オウンドメディア制作・構築 オウンドメディア制作・構築

オウンドメディア制作・構築

120業種以上のマーケティング支援とWeb制作実績を活かした「戦略的オウンドメディア」を提供します

オウンドメディアとは

オウンドメディアを制作する理由

オウンドメディアとは自社で運用・情報発信をするメディアのこと。
自社で運用するからこそ、商品やサービスをより魅力的に伝える、独自のコンテンツを発信することができます。

オウンドメディアを制作する必要性・重要性

多くの企業がオウンドメディア制作に興味を持ち、Webサイトを立ち上げる理由として、
インターネット検索が当たり前になったこと、それによりWeb上に真偽のわからない情報があふれてしまった現状があります。

オウンドメディアを立ち上げ、SEOを意識した独自かつ良質なコンテンツを作成することで、
ターゲットユーザーが検索するキーワードで上位表示を実現。正しく魅力的な情報を、それを求めているユーザーに届けることができます。
またsnsのように情報の流動化が起こらず、Webサイトが資産として残ることで、

  • ・継続的な購入や申し込み
  • ・見込み顧客の集客
  • ・ブランドイメージの構築・定着

といった、様々な目的を叶えることができます。

オウンドメディア制作前のポイント

まずオウンドメディアを立ち上げる目的(解決したい課題)、なにを成果(KPI)とするかを設定しましょう。
なにを求めるかによって、オウンドメディアの設計・構築、デザインの方向性も異なってきます。

そしてオウンドメディアによる成果や恩恵を安定して受けるためには、単にWebサイトを立ち上げて終わりではありません。
Webサイトの公開後にも継続的な運用(コンテンツの更新、成果状況の確認、改善など)が必須です。
しっかりとサイトを守り育てていく体制の構築についても、あらかじめ考えておく必要があります。

サイト設計やSEO、マーケティングなどのノウハウを自社で持っていない場合、
集客・ブランディングに効果的なオウンドメディアを制作するために非常に時間がかかってしまいます。
このタイムロスは、オウンドメディアが増えつつあるいま、競合他社に遅れをとってしまうリスクがあります。

逆にスピーディにオウンドメディアを展開することができれば、市場の中での自社のポジションも取りやすくなり戦略の幅が広がります。
そこで全研本社では、クライアント企業のオウンドメディア戦略を素早く実施・実現できるよう、培ってきたノウハウを活かして、
集客やブランディングに効果的なオウンドメディア「ブランディングメディア」を制作し、クライアントを支援しています。

全研本社がつくる
オウンドメディアの戦略

全研本社の
オウンドメディア制作

全研本社のオウンドメディア制作

120を超える業種でのサイト制作実績で培ったノウハウをもとに、Web制作の各工程を専門のチームで対応。
市場分析、マーケティング戦略の立案、コンテンツ企画・制作、Webサイト作成、公開後の運用・改善までを
全研本社ワンストップで完結できる体制を構築しています。

市場内でブランドを確立する
オウンドメディア

全研本社が作成するオウンドメディアは、弊社が得意とする戦略的コンテンツマーケティングの考えを取り入れることで、
市場内でのクライアント独自の提供価値を明確にし、「〇〇といえば△△社」というブランドイメージを定着させます。

クライアントだけが持つ強みバリュープロポジションを徹底的に分析し、オウンドメディアの戦略に活かすことで、
競合が真似ができないポジションを市場内で確立。

全研本社ではオウンドメディアによるメリットをより強めた「ブランディングメディア」として、
新しいオウンドメディアの制作・構築・運用を提案しております。

ブランディングメディアによって、クライアント商品・サービスと相性の良いユーザーを集め、
その魅力を伝えるコンテンツを通じて、ポジティブなイメージの醸成、購買意欲の向上を実現しています。

全研本社のオウンドメディアが
成果を出せる理由

全研本社の強みのひとつが、徹底的な分析に基づく戦略的なコンテンツマーケティングの提案です。
ブランディングメディアにおいても、クライアントのバリュープロポジションが最も輝く市場やユーザーをあらかじめ分析してセグメント。

クライアントの強みとニーズが合致するユーザーがいる市場においてメディアを展開することで、
購買意欲の高い、成約や購入に近いユーザーに認知してもらうことができます。

上記のような、オウンドメディアをどの市場のどのユーザーに届けるべきか、という戦略を立てずにオウンドメディアを制作してしまうと、
ユーザーニーズとずれた自社本位の情報ばかりを発信してしまうなど、オウンドメディアのメリットを台無しにしてしまう可能性が高まります。

失敗しないオウンドメディアをつくるために、全研本社では事前の分析→市場選定を重要視しています。

業界や市場によって、ユーザー層やニーズにも特色はありますが、120業種以上のクライアントと関わる弊社では様々な業界の知識やノウハウを蓄積。
専門性の高い業界やニッチな業界でも効果的な戦略立案・オウンドメディアの制作が可能です。

全研本社の
オウンドメディア・
Web制作の流れ

全研本社のWeb制作体制

企画・マーケティング戦略提案

全研本社にオウンドメディア制作をご相談いただいた時点で、市場環境・ターゲットユーザー・競合などの分析を開始。

具体的な課題や悩みなどをヒアリングさせていただく時点で、弊社が考える戦略の方向性もご提案させていただきます。
※ご相談・分析は無料で行なっておりますのでご安心ください。

