が出せるようになるので、現場監督や責任者はちょっとしたことでその都度現場に行く必要がなくなり、時間を有効に活用できます。

【理由2】施主も一緒に利用できるから顧客満足度の向上にも貢献

現場一番は現場監督や職人が利用するだけでなく、施主も参加できるところが強み。施主もアプリをインストールすることで、施主自身がライブカメラの映像を視聴することができます。現場の職人の様子や不透明になりがちな現場の状況もよく分かるので、施主の不安を解消できる仕組みになっています。

また、アプリ上に施主情報を掲載できるので、自分の想いを伝えることが可能。現場監督と直接やり取りが行える専用チャットルームもあるので、気になることがあればすぐに確認ができるようになっています。管理者が施主と共有したい情報だけをシェアできるため、各現場ごとに閲覧できる情報の範囲を設定できるのも便利な機能の一つです。

【理由3】大工出身の経営者が現場目線で開発しているので使いやすい

元大工の現場経験をもとに開発されている現場一番は、現場監督・職人・施主の「三方よし」を実現するためのアプリです。全員が同じアプリで情報を共有するために、3者それぞれに専用のメニュー画面を用意。立場によって必要となる機能を厳選することにより、操作に不慣れな方でもシンプルで分かりやすい画面設計になっています。

難しい設定をしたり、ややこしい取扱説明書を読むことなく簡単に導入できるので、忙しい現場では重宝されるアプリです。YouTubeの操作マニュアルやメール、電話、LINE、セミナー等で導入や運用方法などの無料サポートも行っています。

\顧客満足度アップ!/

現場一番の導入事例

電話対応・車両移動などを含む業務コストを削減

30歳の現場監督(月給30万円(時給1,800円))が、現場一番の施工管理アプリを導入すると、以下のようなコスト削減が期待できます。

  • 電話対応時間:10時間/月
  • 移動時間:50時間/月+37,500円

合計対応時間は60時間/月で、14万5,500円/月(1現場あたり)のコスト削減を目指せます。
参照元:株式会社IWAKI STYLE公式サイト(https://genbaichiban.com/)

現場一番の費用・料金プラン

  • ライト:9,800円
  • スタンダード:19,800円
  • ハイクラス:29,800円

現場一番の運営会社概要

企業名 株式会社 IWAKI STYLE
所在地 京都府京都市下京区立売中之町105モンブラン京都ビル7F
創立年 2005年
公式サイトURL https://genbaichiban.com/

\アカウント数無制限!/

他にもまだある!工事管理システム

ANDPAD(アンドパッド)

工事管理システム「ANDPAD」サイトキャプチャ画像画像引用元:ANDPAD公式サイト(https://andpad.jp/)

ANDPAD(アンドパッド)の特徴

専門工事から大規模工事まで対応可能なワンプラットフォーム
ANDPAD(アンドパッド)は、住宅の施工からリフォーム、土木や設備、エクステリアといった専門工事、大規模工事を行うゼネコンなど建設業界の多岐に渡る建設プロジェクトのDX化をワンプラットフォームで提供。少人数の工事会社から大手建設会社まで、18万社以上のさまざまな業界・業種で導入されている実績豊富なシステムです。

現場の施工管理から経営、施主とのコミュニケーションまで幅広い業務に対応できる機能を搭載。ANDPADを活用することで情報を一ヶ所にまとめて、現場監督などの工数削減や迅速な対応をサポートしています。ITツールに慣れていない人でも、専属のサポートチームがフォローしてくれるので安心です。

ANDPAD(アンドパッド)の費用・料金プラン

  • 初期費用:100,000円(税不明)
  • 月額料金:契約プランによって決定

ANDPAD(アンドパッド)の会社概要

企業名 株式会社アンドパッド
所在地 東京都千代田区神田練塀町300 住友不動産秋葉原駅前ビル8階
公式サイトURL https://andpad.co.jp/

Photoruction(フォトラクション)

工事管理システム「Photoruction」サイトキャプチャ画像画像引用元:Photoruction公式サイト(https://www.photoruction.com/)

Photoruction(フォトラクション)の特徴

建設現場を可視化!大手企業の導入実績が豊富な生産支援クラウド
「建設の世界を限りなくスマートにする」という想いから誕生した「Photoruction(フォトラクション)」は、建築・土木業界の工事管理を専門としたクラウドサービスです。職人や技術者がコア業務に集中できるように、施工現場に必要な図面や写真といった情報を全て共有できるようにしています。

複数のプロジェクトを一括管理できるのがポイント。リアルタイムな共有と外部URL共有機能でデータの整理等に費やす時間をほぼゼロにすることができるので、大手企業から個人事業主、ゼネコン、検査会社まで広範囲に渡る業種で活用されています。

