Webサービスへの集客方法まとめ。無料の方法、有料の方法、両方紹介

Webサービスへの集客方法まとめ。無料の方法、有料の方法、両方紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

Webサービスの集客方法まとめ~無料・有料、効果など~

Webサービスへの集客方法は多様なものです。コストや効果が出るまでに期待するべき期間など、必要に応じて使分ける必要があります。こちらでは、様々なWebサービスへの集客方法を見ていきましょう。

オウンドメディアの運営/無料/長期/効果は腕次第

オウンドメディアは自社オリジナルのメディアです。Web上にサイトを作り運用するという観点では無料で実施できます。
定期的にコンテンツを更新していくことができれば、長期間掛かるものの、集客ツールとして大きな効果を期待できます。また、結果が出た後もWeb上に存在したままにさせておけるので、手を加えなくとも長期間効果を持続させることができますが、全てはコンテンツの内容次第と言えるでしょう。

SNSによる拡散/無料/長期/効果は腕次第

SNSでの拡散もオウンドメディア同様に、長期間かけて効果を期待していく集客方法となります。
オウンドメディアと大きく異なる点は、「インフルエンサー」と呼ばれる強大な拡散力を持つユーザーが多数存在します。オウンドメディアは法人が運用していることが基本となるため、SNSで例えるなら対抗相手は芸能人しかいませんが、SNSの場合さらに多くの対抗相手と戦う術が必要です。
しかし、コツをつかめれば運用しやすいという観点から、他の施策と組み合わせた運用がオススメです。

プレスリリースの送付/無料もしくは有料/短期/効果は内容次第

ターゲットとなり得るユーザーを抱える媒体やメディアへ、プレスリリースを送付するという手法があります。記者の連絡先を確保できている場合には無料で送付可能ですが、大量に多くの宛先へ送信する場合には有料サービスの利用が必要です。
内容が良く、ニュース性があるものであれば取り上げられる可能性はあるでしょう。

サービス投稿サイトに投稿/無料/長期/効果は運次第

サービスを投稿するサイトへ投稿しておくという手法があります。しかし、関連性があるユーザーが見るとは限らず、長期間かけても集客に結びつくかは運次第というところでしょう。
余力がある場合に取り組むことをオススメします。

寄稿による宣伝/無料もしくは有料/中期/効果はメディア次第

寄稿には大きく2種類あり、特定分野の専門知識があることをメディア関係者に認められ寄稿を依頼される場合か、企業側が費用を負担することで掲載をしてもらう場合があります。
前者の場合、おそらく既に知名度があるため集客方法を検討しすぎなくとも上手くいく可能性が高いです。後者の場合、客観的な評価をもたらすメディアの力を借りることでWebサービスの信ぴょう性を増すことができ、集約に期待ができます。

リスティング広告/有料/短期/ターゲット次第

短期間での結果を期待できる一方で、運用面や費用面の負担が大きく掛かります。自社にWeb広告運用者が在籍している場合にはオススメです。

ディスプレイ広告/有料/短期/ターゲット次第

リスティング広告と比較しユーザーの目線に留まりやすく、短期間での結果を期待できます。しかしクリエイティブなどの工夫が必要です。

アフィリエイト広告/有料/短期/掲載メディア次第

アフィリエイト広告は一定の収益を期待できるものの、どこへ掲載されるか分からないというリスクがあります。サービス内容次第で検討をするべきでしょう。

純広告/有料/短期/期間次第

ある程度クリエイティブを作りこまなくてはならないという観点から、人目には付きやすいと言えるでしょう。しかし莫大な費用が必要なため、金銭的に余裕が無ければ難しいです。

タイアップ広告/有料/短期/タイアップ先次第

納得いくタイアップ先を選定できれば、効果を期待することが可能です。しかし純広告同様莫大な費用が掛かるため、サービス内容次第で検討すると良いでしょう。

オウンドメディアで効果的に集客する方法

注目するべきはオウンドメディア

ここまで様々な集客方法を見てきましたが、コストを掛ければ必ずしも効果を期待できるわけではないため、Webサービスへの集客は難しい側面が大きいですよね。

そんな中、無料でありながら今後活用しやすいのはオウンドメディアだと言えるでしょう。コンテンツマーケティングが注目されているからこそ、絶対に外せない施策と言えます。その理由として最も大きいのは、自身がユーザーとして検索をする場合に立ち返ると簡単です。Webサービスの場合は必ずと言って良いほど検索を行うのでは無いでしょうか?
だからこそ、SEO対策をしたオウンドメディアは必須の集客戦略です。

オウンドメディアを運用するためには?

しかし、オウンドメディアの結果を出すには比較的長い時間が掛かると考えるべきでしょう。単体で勧めていくのではなく、SNSなどの力を有効活用しながら同時進行で施策を運用していくことで、より早いタイミングで大きな効果を期待できます。

オウンドメディアはサイト構築が自前でできると考えれば、無料で実践することが可能です。しかし、SEOやマーケティングの知識やターゲット分析に合わせたコンテンツの作成ができなければ意味がありません。これらを習得するためにはオウンドメディアで効果を出すよりも時間が必要な可能性があります。

全研本社では、オウンドメディア制作だけでなく、各種Web広告との複合戦略も提案できます。なるべく早く効果が出ることを望むなら、まずはプロに相談してみましょう。

お問合せはこちらバリュープロポジション漫画

ページトップへ