福岡で集客効果の高い広告媒体をリサーチ

福岡で集客効果の高い広告媒体をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

「新しモン好き」の福岡人を集客できる広告媒体とは

九州地方において最も人口が多いだけではなく、国内外から多くの観光客も訪れている福岡。九州の中核都市と言っても過言ではないため、集客のチャンスを掴みやすいエリアです。ただ、闇雲にアプローチしても効率的に集客するのは難しいので、福岡人の特性を踏まえて広告媒体を選ぶ必要があります。

まず福岡人は男性・女性を問わず「新しモン好き」で好奇心が強い、流行に敏感な方が多いです。情報収集力が高いので、新しい店舗・商品はすぐチェックされる傾向にあります。特に若年層~中年層のほとんどはスマートフォンが情報収集の手段となっているため、それを意識しつつプロモーションを仕掛けることが大切です。

さらに、福岡人は「ハコ」より「ヒト」を重視する傾向が強いと言われています。店内のインテリアや眺望より、スタッフの人柄やコミュニティ形成のほうが注目されやすいのです。福岡人は新しモン好きなので、最初は来訪してくれるかもしれませんが、「ヒト」の部分に魅力を感じないとリピートにつながらず、赤字や閉店といった事態に追い込まれてしまいます。

これらの特性を持っている方が多いことから、福岡は商品・サービスを試験的に提供する「テストマーケティング」がよく行われている都市の1つです。テストマーケティングに必要な条件としては、以下のような要素が挙げられます。

  • ▽街の「規模」が大きすぎず、小さすぎないか
  • ▽その街がほどよい「密度」でまとまっているか
  • ▽新しいものに良く反応してくれるなど「ターゲティング」がしやすいか
  • ▽テストの実施エリア以外への「波及効果」が狙えるか
  • ▽行政のサポートなどの「実施しやすさ」があるか

(引用元:西日本新聞 https://www.nishinippon.co.jp/item/o/522490/)

このように独自の地域性も併せ持っている福岡では、どんな広告媒体が役立つのでしょうか。それを見つけるための情報を本ページにまとめたので、ぜひチェックしてみてください!

ここふるTV

(引用元:ここふる https://www.cocofuru.net/tv)

ここふるTVは、全国の地方自治体における観光・移住情報をまとめた民放TV番組です。福岡市に本社を置く株式会社シティーアクトが運営しており、福岡で活躍しているお笑い芸人やアイドルが各地の魅力を伝えています。

番組は「TVQ九州放送」の深夜枠で放映されており、平均視聴率は1.5%程度。約9万人の視聴者に対して、情報を発信することができます。

撮影したVTRの2次利用著作権は無料で譲渡されるため、自社HPや店内モニターで流したり、SNSで拡散したりすることが可能です。

また、フリーペーパー「ここふるマガジン」と合わせて利用することもできます。

ここふるTV

素晴ラT

(引用元:株式会社カンバイ https://kanbai.jp/)

素晴ラTは、インパクト抜群の広告入りTシャツです。提供元の株式会社カンバイは、訪日外国人の中でもFIT(個人旅行者)に向けたインバウンドマーケティングを得意としています。

自社広告を載せた素晴ラTを作成すると、訪日FIT向けのゲストハウスやガイドツアーで無料配布してもらえるので、ほぼ確実にリーチすることができます。

また、素晴ラTを着て観光してもらえば、その人が「歩く看板」となってくれるため、日本人を含む周囲の人々に対しても広告効果が発生するでしょう。旅ナカはもちろん、旅アトにも広告効果は続くので、長期的なプロモーションが実現します。

素晴ラT

ふくおかナビ

(引用元:FUKUOKA-NAVI https://business.fukuoka-navi.jp/lp/fukuokanavi/)

ふくおかナビは、その名の通り福岡に関する情報を発信しているWebメディアです。福岡のタウン情報誌を発行している株式会社シティ情報ふくおかが運営しており、東京・大阪といった他エリアからもアクセスを集めています。