Photoruction(フォトラクション)の費用・料金プラン

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:利用者数+ オプション料金

Photoruction(フォトラクション)の会社概要

企業名 株式会社フォトラクション
所在地 東京都中央区築地5-4-18 汐留イーストサイドビル6F
公式サイトURL https://corporate.photoruction.com/

現場ポケット

工事管理システム「現場ポケット」サイトキャプチャ画像画像引用元:現場ポケット公式サイト(https://gempo.info/)

現場ポケットの特徴

初期費用0円!低コストで現場管理に欠かせない機能を標準装備
建設や塗装、リフォーム現場の工事管理が行える「現場ポケット」は、施工管理の「面倒くさい」を解消するために開発されたコミュニケーションアプリです。施工管理を行う上で必要最低限の機能を備えたシンプル設計で、アプリ等の操作に抵抗感がある方でも使いやすいシステムになっています。

グループチャットによるトーク機能と写真を自動整理してくれるアルバム機能、勤怠管理が行える日報機能、テンプレートによる報告書作成機能の4種類に厳選。中小規模の事業者が導入しやすいように、月額11,880円(税込)というリーズナブルな価格帯でサービスを提供しています。初期費用は無料となっており、アカウント数も無制限で増やすことが可能です。

現場ポケットの費用・料金プラン

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:11,880円(税込)※年間契約

現場ポケットの会社概要

企業名 株式会社アステックペイント
所在地 福岡市博多区博多駅東3-14-1 T-Building HAKATA EAST 9F
公式サイトURL https://astecpaints.jp/

SiteBox(サイトボックス)

工事管理システム「SiteBox」サイトキャプチャ画像画像引用元:SiteBox公式サイト(https://www.kentem.jp/product-service/sitebox/)

SiteBox(サイトボックス)の特徴

小黒板を電子化できる土木現場向けのスマートフォン専用アプリ
SiteBox(サイトボックス)は、危険な箇所での撮影が多い土木現場用の電子小黒板アプリです。小黒板の設置から撮影までを省力化。SiteBoxを導入することで、撮影時の人員を減らしたり、これまで黒板とチョーク、デジカメを使用し、複数人て行っていた現場撮影をモバイル端末1台で簡単に行うことができるようになります。

また、撮影だけでなく、一般的な小黒板のテンプレートを備えているので、電子小黒板を自由にレイアウトすることが可能。土木工事の写真管理や出来形データの記録も行えるので、撮影した写真は自動的にフォルダーに振り分けてくれます。事務所での作業も削減することができるため、現場の働き方改革にも大きく貢献してくれるシステムです。

SiteBox(サイトボックス)の費用・料金プラン

公式HPに記載がありませんでした。

SiteBox(サイトボックス)の会社概要

企業名 株式会社建設システム
所在地 静岡県富士市石坂312-1
公式サイトURL https://www.kentem.jp/

SPIDERPLUS(スパイダープラス)

工事管理システム「SPIDERPLUS」サイトキャプチャ画像画像引用元:SPIDERPLUS公式サイト(https://spider-plus.com/)

SPIDERPLUS(スパイダープラス)の特徴

使いこなせるまで徹底サポート!現場に合わせた多様な機能を搭載
SPIDERPLUS(スパイダープラス)は、図面や写真、施工状況など現場に関する情報を監督や協力会社と即座に共有することができるタブレットアプリです。現場に持っていくのはタブレットだけでOK。図面や資料を電子化して杜運べるので、指示を伝えるための労力や、電話やメールでの認識のズレによる作業の手戻りを削減できます。

建築業や電気工事業、空調衛生設備業など現場に合わせて活用できるように、業種ごとに多彩な機能を揃えているのが特徴。どこにいても現場の情報が素早く確認でき、遠隔からも的確に伝えることが可能です。「現場が使える」ことにこだわっているため、定期的な勉強会やセミナーを開催し運用をサポートしています。

SPIDERPLUS(スパイダープラス)の費用・料金プラン

公式HPに記載がありませんでした。

SPIDERPLUS(スパイダープラス)の会社概要

企業名 スパイダープラス株式会社
所在地 東京都港区虎ノ門2-2-1 住友不動産虎ノ門タワー27階
公式サイトURL https://spiderplus.co.jp/

Sitrom-CC(シトロンCC)

工事管理システム「Sitrom-CC」サイトキャプチャ画像画像引用元:Sitrom-CC公式サイト(https://sitrom.com/)

Sitrom-CC(シトロンCC)の特徴

建設業のための経営分析や原価管理を行うオールインワンシステム
工事管理や管理会計をクラウドで一元化してくれる「Sitrom-CC(シトロンCC)」は、建設・土木業特有の業務管理に強いシステムです。現場で一度入力すれば打ち直すことなく、さまざまな業務でデータを活用できるのが特徴。部門間や拠点間、現場と管理部門で同じデータを共有できるので、非効率な業務から脱却することができます。