ヒアリングさせていただいた情報をもとに、マーケティング戦略をさらにブラッシュアップ。
どの市場で、どういったユーザーをターゲットにブランディングメディアを制作するべきかご提案させていただきます。

オウンドメディア(Webサイト)の構築・制作

お申し込みをいただいた後は、Webディレクターによってサイトの設計図を作成します。
ターゲットのペルソナ設定、コンテンツ内容、送客にいたるストーリー設計など、より具体的に構築し、
戦略にご納得をいただいた上で、オウンドメディア制作のフェーズへと移行します。

尚、マーケティング戦略の立案は、経験豊富なWebディレクター複数名で何度も打ち合わせを行い、
成約や購入などの具体的成果の達成に徹底的にこだわった戦略を考えぬいています。
「貴社の商品こそが自分にとっての一番」と感じてくれるユーザーを集めることで、リピート購入やアップセルにもつながるファンを創出します。

コンテンツ・デザイン制作

コンテンツ記事の作成は、全研本社が運営するライターステーションに所属するライターより、業界の知識や経験があるライターが担当。
専門性の高い分野であっても、様々な経歴・資格を保有するライターがいるため、最適なライターを選定することでクオリティの高い記事を作成できます。
各コンテンツについては、戦略を考えた担当Webディレクターが細部までチェック。品質担保にも妥協を許しません。

サイトデザインの部分は、社内のデザイナーチームが担当し、ターゲットに対して効果的なビジュアルを規定するとともに、
ストーリーやユーザー導線がわかりやすく伝わるデザインやギミックを構築します。

ガイドラインや法規制への対応

景品表示法や著作権法、医療広告ガイドラインなど、広告を作成する上で守るべきルールが守られているか、
専門的なチェック体制をつくり、サイト全体をくまなく確認します。

各制作者に対しても、定期的な研修を行い、ルールに追加や変更があった場合もスピーディーに把握。
法規制に則ったサイト制作を行うことで、適切な情報発信を行う企業としてクライアントのイメージ・信頼の向上にも寄与します。

サイト公開後の運用

定期的にコンテンツ記事を更新し、常にサイトが最新の状態に保たれていることはgoogleの評価に対してポジティブな影響を与えるため非常に重要です。
全研本社では、Webサイトを公開後、ユーザーの動きやgoogleの評価などを元に、コンテンツ記事に情報を追加したり、
注目されているキーワードで記事を作成することで、成果の実現・拡大に向けて、サイト全体や記事の品質を高めていきます。

またサイトの成長や実績についても定期的にレポートを作成し、共有。
フィードバックをいただきつつ、サイトの更新の方向性を決めていきます。

オウンドメディアを立ち上げたものの、成果を生み出せずに失敗してしまう一因として、こういった運用体制を構築できなかったというものがあります。

弊社がオウンドメディアを立ち上げる際には、更新し続けることを前提に、サイトの立ち上げ段階から更新計画を策定
SEO分析を専門に行うチームが、弊社の持つマーケティングやSEOのノウハウを活用し、着実にメディアを成長させていきます。

全研本社の
オウンドメディア制作事例

ライターステーション

ライターステーションキャプチャ画像 引用元:ライターステーション(https://writer-station.com/)

◆ユーザーニーズに合わせたコンテンツ展開で、採用数アップと応募者の質を担保

1年間のSEO運用でライター採用数300%UPを達成!年間で300名以上のライター採用に成功しました。

またライターのお悩みに答える記事や、副業に関する記事などをブログとして更新するコンテンツマーケティングを展開し、
単純に人数を集めるだけではなく、専門資格(医師や弁護士等)を持ったライターの採用にも成功。
Webライター募集の課題である質の問題もクリアすることができました。

全研本社が得意とする、ターゲットユーザーの選定と徹底的なニーズ分析が功を奏し、採用分野でコンテンツマーケティングを活用した事例です。

メディアとして成長した媒体力を活かし、ライターに発注をしたいという顧客ニーズに対してもアプローチ。
ライティングや、コンテンツマーケティングの外注を検討しているクライアント向けのコンテンツも作成しています。

1つのサイトで、ライターの獲得とクライアントの獲得という両軸を実現しているメディアです。

キャククル

キャククルキャプチャ画像 引用元:キャククル(https://www.shopowner-support.net/)

◆半年でセッション400%UP!網羅的なコンテンツ更新で多種多様な業種の集客ワードで上位表示

あらゆる業種の集客ニーズを分析した上で、スピーディーかつ網羅的にコンテンツ記事を更新。
2020年1月時点から集中的なサイト運用を開始し、半年後の6月にはセッション400%成長を達成させました。

集客課題を持つユーザーの検索ニーズを徹底分析し、多くの業種の集客キーワードで上位表示を実現。
7,000件以上のWebサイト制作で培ったSEOのノウハウを活かしながら、
市場内でポジションを確立する戦略的コンテンツマーケティングが成功した事例です。

集客に効く
オウンドメディアの
制作なら全研本社へ

上記でご紹介したオウンドメディアは一例です。
ご相談の際には攻めるべき市場のご提案をはじめ、御社の持つ課題と同様の課題を解決した事例、
同業種で展開したオウンドメディアの事例などもご紹介いたします。

全研本社がつくるオウンドメディア「ブランディングメディア」の戦略については、
以下のページでも詳細にまとめています。ぜひご覧ください。

集客とブランディングを両立する
オウンドメディアの
戦略・事例を見る
ページトップへ