大阪で集客効果の高い広告媒体をリサーチ

大阪で集客効果の高い広告媒体をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

「得してなんぼ」の大阪人を集客できる広告媒体とは?

得してなんぼ、の世界ではより安く買うことが正義とされます。反対に高くで買ってしまうと損をしたとバカにされ、買った本人もとても悔しい思いする。大阪にはそんな独自の価値観、文化がある地域です。

そんな大阪で響く集客戦略とは何か?どんな広告媒体を使うと集客につながるか?一つは大阪の商人気質・文化を理解することにあります。 

「得してなんぼ」は値段に対する感覚は、人一倍商売に対し厳しいことのあらわれかもしれません。昔から、大阪の販売対象は多くの一般大衆に向けられてきました。

大阪の集客について大事なことは、購入する顧客の行動心理をつかむことです。ひとたび心をつかめば大阪人の結束力は高く、行動は波及効果で広がっていきます。

商売とは違いますが、大阪を維新の会が指揮を取るようになり、賛否はあれど確実に変わりました。今回の(2020年5月現在)コロナウィルス感染拡大防止への吉村知事のリーダーシップも、全国的にも称賛されています。

府民の心をしっかりと掴んだことで、今後、大阪の結束力が高まっていきそうです。

ただ大阪に住まう人々を行動させる広告をうつのは決して簡単なことではありません。気質だけではなく、しっかりとマーケティングの観点から見ても、購買行動を設計し打ち出さなくてはなりません。

そんな時はプロの広告代理店に頼るのも選択肢の一つです。広告も単一で行うのではなく有効なメディアを重ね、相乗効果を狙います。

本記事では「大阪で集客効果の高い広告媒体をリサーチ」と題して、いくつか代表的な広告代理店の紹介まとめと、大阪商圏の特徴、今後の伸びしろ、大阪のように人が集まる地域には欠かせないインバウンド戦略についてなど、解説していきます。

大阪商圏の特徴

府の方針もあって、様々な角度から都市の魅力を高めようという動きが加速していきます。なぜなら、大阪は2025年には大阪万博が控えており、国際的なエンターテイメント都市として加速していくための目標が定まっているからです。

府の政策がそのまま、上手くいくことは厳しいのかもしれませんが、吉村知事の求心力でコロナ対策の大阪モデルを作り上げたように、行政と市民が一体となって都市・大阪の新たな一面を構築していくと思われます。

直近5年間を府の動向を見極めた広告戦略が必須となりますので、広告のプロ・広告代理店と連携して広告戦略を練るのが得策です。

大阪の広告代理店

それでは大阪の広告代理店のうち、多くの実績を持つ企業をいくつか紹介していきましょう。

株式会社キューズ


■引用元:株式会社キューズ公式サイトhttps://www.cues-ad.co.jp/

創立30周年を迎える販売促進支援を主に取り組む企業。サービス内容の幅が広く、一社のみでそれぞれ違う販売促進の手法が使えるので相乗効果も狙えます。

主なサービス内容は、セールスプロモーションツール、編集/企画、イベント運営、デザイン、Webサイト制作/運用、CRM(顧客関係管理)など。

Webサイト制作/運用については、構成、SEO、リスティング広告までトータルでサポートしてくれます。さらに、サイトやブログだけでなく、FacebookやTwitterといった発信力の高いツールと組み合わせて運用。オンラインによる広告戦略をトータルでサポートしてくれます。

株式会社風光社


■引用元:株式会社風光社https://www.fukosha.co.jp/

2020年以降はコロナの影響で広告効果は現状未知数ですが、大阪は近隣の府県との交通網の中心でもありますので、やはり交通広告は外せません。人の流れがあるところには看板やポスターといったオフライン広告も有効です。

風光社は交通・屋外広告を得意とし、中でもオリジナル媒体の企画、開発も行っています。
例えば、地下鉄大阪メトロ の全駅に設置されているAEDとのタイアップ広告(B1サイズ)や、かいさつ君と呼ばれるポケット時刻表スタンド広告(B3ポスター)などがあります。

大阪で集客効果の高い広告媒体をリサーチまとめ

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマークがプレスリリースで発表した内容には、大阪と東京を比較した興味深いデータが掲載されていました。

大阪は東京に比べて、行喚起率の高く広告を見ると購入する傾向が高いというものです。

■大阪は東京に比べて広告の行動喚起率が高い

■大阪は東京に比べて広告の接触をきっかけに商品を購入する人が多い

引用元:【PRTIMES】大阪は東京に比べて広告の行動喚起率が高い~東西の広告に関する調査~より

特に男性はWEBやアプリ広告に反応するともいわれており、コロナ対策も加味して今後の広告戦略はではオンライン強化が勝敗を分けるはずです。

大阪人は「シズル感のある」広告に即反応

大阪商圏の未来、インバウンドの重要性など、大きな枠組みはさておき、まずは身近なところから始めましょう。最後に1つ広告戦略を展開するうえでおさえておきたいポイントシズル感について解説して終わります。

シズル感とは?食品で例えると食欲をそそられる、よりおいしそうに感じる演出とされていますが、シズル感の言葉の生みの親であるエルマー・ホイラー氏いわく「顧客の視点になってベネフィットを発見すること」としています。

ベネフィットとは、商品を買った後の満足感のこと。顧客から見た商品を買いたくなる理由を提示することを、本当の意味でのシズル感ととらえます。

広告に反応して購買行動を起こしやすい大阪人に向けて広告を打つのであれば、これまでの広告戦略をいま一度見直しどのように「シズル感を出すか」を考えてみましょう。

広告戦略は総合的なマーケティングのプロに相談

広告戦略について理解は深まったものの、広告の内容だけでなく、総合的なWebマーケティング力をもとに広告戦略の初期段階から相談してもいいでしょう。

広告の効果的な使い方や、新しいプロジェクトを立ちあげ~軌道にのせるまでサポートがあると、広告宣伝の先にある本来の仕事に集中もできます。

弊社はエリア対策のメディア戦略について、かなりの実績があり大阪の案件も多数扱っています。業態別にくわしく話が聞きたい・相談したい場合は、キャククル内問い合わせフォームに質問事項などを記入してお送りください。

集客のご相談はこちら

ページトップへ