スマホから勤怠管理が行えるのも便利な機能のひとつ。昼勤や夜勤、昼夜勤、外出や移動など土木建設業で求められるさまざまな勤務スタイルに対応しています。早出や残業、時間外勤務など、複雑な勤怠チェックや労働時間の計算も自動で集計。勤怠データは給与計算システムに連携できるので、管理者の負担を大幅に減らせます。

Sitrom-CC(シトロンCC)の費用・料金プラン

公式HPに記載がありませんでした。

Sitrom-CC(シトロンCC)の会社概要

企業名 フォロス株式会社
所在地 東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー
公式サイトURL https://foros.jp/

蔵衛門

工事管理システム「蔵衛門」サイトキャプチャ画像画像引用元:蔵衛門公式サイト(https://www.kuraemon.com/)

蔵衛門の特徴

写真・黒板・台帳・図面をクラウド管理して業務の見える化を推進
民間から公共工事まで多種多様な現場で使える蔵衛門は、撮影した写真をその場でクラウドへ自動保存し、写真を起点に全ての工事関係者と連携を取ることができる現場共有アプリです。工事写真をはじめ、電子小黒板や図面、台帳をシェアすることが可能。アップしたデータは瞬時に反映されるので、常に新しい情報を共有できます。

蔵衛門では、工事現場ごとにメンバーをグループ化。参加人数は無制限となっているので、従業員だけでなく施主や協力会社など社内外の人も招待できます。本格的に導入する前から専門スタッフがマンツーマンでバックアップしてくれるので、しっかりと社内の体制を整えてから導入したいという企業におすすめです。

蔵衛門の費用・料金プラン

  • フリー:無料
  • プレミアム:月額880円(税不明)/人※10ライセンス

蔵衛門の会社概要

企業名 株式会社ルクレ
所在地 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル3F
公式サイトURL https://lecre.jp/

プロワン

工事管理システム「プロワン」サイトキャプチャ画像画像引用元:プロワン公式サイト(https://meetsone.com/)

プロワンの特徴

業種や会社の規模、導入タイプごとに業務を集約し管理が行える
プロワンは、現場から経営まで全ての業務を一気通貫でサポートしてくれるシステムです。最新の案件や顧客情報を全ての端末から確認できるので、情報伝達の手間や連絡の伝え漏れを防止することにも役立ちます。見積書や請求書、報告書といった書類関係も現場ですぐに作成可能。わざわざオフィスに戻らなくても、現場で完結できます。

見積りや請求書と連動し、売上が自動計上されるのも見逃せないポイント。それぞれのデータが繋がっているので、売上や利益などの経営指標もリアルタイムで表示できます。案件ごとの収支管理から経営分析まで1つのシステムで行えるので、経営分析が簡単。事業の成長も各自で把握できるようになります。

プロワンの費用・料金プラン

公式HPに記載がありませんでした

プロワンの会社概要

企業名 株式会社ミツモア
所在地 東京都中央区銀座7-16-12 G7ビルディング8階
公式サイトURL https://meetsmore.com/

Craft Bank Office(クラフトバンクオフィス)

工事管理システム「Craft Bank Office」サイトキャプチャ画像画像引用元:Craft Bank Office公式サイト(https://corp.craft-bank.com/cbo)

Craft Bank Office(クラフトバンクオフィス)の特徴

無料テンプレートが充実!専門工事会社向けの施工管理システム
職人を自社で抱えている企業向けの現場業務を支える機能を搭載している「Craft Bank Office(クラフトバンクオフィス)」は、専門工事会社の事務作業を効率よく行うための経営管理システムです。面倒な日報や勤怠打刻、経費申請をスマートフォン1つで完結することができるので、忙しい施工現場でも報・連・相が手軽に行えます。

企業ごとに要望や課題をヒアリングしながら必要な機能やプランを提案。業務をスムーズに行うために、各書類のフォーマットのテンプレートを用意しているので、書類作成も容易に行えます。業務プロセスを変えることなくさまざまな工程を自動化できるので、これまでの作業負担を減らして働き方を改善することが可能です。

Craft Bank Office(クラフトバンクオフィス)の費用・料金プラン

公式HPに記載がありませんでした

Craft Bank Office(クラフトバンクオフィス)の会社概要

企業名 クラフトバンク株式会社
所在地 東京都中央区日本橋久松町12-8 プライム日本橋久松町ビル8F
公式サイトURL https://corp.craft-bank.com/

smart tag camera(スマートタグカメラ)

工事管理システム「smart tag camera」サイトキャプチャ画像画像引用元:smart tag camera公式サイト(https://smarttagcamera.com/)

smart tag camera(スマートタグカメラ)の特徴

専用アプリで撮影や記録、報告書作成等の業務をスマホ1つで完結
smart tag camera(スマートタグカメラ)は、撮影・記録・報告書作成をモバイル端末で行う現場記録・報告支援アプリです。現場に持ち込むものはスマホ一つだけ。アプリから送信した情報は管理サイトと瞬時に連携されるため、事務所に戻って作業を行う必要がなくなり、誰でもリアルタイムに報告書を作成できるのが特徴です。

