不動産の仕入れが楽になる方法を教えます

不動産の仕入れが楽になる方法を教えます
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

不動産を仕入れることに関してこう思われたことはないでしょうか。

  • 資本力のある大手が強い
  • 査定サイトへの掲載やチラシをはじめ従来の広告施策を繰り返すしかない

もし、心当たりがおありでしたら、この記事を読めば不動産の仕入れ戦争から脱却できる糸口をつかむことができます。

本記事では、不動産仕入れにおける戦略の考え方や仕入れ方法をピックアップしています。
また少しでも不動産仕入れが楽になる、競合と競争することのない仕入れ施策も紹介します。

不動産の仕入れが難しくなっている


不動産の仕入れが苦しくなっている原因は、競合他社の参入と現状の仕入れ施策の限界を迎えつつあることだと考えられます。

不動産仕入れの競争率が激化している

方法として未開拓で競争率の低い地域を開拓する戦略は有効な方法です。
ですが、起業ブームの後押しもあり、不動産業界に参入する人も増え、どの不動産会社もしのぎを削ってマーケティング活動を行っています。

今まで比較的競争率の低い不動産地域も減ってしまい、競争率の激しい地域が多くなっています。
そのため、新しく不動産を仕入れるための集客路線を確立する方法を施策することが急務となるでしょう。

ポスティングの限界

インターネットが普及してしばらくの時が立ちますが、そんな中でもチラシのポスティングは良く行われている方法です。

このチラシのポスティングは、特定の地域で不特定多数のユーザーに訴求することが出来ます。
そのため、不動産を売りたい人はもちろん、不動産を売ることを考えて無かった人にも訴求できる可能性を秘めています。
ですが、チラシに目を通す人があまりいない点も考慮する必要があります。

また、仮にチラシで興味を持った場合でも、自らインターネットで調べて好みの会社に依頼するような流れが想定できます。
そのため、チラシのポスティングではコストや労力の割に不動産を仕入れる方法としては見返りが少ないと感じる方も多いでしょう。

一括査定サイトの限界

一括査定サイトであれば、特定の地域で不動産を探している人に直接訴求できます。
そのため、労力も少なく自社商圏内で不動産売却の意欲が高いユーザーを獲得するチャンスがもらえます。
ですが、一括査定サイトは競合他社が数多く存在しています。

価格競争で後手に回り、最終的にユーザー獲得に至らない場合や、想定の査定額より上乗せしなければユーザー獲得に至らない場合も少なくないでしょう。

戦略的に状況を分析すれば不動産の仕入れは成功できる

上記のことから、やはり不動産を楽に仕入れる方法はないのではと疑問を抱えてしまうでしょう。
ですが、視点を少し替えて見ると不動産を仕入れるための方法は見えてきます。

例えば自社が得意な不動産仕入れのケースや、市場状況を見定めて別の切り口を考えてみることが大切です。
ここからは得意な不動産仕入れのケースを活かした切り口を説明します。

切り口①家族構成やライフスタイルの変化による住み替え

子供の成長や急な転勤などといった、家族構成やライフスタイルの変化によって、急に住み替える必要のあるユーザーも少なくありません。

ですが、不動産売却した場合の値段の目安が分からないと次を見つけるのに困るや、売却から次に住む家までのつなぎをどうするか、不動産売却と住む場所を一緒に見つけることができるかなど様々な疑問が浮上するでしょう。

自社ならば、最低売却保証価格の提示があるや、売却から次に住む場所まで見つけることが可能などの強みで価値提供をすることで集客することが可能です。

切り口②相続物件の売却ニーズ

相続した物件を売却して資金を得たいニーズに絞った切り口を展開することで、相続物件で悩むユーザーを獲得することが出来ます。

もし自社が相続税に詳しく対応できる、相続物件の売却実績が豊富であれば、その強みを打ち出すことで、相続物件の不動産仕入れに期待ができます。

切り口③離婚による売却

離婚をするタイミングで不動産を手放したいというケースも少なくありません。
そのユーザーに対して売却するタイミングや住宅ローンが残っていても売却は可能なのかといった疑問点を払拭するコンテンツなどを用意しておくことで、離婚による不動産売却を考えているユーザーから不動産仕入れができる可能性があります。