福岡で行われるイベントやキャンペーンの告知、ニューオープンの店舗紹介、人気のグルメやファッションなど、幅広い情報コンテンツを発信しています。

月間PV100万以上、ユニークユーザー数25万人以上など優れた実績も出しているため、福岡エリアの広告媒体として非常に有用です。また、ユーザーの6割以上が女性なので、女性向けの商品・サービスを取り扱っている企業なら特に高い効果が期待できます。

ふくおかナビ

AFRO FUKUOKA

(引用元:AFRO FUKUOKA  https://afro-fukuoka.net/)

AFRO FUKUOKAは、10年以上の歴史を誇る福岡のローカルWebマガジンです。クリエイティブデザインや広告企画に携わる株式会社バズフックが運営しているので、信頼性の高いサイトとなっています。

読み物的な記事はもちろん、イベントや観光に関する案内やおすすめグルメスポットの紹介など、幅広い情報を発信しているため、多くのユーザーが訪問しています。TwitterやInstagramとの連携も行っているので、SNSからの流入にも期待できるでしょう。

AFRO FUKUOKA

リトル・ママ

(引用元:おでかけコミュニティサイト リトル・ママ https://l-ma.co.jp/)

リトル・ママは、子育て中のママをターゲットにしたWebメディアです。福岡を含めた全国エリアに対応しており、イベント告知やオンラインコミュニティ作成といったことができます。イベントについては、zoomやインスタライブを使ったオンラインイベントを案内することも可能です。

イベントチケットの購入などを除けば、登録料金や利用料金はかからないので、ユーザーは気軽に利用することができます。約8万人の会員が登録していますが、イベント集客の支援キャンペーンなども行われているため、育児に関する商品・サービスを提供している企業は要チェックです

リトル・ママ

ファンファン福岡

(引用元:ファンファン福岡 https://fanfunfukuoka.aumo.jp/)

ファンファン福岡は、福岡都市圏に住む20代~40代の人々をターゲットにしたポスティング型フリーペーパーです。約35万部を配布しているほか、福岡市の地下鉄駅構内や発行元である西日本新聞社本社にも設置されています。

グルメやイベントに関する情報はもちろん、ちょっとした街ネタやコラム記事も満載。OOH(オフライン広告)なので、普段あまりインターネットを使わない方にもアプローチできます。

また、Webメディアも並行運用しているため、オンライン中心のユーザーには相乗効果が期待できるでしょう。

ファンファン福岡

カメラガールズ

(引用元:株式会社ビートル http://beetle-j.jp/service/)

カメラガールズは、約9,000人のカメラ女子が集まる大規模コミュニティです。広告プロモーション事業に携わっている株式会社ビートルが運営しており、地方とのタイアップによる地方創生ビジネスを展開しています。

カメラガールズによる写真・動画撮影やSNSを使った情報発信など、集客に役立つサービスを利用することが可能です。コミュニティ会員は20代~30代の若い女性が中心なので、女性目線で自社の魅力を伝えることができます。

パンフレットやSNSに使える写真がない、プロモーション動画を作成したいなど考えているなら、おすすめのサービスです。

カメラガールズ

福岡サイネージメディア

(引用元:SBクリエイティブ株式会社 https://signagemedia.jp/sbcr/ds/media.html)

福岡サイネージメディアは、博多・天神・中洲など福岡の中心部に設置されている「デジタルサイネージ」を用いた広告媒体です。画像や文字だけではなく、音声も使って情報を発信できるので、見ている方に対して強い印象を与えられます。

地元民から観光客まで幅広くリーチできるため、高い集客効果が期待できます。また、日本語・英語・中国語・韓国語の4か国語に対応しているので、訪日外国人へのアプローチとしても有用です。

福岡サイネージメディア

流行に敏感な福岡人の心をつかむ広告媒体まとめ

福岡人は流行に敏感なことに加え、福岡という都会に住んでいるというプライドも併せ持っているため、その性質をくすぐるような広告媒体が必要です。そのため、多角的にアプローチできるオンライン広告の拡充は欠かせません。

全研本社は7000件以上のWeb集客実績を持っているほか、業態別・エリア別のマーケティングに関するノウハウも豊富です。

現在はテレビ商談システムなどで直接ご相談いただけますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

福岡エリアの集客相談はこちらから

ページトップへ