板金塗装業者の集客方法アイデア集 おすすめも紹介

板金塗装業者の集客方法アイデア集 おすすめも紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

板金塗装業者の集客方法を考える前に!ターゲットは明確にする!

板金塗装の発注を増やすには、主には以下のポイントが大切です。自分たちがどういった層をターゲットにすればいいかが見えてきます。

  • 自社と競合の強みと弱み
  • 顧客のニーズ・エリア・地域の特徴

ポイントをふまえて正確な分析を行い狙うべきターゲットを明確にしましょう。

板金塗装業者の宣伝集客方法のアイデア集

板金塗装業者の宣伝や集客につかえるアイデアをまとめてご紹介いたします。

「板金工場に直接お願いすればよい」と考えるユーザーはいるはず!

これまでは車の修理や傷の修繕といった依頼は、「車を買ったところにもっていく」がもっとも多く、板金塗装業者には直接依頼が来るのは修理全体の10%程度と、少ない割合でした。

しかし、インターネット、スマホの普及により修理先を手軽に探せるようになり、買ったところだけじゃなくても直せる、思ったよりも近くにいい板金工場があったのだと知る機会ができました。

ディーラーがもっている90%近いシェアを、自社にもってくるチャンスが生まれたわけです。そんな時に、ディーラーと差別化を図り品質や価格など、板金工場ならではの提案をすることで入庫が劇的に増える可能性があります。

紹介(紹介カード)リピーター集客

特に信頼のおけるルートです。紹介を生み出すためには日頃のお付き合い、信頼の積み上げが大切です。

看板

強みがはっきりと伝わるような作り方がいいでしょう。自社の印象付けを行うための媒体です。イメージで訴求するよりも施工内容や料金など、大きく載せておくといいですね。

地域の集客イベント

地域内でのイメージアップや信頼度向上につながるので大事な活動です。積極的に参加し知名度を上げるようにしましょう。

ホームページ

自社公式ホームページ

前述したように、ユーザーがスマホで板金業者を探せるようになったため、そこから入庫台数を増やすチャンスがあります。だからこそWEB上で自社の紹介ができるよう、必ずホームページを作っておくべきです。もしくは数ヶ月更新していないだけなのであれば、集客につながるコンテンツを作りましょう。

オウンドメディア、自社ブログ

すぐにできるコンテンツとしておすすめなのはブログです。「板金修理は実はこんなことをする」「自社に依頼したお客様の喜びの声」のような投稿をするのもいいでしょう。

ポジショニングメディア

自社と他社のポジションを明確にするためのWEBサイトです。このようなメディアがあることで、選ぶ側が板金業者を選びやすくなります。詳しくは後述します。

SNS・動画

SNSを活用した集客はどの業界でも効果的です。YouTubeのような動画、Instagramのストーリーズなど、動画コンテンツもしっかり活用しましょう。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは無料で登録できます。簡易なホームページを作成することもでき、登録しておけば検索時に見つけられやすくなります。

Facebookページ

実名登録のSNSで30代以上が主な利用者とです。実名が故に拡散力はそこまでありませんが、特定のエリアを狙った広告の出し方もできるので、他のSNSと連動して活用するといいでしょう。

Twitter

Facebookと違い、拡散性と即効性の高いSNSです。10代~60代まで幅広い年齢層が使っているので、常に新しい情報を発信しつづけるフロータイプの宣伝に向いています。

Instagram

女性ユーザーが多く華やかな印象のSNS。要は画像がポイントなので、見た目にシャアしたくなるようなものを上手く使えれば効果的です。

LINE公式アカウント

LINEの業務向けアカウント。LINEを通じて繋がっているユーザーの年齢層や性別を把握する機能もあります。使いようによってはプッシュツールとして有効です。

YouTube

動画コンテンツは影響力も高いですが、その分更新頻度など活動を維持するにはかなり人的なコストを必要とします。コンテンツの中身が面白くなければ見られないので、日々、新しいことに取り組むことが求められます。

エキテン

店舗・施設の口コミランキングサイト。様々なジャンルの業種が登録されているため、登録だけでもしておくというのでもいいでしょう。どこから問い合わせが来るかは分かりませんでの間口を広げると言う意味でも効果的です。

リスティング広告

SEO対策は時間がかかってしまうのですが、お金を払って特定のキーワードにて検索上位に表示させることで、新規立ち上げ時など、一気に認知を広めたいときに活用できます。

板金塗装業者が集客時に検討したい広告宣伝方法はコレ

上で紹介したもののうち、集客に効果的で優先的に取り組んでいただきたいのは

  • 紹介
  • 自社公式ホームページ
  • オウンドメディア、ブログ
  • ポジショニングメディア
  • Googleマイビジネス

この5つです。

一番有効な集客は知人、友人からの紹介、そしてその方たちからのリピートです。
板金塗装ジャンルではこれを最大に大切にしたうえで集客について考えていきましょう。

紹介以外に、新規の顧客に見つけてもらうためにはWEB上での集客戦略が重要になります。

まず公式サイトありきにはなりますが、意外と手薄なのが、無料でできるGoogleマイビジネスへの登録です。Googleマイビジネスから自社のサイトへ来てもらい自分たちの特徴を紹介します。また無料で登録できるポータルサイトなど、利用できるものがあれば何でも活用しましょう。

これらの施策を実施したうえでも、一つ大きな問題があります。それは、新規顧客にとって、板金塗装業者というのは、どれも同じように見えているということです。

ユーザーにとって板金塗装業者というのは、情報が少ないため詳細がわからず違いを見分けることが難しく思われてしまいます。

そんな背景から、慣れないユーザーにとっては、自動車のキズ・へこみ修理を考えたときに、カーディーラーの方が安心できると考えるのも理解できます。

しかし他社との差別化だけでなく、カーディーラーよりも、板金塗装業者に車を持ち込むことを促進するような何かが必要です。

そこで、このような他社との差別化や、カーディーラーよりも板金塗装業者に直接、車を入庫することのメリット・デメリットなどを伝えようとした場合、次に紹介するポジショニングメディアという手法を提案します。

板金塗装業者の集客宣伝の前にもっと大切なのは、ポジショニング

ポジショニングとは競合他社との違いを明確にし、市場内で自社の立ち位置をわかりやすくすることです。

この考えを用いたポジショニング戦略では、差別化や独自化を狙って自社の強みをはっきりさせましょう。

ポジショニングはブランディングに近く、しっかりと自社の存在を市場内に示すことで、顧客となる消費者側が選びやすくなります。戦略で大事なのは他社より上をいくのではなく、自社の強みをはっきりと認知されやすくすることです。

全研本社では、ポジショニングメディアを活用した集客戦略を得意としています。7,000件以上の実績をもつ弊社には様々な業種のノウハウが蓄積されているので、板金塗装の集客もお任せください。

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアの紹介資料

WEBマーケティング戦略のひとつである、当社のWEBサービス「ポジショニングメディア」について、資料にしました。すでに導入されたお客様の声や、一般的なWEB集客手法の課題もまとめています。

ポジショニングメディア資料

集客のご相談はこちら

ページトップへ