いわゆる今すぐ客ではないですが、メルマガ登録やWebサイトからお問い合わせなどしてもらうことで売却可能性のある営業リストを確保することができます。

戦略を実行するための効率的な不動産の仕入れ方法


自社が攻めたいジャンルを決めたら、それを実現するためのマーケティング手段が必要です。

ただし、ポータルサイトへの掲載など既存の集客方法だけでは戦略を実行することができないケースも考えられます。
そのことから、様々な仕入れ施策と組み合わせることにも目を向ける必要があります。

また、営業やチラシのポスティングのような集客方法は不動産売却に興味のない相手に訴求できる可能性を秘めています。そのため、不動産を仕入れる方法としてこれからも継続する必要はあるでしょう。

ですが、アナログなマーケティングだけでは集客率や効率面を考慮すると今一つ物足りない。とはいえ、一括査定サイトは競合が多くて参入が難しい。そのように思われる方も多いでしょう。
そのため、競合他社に負けず、不動産を仕入れる方法をみつけだし導入するべきです。

そこで、不動産を効率的に仕入れる方法としてあげられるものは、一括査定サイト、コンテンツマーケティング、ポジショニングメディアのようなWeb広告を有効に活用する方法です。

では、実際にどのような方法があるか説明していきます。

一括査定サイトをよりうまく活用する

一括査定サイトだと高額を提示できる会社が有利になるケースが多いです。
ですが、必ずしも価格だけ高ければいいわけではありません。

例えば、売却速度が早い点や、どんな物件でも丁重に売却を行う点に自信を持っている場合もあります。
その点にユーザーが求めている視点がマッチしているかも重要になります。

自社の強みをしっかりと把握したうえで、一括査定サイトで査定したユーザーに営業をしっかり行い、自社の魅力を知ってもらうことが不動産仕入れにつながります。

一括査定サイトと営業を組み合わせる

一括査定サイトで査定したユーザーは不動産売却の意欲や興味を持っている確率が高いです。
そのため、営業などをうまく行えば不動産を仕入れるチャンスとなります。
ですが、しつこい営業はユーザーに嫌われる可能性が非常に高いため、不快に思われないようなさわやかな営業を心がけることが大切です。

また、初回のコンタクトを取れた場合、下手に多くを語って時間を取らせるよりも、コンテンツを充実させた自社のWebサイトに目を通してもらうように誘導する方法も効果的です。

その後、時間をおいて自社のWebサイトに目を通してもらえたかと、気になった点があるかなどを伺うフォローも忘れずに行うと、ユーザーの不動産売却に対する興味や関心度も確認できます。

自社サイトのコンテンツを充実させる

手間はかかりますが、地道に行うことで着実に成果が出るコンテンツマーケティングも不動産を仕入れる方法として利用することができます。

自社サイトのコンテンツを充実させることにより、SEO的に検索順位も上位表示することを目指せます。
さらに、営業など別の集客路線からたどり着いたユーザーに見てもらうことで、好印象を与え不動産を仕入れることにつながる可能性があります。

コンテンツマーケティングとチラシ配布を組み合わせる

チラシに自社WebサイトのQRコードを設置することで、興味のあるユーザーは確認するでしょう。
また、チラシに目を通さない人に関しても、QRコードが目の端にうつりでもすれば、興味本位でみられる可能性にも期待ができます。

ですが、特にコンテンツなどに力を入れていない自社Webサイトを見てもらうだけでは効果は薄いです。
そこで自社Webサイトに、ユーザーに価値のある情報や、自社の強みや特徴などの魅力が伝わるコンテンツを用意することで不動産を仕入れる確率向上が見込めます。

