土地家屋調査士の集客は優位性を見せるWeb戦略を活用

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

土地家屋調査士の現状と将来

土地家屋調査士の資格をもつ方のなかには、今後仕事が減るのではないだろうかという不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。土地家屋調査士の将来性について考えてみましょう。

土地家屋調査士は今後営業も必要?

土地家屋調査士の仕事は、不動産で必ず発生する業務となり国家資格をもっていなければできません。デジタル化が進んでいる現在でも不動産はデジタルに置き換えることができないジャンルなので、仕事自体がなくなるということはまずないでしょう。

しかし人口減少に伴い将来的に仕事の量は減っていくことが予想されます。安定して業務を受注するためには営業に力を入れておくことが望ましいです。

土地家屋調査士の営業方法はひとつではない

土地家屋調査士として仕事をしている方のなかには、その他の専門資格を必要とする仕事と兼業をしている人も珍しくありません。

土地家屋調査士を登録した時点で専業であるという方は4割を超えている状態で、兼業の内容としては下記があります。

  • 測量業
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 建築士

※参考元:日本土地家屋調査士連合会 日本全国あなたの近くの土地家屋調査士(https://www.chosashi.or.jp/media/071-096_chapter05.pdf)」

なかにはドローンを活用した測量を実施しているケースもあります。ドローンを使った測量は高い技術が求められますが、新しい取り組みを行って依頼の幅を広げることを考えておくのもよいでしょう。

土地家屋調査士の集客は早めの対策を

ドローンを使った測量などは現在の日本で考えるとまだ目新しい分野ではありますが、今後は測量で使われるのが当然となる時代が来るかもしれません。集客の対策を早めに備えておくことは今後土地家屋調査士が安定した仕事を受注をするのに重要なポイントです。

ご相談者様限定!

Web集客経験6000社分のノウハウを活かした市場調査資料プレゼント中!
コンサルが勝てる市場競合情報をお伝えします。

無料相談はこちら

土地家屋調査士の集客はWebからが主流に

土地家屋調査士の営業や集客といっても、どんな方法が良いのかわからないという方もいるかもしれません。しかしそんな方でも今後の集客の中心がWebになっていくであろうことは薄々感じているのではないでしょうか?

スマホ所持率はパソコンを超えている

現在では世帯の9割はインターネットができる環境にあり、何か依頼したいと考えている方がその依頼先を調べる方法としてインターネットが主流となります。下記は総務省の調査による情報通信機器保有状況についての解説です。

2017年の世帯における情報通信機器の保有状況をみると、「モバイル端末全体」及び「パソコン」の世帯保有率は、それぞれ94.8%、72.5%となっている。また、「モバイル端末全体」の内数である「スマートフォン」は、75.1%(前年差3.3ポイント上昇)と上昇しており、「パソコン」の世帯保有率を上回っています。

※引用元:総務省 情報通信機器の保有状況(https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd252110.html)

土地家屋調査士がWebでおこなえる営業方法

ネットからの集客イメージ

土地家屋調査士がWebで営業をおこなうにはいくつかの方法があります。

ホームページを作成する

インターネットで何か情報を調べようとする際に、現代では検索サイトを活用するのが一般的です。検索サイトの結果はほとんどの方が上位に表示されたホームページから見ていきます。複数のサイトを見る場合もあるため1位でなければいけないというわけではありませんが、上位の10位〜20位くらいまでには表示されていないと、見てもらえる可能性はかなり低くなってしまうのです。

この検索サイトの結果で上位にあげることをSEO対策といいますが、SEO対策だけでは充分ではありません。

土地家屋調査士ならではの専門用語の解説ページを作成

土地家屋調査士への依頼を検討している方は、専門知識をもっていないことのほうが多いため、専門用語の解説や解答などをホームページに用意しておくことは流入を促す大切なポイントです。

また専門用語に対する解説などのページを作っておくことはSEO対策の効果も高くなります。しかし、ライバルである他の土地家屋調査士も、同様の手法を使ってくることは考えておかなければいけません。

土地家屋調査士の集客は地域を加えたキーワードに注目

土地家屋調査士はその周辺地域に住んでいる方から依頼を受けるのがほとんどです。そのため地域名のキーワードを加えたSEO対策をおこなっておくことが非常に重要となります。地域名といっても都道府県だけではありません。

例えば東京都庁のある場所を地域として考えてみると、下記のようにさまざまな地域の場所で分類することができます。

  • 関東、土地家屋調査士
  • 東京都、土地家屋調査士
  • 新宿区、土地家屋調査士
  • 西新宿、土地家屋調査士

このように自分が力を入れたいと考えている地域の名前を入れたときに上位にくるような対策をしておくことが大切です。

MEO対策も土地家屋調査士の営業手法のひとつ

検索に関連する対策方法はSEO以外にもMEOと呼ばれるものもあります。これはマップサービスで検索した際に上位に来るための仕掛けです。マップサービスは非常に機能が充実しており、位置情報を利用して、現在のエリア近くで検索したいキーワードを入力すると関連する事務所や店舗などが表示されます。

このマップサービスでの検索順位を上げることがMEO対策です。Googleマップの検索ですぐ選んでもらえるようにしたいのであれば、まずGoogleマイビジネスに登録することから始めましょう。