オフライン利用に対応しているので、電波の届かない地下の現場など非通信環境下でもアプリが利用できるのが強み。インターネットが繋がらない場所で使用する場合はデータを一時的にアプリ内に保存し、通信可能な状態になったらクラウドへ送信することができる仕組みになっています。

smart tag camera(スマートタグカメラ)の費用・料金プラン

公式HPに記載がありませんでした

smart tag camera(スマートタグカメラ)の会社概要

企業名 株式会社カレンティア
所在地 東京都品川区西五反田7-9-5 SGテラス9F
公式サイトURL https://currentia.co.jp/

AnyONE(エニワン)

工事管理システム「AnyONE」サイトキャプチャ画像画像引用元:AnyONE公式サイト(https://www.any-one.jp/)

AnyONE(エニワン)の特徴

すべての工務店業務に特化!利益をしっかり残す工務店向けソフト
工務店業務に役立つ機能を取り揃えている「AnyONE(エニワン)」は、工務店やリフォーム業界を熟知した建材会社が監修している管理システムです。IT操作が苦手な方でも扱えるように、いつも使用いるExcelデータからコピー&ペーストするだけで簡単に使えるところがポイント。特別な知識を必要としないので、どんな業務フローでも浸透させやすいところが魅力です。

国交省の「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択された公認システムなので、大手や中堅企業はもちろん、一人親方まで会社の規模を問わずに利用できます。ユーザーの声を反映しながらアップデートを行っているので、継続率は99.4%。システムが定着し自社で運用できるまで、専門スタッフが伴走サポートしているところも多くの会社から選ばれている理由です。

AnyONE(エニワン)の費用・料金プラン

公式HPに記載がありませんでした

AnyONE(エニワン)の会社概要

企業名 エニワン株式会社
所在地 大阪府大阪市中央区安土町1-6-14 5F
公式サイトURL https://www.any-one.jp/company

建て役者

工事管理システム「建て役者」サイトキャプチャ画像画像引用元:建て役者公式サイト(https://tateyakusha.jp/)

建て役者の特徴

自社の業務や目的に応じてオンリーワンのシステムを構築できる
建て役者は、「100社あれば100通りの業務スタイルがある」というコンセプトのもと、1社1社の経営方針やワークフローに合わせてオリジナルのシステムを構築できるのが特徴です。従来のパッケージプランでは実現しにくい、各社独自の業務工程やルールを融合させたオーダーメイド形式のソリューションを提供しています。

見込み客の商談から契約、工事管理、アフターフォローまでの情報を一元化できるので、部門を超えた情報共有もスムーズ。情報はすべて顧客に紐づけられているので顧客管理も容易に行うことが可能なため、建築業界の中でも新築・リフォーム業界を中心に多くのハウスメーカーや工務店が採用しています。

建て役者の費用・料金プラン

  • ライト:初期費用33,000円(税込)月額4,400円(税込)
  • スタンダード:初期費用385,000円(税込)月額44,000円(税込)
  • プレミアム:初期費用638,000円(税込)月額88,000円(税込)

建て役者の会社概要

企業名 株式会社システムサポート
所在地 石川県金沢市本町1-5-2 リファーレ9F
公式サイトURL https://www.sts-inc.co.jp/

施工管理+α

工事管理システム「施工管理+α」サイトキャプチャ画像画像引用元:施工管理+α公式サイト(https://plus-alpha.com/)

施工管理+αの特徴

施行業務をまとめて管理できる工事現場から誕生した管理ツール
現場生まれの施工管理ソフト「施工管理+α」は、現場情報を共有することで業務効率を底上げし、案件ごとの全工程や現場写真を共有することで生産性やクオリティーを高めてくれるツールです。資料共有から関係者との連絡に便利なチャット機能、工程管理に加えて、見積から請求書や報告書といった各種書類の作成サポートまで、オプション料金なしで提供しています。

必要事項の入力とタップだけで、自社で取り扱っている施工現場のあらゆる情報を一括管理。現場で働くスタッフの使いやすさを考慮し、特別な操作を覚えなくても感覚的に使用できるようにしています。マンツーマンの無料セミナーも開催しているので、導入を検討している方は要チェックです。

施工管理+αの費用・料金プラン

  • 初期費用:220,000円(税込)
  • システム料金:19,580円/月(税込)
  • スマホ利用料580円/台(税込)

施工管理+αの会社概要

企業名 株式会社ブレイブ
所在地 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎2236-1
公式サイトURL https://www.big-advance.site/s/134/1320

CONOCクラウド型業務管理システム

工事管理システム「CONOCクラウド型業務管理システム」サイトキャプチャ画像画像引用元:CONOCクラウド型業務管理システム公式サイト(https://system-lp.conoc.jp/)