ポジショニングメディアを活用する

自社の強みや特徴を明確にしていなければ、どの方法を施策しても決め手に欠けてしまう場面も多々あるでしょう。
そのために必要になる方法がポジショニングメディアです。

ポジショニングメディアを打ち出すことで、新たな集客路線としても使うことができます。
さらに、自社商圏範囲をユーザーへ伝える他社との違いを明確にすることで、自社の強みや特徴に共感を持ったユーザーを獲得を目指すことが可能です。
そのため、一度限りの不動産仕入れ相手ではなく、その後も専任媒介を任せてもらうことに期待できます。
ポジショニングメディア
について詳しく

ポジショニングメディアとアナログな方法を組み合わせる

ポジショニングメディアを作成するにあたり、まずは自社の持つ強みや特徴を明確にする必要があります。

その自社の強み、特徴を営業やチラシなどアナログな方法でも押し出すことで、ユーザーが強みや特徴を少しでも気になれば、自社の名前と強みや特徴で検索される機会も増えることになります。

そうすると、打ち出しているポジショニングメディアに行き着く可能性も向上するため、そこから自社の魅力が伝わり不動産を仕入れるきっかけとなる可能性もあります。

また、営業など別のマーケティングでもセールスポイントをユーザーへ伝えることができるようになり、営業やチラシのようなアナログな方法から直接ユーザー獲得につながることにも期待できます。

ポジショニングメディアについてまとめた資料もご用意しています。ポジショニングメディアについてご興味があり、より詳しく知りたい方はぜひダウンロードしてご確認ください。

Web広告を有効に活用しよう


Web広告も一つでは効果の反映が遅いや、期待値より効果が薄いなどの問題が発生するケースもあります。
長い目ではコンテンツマーケティングを継続的に行い、そこにポジショニングメディアを行うように複数のWeb広告を打ち出すことで不動産の仕入れに対して期待している効果を発揮します。

また、Web広告のみを複数展開するだけでなく、営業やチラシのポスティングなどアナログな方法とWeb広告を組み合わせて、Webメディアをさらに有効活用することも大切です。

ネット社会で生き残るためのWebメディア

マーケティングに関してWeb広告がメインとなりつつあります。
そしてユーザーもインターネットで簡単に検索できるようになったため、選択肢を多数持てるようになりました。
そのため企業側は選んでもらえる施策をこれまで以上に考える必要があります。

バリュープロポジションを確立する重要性


選んでくれるユーザーを確保するには、競合他社は展開していないセールスポイントで、ユーザーが求めている視点を自社のセールスポイントにすることで、ユーザーにそのセールスポイントへ共感してもらうことにあります。
これは、ポジショニングメディアのもとにもなっているバリュープロポジションと呼ばれています。

さらに、バリュープロポジションを有効活用するには競合他社にはない製品やサービス、強みや特徴といった自社の魅力を、ユーザーにWebメディアなどを展開して伝えることで自社サービスの市場価値を高めることにあります。
そのバリュープロポジションから、自社の魅力に共感して受注したユーザーは長い関係を築くことに期待することができます。

バリュープロポジションについて興味がわきましたら、バリュープロポジションキャンバスのテンプレートもご用意しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。

Webで楽に不動産仕入れを実現したいなら全研本社へ

当サイトキャククルを運営する全研本社は不動産業界をはじめ120業種を超える企業のWeb集客実績を有しております。
弊社は、クライアントのポジショニングを行う際、競合の調査を念入りに行い、効果的なWeb広告の打ち出す方法を念入りに検討しています。
そして、クライアントが一層輝ける強みや特徴でユーザーを狙うWebマーケティングを得意としております。

これまでやってきた方法で集客に手ごたえが感じられない場合や、Webマーケティングが上手く機能していない状況を大きく変える一手が欲しい場合は是非弊社にお問い合わせください。
ご要望があればオンライン商談システムを活用した打ち合わせも可能です。具体的な事例をお見せしながら、貴社に合った戦略をご提案させていただきます。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