登録しておくことでGoogleマップにて検索された際に住所や電話番号、営業時間などを表示させることができます。無料で登録できるので、Webでの集客を意識するのであれば必ずやっておくべきです。

SNSで土地家屋調査士自身が情報を発信

リアルタイムですぐに発信ができるSNSもWebで集客するなら外せないポイントです。スマートフォンの利用者が増加していることも後押しして、SNSの利用者・利用率ともに2013年以降ずっと右肩上がりで上昇を続けています。

※情報参照元:ICT総研 2018年度 SNS利用動向に関する調査(https://ictr.co.jp/report/20181218.html)

実際に「土地家屋調査士 Twitter」といったキーワードなどで検索してみると、どのようなつぶやきをしているかを参考に見ることもできます。

Twitterなどは、リツイートといってボタンひとつで他のユーザーのつぶやきを共有することができる機能などもあるので、拡散力も非常に高いです。見ている方がためになる情報と感じれば、他の人に教えてあげたい気持ちからリツイートなどで広まりやすい傾向にあるため、SNSをうまく活用することで、ホームページへの流入を促せます。

土地家屋調査士のホームページへ集客を加速させる広告も活用

ホームページ集客を促す広告というのもあります。費用がかけてホームページへの流入を促すものが一般的なので、事前にホームページのコンテンツを充実させておかなければいけません。

リスティング広告

リスティング広告とは検索したキーワードに連動して検索結果に近い場所へホームページへのリンクを表示できる広告です。クリックされた数による従量料金が一般的ですが、人気の高いキーワードになるほどその料金が高くなるという傾向にあります。

土地家屋調査士に関連するポータルサイトへ登録

さまざまな情報コンテンツを掲載しているサイトをポータルサイトといいますが、事業をしている方が宣伝として登録できるケースもあります。

代表的なサイトは登録している土地家屋調査士を各都道府県ごとに限定して調べられる「あなたの街の登記測量相談センター(https://to-ki.jp/center/info/toroku.asp)」です。ホームページが検索上位に上がってこない状態でも、ポータルサイトへ登録しておくことで流入のチャンスをつくれます。

土地家屋調査士のポジショニングメディアを立ち上げるのも営業方法のひとつ

自身の公式ホームページ以外にも、ポジショニングメディアを作成することもWebでの営業戦略のひとつです。例えば「土地家屋調査士+地域名」で検索したときにその地域の土地家屋調査士を比較するサイトが上位に来るように仕掛けておき、競合他社との特徴を比較できる内容にしておきます。すると閲覧しているユーザーが検討し、迷いやストレスなく選んでもらえるのです。

但し制作する際には注意点が必要です。

  • 比較する基準を宣伝したい土地家屋調査士の特徴を重点におく
  • SEO対策しながら制作し、上位に表示されるように仕掛ける
  • 比較する基準がずれてしまうと反対に同業他社に流入してしまう可能性がありますし、そもそもサイトが上位に来なければ閲覧してもらえません。そのため立ち上げる際にはプロに相談しておくべきです。

    土地家屋調査士が集客で差別化できるポイントを探そう

    インターネットでの集客が主流となっている現在では、今後も土地家屋調査士のWebサイトはどんどん増えてくるでしょう。複数の土地家屋調査士で検討をしていてなかなか決められないという見込み顧客に対して、最後の後押しできる部分を用意しておくことが大切です。地域が同じ同業他社のなかでも、優位性を示すことができれば集客で差別化できるポイントとなります。

    Webサイトを制作する前の準備として、どんな優位性があるかを認識しておきましょう。例としては下記のようなものがあります。

    • 得意な測量の分野
    • 保有資格の豊富さ
    • 測量実績数の多さ
    • 歴史の長さ
    • 口コミなど顧客対応の評判

    バリュープロポジションという考え方

    バリュープロポジションのイメージ図

    同業他社がもっていない強みのことをバリュープロポジションといいます。自分の事務所だけが提供できる価値のことで、見込み顧客が選んでくれる理由になるのです。

    ホームページや仕掛ける比較サイトなどでバリュープロポジションをしっかりアピールすることでどの事務所に依頼をしようか迷っている方の後押しになり、結果として集客の増加に繋がります。

    このバリュープロポジションは顧客の視点に立ったものでなければいけません。アピールするべきと考えていた点が、実はニーズからずれている場合もあります。

    バリュープロポジションを発見するためには見込み顧客がどんな要望をもっているかの調査や、競合他社のサービス分析が重要です。

    バリュープロポジションを生かした集客の戦略はプロに相談

    将来的に土地家屋調査士が競合他社よりも選ばれるWebの営業や集客をおこなうためには、バリュープロポジションを活かした戦略が効果的です。

    しかしそのためにはマーケティングのノウハウをもってなければいけません。事務所としてどのような点をアピールすればよいのかわからないという方はまずはプロに相談するのがおすすめです。

    全研本社では、すでに6000を超えるサイトの制作実績をもっています。競合調査のマーケティングを通じてバリュープロポジションの発見、そしてユーザーニーズの分析をもとにした適切なキーワードでのWebサイト制作のノウハウをもっているので、ぜひおまかせください。

    • マーケティングをしたうえでのバリュープロポジションの発見
    • それを活かした集客方法の戦略
    • コンテンツマーケティングでのWeb集客

    このようにWebでの集客をおこないたいと考えている方は、Web集客に特化している弊社に一度ご相談ください。

    ページトップへ