CONOCクラウド型業務管理システムの特徴

業務改善や収益増加を叶える工務店・リフォーム会社向けシステム
CONOC(コノック)クラウド型業務管理システムは、20年以上の工務店経験を元に現場目線のノウハウを取り入れているクラウド型の業務管理サービスです。ログイン後に表示されるダッシュボードには、会社の予算や実績、従業員ごとの目標に対する実績や達成率などがひと目で分かるようになっているので、経営状況をすぐに把握できます。

登録した顧客データは、入力の二度手間を防ぐために工事台帳やさまざまな契約書類履歴などの情報と紐付け。受注角度に合わせランク付けを行いながら顧客管理が行えるので、営業の進捗管理にも使用可能です。基本操作の勉強会や導入後の活用支援などを行うカスタマーサクセスチームを設置しているので、サポート体制も充実しています。

CONOCクラウド型業務管理システムの費用・料金プラン

  • 月額料金:5,000円~(税不明)

CONOCクラウド型業務管理システムの会社概要

企業名 株式会社CONOC
所在地 東京都渋谷区渋谷1-1-3 アミーホール504
公式サイトURL https://conoc-dx.co.jp/

アラジンオフィス

工事管理システム「アラジンオフィス」サイトキャプチャ画像画像引用元:アラジンオフィス公式サイト(https://aladdin-office.com/)

アラジンオフィスの特徴

多彩な業務や業態に対応!完成度の高い販売管理パッケージソフト
各業界特有の商習慣に対応しているアラジンオフィスは、販売・在庫管理に必要な機能を標準搭載しているパッケージシステムです。業務や業態に合わせて豊富なオプションを用意することで、幅広い職種に対応。建設業の工事管理においても力を発揮してくれます。カスタマイズ開発をはじめ、他のアラジンシリーズや外部システムと連携することも可能です。

また、システムの提案時には、業種や業態に精通している専任の営業担当が自社では気付きにくい運用面まで考え、一歩先を見据えたヒアリングと分析を実施。システム導入前のコンサルティングから導入した後のフォローまで、フェーズごとに生じる企業ごとの課題や悩みに寄り添いながらサポートするように努めています。

アラジンオフィスの費用・料金プラン

公式HPに記載がありませんでした。

アラジンオフィスの会社概要

企業名 株式会社 アイル
所在地 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー
公式サイトURL https://ill.co.jp/

KANNAプロジェクト

工事管理システム「KANNAプロジェクト」サイトキャプチャ画像画像引用元:KANNAプロジェクト公式サイト(https://lp.kanna4u.com/)

KANNAプロジェクトの特徴

同時並行で動く現場の進捗を横断的に管理できる施工管理アプリ
KANNA(カンナ)プロジェクトは、スマートフォンやタブレット、PCなどで利用することができるマルチデバイス対応の施工管理システムです。最新の図面にワンクリックでアクセスできるため、古い図面で作業をしてしまうというリスクもありません。クラウドで管理されているから、最新情報をどこからでもチェック可能。現場情報を正確に共有できます。

手間のかかるExcelやWordでの報告書も、すべて写真を選ぶだけのやりとりで完成。1分足らずで作業を行うこともできます。大規模なプロジェクトや社外の協力会社が多い案件でも、アカウントを無制限で配れるところもKANNAが多くの企業から支持されている点です。メンバーを限定せずに全員でシステムが利用できるので、円滑に業務が行えます。

KANNAプロジェクトの費用・料金プラン

公式HPに記載がありませんでした。

KANNAプロジェクトの会社概要

企業名 株式会社アルダグラム
所在地 東京都港区芝浦1丁目1-1 浜松町ビルディング11階
公式サイトURL https://aldagram.com/

SAKSAK(サクサク)

工事管理システム「SAKSAK」サイトキャプチャ画像画像引用元:SAKSAK公式サイト(https://www.saksak-web.jp/)

SAKSAK(サクサク)の特徴

多様な管理業務を統合して会社の経営管理をカタチにするシステム
複雑な建築・リフォーム業の管理業務を統合するための「SAKSAK(サクサク)」は、営業進捗から販売、入金や原価管理をはじめ、見積書作成や商談、顧客管理を1つのシステムにまとめて、それぞれの業務を連動。別々のソフトを使用することなく、経営状態や工事の進捗状況を一元管理することができます。

直感的に操作できるインターフェースを採用しているので、難しい操作は一切不要。大きなシステムを導入することなく、クラウドで管理。現場のニーズを反映しながら、新機能の追加や新バージョンへの更新、も無償で提供しています。小さい負担でシステム全体を置き換えられるので、自社の業務を仕組み化したい企業におすすめです。

SAKSAK(サクサク)の費用・料金プラン

  • Limited:初期費用415,080円(税込)16,500円/アカウント(税込)
  • Standard:初期費用635,800円(税込)24,200円/アカウント(税込)
  • Premiun:初期費用855,800円(税込)28,600円/アカウント(税込)

SAKSAK(サクサク)の会社概要

企業名 株式会社 DATAKIT
所在地 兵庫県神戸市中央区京町83 三宮センチュリービル401
公式サイトURL https://datakit.co.jp/

BUILD-U Premium(ビルドユー プレミアム)

工事管理システム「BUILD-U Premium」サイトキャプチャ画像画像引用元:BUILD-U Premium公式サイト(https://www.unitec-net.co.jp/service/buildup)

BUILD-U Premium(ビルドユー プレミアム)の特徴

現場と経営の情報をスピーディーに共有し企業全体の適正化を実現
BUILD-U Premium(ビルドユー プレミアム)は、受注から完成までの工事原価から財務会計まで建築業務に関するコスト管理が行える完全Web型システムです。URL接続のみで運用がスタートできるので、昨今のテレワークスタイルにも順応。Microsoft EdgeやGoogle Chrome,、Mobile Safariに対応しています。高度な圧縮技術により、ストレスのない接続を実現しています。

営業や工数など工事に関連する業務管理機能は、オプション機能として用意。会計システムやワークフローシステムとの連携も行えるようになっているので、経営と現場業務を総合的に管理することができます。アクセスログの記録や証跡の蓄積といった機能も備えているので、セキュリティ面も安心です。

BUILD-U Premium(ビルドユー プレミアム)の費用・料金プラン

  • 初期費用:10,780円(税込)
  • 店舗利用:8,800円/月(税込)
  • 個人利用:2,200円/月(税込)

BUILD-U Premium(ビルドユー プレミアム)の会社概要

企業名 株式会社ユニテック
所在地 新潟県柏崎市駅前2-1-19
公式サイトURL https://www.unitec-net.co.jp/

Kizuku(キズク)

工事管理システム「Kizuku」サイトキャプチャ画像画像引用元:Kizuku公式サイト(https://www.ctx.co.jp/kizuku2_pr/)

Kizuku(キズク)の特徴

職人にも浸透しやすい!チャットトークで施工現場をリモート管理
建築現場の情報共有のインフラを構築してくれるKizuku(キズク)は、チャット形式のトークによって現場状況を可視化できる施工管理アプリです。現場関係者で構成されたグループトークに写真や図面、報告書などアップするだけで、メンバーであれば誰でもを「秒」レベルで現場情報を共有できます。

重要なメッセージは、誰がいつ既読したかも把握することが可能。現場の写真に是正して欲しい箇所を直接書きこんだりできるので、現場に行かなくても簡単に具体的な指示が行えます。導入前後の支援や運用サポートなどを行うカスタマーサクセスや、専門スタッフが常駐しているヘルプデスクがあるので、スムーズな運用をバックアップしていれます。

Kizuku(キズク)の費用・料金プラン

  • 初期費用:110,080円(税込)
  • プロプラン30:22,000円/月(税込)
  • プロプラン50:33,000円/月(税込)
  • プロプラン100:55,000円/月(税込)

Kizuku(キズク)の会社概要

企業名 コムテックス株式会社
所在地 富山県高岡市東中川町7-18
公式サイトURL https://www.ctx.co.jp/

SMAC工事管理(スマック工事管理)

工事管理システム「SMAC工事管理」サイトキャプチャ画像画像引用元:SMAC工事管理公式サイト(https://e-panac.com/smac)

SMAC工事管理(スマック工事管理)の特徴

柔軟なシステム構築であらゆる業種の多様な業務をバックアップ
SMAC(スマック)工事管理は、広範囲に渡る建設業の見積作成から予算管理、受発注、日報、原価管理、仕入、支払い、請求処理までの一連の業務プロセスを一元化して実行することができるシステムです。目的や課題に応じて自社に必要な機能だけをピックアップしてシステムを構築することができるので、導入コストも最小限に抑えられます。

また、導入サポートをはじめ、保守サポート、オンラインサポートといった独自の手厚いサポート体制も魅力のひとつ。専任のスタッフが過去の導入実績のノウハウをもとに、SMAC工事管理を上手く活用していけるようにユーザーごとにさまざまな支援を行っているため、安心して導入することができます。

SMAC工事管理(スマック工事管理)の費用・料金プラン

  • ソフトウェア料金:110,000円~(税込)
  • オプション料金:50,000円~(税込)
  • 追加ライセンス:88,000円~(税込)
  • 保守サポート料金:2,750円/月~(税込)

SMAC工事管理(スマック工事管理)の会社概要

企業名 株式会社パナック
所在地 石川県金沢市神田2-2-29 アミスタービル3F
公式サイトURL https://e-panac.com/

現場Plus

工事管理システム「現場Plus」サイトキャプチャ画像画像引用元:現場Plus公式サイト(https://www.kensetsu-cloud.jp/genbaplus/)

現場Plusの特徴

画面の指示に従ってタッチするだけの使いやすい操作性が魅力
月額1万円から利用することができる「現場Plus」は、住宅会社や工務店の業務に特化している施工管理アプリです。優れたコストパフォーマンスはもちろん、機能面も充実。トーク機能や掲示板、現場写真・図面閲覧、工程表、入退場管理、協力業者の多段承認といった現場管理に欠かせない機能を標準仕様として実装してます。

スマートフォンやタブレットに不慣れな方でも操作できるように、画面の指示に従ってタッチしていくだけで扱えるところも特徴です。写真や図面、書類などは現場ごとにフォルダで分類できるので、設計変更が生じた際もリアルタイムで関係者に通知することが可能。図面の取違いによる施工ミスなども防げます。

現場Plusの費用・料金プラン

  • 初期費用:11,000円(税込)
  • 月額料金:11,000円(税込)

現場Plusの会社概要

企業名 株式会社ダイテック
所在地 東京都品川区南大井6丁目16番19号 大森MHビル
公式サイトURL https://www.daitec.co.jp/

brick(ブリック)

工事管理システム「brick」サイトキャプチャ画像画像引用元:brick公式サイト(https://s-jp.com)

brick(ブリック)の特徴

まざまな業務アプリと連携しながら多様な業務フローを整理
brick(ブリック)は、LINEやBox、Dropbox、弥生会計などさまざまな業務アプリと連携できるのが大きな特徴です。運用工数を削減し「施工以外」の時間を効率化することで、実施工時間を確保。業務フローを固定していないので、使いたい担当部署から利用をスタートできて案件単位での収支・予算管理や協力会社との連携が必要な業種におすすめのシステムです。

着目すべき機能は、発注後に仕様変更が発生した場合でも瞬時に変更点を通知することができる独自のシステム「公開機能」を搭載しているところ。図面などのドキュメントが変更された場合は各担当者にLINEで通知されるので、アプリを起動していなくても気付ける仕組みになっています。

brick(ブリック)の費用・料金プラン

  • Starter:10,890円/月(税込)
  • Business:43,890円/月(税込)
  • Enterprise:104,500円/月(税込)

brick(ブリック)の会社概要

企業名 株式会社アイ・アクセス
所在地 三重県鈴鹿市江島台2丁目2-11 ビジネスパーク鈴鹿101
公式サイトURL http://www.iaccess.co.jp/

e2-movE 工事管理(イー・ツゥー・ムーブ工事管理)

工事管理システム「e2-movE 工事管理」サイトキャプチャ画像画像引用元:e2-movE 工事管理公式サイト(https://si.mitani-corp.co.jp/solution/e2move/products/construction)

e2-movE 工事管理(イー・ツゥー・ムーブ工事管理)の特徴

建設業や工事業のお金に関連する全ての業務をワンストップで提供
建設業や工事業のお客様向けの工事原価管理のための機能を搭載している「e2-movE (イー・ツゥー・ムーブ)工事管理」は、工事の実行予算から収支業務まで、原価管理や支払管理などのお金に関わる業務を自動化することが可能です。工事ごとに管理ができるので、受注工事台帳の作成も行えます。

また、実行予算の管理を通じて工事の進捗状況も一緒にチェックできるのが特徴。工事別に工事状況照会画面が作成されるので、資材の発注費や委託業者への外注費用など複数の管理を一括で行えます。専門担当者によるオンラインデモサービスも実施しているので、実際に体験してみたい方は押さえておきたいシステムです。

e2-movE 工事管理(イー・ツゥー・ムーブ工事管理)の費用・料金プラン

公式HPに記載がありませんでした。

e2-movE 工事管理(イー・ツゥー・ムーブ工事管理)の会社概要

企業名 三谷商事株式会社
所在地 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング2F
公式サイトURL https://www.mitani-corp.co.jp/

工事管理システムとは

工事管理システムは、建設プロジェクトや工事現場におけるさまざまな情報やプロセスを一括管理し、効率的に進行させるためのソフトウェアシステムやプラットフォームのことを指します。工事の契約から施工の進捗状況、売上金の回収など建設現場に関連する資料や多岐に渡る業務をデジタル化して取りまとめてくれます。

工事システムの主な基本機能

  • 工程管理: 工事プロジェクトの進捗状況を関係者で共有し、スケジュールを管理。工程計画や作業スケジュールの作成、リソースの割り当てなどが含まれます。作業工程に遅れが生じた場合は、人員を増やしたり作業の進め方を改善するなど調整を行うことができます。
  • 支払・請求業務: 仕入れた資材に関わる支払いの管理をしたり、各工事に関する請求情報を登録し管理することができます。支払日や請負先、工種ごとなど各カテゴリーに分類して請求書の作成や発行などを行います。
  • 作業日報:工事案件ごとに、その日の現場の作業日報の作成や管理が行えます。日報の報告によって、作業工程通りに工事が進んでいるかどうかチェックすることが可能です。
  • ドキュメント管理: 受注した工事ごとに設計図面や契約書、報告書などプロジェクトに関連する文書をまとめて管理できます。
  • 連絡・情報共有: プロジェクトメンバーや関係者とのコミュニケーションを促進するためのチャット機能やコメント機能などがあります。

工事管理システムに関するよくある質問

Q1.工事監理システムを導入するメリットとは?

工事監理システムを導入することで、得られるメリットはたくさんあります。具体的にどのようなものがあるのか紹介します。

工事に関する全データを一元化して管理できる

バラバラに管理していた情報が集約されることで、必要な情報をすぐに見つけやすくなり、最新の状況等を把握しやすくなるので、業務の効率化が図れるようになります。情報をデータ化することで、紙で管理していた書類等のペーパーレス化も促進することが可能です。

スピーディーな情報共有が可能

すべての情報を1ヶ所にまとめて管理できるので、現場の写真や図面、工事内容などの情報共有をスムーズに行えます。また、システムにアクセスするだけで現場の情報が分かるようになるので、コミュニケーションが円滑にできるようになり、職人同士の認識のズレや伝達ミスを防ぐことにも繋がります。

工事の品質や顧客サービスの向上

データ化した情報は複数の管理工程で活用できるため、事務的な作業を削減。専用アプリ等を確認すれば、個々に現場の情報を周知する必要がなくなるため、一人あたりの業務負担量を大幅に減らせます。これにより、発注ミスや工期遅れなどの問題も少なくなり、本業である施工品質や顧客に対するサービスに専念しやすくなります。

Q2.工事管理システムを選ぶときのポイントは?

工事管理システムは業種を限定していたり、システムごとに得意としている機能などがあるため、多機能な工事管理システムを導入すればいいという訳ではありません。自社に適したものを選ばないと十分な効果やメリットを得ることができないため、見極め方がとても重要です。

自社の課題や目的を明確にする

優れた機能を持っているからといって導入しても、自社の工事管理で活用できなければ意味がありません。そのため、まず自社の業務プロセスでどのような問題を抱えているのかをピックアップし、整理しておく必要があります。また、導入する目的もはっきりさせておくとシステムを選びやすいです。

必要な機能が組み込まれているか

自社の業界や業種に合っている工事管理システムか、課題を解決するための機能を備えているのかを確認しておくことが大事。アプリでサービスを提供している場合は、情報を一元化することができるのか、ソフトとの併用が可能なのかもチェックしておくと安心です。

システムの使いやすさやサポート体制

現場管理を行っていく上で、使いやすい工事管理システムであるかも大事な要素のひとつ。ITツールを苦手としている現場監督や職人などでも、簡単に操作できるシステムであるかを確かめておくことが大切です。導入前のサポートや運用中のフォロー体制も確認しておくと、トラブルなどが発生した際に落ち着いて対処することができます。

Q3.クラウド型とオンプレミス型の違いとは?

工事管理システムには、大きく分けてクラウド型とオンプレミス型の2種類があります。それぞれのシステムの特徴が異なるので、知っておくとシステム選びに役立てられます。

クラウド型

クラウド型とは、オンライン上のサーバーで提供されているシステムやソフトウェアを、インターネット回線を経由して利用する工事管理システムです。

オンライン上にあるサーバーを利用するため、低コストで導入できるところが魅力。クラウド上に情報が保存されるため、インターネット接続ができる環境ならどこからでもアクセスできるので、利便性にも優れています。リアルタイムで情報を共有しやすいところも特徴です。

オンプレミス型

オンプレミス型とは、自社のネットワーク内にサーバーやシステムを構築し、自社でサーバーの設置から運用までを行う工事管理システムです。社内ネットワークが整備されていることが前提となるため、中規模から大企業に適しています。

大きな特徴は、自社の要望や業務内容に合わせて自由にシステムや機能をカスタマイズできるという点です。また、社内でネットワークのアクセスを制限を行えるため、情報漏洩のリスクが少ないところがメリット。セキュリティ強度をコントロールできるので、強固なセキュリティ体制を構築することが可能です。

工事管理システムの導入を考えている方は、本ページに掲載している「工事管理システム一覧表」をご覧ください。

工事管理システムのまとめ

建設現場では、工事のスケジュール管理から資材や重機の発注・搬入、各施工業者の対応などさまざまな業務が重なり合っています。現場監督や責任者は、これらの業務を全て把握し指示等を行わなければならないため、工事関係者同士が現場の情報を共有していることがとても重要です。

自社の業務に合った工事管理システムを導入することで、情報共有をスムーズに行うことが可能。工事管理に必要な業務を自動化できるので、効率よく業務を進められます。各システムごとに得意としている分野や機能があるため、無料トライアルや資料請求などを活用して、自社に適した工事管理システムを導入することをおすすめします。

>>工事管理システムの一覧表をもう一度チェックする

【免責事項】
本記事は、2024年2月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